レイカーズ、デンバーでの連敗をストップ

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、デンバーでの連敗をストップ

Game Score



1Qは、6-0とデンバーに飛び出され、追い上げては放されるを繰り返します。レイカーズのディフェンスでのローテーションが悪く、アフラロとビラップスに3ポイントをオープンで決められ、ダラス戦の続きの様な感じでした。オフェンスでは、バイナムが最初の4本を全部外し、出遅れる原因になりましたが、全般的にはパスがよく回り、レイカーズがこのコーターに決めた9本のシュートに対して、8アシストと、驚異的な数字でした。後半追い上げて、25-22の3点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、序盤にベンチが頑張り、簡単に逆転すると、一時再逆転されますが、再々逆転し、半ば過ぎまでリードを保ちます。このままリードを広げそうなムードだったのですが、アフラロに又オープンでジャンプシュートと3ポイントを決められると、終盤には逆転され、同点に追いついたものの、終了間際に又アフラロに3ポイントを許し、52-49の3点ビハインドで、ハーフタイムへ。

このコーターは、ロンとフィッシャーが全くプレーしませんでした。前回のデンバー戦では、3Q終了時に8点リードがあったのに、4Qにガス欠で、リードを吐き出して負けたので、二人を温存する作戦だったのだと思います。前半コービーは2-4の4点のみ。0-4でスタートしたバイナムは、その後2-2と持ち直しました。前半だけで、パオが9リバウンド、ラマーが8リバウンドでした。3ポイントのディフェンスが悪く、デンバーは5-11だったのに、付いて行かれたのは、インサイドのディフェンスが良かったこと、ロンがメロを4-13に抑えたこと、そしてリバウンドが多かったのが原因です。

3Qは、序盤によくバイナムにボールが行き、バイナムがよく決めました。序盤に逆転すると、半ば前から、前半静かだったコービーが爆発します。コービーは得点だけでなく、アシストもよくしました。コービーはこのコーターだけで14得点、4アシストで、レイカーズの33得点の内、コービーが得点したかアシストした得点が22得点と、全体の3分の2にコービーが関わっていました。ディフェンスも前半とは見違えて良くなり、半ばからは、リードは広がる一方でした。82-72の10点リードで、コーターを終了します。

4Qは、序盤にバイナムラマーのビッグマンショーになりました。デンバーも食らい付いて来ましたがよく守り、半ばにスターターが戻った時には、13点リードになっていました。10得点ちょっと差のゲームは、何回か差が縮ますものですが、今日は全くそれがありませんでした。半ば過ぎからは、流していた感じがしました。

コービーは、18得点、6リバウンド、7アシスト。3Qは、常にボールを持って、PGがするようなプレーの仕方でした。コービーがボールを持つと、レイカーズが得点する確率が高いです。

パオは、19得点、13リバウンド。6オフェンシブ・リバウンドが大きかったです。

バイナムは、17得点、7リバウンド、2ブロック。シュートは最初の4本を外した後、次の7本を全部決めました。ダラス戦で、リバウンドを獲りに行った際、パオの頭に右肘が当たり、筋を伸ばしたとのことで、サポーターを3重にしていた様ですが、影響はありませんでした。ネネをよくガードしていました。ネネは2ターンオーバーがありましたが、一つはトラベリング、もう一つはダブルドリブルで、どちらもバイナムのディフェンスが厳しかったために犯したターンオーバーでした。又、数字には表れなくても、バイナムがいるために、デンバーのプレーヤーが慌てて打ったために、外したシュートが何本かありました。3Qには、ドリブルをしながらダブルチームを引き付けパスをアウトサイドに出していました。パスを受けたプレーヤーが更にパスをしてから決めたので、バイナムのアシストにはなっていないですが、プレーがバイナムから発生にた得点が幾つかありました。去年までは、ダブルチームをされると苦し紛れにパスをしていたのですが、今日は、意識的に引き付けていた様に見えました。

ロンは、19得点、2ブロック、2リバウンド。2リバウンドしかないですが、どちらもゲーム終盤の連続オフェンシブ・リバウンドで、ゲームを決定付けました。ダラス戦では3ポイント一点張りでしたが、今日は、バスケットによくカットしていました。3ポイントでディフェンダーを外してからのジャンプシュートもありました。オクラホマシティー戦と今日のロンと、ダラス戦のロンは、同一人物とは思えない程、プレースタイルが違いました。相手に関わらず、一定にプレーしてもらいたいです。

フィッシャーは、3得点、6アシスト。シュートは1-5と、元に戻りましたが、よくオープンのチームメイトを見つけて、良いパスを出していました。

ラマーは、18得点、10リバウンド。バイナムと同じで出足が0-2と悪かったですが、その後持ち直して、9-14で終えました。

ブレイクは、5得点。シャノンは、4得点。二人とも良くないです。ゲーム前の番組で、ジェイムス・ワージーが、「シャノンは活躍していたので、スカウトされだして、それで得点が伸びていない。」と言っていました。これを乗り越えて、又活躍して欲しいです。

レイカーズは、バイナムが17得点、コービーとラマーが18得点、ロンとパオが19得点と、17点以上が5人もいます。この5人全員が、シュートは50%以上の確率で、合わせて40-66の60.6%の確率の良さ。全体で決めたシュートが47本なので、殆どをこの5人で決めています。

リバウンドでは、最近背の低いチームに負けていたのに、今日は47-27のプラス20でした。オフェンシブ・リバウンドが15もありました。リバウンドと共に、問題だったターンオーバーも、9に抑えることができました。

トレード話しの渦中にあるメロは、元NBAプレーヤーの解説者によると、全力でプレーしていないそうです。「観客は騙せても、プロは騙せない。」と言った解説者がいました。得点源が全力でプレーしていないチームに勝っても、手放しで喜べないですが、良い形でプレーしたので、きっかけになると良いです。又、レイカーズはデンバーで、4連敗中だった上、前回は4Qに8点リードをひっくり返されて負けているので、これで苦手意識を吹き飛ばすことができました。

Ranking 1

2011/01/22 18:52  Lakers | コメント(16)
あきさん、お久しぶりです。
ロンは、二重人格かとうくらい、活躍する時と、しない時の差が激しいんです。ボストン戦ではさっぱりでした。

メロは、今シーズンで契約が切れて、球団から3年6500万ドルの延長契約を提示されているのに、サインしないんです。ニックスに行きたいみたいです。それで、ファンからブーされるんです。私の印象では、本気でプレーしていないというより、契約が切れるから、怪我を恐れて、バスケットにドライブしないで、ジャンプシュートが多い気がします。

ところで、ボストンは絶好調ですね。ダラス戦は、ボストンらしくない負け方でしたが。ファイナルで、もう一度やりたいですね。
[ 2011/02/06 15:47 ] [ 編集 ]
おひさしぶりです
去年のNBA観戦、Mayさんのおかげで楽しく計画的にいけました。!
ありがとうございました。
この試合、jスポでやってたので録画してて今日やっと見終わりました。ロンアーテストってあんなに活躍する選手だったんですね|ω・)。oO ロンはピアースと喧嘩してるイメージが強いのであんまり好印象ではなかったのですが。。笑
メロは本気でプレーしてないとか言われているんですね。。。。
なんで地元ファンにブーイング受けているのか未だに解ってません(~_~;)
[ 2011/02/06 12:27 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
バイナムのミニッツは増えて来ています。おっしゃる通り、そろそろパオよりバイナムのミニッツの方が多くなってもいいですよね。

メロの件は、本人は、ニューヨークに行きたいという意思がはっきりしているので、球団がはっきりしないのが悪いのだと思います。トレードを模索しながら、まだ未練があって契約延長と両方で動いているから、ずるずる引きずっているのだと思います。シーズン前なら、延長にサインしなくても、トレードに応じる球団があったかもしれないです。
[ 2011/01/23 11:13 ] [ 編集 ]
かぼちゃケーキさん、こんにちは。
本当にお久しぶりです。ももちゃんが行方不明の頃から、かぼちゃケーキさんもどうしたんだろうと思っていたんです。

今シーズンは、3Qの半ばか終盤まではリードしていても、そこからひっくり返される、弱いチーム独特の負けパターンが多いので、心配だったのですが、4Qは以外に楽に勝っちゃいましたね。ビラップスとJRは存在感がなかったですね。ローソンには多少はやられましたが、完璧に抑えるのは無理なので、あの程度ならしょうがないでしょう。アフラロも前半やられましたが、後半はよく抑えました。

私も、ちょっと最近忙しくて、記事が雑な時もあるんです。日本はまだ寒いので、お身体に気をつけて。一言でも良いので、コメントを残していって下さい。
[ 2011/01/23 11:12 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
ロンは良い時と悪い時は、別人の様です。

レイカーファンはどこに行ってもだいたいいますが、「メロドラマ」のせいで、デンバーファンの客足が遠のいているのかもしれないです。コービーがフリースローの時、打つまではブーで、決めたら歓声が上がる、奇妙なことになったのに気が付きました?コービーのシュートは、体勢が崩れている様でも、上半身がいつも真っ直ぐですよね。
[ 2011/01/23 11:11 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
4Qは全く競らなかったので、ある意味面白くなかったですよ。昨日は3Qだけ見たら、十分です。コービーが3Q終盤にばてたのは、仕方が無いと思います。やっぱり高地はきついです。私はメキシコシティー郊外のピラミッドに登ったとき、登りは気をつけてゆっくり上がったのですが、下りは普通に下りたら、息が切れました。
[ 2011/01/23 11:11 ] [ 編集 ]
魚さん、こんにちは。
前半はダラス戦の様に、なりかけましたよね。デンバーは、メロ以外はそこそこにプレーしていましたが、誰も爆発しなかったです。スミスはシャノンがよくおっかけていました。

ロンは自分の良い時と悪い時のビデオを見たら、何が違うか一目瞭然なので、いいかげんに気が付いて欲しいです。
[ 2011/01/23 11:10 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
バイナムはプレーしていたら、オールスター並なのですが、何せ怪我が多すぎます。今回の肘の様な、小さいのも含めたら、年中です。あんなにでかいので、「fragile」(壊れやすい、弱弱しい)と言われています。

ロンは今更コンスタントにはならないだろうし、シャノンもベンチなので、多少波があるのは仕方ないですが、二人ともアウトサイドに頼らないで、バスケットをアタックして欲しいです。
[ 2011/01/23 11:10 ] [ 編集 ]
国士さん、こんにちは。
そう言われて見れば、メロのフリースローは少なかったですね。よく守りました。

デンバーはホームで4Qの逆転が多いので、心配でしたが、よくやりました。フィルが前半スターターのミニッツの制限したのが、効果があったのだと思います。

デンバーの観客は一体誰にブーしていいか分からない状態でした。結構観客席に、紫のロードジャージを着た人がいっぱいいました。みんな24を着ていました。
[ 2011/01/23 11:09 ] [ 編集 ]
個人的にそろそろバイナムにも重要な場面で任せてみるのもいいかなと思うんですよね。
周りにあれだけの面子がいるのだからノーマークに近い状態で意外にいけると思うんですよ。
プレイオフの前にでももちょいバイナムに大きな役割与えて兄ガソルの負担減らしても良いかなと。

しかし,メロ自身にやる気が感じられないのは仕方ないにしても、コービーがただ1人だけ庇ってるのは凄いですよね。
いくら弟分といえど何もそこまで…とか思いましたよ(笑)
[ 2011/01/23 07:45 ] [ 編集 ]
お久しぶりです
今試合を見終わりました。眠い。。。

クォーターを追う毎に質の高いプレーになっていきましたね。今日は「やっぱりロンのディフェンスはいいな」と思わされました
それから、嫌ーな活躍をされるビラップス、ローソン、JR辺りにいつもの怖さがありませんでしたね。代わりにアフラロにはスパスパ入れられましたが。

最近忙しく中々コメントできませんが、Mayさんのブログは欠かさずチェックしてますのでこれからも更新楽しみにさせていただきます無理はなさらないでくださいね。
[ 2011/01/23 02:28 ] [ 編集 ]
今日はガソル、ロンが光ましたね。ロンはまるで人が変わってようでしたね、このままのロンでいて欲しいです。

またあのデンバーでコービーへのMVPコールにはビックリしまいました。レイカースファンが多いのですかね?

コービーのフェーそして、コービーのフェーダウェイの時の華麗な足さばきにはいつもうっとりしてしまいます!あれはコービーにしか出来ない華麗な技だと思います。
[ 2011/01/23 00:00 ] [ 編集 ]
仕事の都合上3クォーターまでしか見れませんでしたが、
前半コービーがまったくシュートしなかったので心配でしたが、3クォーターで爆発しましたね。さすがでした。
ただちょっと気になるのは、最近のコービーはスタミナに不安があるのでしょうかね。
3クォーターの最後は明らかにバテてましたし、あの爆発が最後まで続けばと思ってしまいました。
アーテストは気持ち入ってるときのプレーと、気持ち入ってないときのプレーが分かりやすいですね。
[ 2011/01/22 23:28 ] [ 編集 ]
 こんばんはーアフラロに決められたときには、DAL戦の悪いイメージが蘇ってきましたが、いつもの@デンバーのような圧倒的な雰囲気がなかったような気がしました。
 コーチや選手は冷静なコメントを続けているようですが、中心選手がいつ出ていくのか分らない状態では、どう考えてもチームの雰囲気は影響を受けると思います。
 後常々やられているイメージが強かったJRスミスを抑えられたのはシャノンがマッチアップする機会が多かったからでしょうか?(それともフラストレーション?)
 シャノンはビラップスからのスティール&ダンクもよかったですね。
 また、ここ数試合はロンの出来に勝敗が左右されている印象があるので、あと2試合いい方のロンを出してもらって、BOSを迎えたいです。
[ 2011/01/22 22:30 ] [ 編集 ]
バイナムいいですね。やはりコート上にいれば、いい貢献してくれますね。これで怪我がなければ・・・と思ってしまいます。

ラマーとコービー、ファウルトラブルがなければバイナムは安定しているので、パオ、シャノン、ロンがどうにかなれば、確実に勝利にぐっと近づきますね。

おっしゃる通りリバウンドもTOも良かったので、続けてほしいです。
[ 2011/01/22 21:31 ] [ 編集 ]
ロンロンの体が軽そうに見えました。ナイスディフェンス&シュートセレクトです。メロのFT数も抑えられ、効果的でした。

高地で後半息切れすることの多い@デンバー戦なのに、見事な後半の戦い方で嬉しい誤算でした。おっしゃる通り、リバウンドで圧倒できて、安定していた気がします。

@デンバーにしては珍しく(メロのトレード話の影響?)、メロへのブーイングと、少しだけどコービーの好プレーへの拍手があって、アウェイ感が少なかったのも、追い風だった気がします。
[ 2011/01/22 19:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。