危なかった!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

危なかった!

Game Score



1Qは、コービーのターンオーバでスタートし、シュートは出だしから0-6。ニュージャージーに、7-0と飛び出され、どうなることかと思いました。その後、少しずつ盛り返し、半ばには同点に追い着きます。0-2でスタートしたフィッシャーが、その後3-3と決めたのと、ラマーが5-7と絶好調な出足だったのに助けられました。絶不調が続いているロンは、1-1の2得点、2リバウンド、3アシスト、1スティールと、今日こそはやってくれるかなと思わせました。コービーは1-4、パオは0-4。得点元のはずの2人合わせて、1-8の6得点と、先が思いやられる出足でした。30-24の6点リードで、コーターを終了します。

2Qの前半は、ベンチがよく頑張りました。オフェンスがそれ程良かったわけではないですが、良く守りました。スターターが戻ったのは、4:47で、リードを9点に広げていました。スターターが戻るのが、こんなに遅いのは、最近では記憶にないです。この際、ラマーがベンチに戻り、イーバンクスが登場しました。スターターが戻るとリードを失うことが良くあるので、心配していたら、その通りになり、一時は、3点差にまで詰められました。その後、盛り返して、52-42の10点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、シカゴ戦での10得点しか獲れなかった2Q次ぐ悪さでした。ディフェンスでは、ダンクやレイアップ、オープンのジャンプシュートを許します。又、始めから、ファウルが多く、7:25で4つ目のファウルをし、ペナルティーに入ります。その後、ファウルは暫く止まりましたが、終盤につまらないファウルで、フリースローを2回、4本許しました。オフェンスは、近距離からのシュート、オープンのジャンプシュートを外します。半ばには、1点差にまで、詰め寄られました。ここから、コービーが一人で決めだしました。残り3分ちょっとでベンチに戻るまで、得点を重ね、点差を10点にまで戻しました。ところが、登場したベンチも、全く得点できず、レイカーズの最後の得点は、コービーがベンチに下がる前に決めたシュートからで、最後の3分間は無得点でした。このコーター17得点の内、11点がコービー、ラマーが4得点、パオが2得点。1Qに期待をさせたロンロンは、その後0-5でした。69-67の2点リードで、コーターを終了します。

4Qは、スタートからコービーが戻りました。序盤はコービーが決め、リードを広げますが、その後コービーがパスをし始めると、又、誰も決められなくなり、半ばには逆点され、1点リードを許します。そこで、コービーが再登場。シュートとアシストの両方で、殆どの得点に係わります。終盤のパオのレイアップとラマーのダンクは、共にコービーのアシストで、楽で確実なバスケットでした。

コービーは、32得点、6アシスト、4スティール。前半は、シュートが1-6でしたが、後半は8-13と盛り返し、ファウルを獲って、フリースローでも得点を稼ぎました。今日は、コービーで勝ったゲームでした。

パオは、15得点、11リバウンド、5ブロック。シュートは6-19と悪いです。かなり疲れているようで、オフェンスに入った時に、歩いていることが目立ちましたが、ファーストブレークでは、良く走って、2Q終盤には、コービーからのパスでダンクを決める場面もありました。

ラマーは、22得点、7リバウンド。シュートは、9-13の効率の良さです。この所、不調さった3ポイントも、2-3でした。リバウンドが少ないのが気になります。これは、ラマーだけの問題ではなくて、全体としてボックスアウトが良く出来ていないのにも原因があると思います。

ロンは、2Q以降は存在せず、シュートが1-7の2得点、2リバウンド、4アシスト、1スティール。1Q終了時とゲーム終了時のスタッツが殆ど同じです。違うのは、アシストが1つ多いことだけ。数字に表れない部分での良いプレーというのもありませんでした。4Q終盤に、ニュージャージーが、3人ガードを使っていたこともあり、ベンチに下げられたのですが、その直後に、ベンチの端の方で、フィルから何か言われていました。フィルは後ろ向きだったので、表情は分からなかったのですが、ロンの表情は、呆然として聞いている様に見えました。

フィッシャーは、10得点。数字だけ見ると良いですが、1Qに6得点と順調だったのに、その後はバスケットは一つだけの4得点。その内2得点は、ゲームがほぼ決まった後の、終了間際の故意のファウルからのフリースローでした。2Qには、トランジションで、フロントコートに走っているコービーの後ろにパスしてターンオーバーと、又シカゴ戦と同じようなミスがありました。走っているプレーヤーには、前に投げるのが基本なのに、投げた時点でコービーがいた位置に投げています。何を慌てているのか疑問です。チームが不調な時こそ、フィッシャーには、得点では貢献できなくても、ゲーム運びで貢献して欲しいのに、まるで若手の様なミスが目立ちます。

ベンチも今ひとつです。シャノンは、7得点とまあまあですが、今シーズンの平均が11得点なので、標準以下でした。ロードでベンチなら、7点獲ってくれれば良いですが。ブレイクは、4得点。バーンズは、3得点、3アシスト。数字は悪いですが、前半、ペイントに切り込んで、アウトサイドに良いパスを出していました。

ルーキーでは、キャラクターは無難にプレーし、2得点。ちょっと無駄なファウルが多いです。今日も、相手が完全にリバウンドを獲った後で、無理に獲りに行ってつまらないファウルをしています。

イーバンクスは、2得点のみでしたが、良く動いています。リバウンドにつながる良いボックスアウトをしていました。ファーストブレークでも、良く走った為に、相手のプレーヤー2人を引き付け、後ろから走ってきてパオが、がら空きで楽々ダンクというのがありました。スタッツには残らないですが、良いプレーでした。イーバンクスは、スターターが怠っている基本プレーを、きちんとやっています。ロンロンがこんな状態なら、イーバンクスをスタートさせても良いのではと思いました。いくらなんでも、ロンロン以上に悪くプレーできないでしょう。

今日は、レイカーズのOB、ジョーダン・ファーマーとの対決でもありました。ジョーダンは、約22分半のプレータイムで、8得点、0アシストでした。今シーズンは今まで、26分のプレーで、10.4得点、4.6アシストなので、平均を下回るプレーでした。レイカーファンは、「アーテストを獲らないで、アリーザをキープするべきだった。」とよく言います。ロンロンが悪いので、いまだに言います。ジョーダンの移籍が決まった時、殆どのレイカーファンは気にもしませんでした。本当は、レイカーファンに「ファーマーをキープするべきだった。」と言わせたかったのだと思います。逆に、フィッシャーとブレイクは、そう言わせたくなくて、良くディフェンスで頑張りました。

今日のゲームを見ていると、ここまで敗因になったことが、全く修正されていないです。ディフェンスで、コニミケーションを取らないため、スイッチが上手く行かずに、オープンのシュートを与える。トランジションで戻らないで、楽なバスケットを許す。慌てたパスでターンオーバー。ボックスアウトをしないで、オフェンシブリバウンドを与える等々。これを改善して、基本的はプレーをやらないと、残りのロードも、いくら下位チームとは言え、厳しいです。

レイカーファンの立場としては、ニュージャージー相手に情けないゲーム運びなのですが、客観的に見たら、ロードで絶不調でも勝利を搾り出せる、さすがにチャンピオンなのかもしれません。これで明日は、少しは気持ちよくオバマに会いに行かれます。

Ranking 1

2010/12/13 08:30  Lakers | コメント(12)
Venzaさん、こんにちは。
メンタルは強くないけれど、責任感は強いですよね。だから、余計深みにはまるのでは。相手チームの得点リーダーがSFやSGで、自分がガードしていると、ディフェンスで貢献しているという認識があるから、オフェンスがダメでも精神的に楽なんでしょうが、シカゴやニュージャージーの様に、CやPGが得点源で、自分がガードしないで、オフェンスで貢献しないと、本人もファンも、存在価値が見出せないですよね。
[ 2010/12/14 08:53 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
ロンは悪循環の感もあるので、相手のSFが得点源でない場合は、一層のこと休ませて、気楽に調整させてもいいですよね。イーバンクスは、ベンチとプレーしたら厳しいですが、相手の注意を引くコービーとパオとプレーしたら、ある程度できそうだし、経験も詰めて良いのでは。

ジョーダンは、やっぱり良いところを見せたかったのだと思いますよ。元チームメイトに対してというより、レイカーファンに対して、リベンジしたかったのでは?むしろ強いチームとあたって、けちょんけちょんにやられた方が良いのかもしれませんよ。弱いチームとあたって、なまじ勝つから、締まらないのでは。
[ 2010/12/14 08:44 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
「アリーザを残せば」は、無いものねだりと「死んだ子は器量が良い」みたいな部分がありますよね。ポストシーズンになったら、ディフェンスでロンが必要になってきます。シュートが決まらないなら、他の部分で貢献して欲しいです。2Q以降リバウンドが0は酷すぎます。
[ 2010/12/14 08:22 ] [ 編集 ]
苦しむロン
もともとロンはFG%が良くない選手ですが、今年は更に悪いですね。内容も悪すぎますので、トレードとか先発陥落といった厳しい意見が出るのは分かります。現在のレイカーズがオフェンスで苦しんでいるので、ロンの醜さが際立っています。

ただディフェンスの数字上では、昨季より6分もプレータイムが減っているのに、スティールとブロックの数字は上がっているといういい数字もあります。彼の場合はギャンブルプレーでボールを奪うスタイルではなく厳しいハンドチェックで奪っているので、スティールの数はディフェンス力として評価できると思います。

又、ブーザーとマッチアップしたり、手薄なインサイドでパワーフォワードもディフェンス出来るのは彼くらいしかいないでしょう。
毎試合ではないとしても、ディフェンスではかなり貢献していると思っています。

彼はメンタルがあまり強くない印象ですので、スランプになると長引きそうです。でもプロですし、新人ではないですから、調子を上げてくる事に期待します。
[ 2010/12/14 01:27 ] [ 編集 ]
ロンはもともと波があるプレーヤーだと思うので、今はダメな時期なのでしょう。 ロンが調子の悪い今だからこそイーバンクスもう少し使ってみるのも面白いと思います。
 イーバンクスは手も長そうだし、大化けすれば、SFは最強のディフェンストリオが完成するので、3人でピアースやレブロンを抑えたら、、、 妄想しすぎました。
 ファーマーはちょっと気負いすぎでしたね!? ファーマーがもう少し決めてたら、どう転んだかわかりません。
 今間違いなくレーカーズはピークではないので、東の強いチームと当たったら、今はちょっと見るのが怖いです。
 これもフィルの想定内ならいいのですが、、、
[ 2010/12/13 22:40 ] [ 編集 ]
パオのプレータイム相変わらず長いですね・・・

アリーザを残せば・・・と言うこともあるようですが、ファイナルの最終戦誰のおかげで、勝てたかもう1度思い出してほしいです。確かに今は、悪いですし、文句言われても仕方ないですが、まだRSですし、シーズンも長いので、もしかしたら後半持ち直してくるかもしれませんし。

ぺネトレイトのことについては、同感です。PGで、ぺネトレイトできるプレイヤーも欲しいなと思います。
[ 2010/12/13 18:10 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
ドアマットは、日本で言うなら「踏み台にされる」みたいに使われますが、プロスポーツの下位チームには、あまり使わないです。

ドライブしても、フィニッシュできないですよね。今日も、フィッシャーとロンが、ドライブして行って、レイアップを外しています。ロンはブロックされたと思いますが。ロンはフリーのをエアーボールにしました。

リバウンドは、疲れているパオにジャンプしろと言うつもりは無いのですが、去年よりミニッツが極端に減っているロンが疲れてジャンプできないことはないです。今日も、ジャンプもしないで、片手で取りに行こうとしたのがありました。バイナムは、パオのミニッツを減らして、リバウンドさえ獲ってくれたら、無得点でもいいです。勿論、シュートをしないで無得点ですが。バカスカ打たれて無得点では困りますが。
[ 2010/12/13 18:08 ] [ 編集 ]
ドアマットのように踏まれる、ドアマットチーム。誰かは忘れましたがアメリカ人が考えた言葉だったハズですけど…そっちじゃあまり言わないんですね。

今日は後半から見れました。
なんだか、
レイカーズはシャノン以外にドライブで相手ディフェンスを崩しにいく、スラッシャーがいない気がしました。
コービーは基本的にジャンプショットで点数を稼ぐタイプだし…
だから3Qはコービーが決まりだしたから良かったものの、みんな撃たされるジャンプショットばかりだった気が…ロンロンはフリーでも入ってませんけど 苦笑

あとはおっしゃる通り、リバウンドが…ロペスにORを好き放題やられ、一つのDRを穫るにも必死こいてやっとこさ、って感じに見えました。自軍のORは大きくハネた時のこぼれ球くらいでしたし…

ガラスの膝でもバイナムのようなパワープレイヤーが必要ですね…それが悔しい
[ 2010/12/13 14:39 ] [ 編集 ]
rr<>さん、こんにちは。
トレードはないと思いますよ。SFには、メロ、ピアース、レブロンと、フィジカルなのが多いので、バーンズでは線が細いです。

確かちょっと前にもコメント返信で言ったのですが、バーンズ、コービー、シャノンの3人で、SGとSFを回してもいいと思います。でも、目標は、レギュラーシーズンを勝つことではなくて、優勝することなので、そのためにはロンがいないと厳しいです。
[ 2010/12/13 13:59 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
「何はともあれ」というのがピッタリで、思わず笑ってしまいました。

シーズン中に、あまりにも必死になると、肝心なプレーオフに燃え尽きちゃうことがありますよね。ダラスがいつもそうです。1勝するのに、必死になりすぎるのも考えものなのですが、もうちょっと真面目にやってもらわないと。
[ 2010/12/13 13:56 ] [ 編集 ]
ロンはトレードされる可能性は高いですかね?

SFのスタートはバーンズが良いと思います。
[ 2010/12/13 13:19 ] [ 編集 ]
何はともあれ勝てて良かったです。
レイカースってシーズン中はストレスの蓄まる、だらだらゲームが多いけど、プレイオフにはいと人が変わったような戦いをして勝ってしまうような。

これも戦術なのか?手の内を全て見せないみたいな。わざと全力で戦わないような感じがします。
[ 2010/12/13 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。