NBAショックニュース = B.ロイは膝の軟骨がない

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


NBAショックニュース = B.ロイは膝の軟骨がない

ポートランドのブランドン・ロイは、左膝の痛みに悩まされていますが、手術をする必要がないことが分かりまし。というのも、関節の間の軟骨、半月版が、磨耗してなくなってしまっていて、手術のしようがないからです。又、左膝だけでなく、右膝も同じ状態のようです。

ロイは、左膝が腫れ上がり、今シーズンに入り、既に2回、溜まった水を抜く処置をしています。関節の間の軟骨が、なくなってしまっているので、走ったり、ジャンプしたりする際の、衝撃を吸収するクッションがなく、骨同士がぶつかり合うことが、原因です。ロイは、炎症を抑える薬を服用して、プレーし続ける予定です。

昨シーズンまでのロイは、もう見られなくなります。ロイは、才能のある豪快なプレーヤーなので、残念です。又、炎症を抑える薬は、長期間服用すると、肝臓に傷害を来たす恐れがあるので、心配です。



2010/11/14 17:46  Teams Blazers | コメント(8)
奈穂美さん、こんにちは。
笑っちゃいました。そういう勘違いってありますよね。

想像しただけでも、自分の膝が痛くなってきます。今の契約が切れたら、難しいのでは。プロアスリートは大変ですよね。
[ 2010/11/16 12:13 ] [ 編集 ]
Mayさん、こんにちわー。

最初、この記事のタイトルを読み間違えて、「ロイは膝の軟骨ながい」と脳内にインプットされ、「そうかー、ナンコツが長いのかー、それってどんなぁ~ん? 普通の人より得してるのかなぁ?」などと、馬鹿な事を考えてしまいました。

可哀想ですね。さぞかし、痛いんでしょう(泣。いつまでプレーできるのか、彼のNBAでのキャリアも心配されますね。まだ25歳くらいだったような気がしますが、後どのくらいプレーできるんでしょうか。

バイナムも昨シーズンは頻繁に膝の水抜きをしていたと聞きました。想像しただけで、クラクラしてしまいます。
[ 2010/11/16 08:49 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
昨日のゲームは、途中でロッカールームに戻ったみたいです。考えただけでも、こっちが痛くなってきますよね。ジャンプシューターにスタイルを変えていけば、ある程度やれると思いますが、それでも走らないといけないですから、長くはできないでしょうね。残念です。
[ 2010/11/15 07:39 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
日本でも、老人で、膝を人工骨に変える手術をする人がいますよね。それは、軟骨が磨耗して骨同士があったって痛いので、するんです。アメリカ人は、結構多いです。最近は、人工骨に変えないで、間に何かを注入する手術を実験的にしているみたいです。
[ 2010/11/15 07:29 ] [ 編集 ]
titiさん、こんにちは。
ヤオ・ミンにしてもそうですが、才能のあるプレヤーが、怪我でダメになるのは、残念です。怪我をしないのも才能のうちですが。
[ 2010/11/15 07:27 ] [ 編集 ]
そんなひどい状態でプレーしているなんて…。

彼の精神力には驚かされます。

どうにか頑張って少しでも長く現役でいて欲しいです!

素晴らしい選手の一人ですし。
[ 2010/11/15 00:21 ] [ 編集 ]
足首の靭帯が無くなったとかいう話は比較的よく聞きますが、膝の軟骨が無くなったというのは初めて聞きました
[ 2010/11/14 20:13 ] [ 編集 ]
とても残念です・・・・NBA全体にとってもマイナスですね泣
[ 2010/11/14 19:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション