JRスミスもトレードへ?!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

JRスミスもトレードへ?!

ここ来て、デンバーがバタバタしています。メロことカメロ・アンソニーのトレードが噂されていますが、JRスミスのトレードも、試みているようです。

JRスミスは、3ポイントに定評がありますが、同時に波があることでも知られています。いい時と悪い時の差が、はっきりしているプレヤーです。昨シーズンは、平均15.4得点ながら、FG%は41.4%と、振るいませんでした。




abqsukeさん、こんにちは。
その通りなんです。アマチュアなら勝てば良いけど、プロは勝つだけでは不十分です。プロスポーツはエンターテイメントです。ファンを喜ばせることも、勝つことと同じくらい大切です。同じシーズン、レイカーズは、早々と西の一位を決定し、数ゲームを残して、クリーブランドに追いつけないことも決定しましたが、その後もコービーはプレーし続けて、82ゲーム全部に出場しました。前にも記事か、コメントで書いたと思いますが、「どうして休まない?」と訊かれて、「観客は、高いお金を払って見に来るのに、スターがプレーしていないのはおかしい。」と言っていました。それがプロだと思います。
[ 2010/08/31 06:15 ] [ 編集 ]
MJは、成績だけでなく、そういったプロとして、当たり前とも、言えるようなことを、当たり前に、するあたりも、素晴らしいですよね。

キャブスが、ホーム39勝2敗だったことを、よく覚えています。
新記録が、懸かっていたのに、レブロンを、休ませて、記録を更新できなかったあれです。若いんだから、記録更新に貢献しろとか、考えたものです。
[ 2010/08/30 11:55 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
こういうランキングをする時に、ちょっとフィギアスケートの採点みたいになると思います。純粋に演技だけで採点するんじゃなくて、スケーターの名前で採点する部分がありますよね。NBAのレギュラーシーズンは、82ゲームで2日連続のゲームもあるのいで、それができなくなったら、一線を退いたと言わざるを得ないと思います。

MJは98年に2度目の引退をした前のシーズン、35歳でしたが、82ゲーム全てに出場しました。リーグ一位の勝率が確定した後も、休みませんでした。実際、2度目の3ピートの3年間は、1ゲームも欠場しませんでした。これが真のプロだと思います。最近は、シーズン最後の数ゲームを休むのが流行っていて、レブロンみたいな若いのまで休みますが。
[ 2010/08/30 06:54 ] [ 編集 ]
う~ん難しいですね。どっからが、一流で、どこまでが、一流じゃないのか、判別が、非常に難しいです。
まぁそう考えると、32歳になるコービーが、衰えてないのは、素晴らしいですね。
[ 2010/08/29 19:28 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
勿論、必要だからこそ、休ませるんだと思います。プレーヤーは、引退したら、キャリア全体、それも主に全盛期で、判断されて、誰がトップだとか、ポジション別のランキングがどうだとかになります。それに対して、現役の間は、今現在の成績で判断されるべきで、過去、つまり全盛期にどうだったかで判断されるべきではないです。例えば、シャックは、誰に聞いても、NBA史上で、センターとしては、悪くてもトップ3には入る超一流プレーヤーです。但し、現役では、トップ10に入るのも、難しいです。ケンドリック・パーキンスは、キャリア全体として考えたら、シャックの鼻くそにも及ばないですが、現時点では、シャックより上です。KG、ダンカン、シャック、ジェイソン・キッドといったプレヤーは、将来、一回目の投票で殿堂入りすることが確実な、超一流プレヤーですが、現時点では、もう一流とは言えないと思います。こういう人は"has been"と呼ばれます。アスリートは、どんなに偉大でも、引退前に、必ずhas beenになります。
[ 2010/08/29 10:30 ] [ 編集 ]
一流だから、休ませるということは、ないと思っていますか?
KGにしろダンカンにしろ、なぜ休むのか?と考えたときに、チームのエースでは、ないけれど、絶対的に必要な、プレイヤーだからという、理由があります。
Mayさんの考えだと、高齢のプレイヤーには、ほとんど一流が、いないという風に、なってしまいませんか?

なるほど、そう言えばそうですね。優勝を、してないと言う理由は、かなりしっくりきました。
[ 2010/08/28 15:24 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
ちょっと言葉が足りなかったんですが、私も、Tマック、オデン、バイナムの様な、怪我の多いプレーヤーは、評価が低くて当然だと思います。怪我が多いか少ないかも、能力のうちだと思います。私が言いたかったのは、単発的な怪我、例えば、ちょっと足首をひねって、シーズン前半、中盤なら休まない程度だけれど、終盤なので、念のため休むみたいな怪我です。2日連続のゲームは、20代前半ならともかく、中盤か、少なくても後半のプレーヤーなら、きついです。4Qくらいには影響が出てきます。ダンカンがもし、2日連続のゲームでも休まなかったら、スタッツは下がっているはずです。ノビツキーやパオは、2日連続でも休みません。もし、彼らが、どちらかを休んでいたら、スタッツは上がるはずです。違う条件でプレーしているプレーヤーのスタッツを比べて、どちらが上と言うのには、無理があります。それに、怪我をしていないのに、休ませないといけない状態になったら、もう一流とは言えないと思います。

ノビツキーとパオでは、責任の重さが違いますからね。それに、ノビツキーは、相手から見たら、一番マークしないといけないプレーヤーですが、パオは、二番目ですから。ノビツキーの評価が低いのは、恐らく優勝がないからでは。パオ、KG,ダンカンは、みんな優勝経験者ですよね。だったら、なおさら、投票の基準が曖昧ですよね。
[ 2010/08/28 05:41 ] [ 編集 ]
パオが、トリプルダブルした試合も、ありましたよね。確かに、パスを回しまくるスタイルでは、個人のアシストは、伸びないですね。

自分は、Mayさんとは、少し考え方が、違いますね。
自分は、怪我していて、欠場のほうが、評価低いです。確かに、怪我は、起こるのが普通とも、言えますが、それを、未然に防ぐのも、プロのプレイヤーとしては、必要な条件だと思います。KGもダンカンも、プレーは、できるけどしないのは、もちろん疲労もありますが、それ以上にコーチが、POを見据えて、休ませている部分も大きいので、(特にダンカン)半分は仕方ないかと。

ただチームが、上手くいかない時という点では、ノビツキーのほうが、上な気がします。レイカーズは、OFが、滞っているときに、ガソルが打開することは、あまり見かけませんが、(コービーが打開するから、必要ないかもですが)ダラスは、ノビツキーが、かなり打開している気が、します。
[ 2010/08/27 15:30 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
チームメイトも、チームのシステムも違うのに、数字だけ比べることに無理があります。レイカーズは、トライアングル・オフェンスなので、アシストが分散します。ゲームによっては、PFのパオやラマーが、アシストリーダーということもあります。他のチームでは考えられないです。

ダンカンもKGも偉大なプレーヤーで、将来殿堂入りはまちがいないです。但し、ダンカンは、この2シーズンは、シーズンの後半、2日連続のゲームは、片方を欠場しています。KGは、昨シーズンの終盤、休養のため、欠場していました。怪我でプレーできなくて欠場するならともかく、疲れてプレーできないから欠場するプレーヤーが、上位に入るべきではないと思います。ノビツキーとパオは微妙ですね。ポジションは同じでも、タイプが違うし。ポストプレーではパオが上だけれど、ノビツキーの方が、距離があるし。チームでNo.2のパオと、No.1のノビツキーでは、負担も違うし。コービーと一緒にプレーしているパオと、していないノビツキー。これも、数字だけで、どっちが上というのはおかしいですね。PFというポジション上、ポストプレーを重視したというなら、分かりますが。
[ 2010/08/27 07:22 ] [ 編集 ]
カンエイさん、こんにちは。
特に、NBAは黒人選手が多いですよね。ユタ、デンバー、ミネソタは、白人が圧倒的に多いです。そういうことを気にしない人もいますが、居心地が良くないという人もいると思います。本人が良くても、家族が嫌がったり。アマレだって、ニューヨーク・ニックスだったから行ったけれど、これがもしデモイン・ニックスだったら、たとえマックスでも行かなかったかも知れないです。
[ 2010/08/27 07:07 ] [ 編集 ]
まぁ正直に言うと、デンバーは一昨年が、ピークでしたよね。

確かにFG%が良かったのは、認めますが、それは、ウェイドが、中に切れ込んで、シュートするからですよね。アシストの数にしても、然りですし。
デュラント来年は、ダントツで、得点王じゃないでしょうか。彼の安定感は、敵ながら、素晴らしいです。

ちなみにPFの1位は、ガソルでした。弱点が、見当たらないと、言っていましたが、PFには、衰えてきたとは言え、ノビツキー、ダンカン、KGもいますしこれまた微妙ですね。
[ 2010/08/26 23:20 ] [ 編集 ]
なるほど。やはり日本のプロスポーツ選手とは事情が全然違うんですね。
自分も一度ニューヨークに3ヶ月ほどいた事があるのですが(とは言ってもケネディ空港からハイウェイを車で5時間程離れた田舎でした。)、人の生活はもちろん日本とは全く違う環境で、気温差が朝と夜では±40度の違いがあったりと、苦労したことがありました。四月なのに雪が降ったり他にも色々と…

今までトレードを自分で考えていた以上に、少し軽く考えていたみたいです。チームを変えるのも一大決心何ですね。

ビラップスに関しては他のサイトでそういう記事を見かけたので、そうなのかなと思っていましたが、そういうことならデンバーを出ることはないでしょうね。
[ 2010/08/26 13:43 ] [ 編集 ]
カンエイさん、こんにちは。
メロは、チームが問題なのではなくて、デンバーという都市が問題なのでは?デンバーにいたら、シーズン中は、殆ど、夫婦が別居生活になると思います。イバ・ロンゴリアとトニー・バーカーも多少はそうですが、ロサンゼルスとサンアントニオなら、飛行機で2時間くらいだし、元々、イバはサンアントニオの出身で、家族がいるし。

ビラップスは、デンバーの出身ですよね。高校時代からスターで、好きな大学に行けたのに、地元のコロラド大に行ったくらいなので、メロとは逆に、デンバーにいたいと思います。

アメリカは、広い国なので、地域によって、天候が違うのは勿論ですが、人の気質、習慣、文化、価値観がかなり違います。その、地域に馴染めるかどうかも、チームを選ぶ基準のひとつになると思います。特に、若くて独身のうちはいいですが、結婚して子供ができたりすると、自分だけの問題ではないので。
[ 2010/08/26 10:13 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
デンバーは、せっかくいい所まで来たのに、まだ最初からやり直しですね。

大体、数字で決めるというのが、素人です。マイアミは、今オフの大物FA獲得をめざして、昨シーズンは捨てたようなものでした。悪いチームで、スターが良いスタッツを出すのは当たり前です。コービーは、スムッシュやクワミがいた当時は、40点、50点なんて、しょっちゅうでした。ワンマンチームで、プレーしていて、優勝チームの同ポジションのプレーヤーと、殆ど変わらないスタッツだったら、どっちが上かなんて、ちょっと知っている人だったら、分かります。ポジションに関係なかったら、レブロンやコービーだけではなくて、デュラントの方が、ウェイドより上だと思います。少なくても、数字で決めるというなら、デュラントの方が上ですよね。
[ 2010/08/26 10:05 ] [ 編集 ]
スミスのトレードでメロの気を引くつもりですかね(よいプレイヤーを連れてこれればの話ですが)^_^;

もしくは、メロとスミストレードで再建モードか…

どうやらビラップスも、メロ次第で次の契約を考えてるみたいですね。
[ 2010/08/26 02:37 ] [ 編集 ]
メロと、スミスが、いなくなると、将来は、ローソンを起点とするチームに、なりそうですね。
幸い大型契約をしたプレイヤーは、ここ数年で、契約が切れますから、再建は、しやすそうですね。

やっぱりおかしいですよね。サポーティングキャストに対しての、アシスト数で決めたとか、書いてありましたが、得点の比重が大きすぎることを、考えるとやはり素人が、投票したんでしょうか。
ウェイドは、コービー、レブロンに次いで3番手、というイメージしかないです。まぁ神がっているときもありましたが。
[ 2010/08/25 22:48 ] [ 編集 ]
DDさん、こんにちは。
でかいから、良い練習相手にはなりますけれど。

バックスとブルズは、どちらも若手中心なので、スピードがあるゲームが期待できますね。サウスビーチは、インサイドが強い、ボストン、オーランド、シカゴに苦戦しそうですね。アトランタにも苦戦するかも知れないです。アメリカ中が負けるのを楽しみにしているから、ロードで厳しいでしょうね。キングスは、才能がある若手がいるので、急上昇する可能性がありますよ。
[ 2010/08/25 14:09 ] [ 編集 ]
なるほど、やはりそうなんですね。私の弟と父は昔からずっとレイカーファンですが彼はナゲッツにもいかないほうがいいだろと言っていましたね。 

個人的にバックスとブルズの試合もどうなるか気になってます。あとはサウスビーチのチームは何かと話題になりそうですね。バスケの話をするのは楽しい、今日は仕事終わりにバスケして来ますが近年元気のなくなっているキングスファンの友人を皆で慰めてきます。朝から長文失礼しました。
[ 2010/08/25 07:14 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
メロは勿論、JRスミスもかなりインパクトが強いプレヤーなので、この二人がいなくなると、全く違ったチームになる気がします。完全に再建モードですね。

ウェイドが一位は、数字から見ても変ですよね。昨シーズンは、得点、3P、フリースロー、リバウンドではコービーが上。FG%、アシスト、スティール、ブロックではウェイドが上。数字だけなら、はっきりどちらが上とは言いがたいです。それも、コービーは、シーズンの半分を、指を骨折してプレーしたいたのに。それに、バスケットボールは、半分オフェンスで、半分ディフェンスです。数字に表れないディフェンスでは、コービーが断然上です。素人が投票したとしか思えないです。大体、「レブロンかコービーか?」という議論はあても、「コービーかウェイドか?」なんて議論は聞いたこともないです。でも、優勝は投票で決まるわけではないので、私としては、好きにしてくださいって感じですが。
[ 2010/08/25 06:38 ] [ 編集 ]
DDさん、初めまして。
コメントありがとうございます。他チームファンに来て頂けるのは、嬉しいです。レイカーズ応援ブログですが、できるだけ客観的な記事を書くよう心がけています。特に、他チームのプレヤーに対しては、根拠のない批判、非難なしないよう注意しています。

ファンは、やられた時の印象が強いので、JRスミスといったら、3ポイントを90%位決めているような印象があるのですが、実際には昨シーズンは33.8%なんですね。レイカーファンが、3ポイントのスペシャリストのはずだったのに、昨シーズンは全然ダメだったと思っているロンロンの35.5%より悪くて、驚きました。スミスのお陰で勝つゲームもあるけれど、スミスのせいで負けるゲームもあるというプレーヤーですかね。ツイターで、チーム批判をしたりと、ロッカールームにとって良いプレヤーじゃない印象もありますが。

未完の大器なのか、完成であの程度なのか・・・あの人が欲しいなんて気持ちが、レイカーファンには、想像もつかないです。私達は、未だに根に持ているので。
[ 2010/08/25 06:23 ] [ 編集 ]
始めまして、ナゲッツファンですがいつも楽しく拝見させていただいてます。
メロは出ていってほしくないですがJRは波があるので放出して誰かビックマンに来てもらいたいです。ディフェンスだけなら未完の大器のあの選手がいるじゃんと思っていたら彼はボブキャッツに行ってしまいましたね
[ 2010/08/24 21:07 ] [ 編集 ]
メロとスミスを、トレードしたら、一気に再建モードですね。
しかしスミスは、需要そこまで、あるんでしょうか?確かに、あの爆発力と身体能力は、認めますが、DFが、上手くないし、身長小さいので、スタメン向きでは、ないですし。まぁ契約が、来年で、切れるので、人気あるかな?
あとデンバーの、シュート好きなように撃っていいという指示があったから、あそこまで輝けたのであって、しっかりとした、戦術の元では、大量得点できないのでは?

あとこの話には、全く関係が、ないですが、Yahoo Sports記者の、独自のランキングで、ウェイドが、1位で、コービーが、2位だったんですが、どう思いますか?
確かに昨シーズン不調だったものの、ビッグショットを、6本も沈めたのに、数字から、選出してる感が、否めなくて、納得できないのですが。
[ 2010/08/24 17:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。