レイカーズ、リベンジを果たす

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、リベンジを果たす

Final Score



レイカーズは、今シーズン、既にメンフィスに2敗しているので、リベンジしたいところでした。特に、メンフィスのメイヨが、禁止薬物の摂取で、出場停止処分中なので、何としてでも勝ちたいゲームでした。

1Qは、両チーム共、シュートが決まらず、レイカーズが1-6のスタート、メンフィスが2-6のスタートでした。その後、両チーム共、シュートが決まりだしますが、半ば過ぎからメンフィスが、打てば決まる状態になり、徐々に放され、終盤には、一時9点ビハインドにまでなります。レイカーズのディフェンスは、良くは無かったですが、それ程悪かったわけでもなく、メンフィスがよくジャンプシュートを決めました。終盤、パオのレイアップ、ロンとシャノンの3ポイントで追い上げ、終了間際に、パオの3ポイントを、弟のマークがファウルし、3本フリースローになります。ところが、パオは、最初の2本を外し、1点しか得点できません。フリースローは、やはり終盤にラマーが1本外していて、レイカーズのこのコーターのフリスローは、4-7と酷いものでした。残り1秒ちょっとからのメンフィスのオフェンスで、フロントコートのアレンにパスが行き、外したものの、又もコーター終了間際、数秒からの、甘いディフェンスでした。29-26の3点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、序盤は僅差で付いていきます。半ば前に、ラマーのレイアップで逆転し、その後フリースローで追いつかれると、再度ラマーがレイアップを決め、リードします。その後、半ばまで、僅差でリードを保ちますが、ゲイの3ポイントで、再度同点。緊迫したゲーム運びが続きます。後半は、パオとコービーが決め、ディフェンス厳しくなり、点差を徐々に広げ、50-45の5点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、序盤にレイカーズが次々とシュートを決め、リードを13点にまで広げます。ところが今日こそは、3Qに勝てると思った途端、ターンオーバーを繰り返したり、オフェンスで、無駄に時間を使い、時間切れ近くになって、無理なシュートを打ち、得点できないことが続きます。ディフェンスでは、しっかり守って、メンフィスがシュートを外しているのに、オフェンシブ・リバウンドが獲れない為、セカンドチャンスポイントを獲られます。点差を徐々に詰められ、終盤には2点差にまで迫られます。そこから、持ち直しますが、またもやフリスローが悪く、終盤、ラマーが2-3、パオが1-1、ロンが0-0でした。73-68の5点リードで、コーターを終了します。

4Qは、序盤にシュートが決められません。コービーのフリスローによる2得点はあったものの、レイカーズの最初のバスケットは、残り8分ちょっとの、フィッシャーの3ポイントでした。レイカーズのオフェンスも酷かったのですが、メンフィスもシュートを決められない上、バッドパスでターンオーバーを犯し、助けられました。半ばまでは僅差でしたが、後半、メンフィスがターンオーバーを繰り返し、点差があっという間に、二桁になり、最後はあっけないくらい、楽な勝利でした。

コービーは、19得点、7リバウンド、6アシスト。シュートは6-17と悪かったですが、リバウンド、アシストと満遍なく活躍しました。但し、ターンオーバーが6もありました。自分でシュートをしてもいいのに、無理にパスをしようとして、ターンオーバーにしたのが目立ちました。

パオは、17得点、9リバウンド、2ブロック。シュートは、6-11とまずまずでしたが、フリースローが5-9と酷いです。ディフェンスでは、よく動いていました。絶滅の危機に瀕していたパオのジャンプは、一昨日ニューオリンズで生息が確認されましたが、今日、メンフィスでも、僅かですが、生息していることが、発見されました。ボストンでは、大量に生息していることを期待します。

バイナムは、11得点、7リバウンド、2ブロック。リバウンドは少な目ですが、ミニッツが29分と、引き続き少ないので、こんなものでしょう。パオと並んで、フリスローが3-6と酷いです。

ロンは、13得点、4スティール。スティールが多いのは良いのですが、相変わらず、スティールしても、走るのが遅いから、追いつかれる。ドリブルが下手だから、バランスを崩す。ジャンプできない。その結果、レイアップを外すと、スティールが得点につながらないプレーがありました。又、3Qには、スティールした後、ファウルされ、フリースローを打ったのに、2本共外しています。自分のスティールのスタッツは上がっても、チームの得点に結びつかないです。オフェンスでは、シュートは4-11、3ポイントは3-6でした。今日は、たまたま3ポイントが決まったから良いですが、レイアップが決められない、バスケットにドライブしても、スピードがないから囲まれて、相手にパスと、ポストでも、なかなか決められないです。フリースローが、パオ、バイナムと並んで、というよりそれ以下で、2-6でした。

フィッシャーは、10得点、2スティール。シュートは4-7と、久しぶりに良かったです。フィッシャーは、メンフィスの近くアーカンソー州リトルロック出身なので、今日は両親や友人が見に来ていた様です。活躍できて、良かったです。

ラマーは、15得点、11リバウンド。レイアップを外すのが目立ちました。シュートは5-14と、確率が悪いのが続いているのが気になりますが、ジャンプシュートに頼らないで、バスケットをアッタックしているので、タッチが戻ってくることを期待します。ラマーも、パオ、バイナム、ロンと並び、フリースローが4-7と酷かったです。

ブレイクは、3得点、シャノンは、5得点と、殆どインパクトがありませんでした。

オフェンスには、苦労しました。二桁得点が、6人もいるので、一見理想的なオフェンスだった様に見えますが、打ったシュートの本数が少なかった、バイナム、フィシャー、ブレイク以外では、パオが辛うじて50%に行っただけで、他は全員50%を遥かに下回っています。特に、フリースローが、あまりにも酷すぎました。全体で、21-35の60%も酷いですが、コービーの7-7を除いたパオ、バイナム、ロン、ラマーの4人で、14-28の50%です。特に、ロンの2-6は、プロの数字とは思えないです。

勝因はディフェンスでした。1Qは締りが無かったですが、2Qに締めたのと、肝心の4Qが厳しかったです。共に、16得点を許していますが、4Q終盤、事実上ゲームが決まって、殆どディフェンスをしていない状態で、3ポイントを2本決められたので、数字以上に内容が良かったです。但し、4Qは、メンフィスが、雑なパスでターンオーバーを繰り返したり、オープンのジャンプシュートを外したりと、助けられた面もあります。

3Qは、ターンオーバーを繰り返して、ファーストブレイクポイントを与える悪いパターンでした。相手が、勝率50%のチームだったので、なんとか勝ちましたが、これから先のロードは、こんな戦い方では、ボストンは勿論、ニューヨークやオーランドには勝てないです。チャーロット相手でも、危ないです。フィルがゲーム後のインタビューで、「3Qの戦い方には、がっかりした。」と言っていたので、調整してくれるといいです。

Ranking 1

2011/02/08 16:53  Lakers | コメント(10)
ゆ~すけさん、こんにちは。
ありがとうございます。重荷には感じていないです。ブログを始める前より、細かいことも分かってきて、面白いです。

私も、バイナムが実力があるのは認めます。今でも、ちょっとした怪我や、怪我からの回復中で、万全でなくても、十分リーグトップのセンターとやりあっていけます。問題は、70%でも80%でもプレーしてくれればいいですが、欠場すると0ですよね。それに、リハビリを熱心にしないらしいです。だったら、少し実力で劣っても、欠場が少ない人が良いです。

それに、おしゃる通り、メロなら話は別ですよね。
[ 2011/02/09 18:08 ] [ 編集 ]
責任を感じてやっています。>
責任が重荷になったとかしないで適当に流すとこは流してでもがんばってください><
見てる人が重荷になったなんてやめられる方結構いらっしゃるんでね(^-^;


バイナム>
反対ですねあたしは。
確かにこの1・2年を見るならばその方が成功するかもしれませんが、あれだけちゃんとしたセンターは出すべきではないでしょう。
パオがいないときは20ー10くらいの勢いだったわけだし、ポテンシャルがないわけじゃない。
ムラっ気がありますが、まだ若いことを考えれば仕方ないかと。
チーム内では大事な位置にはいますが、チーム内での役割は多くを求められないのでそうゆう意味での成長が遅く感じるのかと。



あっ、相手がメロか!
賛成です!wwwww
[ 2011/02/09 17:06 ] [ 編集 ]
奈穂美さん、こんにちは。
私は録画して見ています。前はそれ程しなかたのですが、ブログを書くようになってから、楽しみに見に来てくれる方に対して、責任を感じてやっています。

トレードの件は、たった今記事にしました。デンバーが、ニックスから良い条件を引き出すための、作戦みたいです。LAタイムスのアンケートは見ていないですが、色々なサイトのコメントを見ると、バイナム放出は、賛成派の方多いみたいですね。
[ 2011/02/09 14:32 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
おしゃると通り、調子が悪いと言うより、それが実力という面がありますね。フリースローは、悪い時もあるので、たまたま4人が同じゲームで調子が悪かったということもあるのですが、ロンのフリースローは、元々ビッグマン並みで、チームで最低なので、もうちょっと何とかして欲しいです。
[ 2011/02/09 14:31 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
良く言えば、課題が残る戦い方でも勝つのは、実力があるからなのですが、下位チーム相手なら、ごまかしが利いても、トップのチームには、それでは勝てないです。

自分が日本に遊びに行っていた時に、結果は分かっても、ゲームの流れが分からないのが、もどかしかったんです。その時に、「こんなブログがあったらいいな。」と思ったような、ブログにしたいと思って始めました。ゲームを見られないレイカーファンが読んだら、楽しめるブログにしたいです。
[ 2011/02/09 14:30 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
レイカーファンは、みんなそうですよ。マイアミに負けても、下位チームに負けて、それ程でもないのに、ボストンに負けたら、トレードだ何だと騒ぎになるくらいですから。

確かに、今勝っても、意味ないですけれど。この所、レギュラーシーズントップは、ファイナルにも出て来ていませんから。ちなみに、NFLのスーパーボウルも、第6シードが、勝ちました。
[ 2011/02/09 14:29 ] [ 編集 ]
Mayさん、こんにちわ。

このゲーム、全部見逃してしまったので、相変わらずの詳しい解説、嬉しい限りです♡。中西部・東部でのロード戦はは放映時間が早いので、中々観れないのが残念…。

ところで、まだ噂の段階、と言う前提で書きますが、バイナムーメロのトレード話が進められているとか!? LAタイムスの投票では、75%弱が「自分がレイカーズのGMだったら、トレードするか」の問いに対し、Yesと言ってるようですよ。

どうなるんでしょうね!?
[ 2011/02/09 07:41 ] [ 編集 ]
最近割とDFが良くなってきていますね。大体そのときはOFが調子悪い・・・というかもともとコービー、ガソル、オドム、バイナムの得点がほとんどなので、調子悪いという言い方は変かもしれませんね。

シュートは水ものだし、好不調があって当然ですがFTだけはチームを通じて75%越えはしてほしいです。
[ 2011/02/08 22:32 ] [ 編集 ]
最近は勝つ試合でも、ディフェンスが良くてもオフェンスは×…逆にオフェンスがいいとディフェンスが× な試合が多い気がします。負けた試合では両方悪いことが多いのでまだマシですが。
おっしゃる通りこんなことではメンフィスに勝ててもボストン、オーランドには勝てませんよね…
頑張って欲しいです!

個人的にパオのジャンプを生息に例えたくだりはツボでした(笑
試合が見れないときも
Mayさんが詳しく解説してくれるので本当に感謝、感謝です♪
[ 2011/02/08 17:46 ] [ 編集 ]
次のセルツ戦がどうも気になって・・・。

リアルタイムでは観れませんが録画で観れますので情報シャットアウトして仕事後に観ようと思います。

なんだかファイナルのような気分になってしまうのは私だけ?

いまからドキドキしています。

主人に大袈裟!って言われそうです。

うちの主人は楽観主義でして、ファイナルの7戦目で1点差でも勝てばいいんだ!絶対勝つから!!と。

私もそう信じています!!

[ 2011/02/08 17:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。