D.キャラクター、太ったら減給

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


D.キャラクター、太ったら減給

以前の記事で、レイカーズは、ドラフト58位で指名した、デリク・キャラクターと『1年目は、リーグミニマムの473,604ドルでギャランティー』契約したのみお伝えしましたが、どうやら、ギャランティー額は、250,000ドルのみで、残りの223,604ドルは、条件付だった様です。

キャラクターは、高校時代に何度も転校したり、大学もルイビル大から、テキサス大エルパソ校に転校していて、多少素行に問題がありました。又、体調管理にも問題があり、ルイビル大時代には、145キロ程になり、「体重を減らさない限り、プレーさせない。」とHCから言い渡された経験もあります。確かに、下の写真を見ると、バスケットボール・プレヤーというより、フットボールのラインマンの様です。日本風に言うなら、相撲部とでも言うのでしょうか。

DC0907.jpg

そこで、レイカーズは、250,000ドルのみをギャランティーし、残りは、9月10日の時点で、体重が275パウンド(約125キロ)以下ならギャランティーという契約を考え出し、トレイニングキャンプに入る前に、体調作りをさせる策に出たようです。全額の約半分が、体重次第で、無くなってしまうのなら、やる気にならないはずが無いですね。


br_decobanner_20100617115526.gif

2010/09/08 14:52  Lakers | コメント(8)
カンエイさん、こんにちは。
日本のプロスポーツは、ギャランティーではない契約とか、金額が一部だけギャランティーの契約というのがないのでは?

体重はドラフトの前に落としたみたいですよ。サマーリーグとトレイニングキャンプの間にサボって、体重が増えるの心配したのでは?
[ 2010/09/09 06:48 ] [ 編集 ]
abuqsukeさん、こんにちは。
ショーン・メイは、どうなったんだろうと思って、調べてみたら、今オフにネッツと契約したのに、疲労骨折して、リリースされたみたいですね。本当に怪我が多いプレーヤーですね。彼も、どう見ても体重オーバーですよね。あんなんで、跳ね回ったら、そりゃ~怪我するわって感じです。
[ 2010/09/09 06:37 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
了解です。
[ 2010/09/09 05:55 ] [ 編集 ]
京介さん。こんにちは。
素行が悪いと言っても、ドラッグとか、武器の所持とか、酔払い運転とか、犯罪ではなくて、チームメイトやコーチともめたりという「学校の問題児」とうタイプなので、大丈夫だと思います。コービーやフィルの言うことが聞けないなんて話にならないですから。
[ 2010/09/09 05:54 ] [ 編集 ]
さすがNBAですね…日本ではそういうのはなかなか無いですね^-^。(というか聞いたことないです)

ルーキーでPFで145kg以上はさすがに多いですね。

せっかく名門中の名門、しかも優勝最有力候補のチームに入れた訳ですし、頑張って減量して、ファンに愛されるプレイヤーを目指してほしいです。
[ 2010/09/09 00:05 ] [ 編集 ]
そんな、条件付きだったんですね。他人事ですが、なかなか、いい契約内容ですね。

確かに、体調管理は、大切ですからね。彼には、ショーン・メイのように、なってほしくないです。
[ 2010/09/08 22:40 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/08 21:01 ] [ 編集 ]
サマーリーグで活躍した選手なんでしっかり頑張って欲しいですね。体重あると膝や腰に負担がかかるから怪我防止の為にも自身の体をコントロールして欲しいです。素行が良くないのは大丈夫でしょう。なんたってコビーがいますから。
[ 2010/09/08 20:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション