ラマー&バーンズ活躍で苦戦に勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ラマー&バーンズ活躍で苦戦に勝利

Game Score



1Qの序盤は、両チーム共シュートが決まらず、レイカーズが0-4のスタート、フィラデルフィアは0-11のスタートと、とてもプロとは思えない状態でした。ところが、フィラデルフィアが、半ばにタイムアウトを取った以降、シュートを決めだします。前半0-11だったに対し、後半は10-13という効率の良さでした。レイカーズは、コーターを通してシュートが決まらず、特に、コービー(0-2)とフィッシャー(1-5)が、合わせて1-7と、酷い状態でした。シュートが決まらない上、ターンオーバーを繰り返します。スターター全員と、終盤出場したバーンズで、仲良く1ターンオーバーずつ、6ターンオーバーもありました。終盤ベンチに下がったコービーが、右手の薬指辺りを気にして触っているのが、テレビに映り、心配でした。コーター終了後の、フロアーリポーターによると、コーター半ばにファウルをされた際、小指を痛めたようで、腫れているとのことでした。21-18の3点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q前半は、「ラマー&バーンズショー」でした。簡単に逆転すると、リードを広げます。ところが、最近のレイカーズの悪いパターンで、スターターが戻ると、点差を詰められ、終盤近くには、同点から、一時が逆転されます。コービーは、ベンチで小指にテーピングしているのが映ったのですが、テーピングを外し戻りました。このコーターは、シュートも2-3とまずまずでしたが、最初のジャンプシュートを外した後に、右手の指を何度も動かして、不快そうにしていたのが、気になりました。その後、コービーが、ジャンプシュートとレイアップを決め、なんとか持ち直して、44-39の5点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、最初から徐々に追い上げられ、序盤で逆転されます。このコーターは、フィラデルフィアのオフェンシブ・リバウンドが7もありました。ゴール下で、パオとラマーが良いポジションを獲っていながら、全くジャンプをしないで、両手を上げているだけなので、周りでジャンプしているフィラデルフィアのプレーヤーに、リバウンドを獲られていました。パオは、オフェンスでも、シュートが全く決められなく、このコーターは、無得点でした。その後追い上げ、逆転しますが、終盤、再逆転され、62-58の4点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q前半は、2Q同様、ラマーとバーンズが頑張りました。得点では、ここまで全く貢献していなかったブレイクも、ラマーに良いパスを出して、アシストで貢献します。ラマーが、レイアップ+1フリースローを、2連続で決め、あっさりと逆転します。バーンズは、得点だけでなく、良く動いてリバウンドを獲ります。あっという間にリードを広げて、半ばには10点リード。最大15点リードにまでし、ゲームを決めました。

コービーは、9得点。4Qには、全くシュートを打つ意思がないのが分かりました。右小指は、3シーズン前に、靭帯断裂と骨折をしていますが、フィルによると、違う関節だそうです。明日、レントゲン検査を受ける予定ですが、本人は、「問題ない。」と言っています。ゲーム後にレントゲン検査を受けた結果、骨折はしていなく、捻挫だけの様です。

パオは、19得点、13リバウンド。数字だけ見ると悪くないですが、シュートは6-14で、近いのを外していました。又、フィラデルフィアは、16オフェンシブ・リバウンドがありました。これは、パオだけの責任ではないですが、もうちょっとなんとかならないでしょうか。

ラマーは、シーズン最多の28得点、8リバウンド。シュートは11-18と、又々効率の良さです。その上、ここで得点が欲しいという所で、よく決めてくれました。

ロンは、6得点、2スティール。今日は、20分のプレーで、バーンズの方がミニッツが多かったです。悪いわけではないのですが、オフェンスでは、見ていて何か不安なのと、リバウンドで全く貢献できないです。リバウンドは、今日もたったの1でした。

フィッシャーは、8得点。1Qに、相手の手の平に手渡したような、ターンオーバーがありました。がら空きのジャンプシュートも、打った瞬間外れると分かるのがあり、集中力を欠いているのではと、疑いたくなりました。

バイナムは、3得点、4リバウンド。シュートは1-5で、打つべきではないシュートを打っています。エアーボールもありました。それが原因か、13分のプレーと、ミニッツも減っています。

ベンチでは、シャノンが、0-4の無得点と、さっぱりでした。シュートを外して、焦るのか、判断の悪いプレーで無理なシュートを打ち、又それで焦って、無理にシュートを打ちに行く、悪循環でした。コービーの指の件もあるので、持ち直して欲しいです。

ブレイクは、5得点、5アシスト、4リバウンド。前半は、0-4と全くでしたが、4Qで引き離しにかかる3ポイントを決めました。パスのフェイクを入れ、ディフェンダーを放してからの、3ポイントで、頭脳的なプレーでした。大活躍のラマーにも、良いパスを出していたし、フロントラインが、リバウンド争いで、ティップしている時に、良い位置取りをして、ルースボールを獲るのが目立ちました。又、反射神経が良いのか、ディフェンスで長めのリバウンドが、フィラデルフィアのオフェンシブリバウンドになりそうなのを、前に飛び出して、横取りするようなのもありました。

バーンズは、15得点、10リバウンド、2スティールのダブルダブルでした。28分ちょっとのプレーで、この数字です。特に、厳しくなりかけた4Qに、9得点、6リバウンド、2アシスト、1スティールで、チームを勝利に導きました。3Qまでと、4Qでは、別のゲームの様でした。その違いが、バーンズでした。今日は、ラマーと並んで、バーンズがヒーローでした。

ところで、ジョー・スミスは、ベンチ入りしていましたが、昨日1日しか、チーム練習を一緒にしていないので、ゲーム前からフィルが、「プレーさせない。」と言っていて、全くプレーしませんでした。今日も、パオとラマーが、40分を越えています。トロントでは、ちょっとでもプレーできると助かります。

Ranking 1

2010/12/18 14:51  Lakers | コメント(12)
しんげんさん、こんにちは。
しんげんさんに、そう言われて、インターネットで調べてビックリしました。ブログをやっていると、読者の方からニュースを教えてもらえるという利点もあったんですね。

ターコルーが古巣に戻るんですね。いなくなって、ありがたみが分かったというやつでしょうか?ジェイソン・リチャードソンは戦力になりそうです。でも、ゴタットがいなくなると、ハワードがファウルトラブルの時に、困りますよね。サンズは、今更カーターを貰ってどうするんでしょう?もう来シーズン狙いでしょうか?
[ 2010/12/19 14:04 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
私は、一日出かけていただけなのに、浦島太郎状態です。8さんのコメントで、トレードがあったことを知って、しんげんさんのこのコメントで内容を知りました。

アリーナスとルイスは、どちらも不良債権化していたので、どっちにとって良いトレードなんですかね?まだアリーナスの方が、結果を出せるのでは?

おっしゃる通り、こんなにPGばかり集めてどうするんだという感じもしますね。アリーナスだって、本来はPGです。PGが弱い球団に、欲しいプレーヤーがいて、そのトレード要員のために獲ったのかもしれません。
[ 2010/12/19 14:03 ] [ 編集 ]
8さん、こんにちは。
今日は、一日出かけていて、今帰ってきたところなので、8さんのコメントで知りました。おっしゃる通り、マジックは上手いことしましたね。
[ 2010/12/19 14:00 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
強いチームは、主力がダメな時に、そのチームのファンではなかったら、「誰?」っていうようなベンチプレーヤーが活躍して勝つことがよくありますよね。今年は、スターターのスタッツだけ見たら、勝ったのが不思議なゲームがいくつかあります。キラービーズのお陰です。

コービーの小指は、真ん中の関節の捻挫だそうです。日本で言う突き指ですね。大事に至らなくて良かったです。

ラマーは、世界選手権のチームでリーダーだったことと、開幕したら、バイナムはいない、コービーは完全じゃない、パオは疲れ気味、フィッシュとロンは不安定で、俺がやらなきゃどうするんだみたいになったのでは。改めて、レイカーズの状況を表現してみると、これだけ勝っているのが不思議ですね。
[ 2010/12/19 13:57 ] [ 編集 ]
okaさん、こんにちは。
上位チームはシーズン終盤に多いですよね。終盤はスケジュールの調整があって、結構2日空くことが多いので、その方が良いです。それにプレーオフに向けて、良い調整になるし。下位相手の時は、楽勝して欲しいですが、メンバーが揃っていないので、仕方が無い面もあると思います。特に、同じポジションのプレーヤーが二人、同時にいなくなったのがきつかったです。

スミスはジャーニーマンなので、慣れるのは早いと思いますが、問題はトライアングルですね。
[ 2010/12/19 13:52 ] [ 編集 ]
何度もすいません
その後オーランド⇔フェニックスでトレード起きてますね。
オーランド、フェニックス双方になかなか良いトレードでしたね。
[ 2010/12/19 12:49 ] [ 編集 ]

アリーナスとルイスですよね?正直どちらも腐ったみかんのような気はしますが…?

マジックは
ネルソン、デュホン、J-willに加えて4人目のPGですよね?
SGで使うにも、昨季より上向きのカーターに、ここまで育てたレディックで十分な気がしますし…
[ 2010/12/19 12:20 ] [ 編集 ]
マジックがいいトレードしましたね
[ 2010/12/19 11:33 ] [ 編集 ]
今日は、SGが、さっぱり(コービーは、仕方ないですが)だったので、どうしてもOFの数字が、あまり良くありませんね。良く勝てたなと思います。

コービーは、違う関節で、まだ良かったです。また去年?一昨年?のようにPO入るまでは、別人のようにシュートが、入らないなんてことは、嫌ですからね。

ラマーは、今シーズン安定していますね。全て器用にこなすが、それだけ・・・とかいう評価を今のところ覆していると思います。
[ 2010/12/18 23:11 ] [ 編集 ]
なんとか勝ちを拾ってますね。
負けなかったらいいのですが。
まだ上位チームとそんなにやってないので今ひとつほんまの調子がどうなのかよくわかりません。
相手が相手ならさすがというゲームをいつもやってくれるんですが、ちょっと今季は特に掴めないです。

移籍したらすぐにチームのシステムとか覚えるのとか大変そうですね。
ただプロなんでそれできないと食っていけないんでしょうけど。
[ 2010/12/18 22:06 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
又、ももちゃんから、「何はともあれ」とコメントが来るんじゃないかと思いながら見ていました。

今日は、コービーが始まって直ぐに怪我をしたのも影響したと思います。シュートだけでなくて、ボールハンドルも悪い場面がありました。

おっしゃる通り、去年は、ベンチはかろうじてつないでいるという感じでした。今年は、ベンチが勝っているゲームも多いです。

シャックはまだ休み出した5-6ゲームくらいですよね。解説者によると、中心プレーヤーが休むと、暫くは全員がレベルを上げてプレーするから、むしろ良くなることもあるようです。長期となると難しいようですが。レイカーズも開幕から8連勝だったし、去年の2月、コービーがいない時も、ポートランドで数年ぶりに勝ちましたよね。
[ 2010/12/18 17:07 ] [ 編集 ]
勝ちましたけど、なかなかすんなりとは行かないですね。

コービー、良かったです!ほっとしました。

けど、もし去年が今の状況でしたら絶対勝てないですよね。

バーンズ、ブレイクはスターター二人とったようで、本当に良かったです。

でも、スターターのイマイチな感じはなんとなく気がかりですね。

セルツはロンドやダブルオニール不在でも勝ってますし。

と言いながらも、心の中でレイカース三連覇は間違いない!と思う私です。
[ 2010/12/18 16:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。