レイカーズのディフェンスでサンダー失速

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズのディフェンスでサンダー失速

Game Score



今日は、ローカル局での中継がなく、全国中継のダブルヘッダーの2ゲーム目で、中継が始まった時には、既に7-2のレイカーズ5点リードだったので、始めは見ていません。

1Qは、両チーム共、よくシュートが決まりました。ロンは、フィルから、ディフェンスでデュラントを疲れさせるためにも、コーナーからの3ポイントを打たないで、ペイントを責める様に言い渡されたとのことで、積極的にペイントを責め、シュートを決めたり、パスを出したり、ファウルを獲ったりしていました。レイカーズは身長で圧倒しているので、意識的にインサイドに行っていたようで、バイナムとパオに、よくボールが行きます。バイナムは、4-5の8得点でしたが、パオは3-7の6得点と、今ひとつでした。終盤、フィッシャーがベンチに退いた際には、ブレイクではなく、シャノンが登場しました。ウェスト・ブルック対策だと思います。28-28の同点で、コーターを終了します。

2Qは、出だしにレイカーズのシュートが決まらず、リードを許しますが、ラマーとシャノンンが決めて追いつき、交互に逆転を繰り返します。半ばにスターターが戻ると、ロンが又もやペイントを責め、ファウルを獲ります。1Qには静かだったコービーが続けて得点し、差を広げ始めます。ディフェンスで、終盤ウェストブルックを全く止められなくなり、点差を少しちぢめられ、58-55の3点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、序盤にフィッシャー、ロン、コービーの、3連続3ポイントが決まり、その間ディフェンスでは、デュラントをよく抑え、一気に点差を二桁に広げます。その後も点差を広げ、半ば過ぎには、15点リードにまでなります。ところがそこから、オフェンスではターンオーバーやシュートのミスを繰り返し、ディフェンスでは、オクラホマシティーが外しているのに、オフェンシブ・リバウンドを獲られ、得点を許し、点差を詰められます。終了間際には、3点差にまで詰められ、クリッパーズ戦の再現の様になりましたが、ブレイクが3ポイントを決め、81-75の6点リードで、コーターを終了します。

4Qは、前半ベンチがよく頑張りました。追い詰められたオクラホマシティーが、デュラントを休ませないでプレーさせて来ました。ロンはベンチでルークがプレーしていたので、楽々と3本シュートを決められますが、オフェンスで、応酬します。パオが、ファウルをされた上での難しいフェイダウェイを決め、シャノンもクロックがカウントダウンする中、難しいジャンプシュートを決めます。オクラホマシティーにしてみれば、いくら得点しても、点差が縮まらないので、苛立ったはずです。点差が縮まらなかったので、コービーを、半ばまで、ゆっくり休ませることができました。コービーは、戻るとすぐジャンプシュートを決め、点差を9点に広げ、その後はバスケットを交換し、終盤多少詰められましたが、危なげなく勝ちました。

コービーは、21得点、7アシスト。シュートは7-12と、極めて良いですが、フリースローは6-11と、極めて悪く、シュートの方がフリースローより確率が良い、シャック状態です。特に、ゲーム終盤故意のファウルから、2回フリースローラインに行き、3本連続で外しました。シュートは決まっているので、指の問題ではなくて、単にフリースローのスランプだと思います。

パオは、21得点、7リバウンド、3ブロック。得点は多いですが、シュートは8-19と良くないです。リバウンドを獲りに行く姿勢は、クリッパーズ戦よりは良かったですが、それでもラマーが獲りに行っている横で、回りに注意を払わないで、ただ突っ立ってラマーを見ていて、すぐ横からオクラホマシティーのプレーヤーが、ラマーの方向にすっ飛んで行っているのに気が付かないで、危うくスティールされそうな場面がありました。又、折角リバウンドを獲ったのに、無造作にフィッシャーにパスをし、走ってきたウェストブルックにスティールされ、慌てて取り返しに行ってファウルをし、リミットを越えていたため、フリスローを与えました。オクラホマシティーのフリースローのミスでも、リバウンドを獲っているのに、しっかり確保しないので、ボールを叩かれて失う場面もありました。たまたま床に落ちたボールを最後に触ったのが、オクラホマシティーのプレーヤーだったので、事なきを得ましたが、不用意なプレーです。普通は、リバウンドを獲ったら、両肘を広げて、ボールをしっかり確保し、場合によっては前かがみになって、スティールされないようにします。そういう動作を全くしていないための失態でした。今日だけでなく、最近のパオは、基本を怠る、集中力を欠く、そして何よりも、ゲームに気持ちが入っていない様で、見ていてイライラします。

今日は、ダブルヘッダーの1ゲーム目が、オーランド対ボストンで、中継中で解説者がKGのことを、「全てのゲームで緊張感を持ち続けていて、素晴らしい。」という様なことを言っていました。パオにKGと同じレベルの緊張感を持てというつもりはないですが、せめてもう少し、集中して欲しいです。世の中には、バスケットボールに関わらず、スポーツが好きで、誰よりも努力しているのに、才能がないために、成功しない人が、五万といます。パオの様に、才能に恵まれているのに、気が抜けたプレーをしている人を見ると、張り倒したくなります。

フィルの父親は、キリスト教の牧師です。レイカーズは、キリスト教の安息日、日曜日のゲーム前には、必ず全員でお祈りをするそうです。バスケットボール・プレーヤーは、数え切れない程いるのに、NBAでプレーできるのは僅かしかいないです。NBAでプレーできる自分たちが、いかに恵まれた存在であるかを再認識して、感謝の気持ちを持つために、するそうです。最近のパオは、そういう気持ちが欠けているような気がします。

バイナムは、10得点、10リバウンド。1Qに8得点、2Qに2得点、後半は無得点でした。バイナムの場合は、自分でドリブルして行ってシュートを打つわけには行かないので、後半の無得点は仕方が無いです。

ロンは、7得点、5アシスト。シュートは2-6と悪かったですが、よくペイントにドライブして良いパスを出しました。ディフェンスでは、デュラントをよくガードしました。デュラントは24得点でしたが、シュートは8-24、3ポイントは1-8と散々でした。しかも、4Q序盤、ルークがプレーしている時に、デュラントに好き放題され、3本決められたので、ロンがプレーしていた時は、5-21と酷いものでした。ゲーム終盤の勝負所での、貴重なリバウンドもありました。

フィッシャーは、今シーズン最多の15得点。シュートは5-10、3ポイントは2-3と良いですが、過去にもこういう良いゲームがあっても、続かないの、今度こそ続けて欲しいです。

ラマーは、16得点、7リバウンド。シュートは6-9、3ポイントは2-4と良い確率でした。欲を言うと、もうちょっとリバウンドを獲って欲しかったです。

ブレイクは、3得点、。シュートは、3ポイントを1本打っただけでした。3Q終盤の、追い上げられている場面で決めてくれました。ディフェンスでは、ウェストブルックのバックコート違反を誘う良いプレーがありました。

シャノンは、6得点。オクラホマシティーのスピードにつられ、勢い余ってターンオーバーを犯す場面がありました。シュートが決まらなくて、焦りがでているのかもしれません。

ディフェンスは、前半よく走られて、ファーストブレークポイントを獲られましたが、後半は、よく戻って守りました。オクラホマシティーの3ポイントは2-22と、NBAとは思えない酷い数字になっています。4Qにハーデンに決められた3ポイント以外は、殆ど厳しいディフェンスをした上で、打たせた3ポイントでした。

ゲームが始まってすぐに、解説者が、「両チームとも、マッチアップに難点がある。レイカーズにとっては、オクラホマシティーのスピード。オクラホマシティーにとっては、レイカーズのインサイドの高さ。」と言っていました。レイカーズは、特に後半、ある程度トランジションでのバスケットを防ぎましたが、スピードでやられる部分は、多々ありました。逆に、レイカーズが勝っているはずの高さでは、リバウンドが41-40と、ブラス1のみで、勝ったうちに入らないです。オクラホマシティーは、全員でオフェンシブ・リバウンドを獲りに来ていて、意気込みが違いました。レイカーズがリバウンドをした後でも、隙あらばスティールしようと突進してくることが多くて、やる気のレベルが全く違いました。バイナムは、獲りに行こうという意欲が感じられましたが、それ以外のレイカーズのリバウンドで、必死に獲りに行ったのは、コービーが後ろからすっ飛んで来て、頭がリングの上になるくらいジャンプして獲ったのと、フィッシャーが、思いっきりジャンプして獲った2つくらいです。最年長と、2番目が跳ね回っているのに、ロン、パオ、ラマー辺りが、足の裏に根が生えたように、床から離れられないのは腹立たしいです。

オフェンスではよくボールが動いていた上、インサイドに入ってのドライブ&キックからのアウトサイドのシュートが多かったので、3ポイントは、全体で7-14とかなり良かったです。安易なアウトサイドからのシュートがありませんでした。パスを回して、インサイドにパスやドライブをすると、上手くオフェンスが機能するので、そのやり方を忘れないで戦って欲しいです。

Ranking 1

2011/01/18 18:07  Lakers | コメント(14)
ゆ~すけさん、こんにちは。
最近時々、パオがベンチに戻った時や、タイムアウトになると、フィルが厳しい表情で何か言っていて、パオが眉を上げて表情を作って、方をすくめたりして、見るからに言い訳をしているのが分かるんです。

手抜きではなくて、レイカーズはシーズン前半、下位チームとの対戦が多くて、退屈しているという意見もあります。人間だから、それはあるかもしれないですね。ボストン戦とサクラメント戦と、同じ緊張感を持ってプレーするなんて、あり得ないと思います。
[ 2011/01/20 05:27 ] [ 編集 ]
兄ガソルには次にやる気ない試合をしたら、負けそうな試合の終盤でもずっとベンチに置いておいてもいいかもですね。
本人に自覚がないことには…

まぁ思えばロンロンと兄ガソルは一番中途半端な位置にいるかもですからね。
コービー・フィッシャーはもう酸いも甘いも噛み分けたとこにいますし、ブレイク・バーンズはまだ優勝無しの移籍組。
バイナムやオドムも二回優勝してるから手ヌいちゃうとこあるのかしら?
やっぱり終盤に懲罰的に若手とかしか出さない試合とかあってもいいかもですね。
それはそれで見たい気もしますしw
[ 2011/01/19 15:38 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
ウェストブルックには、毎回ある程度やられるのですが、デュラントのシュートの確率を下げたら、他のマッチアップでは勝っているので、割と相性が良いのでしょうね。

疲れや、ファンには分からない小さな怪我があるかもしれないので、パオのジャンプをしないというような、フィジカルな手抜きより、むしろメンタルな手抜きが頭に来るんです。プロなんだから、体調が悪くても、精神的に集中はして欲しいです。プレーオフになったら全力でというのも、35歳を超えてるようなプレーヤーなら分かりますが、まだそんな歳ではないし、全力でプレーしないなんて、他価値お金を払って見に来る観客に失礼で、プロ意識に欠けています。
[ 2011/01/19 10:43 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
ロンロンらしいディフェンスって、今シーズン初めてじゃないですか。精神的にムラが多いから、一定にプレーできないのだと思います。

コービーのダンクは凄かったですね。若いチームを相手に「まだまだ若い者には負けちゃいられない。」って感じでした。
[ 2011/01/19 10:31 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
KGの緊張感は凄いです。何もそこまでと思うこともありますが、あれがあるから高いレベルでプレーできるのでしょう。

作プレーオフでも、ロンはデュラントを1ゲームおきに抑えたと思います。やっぱりロンのディフェンスは凄いですが、毎ゲーム同じ緊張感でプレーしないのだと思います。そこがKGと違う所なんでしょうね。KGはサクラメント相手でも、ファイナルのような調子でプレーするんでしょう。そこまでしろとは言わないですが、もう少し一定レベルでプレーして欲しいです。
[ 2011/01/19 10:30 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
7フットもあるのに、リバウンドが二桁行かなかったら、恥ずかしいと思って欲しいです。それも、相手に本格派のセンターがいるわけではないし。

ロンは、相手がスパースターだと本気で行くけれど、そうでもないと適当にやって感じもします。メンフィスのルーディー・ゲイは全然抑えられなかったです。

コービーは、終盤に外したのが気になります。打った瞬間本人が「アー!」と言うのが殆どなので、ボールの離れが悪いのだと思います。
[ 2011/01/19 10:30 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
フリスローは気になります。打った瞬間、本人が外れるのが分かっているのが多いです。タッチがおかしいのだと思います。

ダラスは、踏ん張りが利かないチームですよね。ポストシーズンに弱いし、良い時は無茶苦茶良いけれど、一度下り坂になったら、止まらないという感じです。気を抜かないで、しっかりやって欲しいです。
[ 2011/01/19 10:29 ] [ 編集 ]
国士さん、こんにちは。
パオは、ゲーム中にスイッチを入れたり切ったりしてプレーしているような感じがします。結構気合が入ったプレーもするのに、気が抜けたプレーも多いです。

ロンロンは、相手チームのSFやSGが得点源だと気合も入って、存在感もあるのですが、そうでないと、自分の役割が分からなくて、困惑しているような感じがします。

全体的にディフェンスが良かったですよね。ウェストブルック以外は、殆どインサイド入れなかったので、苦し紛れのアウトサイドも多かったのだと思います。

ちゃんと脈絡ありますよ。ご心配なく。
[ 2011/01/19 10:28 ] [ 編集 ]
良い試合でしたね
コービー、アーテストというペリメーターDのスペシャリストを揃えている分サンダーに対しては相性が良いんだなと思います

ガソルに関してはみなさんがおっしゃる通りですね
話は変わりますがサッカーのオシム氏は常々"才能は何か欠けていた方がいい"と言っていたそうですが、ガソルは才能に溢れている分手抜きをしてしまうんでしょうね
本人はプレーオフになればちゃんとやるよ程度に思っていそうですが 笑
[ 2011/01/19 07:59 ] [ 編集 ]
今見終わりました。いやぁハラハラしました。良かったです、勝って!

久しぶりにロンのディフェンスが光ましたね。また、くるくると回った時は、えーっつ!こんな事も出来るんだ!と笑ってしまいました。やっぱりロンは普通じゃないです(笑)

まあ、昨日ちょっとキレてしまいましたが、今日は勝って機嫌が良くなったので、悪いところは書きません。コービーのダンクも観れたしね!
[ 2011/01/18 23:22 ] [ 編集 ]
私はレイカーズの試合の後にBOS対Magicの対戦を見ましたが、KGが戻ってくるとディフェンスの引き締まりが違いますね。
 ハワードが作戦なのかマッチアップ中にKGに笑いかけていて、KGもつられて笑っているのかと思いきや
画面に映ったKGの顔は全く表情を崩しておらずに、ちょっと衝撃的をうけました。
 本題に戻って、キーとなるサンダーとの試合に勝てたのはとてもうれしいです。Clippersにいやな負け方をした後だけだったのでなおさらです。
 DurantはRonと相性があまりよくないのでしょうか、その代わりにWestbrookには好き放題にされた印象をどうしても持ってしまいます。
 後半はコービーがRondoに対するように距離をあけて守って効果がでたのかもしれませんが、RoseやLawsonにもいつもやらている印象があるので、3Pのディフェンスのように改善してもらいたいです。
 FISHERはそうですね、次の試合もいい働きを続けてもらいたいですね、
ノビツキーがいないとすると負けているポジションがないような気がするので手堅く勝ちたいです。 
[ 2011/01/18 21:18 ] [ 編集 ]
なんか相変わらずという言葉が、ぴったりなくらいいつも通りのリバウンドですね。パオは一体どうしたんでしょう?毎試合2桁とまではいかなくても、それに近い数字は残せるはずなのですが。

ロンはDF良かった感じですね。最近スーパースターを抑えきれていない感が、大きかったので心配でしたが、どんな相手でもこれくらい抑えてくれるとありがたいです。体格はいいので、そんなにパワーで負けることもないでしょうから、やる気でどうにかなるでしょうから。

コービーのFTは気になりますが、昨シーズンのシュートスランプに比べれば、ずっとマシです。ただ少なくとも試合終盤には、決めてほしいです。
[ 2011/01/18 20:29 ] [ 編集 ]
コービーのフリースローがどうも・・・
実は自分はコービーがフリースローはスッ飛ばしてますので、最近はコービーのフリースローを見てないのですが、フリースローの後に得点が動いてないと、う~ん??ってなります。
指の怪我の影響は大きいのですかね?
まあ何にせよ勝ててよかったです。

次はダラスですが、現在ダラスは絶不調みたいなので、どうかダラスが目を覚まさないことを祈りつつ、レイカーズの圧勝を期待したいですね。
[ 2011/01/18 19:54 ] [ 編集 ]
Mayさんに言って頂きたいことを全て言ってもらえました。やっぱり、ガソルのプレーに苛つきますよね。アウェイでは、ガソルの今日(最近)のプレーぶりでは、間違いなく負けそうです。リバウンド、ボールキープ、中で勝負しない(去年のファイナルのKGのような)オフェンス等、集中力を感じません。

逆に、ロンロンのディフェンスは気迫も感じられ、よかったです。2Qに連続ファールを獲得したのも効果的でしたし、4Qには勝敗の別れ目リバウンドをぶんどりました。今シーズン始めて、ロンロンが味方でよかったと思いました(笑)。特にディフェンス面でルークと差がありますね。
前半、ウエストブルックにスクリーンからのドライブを許しすぎましたが、後半はコービーが距離を取りマークした時に、1回しか抜かれなかったのがよかったです。

3Pディフェンスは、今シーズン一番だったかもしれません。グリーンも完璧に押さえられました。

3Qにあれだけいいディフェンスしたのに、波状攻撃され、もつれる展開になったのが残念です。かなりの原因がガソルだと思います。早く復活して欲しいです。

興奮して、脈絡のない長文コメント失礼しました。Mayさんがほとんど代弁して下さり嬉しいです。
[ 2011/01/18 18:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。