レイカーズ2連敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


レイカーズ2連敗

Game Score



今日は、3ポイントでやられました。フィニックスは、球団記録になる22本の3ポイントを決めました。NBA記録は、オーランドの23本だそうです。数年に1回のことが起こったのでは、負けても仕方がないです。

このところ、ペイントでの失点が目立っていましたが、1Qは、ペイントをしっかり守っていました。その代わりに、3ポイントを含むジャンプシュートを、よく決められました。

オフェンスは、上手く行っていましたが、ロンが最初ニ3ポイントを決めて気を良くして、このコーターだけで、5本も打ちました。2本は決めたし、他の3本もがら空きだったので、気持ちは分かりますが、5本は多すぎます。

2Qに入ると、フィニックスの3ポイントが更に決まります。このコーターのフィニックスの3ポイントは、7-11と驚異的な数字でした。レイカーズのディフェンスが、必ずしも悪かったわけではないですが、ローテーションが、一歩遅れるのが、目立ちました。1Q終盤から2Q序盤の、ベンチ対決では、レイカーズのベンチは、全く良い所がありませんでした。今日は、ブレイクが風邪で欠場だったため、代わりにサーシャがプレーしたので、リズムが悪かったのかもしれません。56-53の3点ビハインドで、ハーフタイムへ。

3Qに入り、フィニックスの3ポイントが、外れはじめることを期待したのですが、このコーターも、6-9と打たれました。但し、前半は、かなりがら空きで打たれていたのもありましたが、このコーターは、結構良くディフェンスをしていました。終盤には、最大13点リードされましたが、最後に少し持ち直し、92-84と、8点ビハインドで、コーターを終えました。

4Q序盤のベンチ対決は、レイカーズが奮闘しました。特に、シャノンがこのコーターでけで、10得点でした。スターターが戻った後、徐々に追い上げますが、近づくと、離されるの繰り返しでした。

残り1分を切ったところで、ラマーがレイアップを決め、2点差にまで迫ったのですが、その際、明らかにターコルーからファウルされていたのに、ファウルコールがなく、腕を振って不満を表したラマーが、テクニカルファウルを獲られ、フィニックスがフリースローを決めて3点差にしました。ファウルがコールされて、1点差につまっていたら、どうなっていたか分からなかったです。

ゲーム後、このコールについて、フィル・ジャクソンは、「自然な反応はかまわないが、続けて審判に文句を言い続けるがテクニカルファウルと説明されている。ラマーは、続けて文句を言い続けていない。」と言っていました。納得がいかないコールでした。

とは言っても、それが原因で負けたのではなく、3ポイントで負けました。3ポイントは、がら空きだからといって、決まるわけではないし、かなり厳しいディフェンスをしていたのに決められたのもあるので、相手がホットだった言うしかないですが、ナッシュは、スクリーンを使って、フィッシャーとパオを、よくスイッチさせ、フィッシャーが自分より背の高いプレーヤーをガードしたり、パオがナッシュをガードして付いて行けなかったりすることが、散々ありました。又、フィッシャーが背の高いプレーヤーをガードしているために、他のプレーヤーがヘルプに行き、その結果、フィニックスのプレーヤーが、がら空きになることが、何度もありました。同じプレーを、最初から最後まで、やられたのは、情けないです。ゲーム後のインタビューで、フィニックスのチャニング・フライは、「レイカーズが、うちに3ポイントをくれた。」と言っていました。

結局フィニックスの3ポイントは、22-40の55%。全体では51.2%なので、3ポイントの方が、確立が良かったことになります。特に、ジェイソン・リチャードソンは7-10、イドー・ターコルーは5-7と、脅威的な確率でした。

レイカーズは、コービ-が、25得点、14アシスト、9リバウンドと、トリブルダブルに後一歩のダブルダブルでしたが、ターンオーバーも8あり、不名誉なクワドリプルダブルに、後二歩でした。

パオは、28得点、17リバウンド、ラマーは、22得点、11リバウンドと、共にダブルダブルでした。

ベンチは、バーンスがシュートは2-8の7得点と冴えませんでしたが、7リバウンドがありました。相変わらず、良く動きます。シャノンは、12得点と、又二桁得点でした。

1Qと2Qの最後に、気になるプレーがありました。1Q最後のオフェンスは、サーシャがドリブルして時間を使い、イーバンクスがジャンプシュートを外して終わりました。コートには、パオ、シャノン、バーンズがいました。このメンバーなら、サーシャかイーバンクス以外の誰かに、最後のシュートを打ってもらいたいです。どうして、サーシャではなくて、シャノンがボールを持たなかったかが、疑問です。

2Q最後のオフェンスでも、フィルは、ロンに代えて、サーシャを入れました。コービーがドリブルして、バスケットにドライブすると、3ポイントラインの外にいたサーシャにパス。サーシャは、思った通り外して、コーターを終えました。シャノンは、3ポイントの確立が、50%前後で、中距離のジャンプシュートも良く決めます。何故、シャノンではなくて、サーシャを入れたのかが、不明です。

11個もリングを持っているフィルの采配を、とやかく言うつもりはないですが、他のプレーヤーが欠場しないと出番がないプレーヤーが、コーター最後のプレーで、ボールを運んだり、シュートをしたりするのは、納得がいきません。

1件心配なニュースがあります。ラマーは、右足に痛みがあり、明日MRI検査を受けるそうです。それが原因で、昨日は練習を休んだようです。本人は、「大したことはないと思うが、原因をはっきりさせたい。今後足の話しをすることはないと思う。」と言っています。彼がプレーできないと、厳しいです。



2010/11/15 17:59  Lakers | コメント(22)
魚さん、こんにちは。
正しく、「こういう日もある」でしたね。年間何回かは、何をやっても勝てないゲームもあるし、何をやっても負けないゲームもありますよね。

ブレイクは、風邪です。明日はプレーします。ラマーは、打撲だけだったようです。
[ 2010/11/16 12:22 ] [ 編集 ]
LA好きさん、こんにちは。
批判する気は、全くないんです。時々批判する人がいると、「あなた一体いくつリングもってるの?」と言いたくなる方なので。当然、考えがあってしていることなので、「おかしい」というよりは、「理由は何なんだろう」という感じです。

私も、最後はホットなシャノンを残してもらいたかったです。ディフェンスでも、シャノンの方がスピードに着いて行かれるし。フィッシュを戻したかったら、シャノンを残して、コービーがSFにスライドして、バーンズを下げても良かったと思いました。シャノンがホットだっただけに、3ポイントに頼って欲しくなくて、下げたのかもしれませんね。デンバーでは、それで負けたので。
[ 2010/11/16 12:20 ] [ 編集 ]
奈穂美さん、こんにちは。
シューターが全員ホットでしたよね。あんなことも珍しいです。

良い時に移籍しましたよね。ニューオリンズが気に入っているみたいです。
[ 2010/11/16 12:14 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
今日も、ビデオをニュースでやっていたのですが、よく見たら、審判に向って言っているのではなく、自分で興奮して「N one」って言っただけです。今日は、ESPNで叩かれていたので、これから少しはよくなるでしょう。
[ 2010/11/16 12:09 ] [ 編集 ]
Venzaさん、こんにちは。
3ポイントを決められるプレーヤーが、常に3人はいる感じだったので、ディフェンスは難しかったです。普通は、誰かが当たらないんですが、昨日はみんな大当たりでした。スロットマシーンに当たるようなものですね。
[ 2010/11/16 12:07 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
ブレイクは、風邪で欠場でした。記事に書いたと思いますが。
[ 2010/11/16 12:05 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
解説者の誰かも、NFLのようなチャレンジがあったら良いと言っていました。でも、フットボールと違って、次のプレーに入るのが早いので、難しいでしょうね。

少なくても、審判が間違った場合は、その場はしょうがなくても、後で、テクニカルファウルを取り消して欲しいです。

こっちでも、みんな反対ですよ。一々文句をつけるのは、ファンも好きではないですが、反射的な反応をなくしたら、ロボットがプレーしているみたいになると、みんな言っています。それに、ルールは変更になっても、直後の自然な反応はかまわないことになっているようです。ラマーのは、正にそうですよね。
[ 2010/11/16 12:04 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
悲観的になることはないですね。むしろ、ペイントで、バカスカ獲られるより良いです。

サーシャは、余程頑張らないと、トレード価値は上がらないです。何せ、2年間、全く仕事をしていないですから。

オドムは大丈夫でしたが、ラトリフが・・・
[ 2010/11/16 11:59 ] [ 編集 ]
okaさん、こんにちは。
そうなんです。あんなこと、しょっちゅうあることではないので、運が悪かったと言うしかないです。

ラマーは大丈夫なんですが、ラトリフが・・・・不安が現実になって来ました。
[ 2010/11/16 11:55 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
NBA記録にあと1なんて、滅多にあるものではないので、仕方が無いです。オドムは記事にしましたよ。一安心です。
[ 2010/11/16 11:52 ] [ 編集 ]
京介さん、こんにちは。
新しい記事に書きましたが、インサイドは更に厳しいです。トレードは、期限が近づいたら、サーシャは複数年契約が残っているプレーヤーを出したい球団との思惑が合って、できるかも知れないですが、ルークはまだ1年残っているので、難しいですね。5百万ドルもするベンチ暖めなんて、どこも欲しくないです。Dリーガーで、でかくて、ディフェンスが良いのがいませんかね。得点はしなくて良いです。
[ 2010/11/16 11:50 ] [ 編集 ]
いつも詳しい記事ありがとうございます。
こういう日もあるさということでデンバー戦に比べると流れは悪くなかったと思います。
今日のガソルは自分の仕事をしているように感じました。ただロペスが怪我で途中退いているのでその点は割り引かないといけないかもしれませんが・・
 サーシャをよく見かけるなーと思ったら、ブレイク怪我だったのですね、結婚のご祝儀出場かと思ってました。
 ラマーが怪我だとインサイドはこれから苦しいですね
[ 2010/11/16 10:01 ] [ 編集 ]
気持ちは分かりますけどね。
フィルの采配に疑問がわくこともたまにありますけど、まぁ、レギュラーシーズンも開幕したばかりですし、色々なラインナップでオフェンスを試したりするのも、一つの方法ではないでしょうか?確かにシャノンの方が確率良く決めていますし、安定しているので、なぜあの場面で使わないのか?と言われれば、そうなんですけどね。ただ、サーシャにしても、仲間同士との練習だけでなく、実際の試合に出る時間が少しでもないと、シュートタッチが戻ってこないと思うんですよ。余談ではありますが、たとえシュートが決まらなかったとしても、サンズとのあのシリーズに関しては、ディフェンスで貢献した試合もいくつかありますよね。逆にアーテストはあのシリーズで、何をしていいのか良く分からなくて"lost"状態だった記憶があります。

最後に一つ不満を言わせてもらうと、4thの終盤、なぜシャノンの代わりにフィッシャーが入っていたかの方が、個人的には気になります。試合も残り2,3分で、あともう少しで相手に追いつくという大切な場面で、フィッシャーがナッシュに抜かれ、レイアップを決められた時は、心底ガッカリしました。あんな時こそ、シャノンのスピーディーで強力なDが必要だと思うのですが。
[ 2010/11/16 09:18 ] [ 編集 ]
2連敗、イタイですね…。
これからの3試合はアウェイと言うのに、負けちゃいましたねー。比較的勝ちやすいホーム戦、落として欲しくなかったんですが…。アマレも移籍したし、サンズもホット・ストリークって訳ではなかったので、勝てるとばっかり思っちゃいました。

カンファレンスでも3位に転落しましたね。ホーネッツの一位は意外です。元レイカーだったアリーザは、タイミング良く移籍したようですね。
[ 2010/11/16 09:12 ] [ 編集 ]
ですがプレーヤーとしてはあの点差、場面では熱くなるのは当たり前ですし、オドムへのプレーは審判としては取りづらいコンタクトではありますがテクニカルを吹いた審判に対する抗議ではないんですがね
まぁどうせあのテクニカル吹いた審判はプレーオフに出てこない人ですからいいんですが

ガソルがナッシュとのマッチアップを多く強いられたのはクワミを思い出しました
[ 2010/11/16 00:08 ] [ 編集 ]
ネットでの文字観戦だったのでイライラしながら見ていましたが、レイカーズもそんなに悪くなかったのですね。
サンズのピック&ロールでミスマッチをつくる作戦はダントーニ時代からよく使われている戦術ですよね。
ジャンプシュートがうまい選手を集めているので、噛み合った時はこうなるという事でしょうね。
[ 2010/11/15 23:56 ] [ 編集 ]
Mayさんへ質問です。
今日のサンズ戦、ブレイクがベンチにもいなかったように見えましたがケガですか?
[ 2010/11/15 23:47 ] [ 編集 ]
ミスジャッジ
終盤オドムが取られたテクニカルについて、NFLのようにチャレンジ(審判のジャッジに
不服申し立てがありビデオ判定が出来る)があって良いと思います!

審判は自らのミスジャッジを棚に上げ、オドムのリアクションにテクニカルファールを
与えるなんて、明らかにおかしいです。審判がゲームを壊したと言っても過言ではありません。

今シーズンから敷かれているテクニカルファールの強化について、現地ではあまり問題視されて
ないのでしょうか?1戦1戦が重要となるプレイオフで、あーいうジャッジをされて、何も言えな
いのでは、もの凄く悔いが残ります。
[ 2010/11/15 23:43 ] [ 編集 ]
でも逆に考えれば、これだけの記録を作られながら、ラスト1分まで、勝敗が、わからないゲームをしたわけですから、2連敗とは言え、そんなに悲観的になることもないのでは?

サーシャは、契約最終年なので、それだけで、トレード価値も上がるわけですから、さらにプレーさせて、トレード価値を上げているのかと。これ以上トレード価値下がりようが、ないですから。

オドムは、心配ですね。抜けられるとインサイドが、弱くなり、ガソルのプレータイムも多くなるので、大丈夫なことを祈ります。
[ 2010/11/15 22:43 ] [ 編集 ]
相手が出来すぎだったと言って仕方ないと諦めるべきかどうか。
今のサンズは決して負けない相手だと思います。
現在のところ意外性のある2チームに負けたのである意味仕方ないと思うべきではありますが3連敗は許されない。
ラマーの状態は気になります。
抜けられると一大事です。
シーズン前から少し不安になってたことが本当に不安になってきてしまいました。
[ 2010/11/15 22:13 ] [ 編集 ]
今日はサンズは面白いように3が決まっていました。
これでは、しょうがないと諦めました。

レイカースも悪い感じはしなかったので後味はわるくなかったですが…オドム!!大丈夫ですかね?かなり心配です。


[ 2010/11/15 21:01 ] [ 編集 ]
連敗ですか…。なかなかに厳しいですね。サーシャは昨シーズンのカンファレンスファイナルで、ドラジッチとのスロベニア対決頑張ってましたよね。それが理由なのかはわかりませんが。

オドムは世界選手権あったので、疲れていて当然かと。ラトリフの加入も心強いですが、怪我に強いインサイドの選手がもう一人欲しいです。バイナムが戻っても結局オドムの出場時間は長いんで。マジックのバスとか去年全然使われてなかったので、釣れないかなとか考えていましたが、今シーズンローテーション入りしてました…。恐らくトレードになれば、サーシャとルークでしょうが価値が低いのでローテーション入りしている選手は厳しいですよね。
[ 2010/11/15 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション