レイカーズ課題が残る勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ課題が残る勝利

Game Score



1Qは、レイカーズのオフェンスが出足から好調で、フィッシュ、コービー、ロンン、ラマーが連続でシュートを決め、飛び出します。パオが一人で、シュートが決まりませんでしたが、その他の4人は良く決め、特にラマーが5-6と絶好調の出足でした。ボールも良く回っていて、15のバスケットに対し、11アシストというパス回しの良さでした。ディフェンスも悪くはありませんでした。ワシントンが決めたシュートの殆どが、長距離、中距離のジャンプシュートでした。ワシントンでは、期待のジョン・ウォールは静かでしたが、ギルバート・アリーナスが3ポイントを2本決め、好調な出足でした。36-23の13点リードで、コーターを終了します。

2Qは、出足に、ブレイクが2本3ポイントを決め、シャノンも続いて3ポイントを決めます。ところが、ディフェンスが悪く、点差が一向に広がりません。得に、ワシントンのニック・ヤングに3ポイントを含むジャンプシュートを良く決められました。そして、ロンが3ポイントを2本続けて外すと、パオがバーンズからのパスを受けられず、ターンオーバーになります。この時点で、7点差にまで迫られ、その後、シャノンが又3ポイントを決めて離しますが、スターターが戻った時点では、9点差に縮まっていました。ベンチがプレーしている間に、点差を詰められましたが、その責任は、ベンチではなく、一緒にプレーしていたロンとパオにあります。スターターが戻った後は、順調に得点します。このコーターも、良くボールが回り、13のバスケットに対し、11アシストと、驚異的なアシスト数でした。ディフェンスでは、ヤングに引き続きやられます。ウォールもろそろそエンジンがかかってきて、バスケットにアッタクし、ファウルを獲ったり、レイアップ、ジャンプシュートを決めました。結局このコターは、全く点差を広げることができず、33得点も許し、69-56の14点リードで、ハーフタイムへ。

3Q序盤は、ディフェンス、オフェンス共に良く、約4分ちょっとを残して、18点リードにまで持ち込みます。ところが、ここから、気が緩んだのか、オフェンスが雑になり、点差を徐々に詰められます。ラマーが肩越しに後ろにいたパオにパスしターンオーバーし、その後のファーストブレークで、既に8アシストだったパオが、トリプルダブルを狙ったのか、自分でダンクが出来るのに、コービーにパスし、悪い体勢でレイアップに行ったコービーが外したりと、確実なプレーをしないで、派手なプレー、自分のスタッツを気にしたプレーで、4得点できるはずが、無得点に終わりました。それでも、終盤、ベンチが登場した時点で、17点差あったのですが、ファウルを繰り返したり、ディフェンスが甘く、簡単に得点を与えます。前半は全くプレーしなかったキャラクターが登場し、レイアップを3本外して全く良いところがありませんでした。バーンズも、残り20秒を切ったところで、スローインをスティールされ、ターンオーバーします。バーンズは、前にもこれがありました。最後は、0.6秒を残してファウルをし、フリースローを与えます。87-84の3点リードでコーターを終了します。

4Qは、3Qにキャラクターが全く駄目だったので、パオが最初からプレーすることになりました。出足は、シャノンの活躍で、点差を徐々に広げますが、バーンズがフリースローを2本共外す場面もありました。今日は、バーンズは良いところがありませんでした。その後、10点リードにまで持ち込みますが、終盤に追い上げられます。前半は良かったフィッシュが、後半は失速し、ゲーム終盤は全く決まりませんでした。残り1分を切った時点では、4点差にまで迫られました。そして、残り32秒を残し、4点リードの時点で、ジャンプボールで勝ってボールを獲った後、24秒クロックが17秒も残っているのに、ラマーが3ポイントを打って外します。24秒をぎりぎりまで使えば、たとえ得点できなくても、10秒前後を残して、4点リードでワシントンのオフェンスだったはずです。この後、ワシントンがタイムアウトを取ったのですが、ベンチに戻ったラマーに、フィルが恐い顔で何か言っていました。ゲーム後の記者会見で、フィルは、「どうして打ったんだと訊いたら、『セルフィッシュになった』と答えた。」と言っていました。セルフィッシュになるにしても、そのままドリブルして時間を使ってから打つ分には良いですが、17秒も残して打つなんて、一体何を考えているんでしょう。

コービーは、32得点。シュートは12-23と50%を超えましたが、3Qまでは10-18だったのが、4Qは2-5と、又4Qに決まらなくなっています。3ポイントも引き続き決まらなく、1-6でした。ちょっと心配です。

パオは、21得点、14リバウンド、8アシスト、5ブロック。シュートは、1Qが2-8と出遅れたのですが、その後持ち直して、2Q以降は、5-10でした。プレータイムが、約42分半なのが心配です。

ラマーは、24得点、7リバウンド。数字は良かったですが、3Qの派手なパスを試みてターンオーバーを許したり、ゲーム終盤のボーンヘッドと良い、反省点が多いプレーぶりでした。

ロンは、9得点、7リバウンド、4スティール。数字はまずまずですが、3ポイントは0-4と決まりません。今日は、PFポジションでもプレーしたので、約40分のプレータイムでした。

フィッシュは、8得点、6リバウンド、7アシスト。数字は良いですが、シュートは、3-11と散々でした。3本のバスケットは全部前半に決めたもので、後半は、0-7の無得点でした。

ベンチは、キャラクターとバーンズは良いところが無かったですが、ブレイクとシャノンは、良くやりました。

ブレイクは、3ポイントが3本の9得点。点差を詰められた、厳しいところで、良く決めてくれました。

シャノンは、12得点。3ポイントも2-4と戻って来ています。今シーズンは、二桁得点が確実になってきて、頼もしいです。

今日は勝ったものの、課題が残るゲームでした。フィルは、ゲーム後の記者会見を、「こんなのでは、勝っても嬉しくないね。」と切り出しました。記者会見だけ聞いたら、負けたと思っていたと思います。

得点差が開くと、気が緩む、雑なプレーをする、相手を甘く見る、楽をしてジャンプシュートに頼ると、同じことの繰り返しです。ゲーム後のインタビューで、シャノンは「20点差くらいで勝っていて良いゲームだった。」と反省していました。点差を詰められたために、ロードを控えて、又パオのミニッツが多くなりました。後半、ワシントンがゾーン・ディフェンスをしてきてから、パス回りが悪くなったのも、苦戦をした原因の一つです。前半は22あったアシストが、後半は、わずか4でした。

ところで、バイナムは、練習で調子が良いのか、「14日のワシントン戦で復帰する。」と言っているようです。レイカーズは、その前日13日に、オバマ大統領に招待されているので、それで意気込んでいるのでしょうか?但し、フィルは、「それはまだ未定。」と言っています。同時に、「19日に復帰の予定だが、ロードに出るので、それまでに十分な練習が出来ないので、練習を兼ねて、それ以前にプレーさせるかもしれない。」とも言っていました。珍しく、復帰予定が早まる可能性もありそうです。


人気ブログランキングへ

2010/12/08 18:16  Lakers | コメント(16)
シジさん、こんにちは。
いつもこういう調子だから、波があるんです。良くプレーしていると、頭に乗って雑になるんです。ベテランなんだから、もうちょっと落ち着いて欲しいです。
[ 2010/12/09 13:50 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
点差が開くとついというのも分かるのですが。今日は、デンバーとボストンの前半をちょっと見ていたら、ボストンが、19点リードから1点差にまで詰められて、安心しました。

そっちでは、ブルズ戦は、土曜日なんですね。これで負けると、来週オバマにトラシュトークされます。

新しいコマーシャルも面白いですが、最初の程ではないですね。最初は以外だったらから面白かったけれど。ビデオを見つけて、記事にします。
[ 2010/12/09 13:47 ] [ 編集 ]
昨日はオドムがフィルに怒られてましたね
でもオドムはニヤニヤしていてフィルも余計に怒っていたように見えました
それまで良いプレーを続けていたのでもったいないなと思っていました
[ 2010/12/09 11:42 ] [ 編集 ]
去年もありましたね、途中から気が緩むパターン。

あれは、観ていてあまり気持ちのいい展開じゃないです。

出来たら、安定感のあるプレーを望みたいです。

土曜日のブルズ戦は観れるので楽しみです。前回はブーザーがいなかったので。

そう、NBA TVのビッグヘッドのCMのニューバージョンやってますね!ジョン・ウォールのダンスしているシーンがおもしろいです。
[ 2010/12/09 10:41 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
負ける気はしなかったですが、開幕当初にフィッシャーが言っていた、「相手に対してリスペクトが無い。」ってやつだと思います。おっしゃる通り、相手が相手だから、なんとかなったんです。相手がヒューストンの時は、負けましたよね。

ファーストブレイクは、ロンはスローブレイクにするし、フィッシュはシュートに行ってファウルを獲ることはできても、レイアップはまず決められないし。パオ、コービー、ラマーだったら問題ないんですが。
[ 2010/12/09 09:31 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
残念でしたね。パオはちょっと心配です。あとちょっとなので、頑張って欲しいです。

ウォールは、インタビューで、コービーのことを話している記事を見つけました。後で、記事にしようと思っています。
[ 2010/12/09 09:27 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
失敗から学んでいないですよね。同じことの繰り返しで、頭に来ます。選手がコメントしているのも良いのですが、口ばっかりです。今まで、ラマーが一番、自己批判が厳しかったのに、その本人がつまらないことして。ロードで気を引き締めて、立て直して欲しいです。
[ 2010/12/09 09:24 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
良かった前半は見なくて、悪かった後半だけ見たんですね。

3Q中盤どころか、終盤にベンチが出てきたところで、これで、スターターはおしまいと思ったのに。そいうえば、コービーもちょっと早かったですね。

ウォールはなにせ速いですね。これから楽しみなプレーヤーです。
[ 2010/12/09 09:19 ] [ 編集 ]
snyy9さん、こんにちは。
同じことを繰り返しているにが気になります。過去の失敗から、何も学んでいないです。本当に、先が思いやられます。
[ 2010/12/09 09:15 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
バイナムは、数字はそこそこで良いので、とにかく最後まで休まないで、プレーして欲しいです。

クリッパーズ戦は、何回か見ましたが、グリフィンは凄いです。床に穴が開くんじゃないかというような勢いでダンクします。新人王は、グリフィンじゃないかと思うのですが、私は、グリフィンは何回も見ているけれど、ウォールは昨日が初めてだったからかもしれません。

ロサンゼルスは、レイカーズ一色なので、むしろロサンゼルスに外の方が、グリフィンの話題をしていると思います。ロサンゼルスでは、クリッパーズが又負けたという感じです。
[ 2010/12/09 09:06 ] [ 編集 ]
こんにちは
今日の試合、あまり最後まで負ける気はしなかったんですが、題名の通り課題が残る勝利でしたね。
 パオはまあまあ良かったと思いますが、相手方のチームにしっかりしたセンターともう一人シューターがいたら今日の試合もどう転んだか、分からない出来でした。
 途中緩んだようなところが目に付くのはディフェンスが甘くなるからなのでしょうか?
 マイアミも昇り調子のようですし、クリスマスまでにディフェンスもファーストブレイクもびしっと引き締めてもらいたいです。
 
[ 2010/12/09 07:16 ] [ 編集 ]
今日は勘違いで観れませんでした…
なんでも上手くいくとは思ってませんが、色々大変ですね。
パオの不調が長くてやはり心配です。それもこれもプロ意識に欠ける1人が大きな原因なのが気に食わないです…

公式携帯サイトのトップ画が、おそらくウォールをバグして話すコービーでしたが…彼もコービーのお眼鏡に適ったのでしょうか?
[ 2010/12/09 01:40 ] [ 編集 ]
以前から指摘されているレイカーズの悪い癖が目立つゲームでしたね。
点差が開くと、ほんとプレイが雑になり、あっと言う間に詰められる展開を
よく目にします。

ワールドチャンピオンらしく、相手の勝機を潰すくらい圧倒的な展開で、
大事にゲームを進めて欲しいものです。

これらも”失敗から学ばせる”フィルのトレーニングの一環なのでしょうか。
幸い各選手がコメントしているように「これじゃいけない」という認識を
示しているので、次回からのゲームに期待したいです。
これもフィルの策略でしょうか!? (笑)
[ 2010/12/08 22:41 ] [ 編集 ]
今日はテストだったので、後半は、試合見れましたが・・・なんとも残念といった感じでしたね。

3Q中盤までは、今日もパオとオドムのミニッツが、減らせて良かったと思っていたら、あれよあれよと点差が、縮まり・・・
シャノンは、引き続きいい感じですね。4Q序盤よくつないでくれましたし。
オドムもですが、コービーも残り1分40秒で、ショットクロック結構残っていたのに、なんで撃つねん思いました。

ウォールは、すごいですね。今日の試合見ていて、得点能力もそうですが、アシスト、それからフィッシャーに対する豪快なブロックも思わず叫んでしまいました。
[ 2010/12/08 20:19 ] [ 編集 ]
「最大の敵は己にあり」

この調子だと先が心配です。
[ 2010/12/08 20:08 ] [ 編集 ]
やはりバイナムがラストピースですかね。
もう怪我しないでくれやって感じですね。
クリッパー戦は敵ながら、グリフィンがどんなプレーするのかが楽しみですね。
グリフィンとウォールはどちらが新人王取りそうですか?
ロサンゼルスでのグリフィンの評判が気になります。
[ 2010/12/08 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。