レイカーズ最低のゲーム

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ最低のゲーム

Game Score



酷いゲームでした。ゲームをカバーしているフロアーリポーターが、「私は、15年間、レイカーズのゲームを取材していますが、今日のゲームは15年間で、最悪のホームゲームでした。」という程でした。

クリスマスのゲームや、強豪と当たる直前に、そこそこ以下のチームや、主力を欠いているチームと対戦するゲームを、「トラップ・ゲーム」(罠のゲーム)と言います。大事なゲームに気が行ってしまって、その前のゲームに集中していないことから、思わぬ罠に嵌る、つまり苦戦したり負けたりし易いゲームという意味です。クリスマスのマイアミ戦を控え、“そこそこ“の上、主力のジェニングとマゲッティーを欠いていて、しかも昨日ポートランドと対戦していて連戦のミルウォーキーとの今日のゲームが、正にそれです。

その上、どのチームでも、結果の良い長いロードから戻った後の、ホーム第一戦は、身体は疲れていて、気持ちは一安心なので、苦戦を強いられていることが多いです。2週間近くのロードを6勝1敗で一昨日終了し、ホームに戻ったばかりのレイカーズも、それが心配でした。

その上、コービーが、ステイプルズセンターへの“通勤”途中に、軽い事故に巻き込まれ、普段より到着が遅れ、いつも通りの練習ができませんでした。更に悪いことに、ラマーが食中毒の症状で、“出勤”することも出来ない状態で、直前まで出場も危ぶまれました。家を出たものの、ロサンゼルスは大雨の上、クリスマスの帰省渋滞が既に始まっているため、交通渋滞に巻き込まれ、ゲーム開始前に、ステイプルズセンターに到着するかすら、不明な状態でした。悪いことは重なるものです。

1Qの出だしは、レイカーズのシュートが、よく決まりますが、ディフェンスが悪く、ミルウォーキーに得点を許します。それも、よくダンクやレイアップを決められました。ゲームに間に合ったラマーは、何も食べていないでプレーしているので、心配されましたが、よくバスケットに切り込んで、レイアップを決めていました。

最初の数分は、バスケットを交換していましたが、次第にディフェンスでは全く止められないのに、オフェンスで外し出し、得点差が開き始めました。「こうなると、すぐ焦って、無理なプレーをして、ターンオーバーをするんだろうな。」と思った途端、フィッシャーが、混雑しているペイントに、無理に突進して行って、ターンオーバーを許します。フィッシャーは、その後も、やはり混雑しているペイントに無理して突進し、無理なレイアップを打って、外しています。最近のレイカーズは、「こういうミスをするな。」と思った途端、決まってその通りのミスをします。ゲームを見ていると、超能力者になった気分になります。

中盤以降は、ミルウォーキーのオフェンスがスローダウンし、25-22の3点ビハインドで、コーターを終了します。このコーターに得点したのは、コービー、パオ、ラマーの3人だけという、又、この3人以外からは得点できない、悪いパターンでした。

2Qの前半は、ベンチが踏ん張りました。シャノンとバーンズが決め、ブレイクが良いパスを出し、アシストを稼ぎます。半ばにスターターが戻った時点で、同点に持ち込んでいました。ところが、ここから、スターターが又リードを許します。ミルウォーキーがもたついているのに、ラマーがフリースローを2本共外したり、フィッシャーとラマーがターンオーバーを許したりと、全く調子に乗れません。ロンは、折角の3ポイントプレーのフリースローを外し、3ポイントプレーにできません。簡単に逆転を許し、50-46の4点ビハインドで、ハーフタイムへ。

3Qの前半は、ボールがよく回り、スターターの全員が交代で得点し、追い上げます。良いムードになりかけたのですが、ここでロンが、がら空きの3ポイントをエアーボールにします。直後に、ロンはベンチに下げられ、バーンズが登場します。その直後のプレーで、コービーがシュートを決め逆転し、ディフェンスでは、フィッシャーがボールをスティールし、バーンズがドリブルしながら、コービーが並んで走り、ファーストブレークになります。ここで、一気に流れを呼び寄せたい所でしたが、バーンズがコービーに、悪いバウンスバスをして、スティールされ返されます。2対1のファーストブレークから、無得点に終わったのが、痛かったです。逆に、ミルウォーキーに3ポイントを決められ、再逆転されます。終盤、追い上げたのですが、終了間際に、今度はシャノンが悪いバスで、スティールされ、得点を許し、72-66の6点ビハインドで、コーターを終了します。

4Qの出だしは、シャノンが連続でバスケットを決めますが、その後パオとラマーが続けて外し、点差を広げられます。今日は、スターターが早めに戻りますが、全く得点できずに、レイカーズは、半ばの約4分間、無得点でした。ディフェンスでは、ミルウォーキーのベンチ、ボイキンスに、ジャンプシュートを立て続けに許します。パオがブロックしたボールが、たまたまボイキンスに行って、24秒クロック・ビーターを決められた様な、不運なバスケットもありましたが、殆どががら空きでした。終盤には、コービーが、ボガットに対してのオフェンシブファウルを獲られ、それに抗議し2連続でテクニカルファウルを獲られ、今シーズン、レイカーズの退場第一号になる、おまけ付きでした。

コービーは、21得点。シュートは9-16だったので、悪くは無かったです。

パオは、15得点、11リバウンド。ポスト争いで、ボガットに力負けしていました。ボガットは本来のセンターで、見た目にも、パオより幅が一回り大きいので、これは止むを得ないです。但し、リバウンドでは、ボガットが、思いっきりジャンプしているのに、パオは手抜きで、両手を上げて、軽くジャンプしているだけなのが目立ちました。

ラマーは、12得点、10リバウンド。前半は、よく得点に絡みましたが、後半は失速し、4Qは無得点でした。今日は、体調が悪かったので、これは仕方が無いです。但し、前半から、パオと同じく、リバウンドの際に、ジャンプしていないのが目立ちます。これは、今日だけではなく、最近はそういうゲームが多いです。ゴール下で、レイカーズのプレヤーが数人、足の裏が床に糊付けされた様に突っ立っていて、その真ん中にたった一人でいたミルウォーキーのプレーヤーが一人でジャンプして、リバウンドを獲る場面もありました。又、ラマーが、ゴール前で、ボールが落ちてくるのを、ただ突っ立って待っていて、後ろから突進してきたボガットにプトバックされる場面もありました。「突っ立っているだけでも、せめて両腕を横に広げるくらいしたって、減るもんじゃないだろう。」と言いたかったです。

ロンは、シュートが2-7の4得点。2Qに引き続き、3Qにもフリースローを外し、3ポイントプレーにできなかったプレーがありました。3ポイントのエアーボールの他にも、やはりがら空きで、打った瞬間外れると分かる、アウトサイドのジャンプシュートがありました。フィッシャーは、シュートが1-6の2得点。ロンとフィッシャーが、オフェンスで全く存在しない状態です。

バイナムは、6得点、3リバウンド。まずまずでした。

キラービーズは、そこそこやりました。シャノンが、9得点。バーンズが8得点。ブレイクは、無得点でしたが、3アシストでした。

4Q途中では、こんなゲームを下手に勝つより、負けた方が良いと思って見ていました。レイカーズは、今シーズン、こういう無様な戦い方でも、何とか勝っているのが、何ゲームかあります。「4Qまで、それ程放されなければ、何とかなる」という安心感があって、3Q辺りまでは、危機感がないことが多いです。

フィルは、ゲーム後の記者会見で、「ミルウォーキーが、outworkした。」と言っていました。”outwork”とは、文字通り、「余計に働く」という意味です。レイカーズは、働きで負けていました。みっともない負け方をしたことが、今後に繋がると良いです。

心配していた通り、見事に罠に嵌りました。でも、罠は罠と分からないから嵌るので、分かっているのに嵌るのは、間抜けとしか言いようがないです。

Ranking 1

2010/12/22 17:59  Lakers | コメント(16)
国士さん、こんにちは。
そうだったんですか。私は、クリマス前で忙しくて、スポーツニュースをチェックしていません。後で、調べてみます。ウェイドがいない方が楽ですが、面白くないですね。それに、ウェイドがいたら勝てないなんて言っていたら、優勝する資格がないです。マイアミキャブスとは、よく言いましたね。
[ 2010/12/25 06:15 ] [ 編集 ]
こんにちは。

マイアミ地元紙によると、ダラス戦でキッドと接触し左膝を痛め、サンズ戦に欠場したウェイドが、レイカーズ戦も欠場する可能性が出ていると報じています。

ウェイドには出て欲しいですが…去年のウェイド越しのミラクルブザービーターの印象が鮮烈でした。ウェイドとコービーの、互いに厳しいディフェンスをかいくぐってのタフショットの決め合いにしびれるだけに、もし欠場なら一つの見所を失う気がしちゃいます。他方、マイアミキャブスとはあまり盛り上らないです(笑)。例によって、ESPNがさかんにコービーvsルブロンを煽ってますが…
[ 2010/12/24 16:58 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
フィルじゃなくても、ベテランチームなので、自分達で調整できないと困りますよね。疲れもあったとは思いますが、3日間ゲームがないので、明日はしっかりしてもらわないと。



[ 2010/12/24 06:15 ] [ 編集 ]
こうゆう時のフィル爺は自分で修正するんじゃなくて選手自らアジャストさせること望みますからね。
ようやく駒も戻ってきたのでソロソロしっかりしてもらわないことには。
[ 2010/12/23 13:41 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
退場になったプレーは、今は解説をしている、元コービーの“宿敵“ブルース・ボーエンが、「悪いコール」と言っていました。確かにスローモーを見ると、ボガットが動いている上、踵がラインの上なので、間違いなくブロッキングファウルでした。チャージかブロックかの判定は、一番難しいそうです。フィルは、「審判も人間だから、outworkしたいる方に有利な判定になるのは仕方が無い。」と言っていました。Tそのものは、それだけ必死になってプレーしているから、腹も立つのだと思います。

プレータイムは問題ないですよ。「I love it.」と言っていました。レイカーズは5月、6月が本番なのは、コービーも分かっているし。私も、ちょっと物足りないと思うこともありますが、プレーオフにはその方がいいです。
[ 2010/12/23 05:00 ] [ 編集 ]
snyy9さん、こんにちは。
やっぱりやる気の問題ですよね。最近、解説者が「夢遊病者がプレーしているみたいだ。」と言ったゲームが、いくつかありました。
[ 2010/12/23 04:58 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
勝敗に係わり無く、内容が悪いと、記事を書くのが嫌になることがあります。でも、見に来て下さる方に申し訳ないので、何とか漕ぎ着けるんです。記事というより、愚痴と文句になっていますが。

おっしゃる通り、取りこぼし自体が問題なのではなく、その仕方が問題なんです。王者どころか、最近見ていて、小学生のゲームを見ているみたいだと思うことが、ちょくちょくあります。
[ 2010/12/23 04:58 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
観客なブーも力がなかったですね?無気力が伝染したようなブーでした。

コービーの退場に繋がったプレーは、ニュースで再度見ましたが、他の4人が棒立ちでした。確か15点ビハインドだったので、コービー以外は、もう止めていたのだと思います。だからフィルも、最後まで、スターターをベンチに引っ込めなかったのでは?

フィッシャーは最近、ベテランらしくないプレーが目立ちますよね。一番落ち着いていないといけない人が、最初に慌てふためいています。

リバウンドについては、「シュートは全て外れるものと仮定して、獲りに行け。」という解説者もいます。バーンズはそうやってプレーしています。時々、オフェンスで、決まっているのに両手を上げてジャンプいます。

おっしゃる通り、同じ怠慢プレーの繰り返しで、改善がなくて、「やる気がないんじゃなくて、これが実力なんじゃないか」と思うこともあります。

フィルの戦術なんてことはないと思います。そう思いたいのは分かりますが、こんなに悪くプレーして、良いはずがないです。

今日は、皆さん、興奮気味というかご立腹気味で、長いコメントが多いですよ。長いのも歓迎です。ヒート戦は、なんとかして欲しいですね。
[ 2010/12/23 04:56 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
ジャンプシュートに頼るのもそうだし、ボールを持っていないプレーヤーが、全く動かないで、ぼやっと見ているのも多いです。ベンチはよく動いていますが。ディフェンスが少々悪くても、打ち勝てば良いとでも思っているのでしょうか?でも、勝ったゲームでも、常にインタビューで、「ディフェンス」と言っているのに、口だけなんでしょうか?おしゃる通り、こんなことでは、ボストンには勝てないです。基本的なプレーができないです。フリースローも無様なもんです。途中、50%の時期がありました。ボストンが、ニューヨークで勝ったゲームでは、フリースローを確か22-23本打って、全部決めていました。

私も、ルークはいらぬお世話と思うことがあります。手を挙げて、ボールを要求したり。昨日も、折角良いジャンプシュート決めたと思ったら、1on1で3ポイントを打って、外しました。1on1ができるプレーヤーじゃないということが、未だに分かっていないのでしょうか?
[ 2010/12/23 04:55 ] [ 編集 ]
国士無双さん、初めまして。
おっしゃる通り、正にデジャブなんです。同じミスの繰り返しや、最初から気をつけないといけないと分かっていることが、できないんです。

リバウンドなんかは、ある程度、やる気の問題です。最初から、やる気で負けている、負けパターンです。

バイナムは、よくボガットとマッチアップしていました。バイナムは、まだスタミナが戻っていないので、ミニッツが少ないのは、仕方ないです。

長文、歓迎ですよ。今日は、長文が多いです。皆さん、イライラが募っているみたいです。
[ 2010/12/23 04:54 ] [ 編集 ]
コービー退場・・・
そちらではどう受け止められてますかね?
昔のヤンチャだったコービーが戻ってきた感じが・・・
あと、コービーは今のプレータイムに不満があったりしてますか?
自分はレギュラーシーズンでも、もうちょっとコービーが見たいです。
[ 2010/12/22 23:11 ] [ 編集 ]
やる気なさすぎ
イライラしますね
これが王者とは…
[ 2010/12/22 21:27 ] [ 編集 ]
言いたくないですが、馬鹿馬鹿しいですね。Mayさんこんな試合まで、記事お疲れ様です。

去年も取りこぼしは、ありましたが、今年の取りこぼしの仕方は、イッライラしますね。
なんと言ってもDFやリバウンド、その他気持ちの持ちようで、どうにかなる部分をちゃんとしないのでは、王者とは、言えないですね。
クリスマスゲームに負けてもこのゲームには、勝ってほしかったです。
[ 2010/12/22 21:14 ] [ 編集 ]
さっき観終わりました。
終わり近く、ステイプルズセンターにブーイングが
鳴り響いていました。
確か去年のクリスマスのキャブス戦でも・・・。

レーカースのファンになって10年近く経ちますが
このようなひどいプレーを観たのは初めてかも。
またコービーの退場も有り・・・。
かなりイラついていましたね。

オドムの食中毒やコービーのアクシデントを
差し引いても納得のいかないゲームです。

フィッシャーの大人気ないプレーに「マジ?」
リバウンド、ゴール下に3人もいて
相手1人にとられ「うそぉ~!!」
とTVに向かって叫んでいました。

昨日観た日本のNBA番組の解説者が
「リバウンドは取りに行くもの」
と言っていて、それって名言!!と思っていた矢先に
バックスがそれをきちんと実行していました。

ここ最近、同じようなゲーム内容ですが
これが今のレーカースの実力ですか?

けど、去年もシーズン中はこのような内容でしたが
プレイオフに入ると人が変わったかのようなプレーをして
やっぱ出来るじゃん!!と。これまたフィルの戦術?

裏の裏があろようで・・・。
そうでも思わないと納得いきません。(涙)

今日は興奮気味でして長くなりすみません。

ヒート戦は王者の貫禄をみせてください!!


[ 2010/12/22 19:56 ] [ 編集 ]
今日は、2Qから見れました。
試合を通して大きな差なく進んでも…4Qに連続得点でセーフティリードを得てなんだか十数点開けて勝つ。
僕が"自力の差かぁ…"と思わされるゲームを相手にやられました。
5人中4人、時間によっては5人全員がドライブよりジャンプシュート型のオフェンスのレイカーズですし、オフェンスが試合中波があるのはわかります。
しかし、試合を通してコンスタントにディフェンスが悪いのは…困ったものです。今日は、オフェンスがノってるのにディフェンスが締まらず決めた分決め返されて7-10点差がずっとだった気がします。
これではマイアミに勝ってもボストンには勝てません。
しっかりして欲しいです。

なんとなくですが、ルークが出てるときに控えのオフェンスを牽引しようとしているかのように見えるのですが…別にいらぬ世話です 笑
[ 2010/12/22 18:47 ] [ 編集 ]
はじめまして。
はじめまして。
最近、幸運にもこのサイトを知り、試合後のMayさんの詳細報告を楽しみにしている者です。

今日の試合、昨日の記事の通り、ジェニングズ不在等の「まず敗けない好条件」が揃っていたため、かえってポロっと落とすかも…と悪い予感がやはり的中しました。昨シーズンからこのようなデジャブがあります。

完全な負けパターンでしたね。不用意なターンオーバー、オフエンスリバウンド参加せず、先発2人の打った瞬間外れると分かるジャンプシュート等、予測がつく「やめてくれ…」のプレー集でした。ステイプルスのファンにはチケット代返さないと(笑)

ボガットを止められないのか、フィルがバイナムを早めに投入し、結果、ブロックやオフエンスリバウンドにからんだところだけはよかったかな、と思います。

次のマイアミ戦、いい試合を期待してます。

長文コメント失礼しました。
[ 2010/12/22 18:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。