ユタ、夏の通信簿

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


ユタ、夏の通信簿

このところ毎年プレーオフで当たっていて、相性の良いユタです。ブーザーを始め、いなくなったプレーヤーも多いのですが、良い補強もしたので、来シーズンも手強そうです。

http://www.nba.com/reportcard/summer/2010/jazz

フロントコート=B+

カルロス・ブーザーがいなくなったが、ポール・ミルサップが残留し、アル・ジェファソンが加入した。メメット・オクアーとアンドレ・キリレンコが、怪我無しでいられるかが、懸念される。

バックコート=

リーグのPG争いは厳しいが、デロン・ウィリアムスが、リーグでベストのPGの可能性もある。C.J.マイルズは、プレーオフで一歩前進したし、ベテランのラジャ・ベルが加入した。

ディフェンス=

昨シーズンは、失点とフィールドゴール%で、堅実な結果だった。ジェファソンがリバウンドで貢献し、ベルが遠距離を守る。

ベンチ=C

ウェスリー・マジューズとカイル・コーバーが抜けたのが痛い。コスタ・クーフォスがトレードされ、キリロ・フェセンコの状況(下記)が未解決だ。ドラフト上位で指名したゴードン・ヘイワードが加入した。

コーチ=A

ジェリー・スローンがいるだけで、ロスターが流動的でも、安定がある。オールスターに匹敵する才能があるジェファソンをプッシュすることが、大きな挑戦だ。

全体評価=

球団の基盤ブーザーを失ったことを最大限に利用し、ジェファソンを獲得した。勝つことにハングリーな、20得点/10リバウンドの強靭な大男を獲得したことが、ジェファソンとジャズ両者にとって、ビッグなプレーオフを迎える誘因になるであろう。ベルの復帰は、コート上の面からも、ロッカールームの面からも、理解できる。

金銭的には、フロントオフィスが、ラクシャリー・タックスの域で、やり繰りし、引き続き、厳しい。ルーキー・シーズン後、ポートランドと3300万ドルで契約したマシューズと、再契約することが出来なかった。コーバーも飛び出して、以前のチームメイト、ブーザーとロニー・ブリュワーのいるシカゴに移籍した。

ジャズが、ウェスタン・コンファレンスで、優勝を狙えるのに十分なチームかどうかは、不確実だ。非常にはっきりしていることは、優勝を狙える状況にあることが、ウィリアムスが唯一、優先していることで、このオールスターのプレーメーカーを留まらせることが、ソルトレークにとって、引き続き懸念される。Dウィルは、オプトアウトできるまで、2年契約が残っている。


*「キリロ・フェセンコの状況」が、なんのことだか分からなかったので、恐らく、レイカーファンには、私同様、他チームのベンチプレーヤーの状況を知っている人は、少ないと思い、調べました。フェセンコは、今オフに、制限付きFAになり、ユタが「他チームからの提示に合わせる。」と明言していたため、他チームからの提示が一切ありませんでした。それが不服で、現在はヨーロッパでのプレーも考えていて、未だに契約に至っていません。

br_decobanner_20100617115526.gif

2010/09/18 16:03  NBA | コメント(2)
okaさん、こんにちは。
デロンは、でかい割には速いし、パスして良し、シュートして良しで、手が付けられないです。クリス・ポールが万全でも、デロンの方が上かもしれないですね。アル・ジェファソンが上手くフィットすると、怖いチームです。
[ 2010/09/19 14:12 ] [ 編集 ]
ユタ
デロンは個人的に好きです。
あのパスセンスたまりません。
ブーザーがいなくなり、デロンのモチベーション的な事が気になります。
昨年はクリスポールがいなかったせいかリーグNo1のPGと言っても良かったと思います。
次シーズンも活躍を期待してます。
[ 2010/09/19 06:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション