レイカーズ、ディフェンスの勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、ディフェンスの勝利

Final Score



1Qは、両チーム共、ディフェンスが良くも無く、悪くもなく、着々と得点します。半ば過ぎまでは、同点や僅差でしたが、ロンが、何を血迷ったか、誰もいないバックコートにチェストパスをして、ターンオーバーにします。恐らく、手が滑ったという様な言い訳があるのだと思います。この直後のボストンのオフェンスで、レイ・アレンが3ポイントを決め、歴代通算3ポイントで、レジー・ミラーと並んで1位タイになるのと同時に、5点ビハインドにされます。この辺りから、雲行きがおかしくなって来ます。アレンは終盤にも3ポイントを決め、単独1位になり、早々と8点ビハインドにまでされます。コーター終了間際には、バイナムとラマーが、連続でパーキンスからブロックされる場面もありましたが、その後少し盛り返して、27-20の7点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、出だしにロンがレイアップを決めたものの、その後シュートが全く決まらず、点差を広げられ、開始後2分もしないうちに、13点ビハインドにまでされます。そこから、シャノンが3ポイントを決め追い上げると、シャノンの3ポイントを、ロビンソンがファウルし、シャノンはフリースロー3本を決め、更に追い上げます。ところが、その後、シュートは決められない、フィッシャーは雑なパスでターンオーバーを犯す、バイナムは得意の3秒ルール違反をすると散々で、半ば過ぎには、15点ビハインドにまでされます。前半は、ボストンがやるべきことをきちんとやっているのに、レイカーズは勝って下さいと言わんばかりの雑なプレーが目立ちました。ターンオーバーは、レイカーズの9に対しボストンの3、フリースローは、レイカーズが12-15に対し、ボストンが10-11。今日も又駄目かと思った終盤、シャノンがスティールから、ダンクを決めます。これで流れが少し変わりました。ディフェンスでよく守った上、オフェンスでは積極的にバスケットを攻め、ファウルを獲ると、バイナムとフィッシャーが、フリースローを2本ずつ決め、終了間際には、コービーがフリースローを決め、6点差にまでします。ピアースは、コービーのフリースローの直前に、ベンチから登場したのですが、フィルはピアースをガードするために、やはりベンチにいたロンを出します。ところが最後のボストンのオフェンスで、ロンはピアースに付いて行かれず、レイアップを許します。何のために出てきたか、輪からにです。53-45の8点ビハインドで、ハーフタイムへ。

3Qは、レイカーズのディフェンスが締まりました。オフェンスでは、前半3本しかシュートを打たなかったコービーが、打ち始めます。序盤に一時的に逆転すると、再逆転され、5点ビハインドにまでなりますが、そこからが、3Qに弱い、競り合いに弱い最近のレイカーズとは違いました。半ばにレイカーズが逆転し、終盤にボストンが逆転し、シーソーゲームになりますが、さらにレイカーズが逆転すると、徐々にリードを広げます。72-68の4点リードで、コーターを終了します。

4Qは、オフェンスでは、ここまで決まっていないラマーが、3ポイントを決め、スタートします。出足から、レイカーズのディフェンスが引き続き良く、ボストンに得点を与えません。序盤に、バイナムのミスを、シャノンが思いっきりジャンプし、ティップショットを決めたのが大きかったです。これで、9点リードになり、結果的に、コービーを、残り5分ちょっとまで、ベンチで休ませることができました。半ば前から、ディフェンスが緩み、ボストンに連続で得点を与え、3点差にまで迫られます。その直後に、又シャノンがジャンプシュートを決めて、5点差にしたのが大きかったです。その後、再度3点差に迫られた、残り5分ちょっとで、コービーとパオが戻ります。これ以降のレイカーズの10得点は、コービーが8得点、パオが2得点、パオのバスケットは、コービーからのアシストでした。最後にやるべき人がやって、勝ちました。

コービーは、23得点、5リバウンド、4アシスト。前半は、パスが中心で、3得点、後半に20得点でした。コービーがプレーしていると、コービー自身が得点しているわけでも、アシストしているわけでもないのに、チームが得点できます。特に、このゲームに限らず、コービーがいないと、ビッグマンが、オフェンスで力を発揮できないことが、多いです。

パオは、20得点、10リバウンド、4アシスト。シュートは8-13と、効率も良く、本数も積極的に打っています。今日は、周りにだれもいないのに、リバウンドでしっかりジャンプしていました。

バイナムは、16得点、9リバウンド。リバウンドが少し物足りないです。それよりも、パーキンスとの1オン1で、押され気味になるのが気になりました。

ロンは、4得点、5リバウンド。前半を終わって、2-6の4得点、ゲームを終わって2-6の4得点と、後半は1本もシュートを打ちませんでした。後半は、ロンが全く目立ちませんでした。レイカーズは、ロンの存在感がない時の方が、オフェンスがスムーズに回ります。又、オフェンスで、ロンがボールを長く持つと、殆ど得点できません。ディフェンスだけプレーしてくれれば良いので、オフェンスでは、全く貢献しなくて良いから、無理なシュートを打って、足を引っ張らないで欲しいです。

フィッシャーは、7得点。シュートは2-6でした。3ポイントは1本決めましたが、フィッシャーがシュートを打つと、決まる気がしないです。

ラマーは、10得点、12リバウンド。シュートは4-12と、酷いことになっています。無理に、レイアップに行くのが目立ちました。

ブレイクは、無得点。シュートは0-2でした。いくらゲームメイクや良いパスをしているといっても、もう少し得点で貢献してくれないと、苦しいです。ディフェンスでは、ロンドにも、アレンにも、付いて行けないです。

シャノンは、12得点。スティールからのダンクあり、オフェンシブ・リバウンドからのティップショットありと、ベンチでは一人、得点に貢献しました。後半は、ブレイクの代わりに、PGとしてプレーしている時間帯もありました。今日は、ラマーが不調だったので、シャノンが決めなかったら、どうなっていたか分からないです。

オフェンスでは、よくペイントを責めていました。今シーズン、ボストンは、ペイントでの得点は、平均35点しか許していないのに、今日のレイカーズは、50点でした。これは、バイナム、パオ、ラマーのサイズで勝っている点もあるのですが、よくコービーが、ペイントにドライブしているのも、原因です。コービーのアシストは少ないですが、これは、コービーがパスしたプレーヤーが更にパスをして、その後決めているからです。パオのシュートは8-13ですが、コービーがプレーしている時は8-11、コービーがベンチの時は0-2、バイナムは6-10ですが、コービーがプレーしていると6-8、ベンチだと0-2と、2人とも、コービーがベンチだと無得点です。コービーがベンチの時に、ラマーとシャノンが、ペイントにドライブして、ビッグマンを得点に絡めないと、厳しいです。

ディフェンスは、前半もそれ程悪くは無かったですが、後半スイッチが利いて、オープンのシュートを殆ど打たれませんでした。シュートの確率で、リーグトップのボストンを、40.2%に抑えたのは大きいです。後半は、33点しか許さなかったのが、何より大きいです。ディフェンスのボストンに、ディフェンスで勝ちました。

この勝利で、レイカーファンも、暫く静かになるでしょう。

Ranking 1

2011/02/11 16:08  Lakers | コメント(23)
ももちゃん、こんにちは。
今日もブローアウト勝ちでした。又飲んだくれて下さい。
[ 2011/02/12 17:03 ] [ 編集 ]
ホント良かったです!昨日は嬉しくてついお祝いモードになり、飲み過ぎてしまいました。結果、ひどい二日酔いで頭痛が(泣)ですので簡単なコメントでスミマセン!

さぁ、また頑張って応援しましょう。
[ 2011/02/12 14:48 ] [ 編集 ]
奈穂美さん、こんにちは。
前半は見なくて良かったです。イライラしました。去年も、お互いロードで勝っていますよね。ボストンでは、終了間際にコービーが勝ち越し打を決めて、ホームはコービーが欠場していて、フィッシャーがブザービーターを外しました。

タオルの話、奈穂美さんのブログで読みました。コメントしようと思うのですが、この所、ちょっと忙しくて、バタバタしているんです。

ブレイクは、相手がスピードがあるPGかサイズがあるPGだと、好き勝手されます。
[ 2011/02/12 10:02 ] [ 編集 ]
k-1さん、こんにちは。
謝らないで下さい。コメントを読むのも、ブログをやっている楽しみの一つです。

「生きててよかった」というのも大袈裟ですが、お気持ちはお察しします。私は、そこまでではないですが、数十年に1回の歴史的瞬間を見た感慨はありました。

ラマーはシュートが良くなくても、リバウンドは頼れます。ロンは記憶にない方が良いです。昨日のゲームで一番記憶に残るロンのプレーは、誰もいないバックコートへのパスでした。今シーズン一番多い記憶に残るプレーは、スティールしてファーストブレイクで、レイアップを外すプレーです。ロンが記憶に残るゲームは、殆ど負けています。

メロやウォーレスは無理だと思いますが、イグドラは有り得ない話ではないと思います。でも、おっしゃる通り、一体誰を出すんだという感じですよね。うちがいらないのは、よそもいらないです。

バイナムは、実力は誰もが認めているのですが、「怪我さえ無ければ」という但し書き付きなのが問題です。いついなくなるか分からないのでは、話にならないです。
[ 2011/02/12 10:01 ] [ 編集 ]
デンプシーさん、こんにちは。
おっしゃる通り、スポーツは勢いや流れがあるので、アレンの記録達成後に、ボストンが勢いづいたのは、ある程度仕方がないですね。後半は、今シーズンは3Qが課題だっただけに、なお更嬉しいです。おっしゃる通り、トレードは、昨日のゲームだけで判断するべきではないと思います。正直言って、駒がないですが、チームをより強くするオプションを捨てるべきではないです。私も、メロは欲しいし、バイナムを出しても良いのですが、同時に本格的なセンターを獲得しないと、チーム強化にならないです。パオがセンターでは、ボストンに勝つのは厳しいです。

ところで、全然長文じゃないですよ。この2倍くらいの方もいらっしゃります。それに、長文歓迎です。
[ 2011/02/12 10:00 ] [ 編集 ]
okaさん、こんにちは。
コメント常連で、同じお名前の方がいらっしゃるので、冗談かと思いました。区別がつかないので、できれば、お名前を平仮名かカタカナにしていただけないでしょうか?お願いします。

ブレイクの得点は、その内戻ってくると思います。元々打つ本数が少ないので、無理に打つよりはいいです。

記事にも書いたのですが、ロンが存在感がない方が、レイカーズは上手く行くと思いませんか?存在感がある時は、大体ミスでですよね。3ポイントの確率は、実はそれ程悪くないのですが、外し方の印象が悪いです。追い上げムードの時に、時間が残っているのに早打ちしたり、がら空きで外したり、体勢が悪いのに無理に打ったり、ドリブルしまくって時間を使って、どうにもしょうがなくなって苦し紛れに打ったり。それに、SFにしては、リバウンドが少なすぎますよね。コービーの方が多いです。

バーンズは転向ではなくて、SGでもプレーできるようにするのだと思います。昨日は、
シャノンがPGでプレーしていた時間がありました。ディフェンスでフィッシャーやブレイクでは無理な時に、シャノンをPGで使った場合、バーンズがSGもできないと困ります。サーシャがいた時は、そういう心配はなかったのですが。

全然拙くないですよ。又のコメントをお待ちしています。
[ 2011/02/12 09:59 ] [ 編集 ]
rnnrさん、こんにちは。
前半も、シュートは少なかったですが、ボールはよく持っていました。ビッグマンが得点しないと勝てないので、前半はビッグマンがリズムに乗れるよう、サポートに勤めていたのだと思います。
[ 2011/02/12 09:57 ] [ 編集 ]
okaさん、こんにちは。
前回コービー以外は誰も得点できなかったので、今回は意識的に、チームメイトを早くから巻き込んだのだと思います。3Qの追い上げから逆転、4Q終盤の止めは、コービーならではでした。
[ 2011/02/12 09:57 ] [ 編集 ]
ryo...さん、こんにちは。
前半は、オフェンスが悪かったです。何だかんだ言っても、結局コービーがシュートしないと駄目です。

バーンズの復帰も待ち遠しいですが、イーバンクスをもうちょっと使って欲しいです。ルークより悪くプレーできないと思います。

バーンズが戻るまでは、シャノンが頑張らないと厳しいです。特に、ここのところラマーがシュートでは今ひとつなので。
[ 2011/02/12 09:56 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
誰を出すかは別として、メロは欲しいですよね。昨日は、メロも凄かったですが、アフラロも凄かったです。アフラロはUCLAなので、大学時代から好きなプレーヤーで、欲しいと思っていました。でもSGは今の所いらないですよが。

レイカーズもロンをトレードしようとしているのに、未だに成立しないのは、引き取り手がないからだと思います。おっしゃる通り、ブレイクのディフェンスは問題です。速いのも、でかいのも苦手は厳しいです。

この勝利は嬉しいですが、ニューヨークとオーランドに負けたら、又元に戻って大騒ぎになるので、まず今日も勝って欲しいです。
[ 2011/02/12 09:55 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
トップ5相手は、初勝利です。デンバーでも勝っていますが、ボストンとは比べ物にならないですよね。

残念ながら、ロンは引き取り手がないと思います。あったら、とっくに問い合わせがあるはずです。
[ 2011/02/12 09:54 ] [ 編集 ]
やりましたねっ!^^v
Mayさん、詳しい解説、ありがとうございます。2Q後半からしか見れず、1Qはすっかり見逃してしまったので記事を読んで良く分かりました。でも、実際に中継を見ていたら、かなりヤキモキしていたかもしれません(笑。

お互いに敵陣で勝つ、なんて面白いですね。先月末の@LAは、同僚が見に行って、レイカーズのファンは怒り心頭で、配られた「Beat Boston」と書かれたタオルを館内のあちこちに投げ捨てて帰ったそうですよ。仰るとおり、これでレイカーファンも大人しくなるかも、です。

ブレイクは、プレイタイムが11分で無得点ですかー。あの、キラー・ビーズの勢いはどうしちゃったんでしょうか。

[ 2011/02/12 06:21 ] [ 編集 ]
こんばんわ。すみません最近コメントが日課になってます。笑
今日はハッピーです。
まずレイアレンおめでとうです。
僕はアレンがバックスにいた時から好きなので正直普通に嬉しいです。(セルティックスに行ったのはショックでした)
3Pを決めた時は鳥肌が立ち、ミラーとのハグで号泣しました…自分生きててよかったです。笑

さて本題ですが、コービの活躍は計算通りとして個人的にオドムがよくやったと思います。
シュートはともかくいい場面でのリバウンドや3P、ブロックなど最高でした~。
そして問題児ロンですが…
僕の記憶では前半に2回ドリブルで少しだけボール運びをした記憶しかありません。
いつ点取ったとか誰にマッチアップしてたのかとかの記憶が全くない現状です…。笑

なのでいまだにSFのトレードは希望です。別にカーメロとかじゃなくていいんで…、最高はカーメロ、ウォーレス、イグドラらへんですが、もう使えそうなやつなら誰でもいいです。
トレで取ったやつがスタメンで控えにバーンズで!!

まぁトレードの駒がいないのは明らかなので期待はほぼしてませんがどうにかなってくれたら嬉しいです。
バイナムはよくやったな~と思います。
怪我さえしなきゃいい選手だと思うんですが、いつ爆発するかわからない爆弾野郎なんで今じゃなくてもいいので来シーズンなどに出来ればいいトレに使ってほしいのが正直な所です…
[ 2011/02/12 03:25 ] [ 編集 ]
はじめまして!初コメントになります。自分も昨日の試合はLIVEで見ました。前半はアレンの新記録もあり、会場の雰囲気に押されてた感じがありましたが、後半は割と落ち着いてプレーしていた印象がありました。ボストンに借りを返せてよかったです。トレードの話も読みました。ただ自分は今日だけで判断するのはどうかと思います。このロード遠征の結果次第でトレードの有無が決まりそうな気がします。ちなみに自分はメロの獲得に賛成です。ご存知の通りスターターが高齢になっているので若くエネルギッシュなメロの獲得は何かが起きそうです!長々失礼しました。
[ 2011/02/12 02:37 ] [ 編集 ]
初めまして、いつもここの記事を楽しく読ませてもらっています。コメントを投稿するのは初めてなので少し緊張しています。

今日はブレイクが苦戦していましたが、彼のゲームメイクの姿勢やリバウンド、UTA戦のキリレンコとのジャンプボールでの反応などなど私はブレイクをフィッシャーの控えとして高く評価しているので今後の活躍を期待していきたいです。

それよりも心配なのはロンです。後半になると全く存在感をなくし、ピアースにすきにやられているように思えました。全く入らない3ポイントをポンポン打ち、リバウンドを相手に取られているので、彼がシュートを打つぐらいならブレイクのように黒子に徹するか、少なくともディフェンスで存在感を出すくらいの根性は見せてほしいものです。
 以前、バーンズがガードに転向?という記事を読んだのですが、その場合ロンの控えはだれになるのか、それが不安です。ロンを放出して新しい選手を獲得するのでしょうか。

初投稿で拙い文章ですが、これからもここの記事を楽しみにしています。
[ 2011/02/12 00:39 ] [ 編集 ]
前半におとなしかったコービーですが、試合直後にコービーがレイアレンにハグしながらおめでとうと言っていました。前半は偉大な記録を立てたんでしょう。
[ 2011/02/11 22:42 ] [ 編集 ]
前半はちょっと今回も無理かな~と思ったんですがコービーは前半からあのシナリオを描いていたのでしょうか?
欲しい時に決めてくれましたし4Q終盤にロッカーモーションでアレンを抜いたドライブは素晴らしかったです。
スローで見ましたが、ほんとに一瞬止まったか止まらなかったくらいのモーションでした。
これでやっと上位チームを食ってくれたので、一安心です。
[ 2011/02/11 22:29 ] [ 編集 ]
記事を読んでいると、前半は厳しかったらしいですね。

でも、今のチーム状態でロードでボストンに勝ったのは大きいのでは?


ロンがあんな調子だったらSFのポジションはきついですね。
控えもルークだけですしね・・・
バーンズの復帰が待ち遠しいです。

シャノンは良かったですね!!
控えで活躍してくれるのは最高ですね。
ポジションは違いますけど、ロンに見習ってほしいです。
[ 2011/02/11 18:16 ] [ 編集 ]
メロ獲得派でしたが、この試合見たらやっぱトレードは時期早々?なんか自分の意見がコロコロ変わりますね。
ただメロ大好きなのには変わりはありません。
今日もナゲッツがレイカーズと順位を争ってるマーベリックスに勝ち、メロが大爆発したのでうれしいです。
ただアーテストは好きなんですがトレードはアリかと
あとフィッシャーの控えガードがブレイクってのはけっこうキツいですね。ディフェンスがとにかく酷いです。
今日も何回もイライラさせられあした。

ただこの勝利は格別ですね。
最近は強豪に勝てないやら、年寄りの集まりなど言い放題されてましたから。
[ 2011/02/11 18:13 ] [ 編集 ]
今日の夜に放送するのですが、待てずに試合結果を見てしまいました笑

やっとやっとって感じですね。どれだけこの勝利を待ち続けていたことか・・・強豪らしい強豪から白星を挙げたのは、今シーズン初と言っても過言じゃないでしょう。

ちなみに自分はメロはともかくアーテストのトレードは依然希望します。(もちろんそれ相応の相手がいればですが)ただ少しはロンに賭けてみようかと思うようにはなりました。
[ 2011/02/11 17:05 ] [ 編集 ]
勝ちましたね(^o^)
前半を見ていて、また強豪チームにまける…、これは本気でトレードか?と思いましたが、最近やられっぱなしの3Qで見事に逆転しました。
コービーは3Qのために前半は力を温存していたのでしょうか?
これから波に乗ってほしいです。
[ 2011/02/11 16:56 ] [ 編集 ]
oniさん、こんにちは。
おっしゃる通り、今日負けたら、えらいことになっていました。これで、ロード5勝も見えてきました。

メロ獲得派は、バイナムに頭に来ていて、トレードしろということで、鬱憤を晴らしている部分もあると思います。ところで、今日は、メロも凄かったです。
[ 2011/02/11 16:56 ] [ 編集 ]
この試合の負けは唯の負けでは済みませんでした。ライバルにシーズンスウィープ、またもエリートチームに敗戦、チームの雰囲気は落ち込み、トレード話も再燃、アーテスト爆発、、、
「もし」負けていれば、こうなっていた恐れがあるでしょう。
勝ててホントに良かった。

この勝利はシーズンで一番大きい勝利で、同時にステイトメントウィンであるでしょう。
『まだこのチームは生きている。』というステイトメントが打ち立てられました。

ちなみにメロ獲得を頭の片隅にでも希望した人は、今日の試合を見て考え直されたでしょうか。
[ 2011/02/11 16:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。