3連続ブローアウト負け

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


3連続ブローアウト負け

Game Score



1Qは、出だしからコービーが立て続けに、シュートを決めます。他のスターターも、交代でシュートを決め、今日は、久々に、スターター全員が1Qに得点します。ディフェンスも良く、ジリジリとリードを広げたのですが、半ばあたりから、シュートが決まらなくなり、簡単に逆転されます。レイカーズは、半ばから約4分半、得点がありませんでした。最近は、こういうのが多いです。27-18の9点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qの前半は、キラービーズとバイナムが良く頑張り、オフェンスでは、得点を重ね、ディフェンスでは、最初の3分ちょっとは、得点を与えませんでした。逆転は出来ませんでしたが、半ばにスターターが戻るまで、僅差で着いて行くことができました。スターターが戻ると、半ばに過ぎには同点にし、後半には逆転します。最近、リードを許すと、そのままズルズル行くことが多かったので、逆転できたのは進歩ですが、コービーが、1Qの最初に立て続けに決めた以降、全く決まらなくなったのが気にかかりました。44-42の2点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、開始直後にロンがスティールからレイアップを決め、順調な滑り出しの様でした。ところが、それ以降、全くバスケットが決まりません。ディフェンスでもリバウンドが獲れないで、一つのディフェンスで、3連続オフェンシブ・リバウンドを許す、だらしなさでした。簡単に逆転を許し、次の得点は、残り約8分半の、ラマーのフリースローがやっとでした。その後も、バスケットが決まらず、このコーターの2つ目のバスケットは、残り約6分半でした。半ば過ぎから、多少バスケットが決まりだしますが、ディフェンスで止められないため、点差が縮まりません。71-62の9点ビハインドで、コーターを終了します。

4Qも、全くシュートが決まりません。その上、ファウルを獲ったバイナムが、4連続でフリースローを外します。残り9分ちょっとでスターターが戻るまで、ベンチは無得点でした。スターターが戻ると、ここまで全くシュートが決まらなかったコービーが、3ポイント2本を含む、3連続シュート、8連続得点を決めます。これで追い上げムードになったのですが、その後が続きませんでした。結局レイカーズは、このコーター、ゲームが完全に決まった終盤のガーベッジタイムに、ロンとキャラクターが1本ずつ決めた以外は、このコービーの3連続シュート以外、1本もシュートが決まりませんでした。半ばちょっと前から終盤までの、約4分半は、コービーのフリースローが2本あったものの、バスケットはゼロでした。全くプロとは思えない酷さです。

コービーは、21得点。シュートが8-27と散々でした。一人でやろうとし過ぎていました。コービーがやらないと、誰もやらないし、チームメイトにパスしても、シュートは外すし、気持ちは分かるのですが、シュートは確率も悪い上、27本は打ち過ぎです。ゲーム後のインタビューで、「俺がシュートを外すから、チームメイトも外し始めた。シュートを決めるのが俺の責任。決めないといけない。」と言っていました。

パオは、9得点、9リバウンド。一目見てもパオより背が低いのが分かる、サンアントニオのブレアが、15リバウンドも獲っています。その内、6はオフェンシブです。それに対し、パオはオフェンシブ・リバウンドが1しかありません。開幕後、ミニッツが多く、疲れが溜まっていた時期なら止むを得ないですが、バイナムが戻って2週間の上、レイカーズは、この1週間で、2ゲームしかプレーしていません。背の低い相手に、リバウンドでこれだけ圧倒されるのは、気持ちの問題としか言いようがないです。ゲーム後のインタビューで、「鏡に映った自分達自身を見て、何を直すかをみつけないといけない。」と言っていました。まず、リバウンドを獲っていない自分自身を見て、それから直してくれないでしょうか。

ラマーは、9得点、8リバウンド。リバウンドに関しては、ラマーにもパオと同じことが言えます。今日の、レイカーズのリバウンド・リーダーは、21分しかプレーしていないのに、11リバウンド獲ったSGのシャノンでした。ビッグマンとしては、恥ずかしいと思って欲しいです。オフェンスでは、ジャンプシュートが目立ちました。

ロンは、10得点。1Qには、バスケットにアッタックしていたのですが、2Q以降は、又ジャンプシュート1本やりでした。毎回このパターンです。

フィッシャーは、2得点。ゲーム後、解説者が、「得点より、ターンオーバーの方が多い。」と言ったので、見てみたら3ターンオーバーでした。ペイントのすぐ外あたりから、がら空きのジャンプシュートを、打った瞬間外れると分かるほど、ずれていました。

バイナムは、復帰後最長の22分のプレーで、10得点、7リバウンド。シュートのタッチは、大分良くなって来ていますが、まだジャンプが出来ていないし、リバウンドのタイミングが戻っていないです。本調子には、まだまだですが、少しずつ前進して来ています。

ビーズは、バーンズが、9得点とまずまずでしたが、ブレイクとシャノンは、全くでした。ブレイクは、1-5の2得点。シャノンは、1-11の5得点、11リバウンド。シャノンは、シュートをブロックされたのが多かったです。

これで、3ゲーム連続の二桁得点差負けです。今日は、得点は出来なくても、100点以下に抑えているので、ディフェンスは多少改善されているのが、唯一の明るい材料です。シュートは水物で、波があるので、勝敗は別として、ディフェンスとリバウンドだけは、きちんとやり続けてもらいたいです。

人気ブログランキングへ

2010/12/29 16:57  Lakers | コメント(20)
okaさん、こんにちは。
元々、レイカーズはベテランチームなので、スピードがない上、バックコートのフィッシュは、ドリブルは出来るけれど、リムの側でフィニッシュできないし、ロンはドリブルが危なっかしい上、あの身長でダンクができないので、折角ファーストブレークがあっても、得点できないことが多いですね。その上リバウンドが獲れなかったら、話にならないです。

[ 2010/12/30 11:38 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
私も、今悪い方が良いと思っています。レギュラーシーズン中に、全部悪い所が出た方がいいです。
[ 2010/12/30 11:31 ] [ 編集 ]
雲丹さん、こんにちは。
こちらこそ、ありがとうございます。雲丹さんのお陰で、ゲームを楽しめた方がいらしたら良いです。

スパーズ戦は、確かにそれまでの手抜きとは違って、やる気が空回りみたいなところがありましたね。

ファンは結果だけ出なくて、ゲーム内容が知りたいですよね。自分がゲームを見られない時に、こんなブログがあっら良いなと思うようなブログにするようにしています。

ホーネッツ戦は、今のところ順調です。
[ 2010/12/30 11:30 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
バイナムは、今日はスタートしましたね。本来のローテーションに戻ると、調子も上がってくるのでは。

ブレイクは、ペネトレートするには、スピードがないし、フィッシャーは、ペネトレートしたら、まず間違いなくスティールされるか、レイアップを外すかどちらかですよね。
[ 2010/12/30 11:29 ] [ 編集 ]
snyy9さん、こんにちは。
精神的には、みんなコービーに頼っていると思います。良い時は、みんな積極的だけれど、一旦悪くなり始めると、みんなコービーがなんとかするのを待っている感じがします。

おっしゃる通り、ジャンプシュートばっかりでした。3ポイントの方が、フリスローより多かったです。
[ 2010/12/30 11:28 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
3Qあたりから、雲行きがおかしくなるゲームが多くないですか?最初から最後まで、同じ緊張感でプレーできないのが問題です。プレヤーの器用は、ローテーションを崩したくないのもあると思います。

バイナムは高さは勿論、幅もあるので、場所を取りますよね。フリースローは、下手な方ではないのですが、やはり体調作りと関係があるのかも知れません。でもおしゃる通り、4連続はいくらなんでも酷すぎます。

キャラクターは、ガーベッジタイムの時は、比較的良いですが、ゲームになっているうちだと、今ひとつということが多いです。
[ 2010/12/30 11:28 ] [ 編集 ]
お名前の無い方、こんにちは。
ベンチのお陰で勝ったゲームが多いので、ベンチが揃って活躍しないと、苦しいです。シーズン序盤に、楽しても勝てたので、手を抜く癖がついたのだと思います。
[ 2010/12/30 11:27 ] [ 編集 ]
国士さん、こんにちは。
今年のスパーズは、ファイナルに行ってもおかしくないですね。でも、ジノビリとパーカーの怪我は、年中行事なので、何時来るかという感じもしますが。

昨日は、シュートは入らなかったけれど、ディフェンスでは意気込みが感じられました。フィシャーのディフェンスもそうですが、抜かれた時の、ビッグマンのヘルプがないも気になります。

ブレアは、身体つきに似合わず、以外に器用なところがありますね。
[ 2010/12/30 11:27 ] [ 編集 ]
京介さん、こんにちは。
ゲームな内容が分かる記事を書く様に勤めているので、そう言って頂くと、嬉しいです。

パオは、シュートが決まらないですよね。それに、良い時は、パオとラマーの間で良いパスが行き来するのですが、それがないです。コービーだけでなくて、パオとラマーも、自分で何とかしようとし過ぎているのでは?パオはクールで、ラマーはおっとりですよね。性格は変わらないから、仕方ないです。

フィッシュは、私も、焦りを感じます。責任感があるからこそ、そうなるのでしょうが、もうちょっと我慢強くプレーしてもらわないと。
[ 2010/12/30 11:25 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
私も、イライラというか、苦痛です。

今ハーフタイムなんですが、今日はバイナムがスタートしています。

ホームコートは、コンファレンスはなくてもそれ程心配ではないですが、ファイナルが心配です。
[ 2010/12/30 11:24 ] [ 編集 ]
得点が伸びない原因の一つとして基本的に速攻が少ないですね。
その原因としてMayさんの指摘されるリバウンドが取れてないのが原因ですね。
イージーシュートが少ないです。
向こうはイージーシュートが多かったです。
ガソルは全然攻め気がなかったですね。
[ 2010/12/30 10:05 ] [ 編集 ]
今は、確かに厳しいけどファイナルに向けての試行錯誤の時期と思い、ファンとして温かい目で見守ります。三連覇は簡単じゃないですし。

彼らを信じて!

なんと言っても、コービー、フィルがいるんですもの、そう簡単に落ちはしませんよ。

[ 2010/12/30 08:25 ] [ 編集 ]
Mayさんおはようございます。先日は一日無料視聴の話を記事に取り上げて頂き、お手間をかけました。一言お礼言いたくて。ありがとうございました。
スパーズ戦は、勝ちたい気持ちが悪い方にバラバラに空回りしたオフェンスでしたね。一体感を取り戻して欲しいなと思います。
Mayさん、勝ち負けこだわらず試合の詳細をありがとう。私はバスケ理解度が低いので、ためになります。
今日も応援するぞ!ホーネッツ戦、頑張れ~!!!
[ 2010/12/30 04:21 ] [ 編集 ]
負けることには、特に気にしないですが、やはりやるべきところは、しっかりやってほしいなと思います。
バイナムは、スターターに戻したほうが、いいと思うのですが、まだ早いですかね!?あの力強さとパオの柔らかさが、序盤のスタートのためには、必要だと思うのですが。

外のシュートが、入らないなら、ぺネトレイトしろと言いますが、レイカーズで、ぺネトレイトするプレイヤーが、シャノンだけなのは、辛いとこですよね・・・
[ 2010/12/29 22:04 ] [ 編集 ]
コービーをたよりすぎじゃないですか?
コービーが闘志を見せないとしかっりプレイできないなんて・・・
能力だけを見るなら良い選手が揃っていますが、中身はいまだにコービーだと思います。
よく鏡の中の自分たちを見てほしいです。
2008-2009シーズンの時のような他チームを圧倒した力を見せてほしいです。
それと、ハイライトを見るとジャンプシュートばかり打ちすぎじゃないですか?
もっとゴール下にアタックした方が良いのでは・・・・。
[ 2010/12/29 21:30 ] [ 編集 ]
出だしは今日は違う、、、と思わせておいて、そのうち失速、最後やけくそみたいな雰囲気の試合が多いですねー
 しかしMayさんやコメントを書いている人たちは比較的冷静なので私も落ち着くことができました。
 コービーが1Q中盤以降連続で外したときは、シャノンに替えたほうがいいのではと思いましたが、きっとフィルには何か考えがあったのでしょう。
 後バイナムの存在感は大きいですね、解説の人も単なる7Footerではなくて、手の長さも考えると7.3とか7.4のインパクトがあるといっていました。
 ただ4つ連続でFT外すのはいただけません、Spursが確かヒル、ジノビリと4つ連続でFT決めたのと対照的でした。勝負の決まった後ですが、キャラクターいい動きをしているような気がしましたので、もうちょっと使ってあげれば面白いと思いました。
 敗戦に慣れてきてしまっている自分が怖いですが、明日のNO戦も応援します。
[ 2010/12/29 20:37 ] [ 編集 ]
今季の不調が、コービー以外のモチベーションの低下にあるのなら、ここらでたくさん負けて、身の程を知る薬になればいいと思います。今まで勝てた要因であるキラービーズに感謝しないと。この問題が解決されれば、波にのっていけるでしょう。個人的には数年で3連覇を2回達成したブルズの闘志に尊敬してしまいます。
[ 2010/12/29 18:29 ] [ 編集 ]
少し、気が早いと思いますが、カンファレンスファイナルのプレゲームのような感じで、今シーズン初のスパーズ戦を見ました。5月に怖いのは、ウェストでは断然スパーズだと思ってます。

前2試合と違って、収穫ある負けかな、と楽観視しています。ダンカン、ジノビリの不調もあったと思いますが、リバウンド以外のディフェンスが前2試合よりいい気がしました。パーカーや、スイッチさせられたRJは、フィッシャーだけでは難しいですけど、プレーオフでは戦い方も変わってくると思います。バイナムの存在感復活も嬉しいです。

スパーズは、ヒルのディフェンスと、ブレアのオフエンスリバウンド力が目につきました。ブレアは手が長いビックベイビーみたいです。あと、地味にボナーがいると、ガソルが外に出されるのが痛い気がします。次の対戦ではゴール下を制圧して欲しいです。
[ 2010/12/29 18:13 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。相変わらずの詳細な記事ご苦労様です。試合を観れなくても、Mayさんの記事を読めば試合を観た気分になりますww

今日は負けるだろうなぁと思ってましたが、やっぱり負けましたか…。最近の試合はガソルの貢献度が低いですよね。チームを奮い立たせるのはコービですが、チームを安定させるのはガソルだと思うので頑張って欲しいです。ガソルもオドムも素晴らしいですが、変に冷めてますよね。たまに熱くなってますが、基本的には良い子なんで野性的な選手が一人位もしくはオドム・ガソルのどちらかがそうであれば面白いなと思います。まぁ彼らは無理でしょうけどww連敗とうとうはそんなに気になりませんが、フィッシャーどうしたんでしょう?なんかルーキーみたいに焦ってる事が多々ありますが…。最近渋いフィッシャーを観ていないので、しっかりして欲しいです。
[ 2010/12/29 17:44 ] [ 編集 ]
レイカーズとコービーの調子が悪いとイライラします。
バイナムをスターターにそろそろ戻していいころかと・・・
やっぱゴール下での存在感は凄いものがありますよ。
プレーオフが大事なのはわかりますが
レギュラーシーズンで成績悪いと後で苦しいことに・・・


[ 2010/12/29 17:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション