ベンチモブ改め・・・・

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ベンチモブ改め・・・・

プロアスリートは、ニックネームが付くようになったら、一流と言っていいです。プリシーズンから、順当に活躍を続け、開幕後2ゲームでも、役割を果たしたレイカーズのベンチ陣に、フィル・ジャクソンが早くもニックネームを付けました。フィル曰く、「奴らは、『Renegades』だよ。」

“Renegade”(レネゲーズ)は、辞書を引くと、「所属している政党や活動から脱退して、その反対の団体の一員になる人」というようなことが書いてありました。英和辞典を引くと、「裏切り者」「反逆者」とありました。

元の意味はそうですが、一般的に、この言葉には、社会の体制に反逆して、一人で我が道を行くような、ちょっとロマンを感じる響きがあります。「裏切り者」という日本語訳は、少しニュアンスが違います。そういえば、もう20年くらい前に、”Renegade”というタイトルのテレビドラマがありました。一人でバイクに乗って、アメリカ国内を放浪して、行った先々で、犯罪やトラブルに巻き込まれ、解決するという筋書きでした。日本でいうなら、「座頭市」や「子連れ狼」が“Renegade”に当たるのでしょうか?

“Renegade“は、通常「良い物」ですが、責任感に溢れ、正義感に燃えて、弱きを助け、悪を倒すスーパーマンのような、品行方正で清廉潔白なタイプではなく、すねに傷を持つワルタイプで、率先して弱者を守るというより、止むに止まれず巻き込まれるというタイプです。ルーク・スカイウォーカではなく、ハン・ソロがこのタイプです。レイカーズで言うなら、ピッタリなのは、ロンロンとバーンズ、イメージが逆なのが、優等生タイプのパオとおっとりのラマーでしょうか?

アメリカ人でも、”Renegade”の定義には、困る様です。記事には、辞書からの引用がありました。本来の言葉の意味と、今日一般的に使われている意味に、開きが出てきているからです。

ベンチのSteve Blake、Shannon Brown、Matt Barnesのトリオのニックネームには、この他にも、レイカーズの解説者が付けた、”Killer B’s”(キラー・ビーズ)があります。”B”は、3人の苗字の頭文字ですが、”Killer B’s”は、攻撃的な蜜蜂の一種の”killer bee”との語呂合わせです。この種の蜂に刺されると、死ぬこともあるので、この名前が付けられています。

シャノンは、「レネゲーズは、ちょっとガラが悪いけれど、やる時になったら、しっかり仕事をする人。猛烈で、いつも一緒にいるわけではないけれど、人間関係が強固な奴らのグループ。舐めてかかったら、怖い連中。」と定義しています。又、「どのニックネームも好きだよ。」と言っています。

ブレイクは、「ニックネームなんか気にしていない。ただ、今やっていることを続けるだけ。」と、ベテランらしく、クールに落ち着いています。

バーンズは、「レネゲーツは、無謀だけれど、仕事をしっかりする人。キラービーズは、言葉の通り。仕事をしっかりしながら楽しんでいる、俺たちのことだよ。」と言っています。

こんなベンチについて、ロンロンは、「ベンチがうちのスターだよ。」と、フィッシャーは、「ベンチは良くやっている。ベンチが話題になることが、その証拠。これから、大いににチームに貢献するとはずだ。」と、共にベンチを賞賛しています。

ところで、皆さんは、どのニックネームが、お気に入りでしょうか?





2010/10/31 16:31  Lakers | コメント(6)
カンエイさん、こんにちは。
そうです。ハリソン・フォードです。アメリカだと今でも、スターウォーズはメジャーなんですが。

キラービーズは、分かり易くて良いですよね。集団で相手を攻撃する辺りもピッタリです。マンバは、1人で攻撃しても、致命的ですが。
[ 2010/11/01 08:50 ] [ 編集 ]
かぼちゃケーキさん、こんにちは。
"killer B's"は、ちょっと気が利いていますよね。サーシャは、名実共に、蚊帳の外になっちゃいますが。「レネゲーツ」は、日本人にはピンと来ないし、英和辞典を引いたら、かえってずれちゃうだろうと思って、長々と説明しました。でも、言葉は聞いた瞬間に、感覚的に理解することを、説明されても、なかなか感じられないですよね。

スターターでも、毎回コンスタントにプレーできる人は少ないですから、ベンチが一定レベルで、交代で爆発したら助かります。去年は、コービーやフィッシュが、予定より早く戻ることが多かったので、それは避けたいです。
[ 2010/11/01 08:48 ] [ 編集 ]
oniさん、こんにちは。
そうなんですよ。まぁ、ベンチモブの時代の印象で、実際にゲームを見ていないから、この2シーズンもそうだと思い込んでいるんでしょうけれど。素早いPGは、未だに弱点です。サーシャを使うという手もありますが。

バーンズは、数字に表れないことも、良くしていますよね。いつもゲームを見終わって、ボックススッコアーを見ると、「エッ、この程度だったの?」と不思議に思います。シュートが決まっているのに、ジャンプしている時があります。だからリバウンドが獲れるのでしょう。

打ち合いもそうですが、走り回るので、ちょっと大変です。今日も、ベンチがキーになると思います。
[ 2010/11/01 08:37 ] [ 編集 ]
ハン・ソロって、ハリソン・フォードでしたっけ??
僕はキラー・ビーズが好きですね。
コービーが、ブラックマンバのように狙った相手を仕留めるハンターなら、鋭い毒で、コービーを援護してほしいですね。
彼らの毒が、ライバルチームのとどめになることを期待します。
[ 2010/10/31 20:23 ] [ 編集 ]
自分は "killer B's" が好きですね。「レネゲーツ」より分かりやすいし 笑

ヒーローが試合毎に変わるチームは強いですよね開幕戦からそれがベンチになるとは、夢にも思いませんでしたが(´∀`*)
それとベンチが良いといろんなラインナップが見れて楽しみですね
[ 2010/10/31 18:47 ] [ 編集 ]
レイカーズの戦力に嫉妬する輩はよくベンチも豪華と逆に高評価して下さいますが、レイカーファンの多くは2年前からベンチの不甲斐無さをしっています。それはバイナムがいなくてラマーがスターターに回った時に顕著でした。
レイカーズ最大の弱点はベンチと素早いPGに弱い点と言えました。

ところが今シーズンの2試合はどうでしょう。
ブルックスやナッシュを抑えているとは言えませんが、3人のBは最高です。
特に私はバーンズを評価しています。彼のオフェンスリバウンドに救われる事は今シーズン多くなる事でしょう。

カリーが出なかろうがGSW相手だと明日も打ち合いになりそうですね。
[ 2010/10/31 16:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。