レイカーズ惨敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ惨敗

Game Score



1Qは、パスが良く回っていて、シュートも良く決まっていました。特に、パオが絶好調でした。ディフェンスも良かったですが、むしろシカゴのシュートが決まらなくて、助けられた部分もありました。一昨日のヒーロー、フィッシャーが、フリースローライン辺りからのジャンプシュートを2本と、その前辺りからのを1本外したのが気になりました。このコータに得点したのは、コービー、パオ、ラマーの3人だけという悪いパターンで、リードはしていたものの、良い形ではありませんでした。22-12の10点リードで、コーターを終了します。

2Qの序盤は、レイカーズのベンチがなかなか得点できませんが、シカゴのベンチにも、なかなか得点を与えませんでした。ブレイクが3ポイントを1本決めた他は、バーンズ、シャノンは全くきまりませんでした。3人合わせてこのコーターは、1-7と、散々でした。それでも、シカゴももたついたので、スターターが戻った時点では、10点リードがありました。ローズ、コーバー、デングに、殆どがら空きで、3連続3ポイントを決められ、一気に4点差にまで詰められます。その後も、レイカーズは、シュートが決まらないだけでなく、つまらないターンオーバーを繰り返します。このコーターは、9ターンオーバーでした。特に、コーター終了間際、残り11秒を残して、リバウンドを取った後、何を勘違いしたのが、フィッシャーが慌ててサイドライン近くにいたロンにパスをしようとして、アウトオブバウンズにボールを投げて、ターンオーバします。急ぐ所か、むしろ時間をギリギリまで使わないといけないのに、何を慌てていたのか疑問です。この後、ローズにシュートを決められ、36-32の4点ビハインドで、ハーフタイムへ。このコーターは、10得点しかできませんでした。

3Qは、コービーとパオの活躍で、同点に追い着きます。終盤まで、互いに逆転を繰り返しますが、その後、オフェンスではシュートを外し続け、ディフェンスでは、全くシカゴを止められなくなり、あっという間に、点差を広げられ、66-58の8点ビハインドで、コーターを終了します。

4Qは、いきなり、ブレイクの悪いパスでのターンオーバーで始まります。その後のディフェンスで、折角スティールしているのに、まずパオがフロントコートに不用意なロングパスをして、ボールを返し、その後、バーンズはスティールをしたのに、又、フロントコートに不用意なロングパスをしてターンオーバー。2回続けて、全く同じような形で、不注意なターンオーバーを繰り返し、ベテランチームとは思えない、情けないプレーぶりでした。バーンズは、前半にも、不注意なパスで、ターンオーバーをしています。その後、ロンが例によって、続けて外します。半ばにコービーが戻り、3ポイントを決め、5点差まで詰めますが、ディフェンスで、ローズを止められません。残り11秒で、コービーが、決めれば2点差のフリースローも、2本目を外して、事実上ゲームが決まりました。

コービーは、23得点、、7アシスト、3スティールでしたが、シュートは、9-23と効率が悪かったです。今シーズンはシュートが安定していないのが気になります。又、この所、フリースローが悪いです。今日も、4-6でした。尚、コービーは、4Qの中盤レイアップを決めた時点で、歴代得点で、ボストンの往年のスター、ジョン・ハビリチェックと並び11位となり、終盤ジャンプシュートを決め、単独11位となりました。記録を勝利で飾れなくて残念です。

パオは、この所のシュートの不調を盛り返し、9-15の21得点、8リバウンド、4ブロック。今日も、又45分のプレータイムなのが気になります。

ラマーは、18得点、8リバウンドでしたが、4ターンオーバーがありました。

フィッシャーは、7得点。シュートは2-8で、大して厳しいディフェンスをされていない、近距離のジャンプシュートをよく外しました。

ロンは、2得点。シュートは1-6でした。ロンがボールを持つと、シュートをしないでくれと思わざるを得ません。ここまで、シュートの確率は、38.3%です。チームでロンより悪いのは、サーシャ、ルーク、ラトリフだけなので、いかに悪いかが分かります。ルーキー二人の方が良いです。ゲーム後のインタビューで、フィルは「オフェンスが悪すぎる。プロのオフェンスとは思えない。」と言っていました。これは、今日はロンだけではないですが、他のプレーヤーは、良い時があるのに、ロンがまともにシュートをしたゲームを思い出せません。

ベンチは、バーンズが、10得点、7リバウンドと頑張りましたが、前半、後半の肝心な場面での、つまらないターンオーバーで、帳消しです。ブレイクは、3ポイント。シャノンは、無得点でした。シャノンは出身地でのゲームで、家族が来ていた様なので、気合が入り過ぎたのでしょうか?

シュートが決まらなかったこともありますが、ターンオーバーが、19もありました。殆どが、不注意なパス、慌てふためいたバスでした。ベテラン中心のチャンピオンチームとは思えない、無様なプレー振りでした。これでロードでは、6勝5敗のほぼ50%です。

Ranking 1

2010/12/11 17:17  Lakers | コメント(16)
ももちゃん、こんにちは。
バーンズもブレイクも、トライアングルは分かっていると思うのですが。それに、敗因は、この二人ではないですよね。昨日は二人とも、軽率なプレーがありましたが、少なくてもバーンズは、得点とリバウンドでは、コンスタントに貢献しているので。

ロンロンは、いまだに理解していないという説は納得できます。

コービーが本調子でないのも、大きいと思いますよ。夏にトレイニングできなかったが響いているのでしょう。
[ 2010/12/12 13:38 ] [ 編集 ]
snyy9さん、こんにちは。
コービー、パオ、ラマーだけってことは、アウトサイドはコービーだけということなんです。そのコービーも、今シーズンは、ロングが調子良くないです。ベンチに頼って勝ってきているから、ベンチが悪いと負けます。ラマーがSFでスタートは、良いアイディアですね。私は、ロンがあれだけ酷いと、この際、SGとSFは、コービー、バーンズ、シャノンの3人で回しても良いと思うくらいです。
[ 2010/12/12 13:37 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
本当に、イライラしました。

これから戦う下位の相手が、これなら勝てそうと思うような戦い方ばかりです。やることをきちんとして、たまたまシュートが不調だったり、相手が絶好調なら、負けても良いのですが、そうではないですよね。勝ってくださいと言わんばかりの戦い方です。こういうのを、アメリカでは「自分の足を撃つ」って言うんです。
[ 2010/12/12 13:36 ] [ 編集 ]
BS#20さん、こんにちは。
昨日は、インサイドは関係ないですね。ブルズだって、ブーザーがまだ本調子ではないので、ノア以外は、インサイドが強い方ではないし。大体、ターンオーバーが多いのは、相手の問題ではないです。良いディフェンスをされた上のターンオーバーなんて、一つもありませんでした。みんな自滅です。

本当に、記事を書くのが嫌になります。このところ、ヤケクソで書いてます。
[ 2010/12/12 13:36 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
アーテストをトレードしろは、ロサンゼルスでも言われ始めています。ラマーは、ブロックはあっても、元々ディフェンスに定評がある方ではないし、ブーザー相手だと、ちょっと力で押されますね。グリフィンにもそれでやられました。今年は、レイカーズの3PTのディフェンスが悪いような気がします。去年は、リーグ1だったのに。
[ 2010/12/12 13:34 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
ドアマットチームなんて言葉があるんですか?面白いですね。

ロンロンは、夏の間に練習したのかなって感じです。ドッジボールをやって体重を減らしたと言っていましたが、体重を減らすのも大事ですが、肝心なバスケットボールの練習をしたのかなと疑問に思います。
[ 2010/12/12 13:32 ] [ 編集 ]
かぼちゃケーキさん、こんにちは。
チャンピオンチームは勿論、ベテランチームと思えないプレー振りでした。

ロンには、二桁獲れとは言わないですが、せめて、7-8点位は獲ってもらわないと。

リバウンドはそう言われて、見てみたら、11OFリバウンドを獲られいます。でも全体でマイナス1なので、それ程悪かったわけではないですが、もうちょっとやって欲しかったですね。

バイナムは、ブーはないでしょうが、拍手もないでしょうね。
[ 2010/12/12 13:26 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
1Qで10点なんて、記憶にないですね。ターンオーバーも、軽率なプレー、判断が悪いプレーばかりです。

OFではオープンなのを外しすぎです。

ローズはジャンプシュートが改善されましたね。でも、がら空きも何回かありました。
[ 2010/12/12 13:22 ] [ 編集 ]
解説者がバーンズとブレイクがまだトライアングルオフェンスを理解してないようなので、今は実戦させて理解させていると。そのために負けても、今は落胆しなくても大丈夫じゃないかなと。これだけが敗因では無いが。

けど、ロンロンはいまだに理解していないと。うーん…。

これで、バイナムが加入して新加入の二人がトライアングルオフェンスを理解出来たら本調子になるはず…と、言ってました。
[ 2010/12/12 11:48 ] [ 編集 ]
ロンがオフェンスに参加できていないのが前回の連敗の原因だったのかも知れませんね。
スターターで得点を取れるのがコービー・パオ・ラマーだけでは勝てませんよ。
これじゃ3対5です。
バイナムがいることで相手は一気に攻めにくくなります。
しかしラマーだと相手はどんどん切り込んできます。
やはり、バイナムの不在が予想以上に大きいですね。
バイナム復帰後はラマーがSFのスターターになってロンの出場時間は激減するかもしれませんね。
[ 2010/12/12 11:01 ] [ 編集 ]
点差以上にストレスを感じる試合でしたね。
プレーオフではここ二年結果を出しているとは言え、ファンとしてはレギュラーシーズンも王者らしく戦ってほしいところです。
ボストンの堅実な戦いぶりやMavsの勢いがつい羨ましく思えてしまいますが、立て直しに期待しましょう
[ 2010/12/12 11:00 ] [ 編集 ]
ま-、毎試合毎試合ひどい内容を続けて、それでもまだ修正出来ないんじゃお手上げです(笑)
開幕前は、新加入選手との合わせで中盤までもたつくのではと思っていましたが、
それ以前の問題ではないですか... インサイド不足を敗因に出来る内容ではないです 
バイナムが戻ればアウトサイドシュートの波に依ることは減るだろうけれど

ガソル、疲労以前に、プレースタイル関係なく、気持ちで負けている相手にはプレーでも負けていますね 

RSをおろそかにしていると必ずPOにしっぺ返しがくると思うので、勝つにしても負けるにしても、
自分達の土俵を固めないと厳しいですね(当たり前か)


仕事で疲れた一日の終わりに、こんな試合のレポートばかり書いているMayさんにお礼を

(某緑チームの方を想起させるみたいなのでHNにBSを付け足しました)
[ 2010/12/11 21:47 ] [ 編集 ]
試合見ました。
酷いですね。
攻守のリズムが悪くて、アーテストはこのままじゃトレードされてもおかしくないですよ。
オドムのディフェンスも悪くないですか?
なんか簡単にやられてるような?
しかしブルズは嫌なとこでスリーいれてきますね。
[ 2010/12/11 20:13 ] [ 編集 ]
まるでドアマットチームみたいでした。こんなレイカーズはみたくないです…
ロンロンは、20点取れって言われてるわけじゃないんだし、いい加減復調して欲しいですね…
[ 2010/12/11 19:22 ] [ 編集 ]
チャンピオンチームとは思えないプレー振りでしたね。4Qの3連続ターンオーバー(確か)には呆れてしまいました。

「ロンが例によって」←ここら辺にMayさんの不満が感じられますね 笑 今日の(も?)ロンは要所のスティール以外は空気でしたね

スタッツは確認できていませんが、オフェンスリバウンドをよく取られた気がします。せっかくブロックしてもルーズボールを取られるとか。
ガソルはそれでも頑張ってくれてるとは思うので、やっぱり一人休んでる誰かさんに不満を言いたくなります。彼が復帰した時、ホームではやっぱり拍手で迎えられるんですかね?自分みたいに意地の悪い人がブーイングしたりしないかな笑
[ 2010/12/11 18:16 ] [ 編集 ]
いくらなんでも1Q中に10点は、ひどいですね。それにターンオーバー9って・・・

フィルの言うとおり最近OFが、ぱっとしません。パオの不調が、影響している部分もあったのでしょうが、今日に限っては、その言い訳は、通じません。

それにしてもローズ3P上手くなりましたね。
[ 2010/12/11 17:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。