D.イーバンクス&D.キャラクター、インタビュー

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

D.イーバンクス&D.キャラクター、インタビュー

レイカーズのルーキー、デビン・イーバンクスとデリク・キャラクターは、毎日の様に、レイカーズの練習場に現れているようです。レイカーズのサイトに、球団の広報担当による、二人のインタビューがありました。あまり関係ない事や、アメリカに住んでいないと、分からない事を話している部分は、省きました。

質問=太字
イーバンクス=E
キャラクター=C

まず、それぞれの、第一印象を。

E:みんな、凄く練習する。毎日コービーが早くからここにいるのを見ていると、自分も、もっと練習したくなる。コービーは、キャリアを通して練習熱心だけれど、今でもこんなに練習しているのを見ると、自分もやる気が起きる。

C:コービー、セオ・ラトリフ、デレク・フィッシャーといったベテランを見ていると、自分も同じ様に感じる。フィッシャーは、昨日ここにいたが、まるで17歳みたいに練習していた。ベテランの身体の手入れの仕方や、リーグに14年もいるのに、今でもあんなペースで練習しているのを見ると、ルーキーとして、休んでなんかいられないし、同じかそれ以上のエネルギーを持たないといけないと、思わされる。

ドラフトの後、GMミッチ・カプチェクが、二人ともラスベガスでのサマーリーグでプレーして、キャンプにも招かれるだろうと言ったが、その時点では契約にサインしていなかったから、ロスターに入れるか、保障がなかった。カプチェクとスタッフは、明らかに、ベガスでの二人のプレーぶりや、その後数週間の様子が気に入った様で、8月初旬には、2人共契約した。契約時に感じたことは?

E:とっても気分が良かった。夢が本当に叶った。リーグ最高のチームの一員になるのは、エキサイティングだ。それに、球団が、DC(キャラクター)と僕が、レイカーズでプレーするのに適していると思ってくれて、嬉しい。

C:ドラフトについては、思ったより順位が少し下がったが、そんなことを心配していられないから、自分を信じた。でも、今となっては、もうそんなことはどうでもいい。全て、起こる事には、理由があると思う。58位まで落ちたが、2年連続チャンピオンに落ちた。

2人は、ニューヨークのアマチュアリーグで、チームメイトとして、又別のチームでプレーしたと聞いたが?

E:高校時代から知っている奴と、一緒にここに来られたなんて、嬉しい。同じチームでもプレーしたし、別のチームでプレーしていた時は、ニューヨークやニュージャージーの色々なチームでプレーしているのを見ていた。(キャラクターが)「全て、起こる事には、理由があると思う。」と言った様に、子供の頃一緒にプレーした奴と、一緒にNBAに来られるなんて、良い気分だ。

C:僕は、ジャージーの出身だけれど、デビンと一緒に、ニューヨーク・パンサーズのチームでプレーした。

イーストコースト出身者として、ロサンゼルスの最初の印象は?

E:クールだよ。ニューヨークみたいに、せっかちで、慌ただしくない。のんびりしている。でも、まだ殆ど何もしていない。殆ど、練習とバスケットボールをしているだけだ。慣れてきたら、ロサンゼルスに何があるか、見てみたい。

C:何回か出かけた。コメディーのショーを、見に行ってみた。コメディアンが、僕のジョークをやったけれど、静かにしていて、ステージには上がらなかった。僕は、ウェストコーストの奴みたいにクレイジーじゃ無いけれど、ロサンゼルスは、クールだよ。これから楽しんで、ここに馴染むつもりだけれど、ここに来た理由は、一つだってことは、絶対に忘れない。

イーストコーストとウェストコーストと言ったら、ヒップホップを思い出すけれど。トゥーパックは、イースト・ハーレムの出身で、高校の途中でカリフォルニアに移るまで、ボルティモアに住んでいたけれど・・・

C:トゥーパックは、ウェストコーストからデビューして、みんなウェストコーストの奴だと言ったけれど、イーストコーストの出身なんだ。何が何でも、僕はトゥーパックのファンだ。

E:僕は、ビギーのファンだ。トゥーパックに敬意がない訳じゃない。単に、ビギーの方が好きなんだ。ビギーの方が、良いラッパーだと思う。

C:前は、その件で喧嘩したよ。「パックは流れもあるけれど、ビギーは、もっとスムーズだしカッコいい。」っていう。でも、数字は嘘をつかない。パックは何枚もアルバムを出したけれど、ビッグは2枚だけ。ビッグは偉大なラッパーじゃなかったと言っているんじゃなくて、パックの方が、コンスタントに活躍した。

デリクは、レイディーガガの大ファンでしょう?

E:(笑)

C:違うよ。確かに、前は少しレイディーガガのファンだったけれど、みんなが騒ぎ出したら、あまり興味がなくなった。

ステープルズの向かいのノキア・シアターでの、ライディーガガの最初のコンサートで、ロン・アーテストを見たよ。テレビはどう?

E:スポーツセンターだけ見る。テレビがついていたら、ESPNだ。

C:テレビは殆ど見ない。本を読んだり、音楽を聴いたりするけれど。

どんな?

C:丁度、スペンサー・ジョンソン(医者)の「Peaks and Valleys」を読んだし、フィル・ジャクソンの本「The Last Season」を、エージェントからもらったばかりだ。

E:僕は、あまり読書はしない。

どっちが強い?

E:DC

C:(うなずく)

体力があるんじゃなくて、喧嘩で勝つのは?

C:(笑)勿論、喧嘩したことなんか無いし、ヘイトはしないけれど、この両手があるから・・・・

E:僕は、戦うより愛する方だ。彼の勝ちでいいよ。

C:細い奴が結構強く殴れるんだ。そういう友達が何人もいるよ。細い奴の方が、骨がいっぱいあるんだ。

不公平なことを言うつもりはないけれど、走る競争なら、イーバンクスを選ぶよ。

C:そうだな・・・・やってみてもいいけれど。彼が勝ちそうだけれど、やってみないとね。

E:(笑)

どっちが良いシューター?

E:それは、僕と言わないと。

C:ジャンパーは彼だね。

キャラクターは、ローポストがあるから、それでもいいね。最後に、どっちが面白い?

E:こいつだよ。本当に面白いよ。

C:(笑)




2010/09/20 13:05  Lakers | コメント(2)
カンエイさん、こんにちは。
キャラクターは、結構出番があるのでは。オドムとバイナムは、ファウルトラブルになることも多いですから。点差が開いたゲームの4Qに出番があると思います。そこで活躍すれば、使ってもらえそうです。
[ 2010/09/21 15:37 ] [ 編集 ]
良いコンビみたいですね。
まだ2人のプレイを見たことはありませんが、来期が楽しみです。

レイカーズという、最強にして最高のチームで、少しでも長くコートに立っていられるように、成長してほしいです。
[ 2010/09/20 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。