マット・バーンズ続報

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

マット・バーンズ続報

バーンズの交際相手の女性とお伝えしたのは、実は、バーンズの婚約者で、本日、バーンズは、誤認逮捕されて、婚約者に対しても、彼女の家族に対しても、暴力は振るっていないという内容の声明を出しました。

バーンズも「俺が被害者。それなのに逮捕された。10回中9回は、男が逮捕される。」と語っています。又、ツイターで、「自分の目で見えない物を、耳で目撃するな。」というメッセージを流しています。

実は、こういう女性が加害者のケースはよくあります。1年程前にも、プロフットボールのプレーヤーが、交際中の女性に対する家庭内暴力で逮捕されたのですが、実は、その女性が酔っ払った状態で、車を運転しようとしたのを止めようとして、もみ合いになったことが分かり、罪に問われませんでした。又、かなり前ですが、メジャーリーグ、エンジェルスのピッチャーの妻が、体重が2倍位ある夫に対する家庭内暴力の罪で、有罪になったこともあります。

今後の展開が注目です。




2010/09/10 16:37  Lakers | コメント(4)
oniさん、こんにちは。
そうですね。おかしいと思ってました。両方が怪我してたっていうし、女性が病院にも行っていないので。警察も多分、おかしいと思っていたと思います。でも、逮捕しないで、後で女性が大怪我したり、最悪殺されたりしたら、責任問題になるから、逮捕したんだと思います。
[ 2010/09/11 15:40 ] [ 編集 ]
疑ってごめん、バーンズよ。
レイカーファンは彼を信じましょう。
[ 2010/09/11 08:02 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
殆どの場合は、男性が加害者なので、しょうがないと言えばしょうがないんですが。ただ、両者が怪我している場合は、女性の方が加害者のケースが多いらしいです。男性を殴り返したら、余計やられるから、普通は、被害者の女性は、殴り返さないそうです。

そう言えば、もう1年くらい前だったと思いますが、日本で家庭内暴力の相談ホットラインを開設したら、相談のほぼ半分が、妻からの暴力に悩む男性からのものだったと、こっちのニュースでやっていました。「稼ぎが悪い」と言われるという様な「言葉の暴力」が多いみたいですが、中には、鍋か何かで頭を叩かれるとか、熱湯をかけられるなんていうのもありました。日本人女性は、怖いですね。アメリカは、流石に、加害者は圧倒的に男性ですが。
[ 2010/09/11 03:05 ] [ 編集 ]
なんだかひどい、話ですね。バーンズなら、しかねない、と考えていましたが、バーンズにも、新たな伝統のある、チームの一員と、いうことも自覚しているはずなので、普通なら、気をつけますよね。
ただ女性・・・強すぎますね(バーンズの件だけでなく)
[ 2010/09/10 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。