マット・バーンズ不起訴

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

マット・バーンズ不起訴

バーンズが、証拠不十分で不起訴になりました。

バーンズは、9月8日に、婚約者に対す家庭内暴力で逮捕されましたが、その後、婚約者が、暴力の事実はなかったと主張していました。

[参考記事]
マット・バーンズ逮捕
マット・バーンズ続報



2010/10/26 08:00  Lakers | コメント(4)
カンエイさん、こんにちは。
アイバソンは、記事にはなっていますが、話題にはなっていないです。アメリカは、フランチャイズ制なので、プレヤーのファンでははくて、球団のファンです。活躍したプレーヤーを移籍した後も応援したり、ゲームで戻ってきたりしたら、拍手で迎えたりしますが、プレーヤーが移籍したら、移籍先の球団のファンになったりはしないです。そもそも地元のチームでないと、ゲームがテレビで見られないです。

スーパースターになると、多少例外はありますが、アイバソンのファンの、圧倒的多数は76ersのファンです。76ers以外のファンで、自分のチームに来て欲しいと思っているファンは殆どいないです。特に、デトロイトで失敗した後、「有毒」というレッテルを貼られたので。76ersのファンも、去年で懲り懲りでしょう。アイバソンは、娘の病気でチームを離れていたために解雇されたと思っている人も多いと思いますが、実際には、チームを離れている間に、ナイトクラブで遊んでいたところをビデオだったか写真に撮られて、その数日後に解雇になったんです。今の実力から言ったら、ベンチでやっとだし、素行が良いほうではないし、練習嫌いで若手の見本になるようなプレーヤーではないし。若手が多いチームなら、「悪影響がある」と嫌がると思います。

去年、レイカーズとのゲームで2回見ただけですが、多少全盛期の面影はあっても、もう普通のプレーヤーでしたよ。
[ 2010/10/26 14:31 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
こうなるとは思っていましたが、決着するとほっとしますね。
[ 2010/10/26 13:54 ] [ 編集 ]
有罪にはならないだろうとは思っていたので、はれて潔白となって良かったですね。

話は変わりますが、先日の、「M.ミラー怪我の真相」の記事のコメント内で、「アイバソンの話題は、アメリカではもうほとんどない」という内容の文章を目にしたのですが、もう彼のプレーを見たいという人がいないということでしょうか?
日本では、NBAファン内でも、未だにかなりの人気を博しています。復帰を願う人もいるのですが、それはありえないですか?
(因みに僕は、アイバソンは余り好きではないです)
[ 2010/10/26 13:42 ] [ 編集 ]
良かったです、ほっとしました。
これで試合に集中出来ますね!

[ 2010/10/26 12:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。