又々、蜂が活躍

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

又々、蜂が活躍

Game Score



1Qは、出足から、パオがノアに押しまくられます。シュートは打たせてもらえないし、リバウンドでは、圧倒されます。オフェンスではコービーとラマー以外が全く決まらず、残り8分ちょっとで、早くもロンに代わり、バーンズが登場します。終始押され気味でしたが、終盤に登場したシャノンが、コーター終盤、24分クロックが切れる間際に、3ポイントラインの遥か後ろから苦し紛れに打ったシュートが決まり、同点に追いつき、26-26でコーターを終了します。

2Qは、シャノンが爆発します。まずは、開始直後に3ポイントを決め、その後もレイアップと3ポイントを決め続け、1Qの得点元だったコービーとラマーがベンチの間に、チームを引っ張ります。スターターが戻った後も、パオとラマーが、交互にベンチで休み、ロンがPF、コービーがSFで、シャノンが最後までプレーしました。コービーがスクリーンをセットして、シャノンに打たせる場面もありました。レイカーズは、徐々にリードを広げ、半ばには、8点リードにまでなりますが、その後追い上げられ、51-49の2点リードでハーフタイムへ。

3Qは、レイカーズが8-0で飛び出し、一気に10点リードになりますが、徐々に追い上げられ、終盤には同点に追いつかれます。半ばにロンが4連続でシュートを外したのが、痛かったです。後半は、1Qの繰り返しの様で、コービーとラマー以外は決まりませんでした。ディフェンスでは、ローズに好き放題にされました。74-73の1点リードで、コーターを終了します。

4Qは、開始直後に、パオを休ませるため、キャラクターが登場しました。序盤に追いつかれ、残り8分ちょとで、ついに逆転されますが、そこで又シャノンが3ポイントを決め、最逆転します。その後、コービーのシュートとバーンズのフリースローでリードを広げると、ブレイク、バーンズ、そして又ブレイクが、3連続3ポイントを決め、リードを12点とし、ゲームを決めました。このコーターは、残り9分を切ったところで、コービーとパオが戻った後は、この二人とキラービーズで、最後まで戦いました。接戦の4Q後半を、ベンチを3人使えるのは、強みです。後半に、ディフェンスが締まり、18点しか得点させなかったのも、勝因の一つです。

シカゴのローズとノアには、よくやられました。ローズはスピードがあり、バスケットから2メートル程度の所からの、フローターの様なシュートを、かなり高い確率で決めます。ノアは、動きが良く、リバウンドでパオを圧倒しただけでなく、ディフェンスでも、身長が1インチ(約2.5センチ)高いパオをブロックする場面もありました。パオは、ノアのディフェンスを恐れ、急いでシュートをする場面も見られ、パオのリズムを、完全に崩していました。二人共、最初から飛ばしたため、4Qに息切れがしたようですが、将来恐ろしいプレーヤーです。

コービーは、20得点、5アシスト。アシストの数は、5だけですが、後半、特に4Qは、ドリブルしてダブルチーム、又はトリプルチームをひきつけ、パスを出し、パスを受けたプレーヤーが更にパスを出し、その後決めるというパターンが結構あったので、実質5アシスト以上に、チームメイトのアシストをしています。

ラマーは、前半シュートが2-8と散々でしたが、後半5-5と持ち直して、21得点、8リバウンド。苦しい場面で、良く決めてくれました。開幕当初は、フリースローが決まらず、確立が60%を切っていた時期もありましたが、今日は、7-7でした。

パオは、シュートが3-10の12得点、11リバウンド。リバウンドは、4Qの多少盛り返しましたが、3Qまでは、6でした。リバウンドは、特に前半がひどく、ノアとギブソンの合計リバウンド数が16だったのに対し、パオとラマーは、合計6でした。ノアに獲られるならともかく、ギブソンに横取りされる場面もありました。後半は、多少持ち直して、最終的にはノアとギブソンが25リバウンド、パオとラマーが19リバウンド。チームとしては、46-38のマイナス8でした。

キラービーズは、活躍のシャノンが、3ポイントを5本決め、21得点、4リバウンド、3アシスト。前半、コービー以外から得点できない厳しい状況で登場し、次々と得点してくれました。フィルは、ゲーム後の記者会見で、「シャノンは、時々躊躇することがあるが、迷わないで打つように言っている。」と言っていました。3ポイントを打つ、グリーン・ライトをもらっているようです。

バーンズは、10得点、5リバウンド、3アシスト。相変わらず、良く動きます。ブレイクは、6得点、3リバウンド、2アシスト。数字は地味ですが、シュートは2-3、3ポイントは2-2の効率の良さです。あくまで繋ぎ役に徹していながら、4Qの勝負所で、3ポイントを2本、決めてくれました。ゲーム後のインタビューで、この3ポイント2本について、「コービー、パオ、シャノンが相手の注意を引くから、俺はオープンになり易くなる。オープンの時は、決めないと。」と言っていましたが、3ポイントは、オープンだからといって、決められるものでもないです。

今日は、スターターの内、フィッシュが0-6、ロンが1-8、パオが3-10と散々でした。スターターがこんな状態で、よく勝ったものです。それを反映して、フィッシュのミニッツが24:21に対して、ブレイクが23:39と、ほぼ半分に分けていて、ロンの17:17に対し、バーンズが30:43と、2倍近くになっています。今日のヒーロー、シャノンも28:29で、フィッシュとロンより長くなっています。ミニッツだけ見たら、誰がスターターか分からない状態です。3Qに、一旦引き離した後、追いつかれた時には、「早くベンチが出てきてくれないか」と思いました。

ラマーは、ゲーム後のインタビューで、「キラービーズが出てきて、リードを広げてくれる。」と、3人を称賛していました。又、リポーターが「キラビーズ又はレネゲーツ」と言ったら、「俺は、キラービーズが好きだ。」と言っていました。チームメイトの間でも、ニックネームが定着して来た様です。



2010/11/24 18:35  Lakers | コメント(20)
カンエイさん、こんにちは。
両方受賞もありえますよね。MIPは、ベンチは多少不利かもしれませんが、今のところ他にそれらしい人がいないですよね。ケビン・ラブがこのまま20+リバウンドをし続けると、強敵ですが、チームが弱いと価値が半減するし。

私はファンなのは、勿論レイカーズだけなのですが、誰でもファンとまで言わなくても、応援したくなるチームとそうでないないチームがあると思います。ウェストは当然、どこも応援したくないのですが、今年は、トレバーとDJが行ったニューオリンズは、応援しています。イーストは、シカゴは応援したいチームですね。ボストンは、応援はしていないですが、ファイナルでもう一度やりたいので、勝って欲しいです。マジックも応援したいので、もうちょっとしっかりして欲しいですね。昨日の、テクニカルファウルの連発は、チームとして幼稚で、情けなかったです。
[ 2010/11/26 05:59 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
マブスはジェイソン・テリーがいますからね。レイカーズは、元々接戦の終盤やOTは、バイナムがいても、ラマーがプレーしているので、ラマーがベンチに戻っても、接戦では、パオ、ラマー、コービーと、調子やマッチアップによって、キラービーズの内2人をプレーさせて、ベンチが3人がちょこちょこあるのでは。

ブーザーがいなくて、これだけやれるのは大したものです。
[ 2010/11/26 05:49 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
記事に書くのを忘れたのですが、ゲーム終了後、コービーがローズを指で指しながら歩み寄って行って、ハグしながら何か言っていました。ローズを認めた行為だと思います。ジャックも同じでしょうね。
[ 2010/11/26 05:39 ] [ 編集 ]
気が早いですが、今年のシャノンは、MIPか、シックスマン賞候補じゃないですかね?
僕は、シカゴファンでもローズのファンでもありませんが、今後楽しみなチームですね。ハワード率いるマジックと共に、今後のイーストを引っ張る存在となってほしいです。
[ 2010/11/26 04:38 ] [ 編集 ]
マブスなら、2人くらい出れるかもですね。あとは、思いつかないです。ボストンですら、きついかと。

アンセルフィッシュじゃないのは、いいことですね。オドムのようにアンセルフィッシュすぎないところもいいです。

シカゴは、これでまだブーザーが、いないんですよね~
上手く機能すれば、恐ろしいチームです。スターターもSG以外は、穴らしい穴は、ないですし、SGも自分をしっかり主張できるタイプのプレイヤーなので、怖いですね。
[ 2010/11/25 20:56 ] [ 編集 ]
今回試合を観れました。サンキュー、キラービーズです!特にシャノンは大活躍ですね!
確かにローズ、ノアは将来楽しみですね!二人ともて敵ながらあっぱれで応援したいです!

終了後ノアがジャック・ニコルソンとハグをしていたのが印象的でした。
[ 2010/11/25 16:24 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
ローズは、レイカーズのディフェンスを責めるより、ローズのオフェンスを褒めるべきだと思います。

バイナムは、12/10も又危ないようなことも言っていますよ。期待していないです。
[ 2010/11/25 09:56 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
4Qに、キラービーズとコービーとパオと、パオ以外は、スモールに行ったのも、効いたのだと思います。3連続3ポイントは、本当にスカッとしました。あっという間に、ゲームを決めてしまいました。

シカゴは、若いチームで勢いがあるので、これで経験を積んだら、強くなると思います。
[ 2010/11/25 09:55 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
接戦の4Q終盤に、ベンチが1人くらい出ているチームはあると思いますが、3人はちょっと。2人もまずないと思います。贅沢ですよね。

キラービーズは、全然自分の数字を気にしていないと思います。シャノンもあれだけ前半良かったけれど、後半はマークされ気味だったので、よくパスをしていました。

ローズは、シカゴの近辺の出身ですよね?ジョーダンを見て育ったのでは?
[ 2010/11/25 09:54 ] [ 編集 ]
okaさん、こんにちは。
なんか、「それ打つぞ」という感じではなくて、まるで練習中の様に、カジュアルに打っていますよね。確率はかなり良いですが、結構コーター終了間際のハーフコートあたりから打って外しているのもあるので、実際には数字以上に良いです。昨日も、1Qの終わりはハーフコートから、3Qの終わりは、走っていって、3ポイントの後ろから打って外していますよね。

ブルズは将来楽しみです。今年はまだ無理だと思いますが、来シーズンはコンファレンスファイナルに行っても驚かないです。
[ 2010/11/25 09:54 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
良いゲームを見られて良かったですね。ブレイクは、バーンズとシャノンの影に隠れて、目立たないですが、要所で決めてくれます。開幕のヒューストン戦で、決勝の3ポイントを決めたのも、ブレイクでした。

ロンロンは、ディフェンスさえしてくれたら、得点はなくても良いので、あせって無理に打って欲しくないです。ブルズ相手だと、得点元をロンロんがガードしないので、自分の存在感が失われるようで、焦るのかもしれないですが。
[ 2010/11/25 09:52 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
昨年は、スターターがよくても、ベンチがリードを失うどころか、逆転されて、追いつけなくなって負けることが何度かありました。ポストシーズンも、レイカーズの弱点はベンチだと言われていました。

コービーのスクリーンは、普段から時間をかけて練習をしているとは思えないし、まして、開幕前は、コービーとシャノンが一緒にプレーすることを、想定していなかったと思います。状況に応じて、陰気応変にプレーできる所がさすがです。スクリーンをセットしたら、普通は、ディフェンスはスイッチしますよね?でも、コービーがスクリーンをセットしたら、コービーをカバーしていたプレーヤーは、なかなかコービーを離れにくいですよね。昨日も、ディフェンダー2人が、コービーに引っかかってた場面がありました。スクリーンもそうですが、ドリブルしてダブルチームを引き付けてのパスも、楽しんでいたと思います。パスした相手が、あれだけ決めれば、楽しいでしょう。

ローズは良いですね。外も安定して来ています。ただ、小さい身体でバスケットに突進して行くので、怪我が心配です。大きな怪我だけは、して欲しくないです。ブーザーが戻ってきたら、怖いチームです。どっかのビッグ3より、ブルズの方が、全く被る所がない、バランスが取れたビッグ3になりそうです。
[ 2010/11/25 09:47 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
キラービーズは、3ポイントも決めますが、みんなバスケットにドライブもできますよね。だから、相手もピッタリくっついてガードするわけに行かないのが、強みです。作シーズンPOで、フィニックスのゾーンに苦しみましたよね?あれは、シューターがいないのと、バスケットにドライブできるプレーヤーが、コービーくらいしかいなかったのが、原因です。キラービーズが両方解決してくれました。
[ 2010/11/25 09:38 ] [ 編集 ]
Mayさんのおっしゃる通り、ローズにはいいようにやられましたね。
レイカーズもロン・コービー・バーンズとディフェンスのいいプレーヤーをローズに当てても、お構いなくペネトレイトからシュートを決められてました。
パオが押される試合中に必ず?出てくるバイナム復帰の話ですが、12/10のブルズ戦の予定みたいですね。
[ 2010/11/25 07:43 ] [ 編集 ]
4Qの3P攻勢は圧巻でしたね♪キラービーズ最高でした!!!
ペイント内でシカゴに圧倒されヤキモキしながら観てましたが、キラービーズのハッスルでスカッとしました!!
シカゴも良いプレイをしてたと思いますが、レイカーズの層の厚さ、凄さを改めて知る機会となりました(笑)
[ 2010/11/24 23:22 ] [ 編集 ]
ベンチが、これだけ厚いと相手もかなり厄介でしょうね。4Qにベンチ3人は、他チームが、真似したくてもできないようなことですし。
ブレイク、バーンズともに数字上では、平均的な選手くらいですが、いいところで、貢献してくれます。シャノンばかりが、目立っていますが、開幕が、これだけ好調なのも影で、貢献してくれるプレイヤーが、いるからこそと思います。

ローズは、個人的に大好きな選手です。夏に3Pを猛練習したと聞いて、今シーズンめちゃくちゃ期待していまいた。それにいつか移籍するか?と聞かれて、即答で「ない、絶対」と答えていて、高感度大幅upでした。
[ 2010/11/24 23:00 ] [ 編集 ]
シャノンの今シーズンの3P確率かなり良いですね。
自信を持って打ってるのがわかります。
しかしベンチ陣ここまで使えるとは…。
ブルズはブーザー復帰したらほんとに面白いですね。
ローズのドライブ、速さx力強いし。
[ 2010/11/24 22:09 ] [ 編集 ]
久しぶりに試合が視れました。今日一番印象に残っているのはブレイク、バーンズが要所で連続して決めたスリーでした。
コービー?→シャノン→ブレイクと外を回してから決めたスリーの後のブレイクの嬉しそうな顔が、もうすっかりレイカーだなと感じました。
バーンズ、シャノンといいレイカーズはいい契約ばかりできてますね♪
あと不調続きはロンロンですが、
ロンロンのオフェンスはたまに爆発すれば良い程度の計算しなくて良い状況で上手くいってるので、これで良い気がします。
かわりにディフェンスで頑張って欲しいですね。
ロンロンやブルース・ボウエンのような選手が目標なので、なおさら頑張って欲しいです…
[ 2010/11/24 21:06 ] [ 編集 ]
昨年までだったら負け試合のパターンでも勝てるのが今年の強みですね。
コービーがスクリーンをセットするということは最初から想定されているオフェンスなんですよね?
多分コービーはこうゆうパターンは今までほとんどやってなかったはずですし、それで回りが活きるならかなり楽しんでやってるんでしょうね。

ちなみに個人的に今のノリノリのローズは相当厄介だと思います。
外も改善してきてますし、ノアの成長もあるし、ブーザー戻ってきたら怖いチームですよね。
でもファイナルでレイカーズ対ブルズとか凄い見たいですよ
[ 2010/11/24 19:43 ] [ 編集 ]
今年はベンチのスリーがよく入りますね
あれこそまさにフィルのチームという気がしますね
[ 2010/11/24 18:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。