レイカーズ大敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


レイカーズ大敗

今日のレイカーズフィニックスのゲームは、レイカーズが118-103で大敗しました。

今日は、初めだけ見て、友人と夕食に出かけました。録画はしたのですが、負けたので見てません。帰って来てテレビをつけたら、丁度フィル・ジャクソンのインタビューでした。フィルは、「シュートが決まらなかったのが敗因。」と言っていたので、そうなんでしょう。フィルは「3Qにスターターが集中力を失った。」とも言っていました。「この3ゲーム、シュートの確率が低いゲームが続いているが、心配か?」との質問には、「長いシーズン、こういうこともある。」とのことでした。

ゲームを見ていないので、印象なないのですが、ボックス・スコアーを見ると、レイカーズのリバウンドが、背の低いフィニックスと同じ(43)なのが気になります。それから、アシストが13と極端に少ない。バスケットは40なので、もう少し多くないと。

殆どのプレーヤーのシュートが決まらない中、コービーは、26本中14本を決め34得点と、一人で気を吐いています。今日は、右ひじにサポーターも見られました。ゲーム前、フィルがトレイナーのゲイリー・ビティーに、「コービーはひじに痛みがあるのか?」と訊いたら、ビティーは「痛みがあると言ったらコービーに腕を折られる。」と応えたそうです。ということは、痛いけど痛いと言いたくないということですね。

明日は、ホームのステイプルセンターで、ゴールデンステーツとのゲーム。週末には、一昨日苦戦したサクラメントとシーズン初めに負けたダラスが待ち受けています。調整し直して、いいゲームを見せて欲しいです。

それではレイカーズ・ファンの皆様、ローライトをお楽しみ(?)下さい。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

2009/12/29 15:38  Lakers | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション