Kobe Doin' Work #1

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

Kobe Doin' Work #1

スパイク・リーがメロのニックスへのトレードに向けて、陰で動いている記事を書いたら、ゆ~すけさんから、スパイクリー製作のコービーのドキュメンタリーについて、コメントを頂きました。このドキュメンタリーは、2009年のプレーオフ中に、ESPNで放送されたものです。まだ私が、ブログを始める前だったので、記事にはしたことがありませんでした。

出だしに、リーから説明がありますが、2009年に放送されたので、「昨年」というのは、2008年のことです。このゲームを撮影し、コービーがナレーションをしています。とても興味深いです。9本に分かれて、YouTubeにビデオがありました。長いので、ゲーム中、アナウサーの言っていることは、殆ど訳していません。又、コービーがゲーム中に、チームメイトに色々支持をだしている所も、ナレーションに関係ない部分は、訳していません。ご了承下さい。

各9本、全部10分前後と長いので、暇な時に、ぼちぼち訳して記事にしていきます。



コービー(ナレーション)=青
コービー(ゲーム中)=オレンジ
コービー以外=黒

こんにちは。私の名前はスパイク・リーです。ここ、ステイプルズセンターにいます。ロサンゼルス・レイカーズのホームです。私は、ここで、昨年4月13日に、MVPコービー・ブライアントのドキュメンタリー「コービー・ドゥーイン・ワーク」を撮影しました。その日に、レイカーズは、その時点でのワールドチャンピオン、サンアントニオ・スパーズと対戦しました。30台のカメラがコービーを追い、コービーはマイクを着けていました。そして、フィル・ジャクソンの協力により、神聖なるロッカールームにも、カメラを入れることが、許可されました。ロッカールームでは、ゲーム前、ハーフタイム、ゲーム後に撮影しました。このドキュメンタリーで、皆さんがご覧になるのは、今日プレーしている中でも、最もやる気に溢れた情熱的なアスリートの一人です。

始めから、撮影が済んだら、コービーに、コメントをしてもらいたかったのです。そこで、スケジュールを見たら、スーパーボウルの翌日に、レイカーズは、ニックスと対戦するので、「本当に、ゲームの後にしたいの?」と訊いたら、コービーが、「イエス!」と言ってくれました。

01:25
コービーは、そのゲームで、61得点することになりました。ゲーム後の記者会見で、コービーは、61得点したのは、スパイク・リーの責任だということを、全ての人に、間違いなく伝えました。

<<記者会見>>
今晩、ゲーム後に、スパイク・リーと製作しているドキュメンタリーのインタビューをしないといけなかったから、隣に座って、ニックスのことで、トラッシュ・トークをされたくなかった。それが、刺激になった

又しても、私は、偉大なプレーヤーから、偉大なパフォーマンスの原因として、非難されました。しかし、それでも、このドキュメンタリーを見ながら、コービーが話すのを聞くのは、素晴らしいことでした。

02:05
このドキュメンタリーは、一人の偉大なプレーヤーの、職場での一日についてです。ゆっくりと座って、ご鑑賞下さい。

02:20(ドキュメンタリー開始)
字幕:2008年4月13日、カリフォルニア、ロサンゼルス、ステイプルズ・センター

このゲームは、俺たちにとって、ビッグゲームだ。ウェスタン・コンファレンスで、ベストになるために、戦っている。ウェスタン・コンファレンスは、とても競争が激しいから、ホームコート・アドバンテージを持つ事が、重要だ。ライバルのサンアントニオ・スパーズと対戦するから、準備をしないと。

02:53
スティーブン・A.スミス(ESPNスタジオ解説者)
このゲームは重要だ。なぜなら、ウェスタンの第一シードを争うだけでなく、リーグMVPがかかっているからだ。

ジェフ・バン・ガンディー(ESPNゲーム解説者)
レイカーズにとっては、優勝するために、ここで前進して、コンファレンスを勝って、自分達を最高の位置に置くチャンスだ。

スティーブン・A.スミス
現在のチャンピオン、サンアントニオ・スパーズと対戦して、レイカーズが勝って、コービーが輝けば、ウェスタンでの第一シードが決まるだけでなく、コービーのリーグMVPも確実になる。

ジェフ・バン・ガンディー
コービーは、コービーらしくプレーすると思う。つまり、NBA最高のクローザーということだ。終盤に接戦ならレイカーズだ。

そういう風に考えたことはない。そういうゲームの見方をしたことはない。自分達が、球団として前進することが大切だ。

<<コービー、テレビを見ている>>

スティーブン・A.スミス
誰もが、「コービーがMVPだ。コービーがMVPだ。」と言っていて、確かに、自分はコービーがMVPだと思うが、確実にしないといけない。

ジェフ・バン・ガンディー
確かに、今、コービーはNBAで最高のプレーヤーだし、随分長いこと、最高のプレーヤーでい続けている。

外では、色々あるけれど、ローッカールーム内は、落ち着いていて、普段通りに、みんな楽しんでいる。楽しいよ。

フィル・ジャクソン
一人ファーストブレークだ。知っていると思うが、良く転ぶ。それにつけ込め。

フィルは、チームの詳細については、最高だ。とても、細かい。フィルは、プレーヤーの傾向について、とても良く知っている。それだけではなくて、ゲームの流れが分かっている。

フィル・ジャクソン
審判に、「オベルトとダンカンがピックする時に、手を使わせるなと、審判に言うように、コーチから言われた。」と言え。

何時も審判に言うけれど、効果がないよ。オベルトとダンカンは、見逃してもらっているよ。(笑い)でも、それでも、言ってみないといけないんだろうけれど。

04:54
ショータイム。これが、出て行く前に、チームとして絆を深める時だ。

鳥肌が立っているよ。毎回この瞬間に、鳥肌が立つ。何年もリーグにいるけれど、今でも、走って出て行く時に、鳥肌が立つ。凄く良い気分だ。


アナウサー
マヌ・ジノビリがいます。足の付け根を傷めています。2ゲーム連続で、欠場です。

バッドボーイがいるよ。彼のゲームをとても尊敬している。彼は、素晴らしい競争相手だ。このゲームでプレーできなくて、残念だった。彼と対戦するのは楽しい。

<<プレーヤー紹介>>

アナウサー
コービー・ブライアントには、素晴らしい脇役がいます。ラマー・オドムは、パオ・ガソルが来てから、素晴らしいプレーをしています。パオ・ガソルは、怪我から復帰しました。

俺は、飛び回ったりして、興奮するタイプではないけれど、チームメイトがやるのが好きだから、一緒にするんだ。

アナウサー
レイカーズにとって、ビッグゲームです。対する、ディフェンディング・チャンピオン、サンアントニオにとってもビッグゲームです。

ショータイム、ゴータイムだ。どうやって決めるか、やらないといけないことを実行することを考えている。今までに準備してきたことを考えている。

06:56
サンアントニオが何をしてくるかは、はっきり分かっている。難しいのは、それを止めることだ。サンアントニオは、きちんと決めてくるから。

07:14
基本的なトライアングル・オフェンスをしようとしているところだ。

スペースをとろうとしている。


アナウサー
ブライアントが、アウトオブバウンズに、ボールを失いました。

とにかく大嫌いなのは、ターンオーバーだ。ターンオーバーは、大嫌いだ。

ラマー・オドムをダブルしなくてもいいと思っている。そこを突かないと。ダブルが来るように、ポジションを維持して、来なければバスケットに行けば良い。


08:24
それ行け。辛抱強くないと。サンアントニオ相手には、辛抱強くないと。慌ててはいけない。辛抱強くないと。ブルース(ボウエン)と対戦するのは、楽しい。握ったり、捕まえたりするから、嫌うプレーヤーも多いけれど、俺はブルースと対戦するのは大好きだ。80年代を思い出す。80年代は、ぶつかったり、掴んだり、捕まえたり、引っ掻いたりできた。そういうのが、とっても良かった。

サンアントニオのスペースに注目だ。スペースをとるのが上手い。サンアントニオは、良くプレーするし、良くコーチーされている。


落ち着いてきたか?落ち着いてきたか?

こう言った理由は、みんなビッグゲームだと分かっていて、少し落ち着きが無くて、興奮し過ぎる傾向があるからだ。その結果、ディフェンスでもオフェンスでも、しないといけないことをやらなかったり、ゲームに集中し過ぎる。普通は、数分経つと、突然感情が落ち着いて来て、正しくプレーできるようになる。

09:50
ディフェンシブ3秒をしたくないから、レーンをカットしてくるプレーヤーに、触れることが重要だ。



2010/10/26 17:45  Kobe | コメント(8)
Emapapaさん、お久しぶりで。
私も、DVDを持っています。こちらこそ、よろしくお願いします。今シーズンは、ベンチが良いので、楽しそうです。
[ 2010/10/27 17:07 ] [ 編集 ]
MALTSさん、初めまして。
他チームというのは、ニックスのことでしょうか?他チームファンも大歓迎です。よりによって、セルティックファンの方からも、コメントを頂くこともあるので。

弱いと見に行くのが嫌になる気持ちも分かりますが、勝ち馬に乗るみたいな、「にわかファン」は、嫌ですね。

コービーに限らず、プレーヤーが、プレー中に、何を考えているのかが分かるのは、興味深いです。
[ 2010/10/27 17:06 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
1本、5分位だろうと思って、「明日記事にします。」と言ったら、10分もあって、たまげました。テレビ見ながら翻訳しているので、ちょっといい加減なんですが。こういう舞台裏みたいの、良いですよね。ファンにはたまらないです。

ブヤチッチ特集は、今の状態だと、地元のメディアでもやりそうにないです。特集したくなるくらい、活躍してくれたらいいんですが、今日もシャノンが大活躍で、出番すら無かったです。
[ 2010/10/27 17:05 ] [ 編集 ]
お久しぶりです☆
いよいよ開幕ですね!!
このリーのドキュメンタリーはDVDにもなっていて実は持っています♪♪
今シーズンもよろしくお願いします★
[ 2010/10/27 14:55 ] [ 編集 ]
初めまして
色々なニュースを取り上げていただいているので、よく読ませていただいている他チームファンです(笑)
リーはNYNのファンと自称してますが、コービーを撮影したり弱いときはビッグゲーム以外来なかったりとなんか信用が無いというか何というか・・・
日本でもプロ野球でどこかのチームが優勝すると『ファンでした』なんて言うタレントがいますがそんな感じでいまいち彼は信用できないんですよね…
このビデオに関してはコービーの思考なんかがわかってとても良いビデオだと思いますが(^_^;)
[ 2010/10/27 14:33 ] [ 編集 ]
あざーっす><

やっと全部見ました!
日本でもこうゆうのもっとやって欲しいですね

次はシャラポアが観戦に来るのでブヤチッチ特集とかやらないかなw
[ 2010/10/27 13:50 ] [ 編集 ]
Venzaさん、こんにちは。
日本にESPNがあるのを知りませんでした。ESPNのドキュメンタリーって良いですよね。

ルーキーは二人とも良いですよ。イーバンクスは、ロサンゼルスでもアリーザと比べられています。外見やプレースタイルも似ていますが、無表情でボソボソしゃべるところも似ています。

TNTで中継があると、ローカル局でないので、嫌いなんです。去年までは、ローカルでも中継していたし、数年前までは、TNTがブラックアウトになっていまいました。ESPNの時は、ローカルでもやるのでいいんですが。ボストンが長引いたら、TBSでレイカーズをやってくれないんでしょか?ABCだと長引くとESPNでやりますよね。ボストンのゲームは3時間とってあるので、大丈夫だと思いますが。
[ 2010/10/27 07:09 ] [ 編集 ]
私は再放送で見ました。以前NBA復帰を目指すロドマンのドキュメントを日本のESPNチャンネルで字幕付きで見ましたが、こういう番組をもっと日本でも放送してもらいたいです。

先週のプレシーズン最終戦を見ました。初めて新加入選手を見ましたが新人2人は噂どおりでした。キャラクターは難しいフックと、ミドルシュートも決めていましたので意外に器用だと感じました。イーバンクスはアリーザそっくりに見えるのは私だけでしょうか。

いよいよ開幕ですね。マイアミvsボストンの試合が長引かない事を期待します(LALの中継がカットされるので)。リング授与セレモニーは絶対に見たい!!!
[ 2010/10/26 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。