勝つには勝ったけど・・・・パート2

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

勝つには勝ったけど・・・・パート2

Game Score



勝ったと言うより、負けなかったと言った方が良いゲームでした。先週の金曜日の、トロント戦のコピーの様でした。相手が格下だと、死んだふりをする悪い癖が出ました。リバウンドで、54-42と-12、しかもオフェンシブ・リバウンドを26も獲られました。ケビン・ラブ一人に、24リバウンド、その内11がオフェンシブリバウンドでした。

リバウンドで圧倒されたのは、ラマーがファウルトラブルになったのも、原因の一つです。ラマーは1Q終盤に、2つ目のファウルするとベンチへ。2Qも、序盤に戻ったものの、残り3分ちょっとで3つ目のファウルをして、ベンチへ。3Qは、残り約9分半で、4つ目のファウルで、又ベンチ。出て来たと思ったら、ベンチに戻ることの繰り返しでした。

とは言うものの、“戦犯”は、パオです。リバウンドを獲りに行くのではなく、待っているのが目立ちました。ジャンプもしないで、両手を上げて、ボールが落ちてくるのを待っていて、横からすっ飛んできたラブに、ボールを横取りされる場面もありました。ミニッツがかさんでいるので、常に全力でプレーする訳にもいかないのは、分かりますが、あれだけ一方的にやられたら、少しはムカッとして欲しいです。

ゲームは、1Qを28-26と2点ビハインドで終了した以降、2Q前半はシーソーゲームになり、コーター後半にリードを確立し、3Q半ばに一度1点ビハインドになりましたが、逆転すると、それ以降はリードを保って、危なげなく勝ちました。逆転されても、僅差に迫られても、見ていて負ける気がしませんでした。プレーヤー自身も、きっとそうなんでしょう。だから、気が抜けるのですね。

コービーは、シーズンハイの33得点。パオは、18得点、10リバウンド。ラマーは、ファウルトラブルで、約26分半の短いプレータイムながら、15得点、8リバウンド。パオとラマーのリバウンド数を合わせても、ラブ一人に敵いませんでした。

ベンチでは、バーンズが引き続き、良くプレーし、9得点、4リバウンド、3アシスト、2スティールと、満遍なく、貢献しました。シャノンとブレイクは、共に3ポイントを1本ずつ決め、シャノンは、3得点、3アシスト、ブレイクは、3得点、1アシストでしたが、ターンオーバーが、5もありました。

ラマーがファウルトラブルでしたが、今日は、キャラクターではなく、イーバンクスがベンチ入りしていたため、ラマーがベンチに戻ると、代わりにルークがプレーしました。ルークは、期待通りの活躍で、シュートが1-5の3得点。5本のシュート内4本が、3ポイントでした。ルークに5本もシュートを打って欲しくないです。

ミネソタは、既にオーランドとマイアニと当たっています。ゲーム後のインタビューで、ラブは、「レイカーズは去年より良いチーム。オーランド、マイアミと比べたら、レイカーズがベスト。」と答えていました。

記事を書くのが、面倒くさくなるゲームでした。「勝つには勝ったけど・・・」が、シリーズ化しないといいです。まぁ、負けるよりは良いですが。



2010/11/10 16:56  Lakers | コメント(6)
しんげんさん、こんにちは。
だれたゲームでした。見所も無かったですね。贅沢な不満ですが。

日曜日は、スターターのミニッツが少なかったので、スタミナ切れとは思えないのですが。

ラブは、UCLAだったので、大学時代からゲームはよく見ていました。身長がないのに、よくやりますよね。3ポイントも決まるし。ミネソタにいるのが勿体無いです。
[ 2010/11/11 07:07 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
コービーは、前半良かったのですが、又、後半が又尻つぼみでした。まだ本調子ではないと思います。

ルークががら空きなのは、相手がシュートを打って欲しいからです。キラービーズとパオとプレーしているのに、なんでルークがシュートを打つのか、理解に苦しみます。相手としては、ルークがシュートしてくれたら、儲けものですよね。
[ 2010/11/11 06:49 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
オドムのファウルは、つまらないファウルもありました。もっと、注意して欲しいですね。バーンズ良いです。キラービーズは、判断が悪いプレーが少ないです。オドムもそうですが、コービーとロンのミニッツが減っています。この二人を温存できるは、大きいです。
[ 2010/11/11 06:46 ] [ 編集 ]
今日もみれませんでしたが、
みなくて良かったですかね…

インサイドのスタミナ切れ…?が起きているなら、やはりバイナムの復帰が必要なんだと感じます。
いつかのシャックみたく横着にならないといいですが…

ラブが、今シーズン更に開花してますね…ルーキーイヤーから目をつけてたので少し嬉しいです。
[ 2010/11/11 00:25 ] [ 編集 ]
今日の前半は久しぶりにコービーらしいスコアリングが見れて心強かったですね

ウォルトンに関してはシュートを打つのはいいと思うんですが試合中は入らないのに笛が鳴ってプレーが止まってからのスリーは2/2というのは勘弁してほしいです 笑
[ 2010/11/10 23:07 ] [ 編集 ]
オドムのファールトラブルの癖がとうとう出ましたか・・・。
去年はそれが結構目立ってイライラさせれたこと多々ありました。

今シーズンは絶好調!と喜んでいましたが。
油断してしまったのか?

まあ、パオもオドムも体力的に厳しいですからあまりきつい事は
言いたくありませんが。

バーンズいいですね!

黙々と、するべき事をしている!という
感じですね。

バーンズやブレイクがいるからこそパオやオドムも手が抜けますね。
(手を抜いてるとは思いたくありませんが・・・)

ほんとに頼もしいベンチ陣です!!
[ 2010/11/10 17:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。