LAの借りをインディアナポリスで返す

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

LAの借りをインディアナポリスで返す

Game Score



インディアナには、3週間前に、ホームで負けたばかりなので、リベンジしたいところでした。特に、センターのロイ・ヒバートに、好き放題されたので、パオの奮起が期待されました。

1Qは、よくボールが回っていました。出だしは、ロンロンがディフェンスでは、いきなり2スティール、オフェンスでは、ジャンプシュート2本とレイアップを決めて、目立ちます。パオも、シュートが6-7と絶好調でした。ラマーは、2-2の6得点だった上、6リバウンドと、ディフェンスでも活躍します。14バスケットに対し、10アシスト。リバウンドは、13-3と圧倒します。コービーは、パスに徹していて、全く目立ちませんでしたが、36-22の14点リードで、コーターを終了します。

2Qは、バーンズ、シャノンがあまり良くありませんでしたが、ブレイクが、1Q終盤の3ポイントに続き、序盤でジャンプシュートを2本続けて決めます。序盤はレイカーズのディフェンスが良かったのか、インディアナのオフェンスが悪かったのが、レイカーズは、得点に苦労したのですが、それでも点差が開いて行きました。最近、2Qと4Qにスターターが戻るのは、半ばを過ぎることもよくあったのですが、今日は、残り9分を切ったところで、早々と戻りました。コービーは、1Qに引き続き、パスに徹していて、パオとラマーが、得点で引っ張りました。59-37の22点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、コービーのコーターになりました。出だしに、3ポイントラインの後ろで、グレインジャーからファウルを獲り、3本のフリースローを、今日は全部決めました。このコーターだけで、3ポイントを2本決め、17得点。コービーの活躍で、得点はしたのですが、ディフェンスが甘くなり、点差を広げられません。半ばでは、打ち合いの様になりました。87-69の18点リードで、コーターを終了します。

4Qは、前半良くなかったシャノンがシュートを決め、ここまでバスケットがなかったバーンズも、3ポイントを決めました。必ずしも、良い状態ではなかったですが、インディアナは、スターターのダニー・グレインジャー、ブランドン・ラッシュ、ロイ・ヒバートがプレーしていたので、良くやった方です。半ばに、19点リードの時点で、パオ、コービー、ロンロンが戻って、ビックリさせられました。フィルによると、「ドリュー(バイナム)が疲れている様だったのと、コービーを戻してゲームを安定させたかったから。」だそうです。コービーは、戻った途端、3ポイントを2本連続で決め、その後もフェイダウェイを決め、23点リードにします。その後は、時間を使うことに徹していたので、最後の4分弱は、パオのフリースローによる1点のみしかなく、15点差の勝利でしたが、内容はそれよりずっと良かったです。

コービーは、31得点、6アシスト。シュートは11-18で、パオより確率が良かったです。3ポイントも4-8で、又50%でした。最近不安定だったフリースローは5-5と、数は少なかったのですが、パーフェクトでした。そろそろ、体調万全になって来た様です。

パオは、28得点、8リバウンド、2ブロック。シュートは、10-17と、効率の良さが戻って来ました。

ラマーは、シュートが5-9の13得点と、最近の標準から比べると、静かな方ですが、17リバウンドがありました。ラマーの活躍もあり、全体でも、リバウンドは、51-29と圧倒しました。

フィッシャーは、2Qと4Qは全くプレーしなかったので、19分のプレーと、今日はゆっくり休憩して、3得点でした。

ロンロンは、13得点、2スティール。スタートダッシュに貢献しました。ジャンプシュートが決まって来ているのですが、そうなると又それに頼り出すのが心配です。3Qに3ポイントを決めた直後に、ジャンプシュートを打って外しています。ヒューストン時代、レイカーズのスカウトが、フィルに、「アーテストには、最初に2-3本ジャンプシュートを決めさせたら、後はジャンプシュートしか打たないから楽だ。」と言ったそうです。いつもそれで、無理な体勢で打って、調子を崩し出す気がします。

ベンチは、みんなそこそこやりました。ブレイクは、7得点。前半好調で、今日はフィッシャーよりミニッツが多く、29分のプレーでしたが、調子が良いからといって、セルフィッシュになって打ちまくるのではなく、ゲームメークに徹していました。シャノンは、6得点。3ポイントを3本全部外したのが、少し気になります。バーンズは、シュートが不調で、3ポイント1本のみの、3得点でしたが、4リバウンド。その内3は、オフェンシブリバウンドでした。

復帰2戦目のバイナムは、18分のプレーで、3得点、5リバウンド、2アシスト。現時点では、得点は問題ではなく、ディフェンスでどれだけ貢献できるかなので、5リバウンドは、良くやりました。それに、ディフェンスを引き付けての2アシストも光ります。

明日は、コービーの出身校、ローワーメリオン・ハイスクールで、「コービー・ブライアント体育館」の命名式があります。コービーは、気持ち良く、行かれそうです。

尚、ハイライトが、まだアップされていないので、アップされたら貼ります。
Ranking 1

2010/12/16 15:27  Lakers | コメント(4)
abqsukeさん、こんにちは。
これがレイカーズの理想の戦い方ですね。パスした相手が決められないと、おかしくなってきます。

ミニッツが減ったこと自体も大きいですが、最初からペース配分を考えないでいいのも大きいと思います。

スミスは、今日、フィラデルフィアでフィジカルをして、パスしたら、明日はベンチ入りだそうです。
[ 2010/12/17 08:01 ] [ 編集 ]
今日も正に快勝!!ですね。
コービーは、このような活躍が、理想ですね。初めは、上手いアシストで、チームを引っ張り、後半は、得点で引き離し、4Qで、休憩させるみたいな。

やはりバイナム戻ってからは、ガソル調子いいですね。プレータイムが、これだけ制限できるのは、本人にとってもチームにとってもいいでしょうね。

ジョー・スミスは、いつからプレーするのでしょう?
[ 2010/12/16 22:51 ] [ 編集 ]
お名前の無い方、こんにちは。
ありがとうございます。3連覇したいですね。新しいメンンバーが6人もいて、半分近くは優勝経験がないので、彼らのためにも、優勝して欲しいです。
[ 2010/12/16 17:46 ] [ 編集 ]
毎度更新お疲れ様です。
いつも見ています。

レイカーズ3連覇してほしいです!
[ 2010/12/16 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。