サンアントニオ、夏の通信簿

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

サンアントニオ、夏の通信簿

最近、めっきり影が薄くなりましたが、侮れないチーム、サンアントニオです。ティム・ダンカンが、来シーズンに向けて、体重を落としたという情報もあります。

http://www.nba.com/reportcard/summer/2010/spurs

フロントコート=B+

ティム・ダンカンが、衰えを隠せなくなって来たら、リバウンド、ディフェンス、そしてフロントラインを再び強固にするため、ヨーロッパ最高のプレーヤー、ティアゴ・スプリターが、やって来た。

バックコート=B+

ナヌ・ジノービリとトニー・パーカーが、再び健康だ。ジョージ・ヒルが自信を持ちつつあり、両方のポジションでプレーできる。ルーキー、ジェイムス・アンダーソンが、必要とされる、アウトサイド・シューターになれる可能性がある。

ディフェンス=B+

スプリターの加入が、このチームの全盛期を定義した、勇敢さと尊大さを取り戻すことに、貢献するだろう。スプリターは、ダンカンを助け、バスケットを守る、攻撃的なディフェンダーだ。

ベンチ=

もし、スプリターが、先発すれば、アントニオ・マクダイス、デホアン・ブレア、マット・ボナーの堅実なバックアップ・プロントラインができる。ヒルとアンダーソンが、バックコートの強いバックアップだ。

コーチ=A

グレッグ・ポポビッチが引退したら、世界一不機嫌なコメディアンになるであろう。今が、全盛期であり、開いてを苦しめるプレーを策略することができる。

全体評価=B+


昨シーズン中、オフェンスでリズムを見出すのに苦労し、ディフェンスでは、常に苦労うし、スパーズ帝国に、ついに割れ目が現れだしたように見えた。パーカーとジノービリが怪我に悩まされ、リチャード・ジェファソンが、ラインナップでの自分の位置を見つけるのに、酷く苦労し、ホームで、手痛く言い訳の余地のない負けが嵩んだ。

しかし、シーズン最後の一ヶ月にまとまり、第7シードのスパーズは、第2シードのマーバリックスを、プレーオフで破り、再び希望が戻った。スプリターが、ついにNBAに移籍し、大きく前進した。スプリターは、攻撃的なインサイドでの存在感があるタイプで、ディフェンスが、手ごわくなった。ジェファソンが、オプトアウトした後、より旨い条件で契約し、ドラフト一巡目でアンダーソンを指定したのは、大胆な動きだった。スパーズから、2年連続で悪い年を期待するべきでなない。



2010/09/21 15:44  NBA | コメント(12)
お名前の無い方、こんにちは。
確かに、1シーズン10ゲーム程度しか見ていないのに、判断するのは無理がありますよね。私の場合は、ジェファーソンは、凄いイメージがあって、サンアントニオに来たら、ビッグ4になって、それもダンカン、ジノビリが怪我や年齢で、衰えが見え始めているから、ジェファーソンがナンバー1になると思っていました。その期待というか、レイカーファンとしては恐れがあったので、それとの差が激しかったというのもあると思います。前評判が良すぎる映画を見に行って、「何だ、こんなもんだったのか。」という様なものです。
[ 2010/09/24 07:10 ] [ 編集 ]
あなたが試合もろくに見ないであの程度の選手なのでは?とか言うからじゃないっすか。まぁ興味ないならしょうがないですけどね。少なくともあなたのジェファーソンに対する考えは誤ってます。でわでわ。
[ 2010/09/24 00:27 ] [ 編集 ]
お名前の無い方、こんにちは。
前のコメント返信でも言いましたが、私は、サンアントニオのゲームは、殆ど見ていないので、見たゲームの印象と、解説者やジャーナリストが言うことでしか判断が出来ません。それに、はっきり言って、他チームのロールプレーヤーは、どうでもいいです。
[ 2010/09/23 13:03 ] [ 編集 ]
契約金に見合った働きはしていないとは思いますが、ジェファーソンはあの程度の選手ではないですよ。昨年のスタッツはルーキーシーズンの次に低いものでしたから。平均して17~18点位は本来稼げる選手ですし、キッドはジェファーソンをかなり支持してます。でも確かに地味な選手ではあります。印象に残るかどうかは人それぞれなんでわからないですが、少なくとも昨年のジェファーソンは最悪だったので、昨年だけで評価してほしくないです。
[ 2010/09/23 07:39 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
控えでも、他チームなら十分スターターというプレーヤもいますが、クレイザの場合は、いわゆる「キャリア・バックアップ」ですから。それだけ、NBAとヨーロッパの格差があるということですよね。

おっしゃる通り、パーカー、ジノビリは、プレースタイルを年齢と共に変えていかないと、厳しいですね。そこへいくと、同じ様にガンガン行くナッシュは凄いと思いませんか?
[ 2010/09/23 06:17 ] [ 編集 ]
お名前の無い方、こんにちは。
私は、サンアントニオのゲームは、レイカーズとの4ゲームと、POのゲームしか見ていないので、あまりよく分からないですが、レイカーズとのゲームでは、ジェファーソンの印象が全く無いです。全然存在感がなかったです。POでも、全然目立たなかったです。フィトする以前の問題で、あの程度のプレーヤーなのでは?オプションを行使してFAになった時は、メディアが一斉に、驚いていました。「どのチームも、そんな金出さないだろう。」というのが、統一した意見でした。サンアントニオが契約した時は、更に驚いていました。サンアントニオは、FAが来たがるチームではないので、しょうがないんだと思いますが。でも、あのチームは、目立たないプレーヤーを獲って、育てるのが上手いですから。
[ 2010/09/23 06:13 ] [ 編集 ]
昨年は、クレイザが、得点王でしたよね。
クレイザは、デンバーでは、ただの控えだったのに・・・
スプリッターもスパーズのシステムに合わなければ、苦しいシーズンになるでしょうね。

パーカーにしろジノビリにしろ、がんがん中で、勝負するタイプですからね。怪我も必然的に多くなるんでしょうね。
[ 2010/09/22 22:55 ] [ 編集 ]
フィットする見込みがない選手を再契約するもんですかね?金額は下がりましたけど長期契約ですし。バックス時代と違い厳格なチームですから馴染むのに時間が掛かっているのかも…。
[ 2010/09/22 16:03 ] [ 編集 ]
お名前のない方、こんにちは。
ジェファーソンは、シーズン最後までフィットしなかったですから、これからフィットするとは思い難いです。サンアントニオのことは良く分からないですが、チームのスタイルと合わないのでは?ブレアが成長すると、怖いですね。それから、順調に成長しているジョージ・ヒルが、さらに飛躍すると、厳しくなります。
[ 2010/09/22 15:48 ] [ 編集 ]
確かにスプリッターは気になるけど、ジェファーソンが完全にチームにフィットするのがサンアントニオには一番必要なんじゃないでしょうか?ジェファーソンがフィットしてかつスプリッターが活躍し、ブレアが去年よりも成長すればかなり面白いと思います。
[ 2010/09/22 08:39 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
スプリッターについては、全く同感です。私も、読んでいて、スプリッターがあちこちに出てきて、いくらヨーロッパで活躍していたとしても、NBAで実績のないプレーヤーを基盤に、評価するのはちょっと???と思いました。大体、NBAではベンチの人が、ヨーロッパへ行くと、得点王になるくらいですから。とは言っても、スパーズは侮れないチームです。最大の敵は、怪我では?
[ 2010/09/22 04:16 ] [ 編集 ]
最近影を薄めつつあるとは言え、なかなか侮れないチームですね。
スプリッターを評価しすぎな気もしますが、なにげにスタメン、ベンチ両方とも充実していますよね。
スパーズのDFが、機能したら、CFくらい上がってくる実力は、あると思います。
[ 2010/09/21 20:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。