ロンロン、ジャージーナンバーを変更

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ロンロン、ジャージーナンバーを変更

ロンロンが、ナンバーを37から15に変えることになりました。37は、マイケルジャクソンのヒットアルバム「スリラー」が、37週間、ビルボード誌のトップだったことにちなんで、選んだナンバーでした。

15は、大学時代のナンバーであるのと同時に、ルーキー時代のナンバーでもあります。「初心に帰って」というところでしょうか?

これ程、ちょこちょこナンバーを変える人も珍しいですね。移籍の際、移籍先のチームに、自分の元のナンバーを既に着けているプレヤーがいるとか、永久欠番だったりして、変えることはありますが、それ以外、殆どのプレーヤーは、前チームの時と同じナンバーを、着け続けます。

ロンロンは、これまで6つのナンバー(15、23、91、93、96、37)を付けてきています。ナンバーだけではなく、チームもよく変わってます。

RAPIX S

ロンロンは、今では、優勝後の記者会見の印象もあって、コニカルなイメージが強いですが、以前は、アーテストというと、悪役のイメージがあったので、私は、インディアナのダークなジャージが似合うと思っていました。血の気が多いので、赤も良いですが。サクラメントの紫は、ちょっとという感じでした。個人的には、同じ赤でも、ヒューストンの赤が、似合うと思うのですが。皆さんは、どこのジャージーが、ロンロンに一番似合うと思いますか?レイカーズは、投票が集中することが予想されるので、敢えて外しました。又、ホームのジャージーは、どこも白が基調なので、ロードのジャージーで、選んでください。




br_decobanner_20100617115526.gif

2010/08/22 11:00  Lakers | コメント(12)
カンエイさん、こんにちは。
私も、気になって調べようとは思ったのですが、忙しくて、調べていませんでした。ブルズに結構長くいたんですね。1-2年しかいなかったと思っていました。来季は、バーンズとお互い刺激し合って、良い結果になることを期待しています。
[ 2010/08/24 06:51 ] [ 編集 ]
ロンロンについて調べてみました^-^。
ジョーダンに怪我を負わせたのは2001年の練習試合中みたいです。
99~02シーズンまでブルズに所属していたらしいので、シカゴ時代のようです。
確かにチームメイトやHCには信頼されてるみたいですね。移籍したばかりのサクラメント時代や、ロケッツ時代も結構チームの勝利に貢献してたみたいですね。

来期も三連覇のため、ロンロンの活躍(主にディフェンス)に期待します。
[ 2010/08/24 00:13 ] [ 編集 ]
スキップさん、こんにちは。
ペーサーズのイメージが強い方が多いですね。私は、東のチームのゲームは、あまり見れないので、どうしても、東のプレーヤーは、印象が薄いです。実際にプレーしているイメージでは、ヒューストンとのPOでのロンロンです。
[ 2010/08/23 11:05 ] [ 編集 ]
カンエイさん、こんにちは。
ジョーダンの骨折は、インディアナだったのでは?調べていないですが、ブルズにいたのは、短かったような印象があります。

ロンロンは、今までいた球団のフロントオフィスには嫌われていても、チームメイトからは、好かれていたみたいです。フロントから嫌われているから、トレードも多かったんでしょうね。インディアナでは、自分でトレード要求もしたので、しょうがないですが。一番良い時期に、レイカーズに来たと思います。
[ 2010/08/23 08:23 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
赤系は、暑っ苦しい感じもしますね。縦じま結構良いですよね。

来シーズンは、もっと一定レベルを保ってプレーしたいそうなので、その通りになって欲しいです。
[ 2010/08/23 08:20 ] [ 編集 ]
こんにちは。自分はペイサーズのイメージが強いですね。乱闘もありますが、プレーオフでのピストンズとの壮絶なDF合戦、その中でエンドライン沿いにドライブし得点を決め、チームを引っ張る姿が今も思い出されます。
[ 2010/08/22 16:43 ] [ 編集 ]
インディアナのジャージですかね
ロンロンに似合うジャージといわれると、う~ん、なんかどれも似合っていそうで、そうでもないような…。
「ロンロンと言えば」でいうと、やっぱりインディアナのジャージですかね。
やはり乱闘事件が印象深いですね。あれで暴れん坊のイメージが定着した気がします。そういえば、ジョーダンの助骨を折った事もありましたね。あれってブルズ時代でしたっけ?

こう見ると、ロンロンって、チームを苦悩しながら、さ迷っているように見えますね。
ようやく信頼できるチームメイトと監督に巡り会えた様に見えます。

そう見ると、最初のブルズは省いて、インディアナの乱闘に始まり、レイカーズにたどり着いた様に見えます。

なんか西遊記みたい(笑)。
[ 2010/08/22 16:01 ] [ 編集 ]
レイカーズ無しとなると、インディアナですかね。やはりあの乱闘は・・・

でもなんだかんだで、最後ファイナルを、決めたのは、ロンロンですからね。まぁサンズ戦では、なんで撃った!?って、感じもしましたが。

来シーズンも、特にDFの、貢献を期待しています。
[ 2010/08/22 15:08 ] [ 編集 ]
Norisさん、こんにちは。
ロンロンの写真を検索していたら、コービーに絡んでいる写真が、結構出てきました。敵だと憎たらしいですが、味方だと頼もしいです。
[ 2010/08/22 14:50 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
ジョーダンがいた頃は、結構ブルズのゲームが全国中継になっていましたが、それ以降は殆どなくなって、年間、ブルズのゲームは、レイカーズと対戦するときの2ゲームしか見ないので、ブルズ時代は、全然印象がないです。アーテストのことを知ったのは、例の「パレスの乱闘」でです。その前から、名前くらいは知っていましたが、全く印象がありませんでした。それ以降は、勿論、乱闘の印象しかなかったし。嫌な奴だと思っていました。
[ 2010/08/22 14:49 ] [ 編集 ]
RocketsとのPOで、Kobeとやり合ってたのが忘れられません。
あのロンロンが今はTeam mateなんてとても心強いです。
[ 2010/08/22 11:49 ] [ 編集 ]
個人的にはブルズ時代の印象の強い選手ですね
[ 2010/08/22 11:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。