ハワード爆発でレイカーズ完敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ハワード爆発でレイカーズ完敗

Final Score



1Qは、前半に、オフェンスでは、ビッグマンがインサイドで決め、コービーがアウトサイドから3ポイントを決め一見良いバランスでした。ディフェンスは悪くなかったですが、オーランドが得意の3ポイントをよく決めます。半ばまでは僅差でしたが、ロンとフィッシャーが、共にオープンなのに、打った瞬間外れると分かるシュートを打った辺りから、差を広げられます。終盤に9点ビハインドにまでなりますが、最後の3分ちょっとに得点を与えず追い上げ、24-21の3点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、前半は僅差で付いて行きます。半ばにラマーがレイアップを決め、逆転すると、その後は、逆転同点を繰り返します。ところが、終盤、レイカーズは、得点できなくなり、点差を広げられる一方でした。最後の2分半ちょとは、無得点でした。ビッグマンとコービー以外は、打てば外すという状態でした。45-41の4点ビハインドで、ハーフタイムへ。

前半41得点の内39得点が、3人のビッグマンとコービーでした。ハーフタイムにロンとフィッシュは無得点でした。打っていないなら、無得点でもいいのですが、ロンは0-2、フィッシャーは0-4でした。

3Qは、前半は、バスケットを交換しているだけで、点差が縮まりませんが、差を広げられることもありませんでした。オフェンスでは、相変わらずフィッシャーとロンが、打っては外します。半ばに離されだして、嫌なムードになりかけたら、いきなりフィッシャーとロンが決め始め、2点差にまで迫りますが、フィッシャーとロンのハイライトは、ここだけでした。その後は、又シュートが決まらす、67-60の7点ビハインドで、コーターを終了します。

4Qは、出足にハワードが続けて決めます。対するバイナムは、ハワードとやり合う自信がないのか、ジャンプシュートを打ち続けます。最初の1本は決めたもの、次の2本を外します。ラマーはフリースローを外す、ブレイクは3ポイントを外すと、点差は広がる一方で、残り8分を切ったところで、早くもコービーとパオが戻りました。その時点で12点ビハインドにまでなっていました。後半は、バイナムでも相手にされなかったのに、パオが出て来て、ハワードに好き放題されました。ハワードはこのコーターだけで、12得点でした。点差を殆ど詰めることができずに、残り4分を切った所で、コービーを下げ、白旗を上げました。

コービーは、17得点、5アシスト。前半13得点だったのですが、後半は、ゲーム終盤に大差のためベンチに下がったとこもありますが、打ったシュートの本数自体が少なかったです。フリースローが、1本もありませんでした。ゲーム後のインタビューで、「バスケットから離れてプレーし過ぎた。もっと、ポストでプレーするべきだった。」と言っていました。

パオは、11得点、4リバウンド。リバウンドの数は、キーボードの打ち間違いではないです。オフェンシブ・リバウンドは無しでした。フィルは、敗因の一つにリバウンドの少なさ、特にオフェンスシブ・リバウンドからのセカンド・チャンスポイントの無さを指摘していました。ハワードとのリバウンド争いでは、ボールに対する意欲の違いがはっきり分かりました。

バイナムは、17得点、9リバウンド。1Qに、6リバウンドで、オフェンシブ・リバウンドが5もあったので期待したのですが、その後の3コーターでは20分プレーして、3リバウンド、オフェンシブリバウンドは1でした。バイナムは、今日に限らず、ゲームを通して、活躍できないです。又、サイズがない、PFと大して変わらないCを相手には、弱いものいじめはできても、本格派のセンターだと、いくつか良いプレーはあっても、ゲームを通し存在感がないことが多いです。対するハワードは、31得点、13リバウンドでした。

今日は、ポストゲーム・ショーのゲストがジェリー・ウエストでした。まずウエストは、「もしGMだったら、メロとバイナムのトレードをしますか?」という質問を、「レイカーズで働いていないから。」とかわした後、バイナムについて訊かれると、「怪我から戻って来てから、よくプレーしている。よく怪我をするし、これからも、怪我をし続けるだろう。レイカーズで、スターになるかどうかは、分からない。」と答えました。

ハワードは来シーズン後に、フリーエージェントになります。バイナムは、来シーズン後の契約は、チーム・オプションです。ハワードはFAになったら、レイカーズに行きたいと思っているという噂があり、レイカーズは、バイナムの契約を取らないで、ハワードと契約するのではと、早々と噂になっています。メロのバイナムのトレードには、少ないながらも反対派がいますが、バイナムを切ってハワード獲得に反対という人は、元々僅かでした。今日のゲームで、バイナム派は、絶滅に向かうと思います。

ロンは、5得点。何も言うことはないです。同じことの繰り替えしなので、過去5-6ゲームの記事をご参照下さい。

フィッシャーは、4得点。フィッシャーも同じことの繰り返しですが、気になるのは、つま先が僅かに3ポイントラインにかかっている為に、2ポイントになるシュートがありました。以前にも解説者が指摘していましたが、フィッシャーは、これが多いです。1ゲームで2本あることもあります。これ以上、遠い2ポイントは打てないという様なシュートを打つのは無駄です。ベテランらしく、3ポイントラインの位置くらい、分かっていていいと思うのですが。

ラマーは、15得点、8リバウンド。シュートは5-11とまずまずですが、フリスローが゙5-10でした。

ブレイクは、無得点。シュートは0-2でした。打ったシュートは2本共、3ポイントでした。ブレイクは、レイアップやラナーの様な、バスケットの側で決められないので、3ポイント1本やりの感じがします。

シャノンは、6得点。シュートは3-11と、散々でした。得点能力がないプレーヤーが多いので、シャノンが不調だと、厳しいです。

オフェンスが全く話になりませんでした。フリースローは、7-15と、50%を切っています。3ポイントは、2-16でした。4日間で3ゲーム目なので、疲れもあると思いますが、オープンなのに外していました。フィルは、「プレーヤーのために、言い訳をすると、距離感が分かり難かった。昨日、アリーナを1日中使うといって、練習をさせてもらえなかった。」と言っていました。

但し、オフェンスが厳しいのは今日だけではないです。レイカーズは、どのメンバーでも、プレーしている5人の内、2人からは得点が期待できないです。スターターでは、ロンとフィッシュ、ベンチに行ったら、ルークとブレイク、つまりPGとSFからは、得点が期待できません。その上シャノンが不調だと、5人中3人から、得点が期待できないです。バーンズが戻ってくれば、多少改善できますが、トレードで得点できるプレーヤーを獲得しないと厳しいと思います。

ディフェンスは悪くなかったです。得点だけ見ても、オーランドを89点に押さえているし、シュートは48.7%、3ポイントは30.4%に抑えました。二桁得点は、ハワードの他には、リチャードソンの12得点のみでした。ハワード以外には、「~~にやられた。」という感覚が、全くありませんでした。よくローテーションが利いて、3ポイントラインの周りを、端から端まで、4人にパスが回ったのに、レイカーズのプレーヤーが追いついて、カバーしている場面もありました。但し、ハワードに対するバイナム、パオのディフェンスは、冗談でした。

ハワードは前半ファウルトラブルだったのに、後半は、パオは仕方が無いにしても、バイナムも、ジャンプシュートやフックショットの様なのが多く、結局ハワードは、後半ファウルが一つもありませんでした。ハワードに、ディフェンスをさせて、エネルギーを使わせることができなかったも、オフェンスで好き放題された原因の一つです。

ところで、今日も黄色いジャージャーでしたが、先日の記事で80年代のジャージーとお伝えしたのは、実は間違いで、70年代が正しいです。ネイムさんから、コメントでお知らせ頂いて、ネットで調べたら70年代でした。私の聞き間違いだったと思います。大変失礼しました。ネイムさん、ご指摘ありがとうございます。

Ranking 1

2011/02/14 13:02  Lakers | コメント(16)
チャー坊さん、こんにちは。
おしゃる通りだと思います。ハートが違うと思います。バイナムは、バスケットより、プロアスリートでいることのライフスタイルの方が好きなのだと思います。だから、練習熱心ではないし、リハビリに励んで1日も早く戻ろうなんてことはしないんです。プレーしていなくても、NBAプレーヤーだから、ライフスタイルは楽しめますよね。リハビリに励む暇があったら、プレーボーイマンションのパーティーに行くんです。
[ 2011/02/15 08:08 ] [ 編集 ]
k-1さん、こんにちは。
凄い妄想ですね。私は同じ妄想なら、得点できるSFが欲しいです。パオは頭に来るけれど、いなくなったら有り難味が分かると思いますよ。でも、ノビツキーは良いですね。
[ 2011/02/15 08:06 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
ラトリフはまだリバビリ中で無理みたいです。スミスはどうして使わないのでしょうか?恐らく、フィルが練習を見て、使えないと思っているのだと思います。
[ 2011/02/15 08:05 ] [ 編集 ]
パンダマンさん、こんにちは。
そうなんですよ。ツインタワーなんて偉そうなこと言っても、結局弱いものいじめしかできないなら、意味ないです。

カメロはそんなことがあったんですか。知りませんでした。全然話題になっていないです。地元では話題になっているのかもしれませんね。
[ 2011/02/15 08:05 ] [ 編集 ]
かずさん、こんにちは。
ロードで1週間以上経っているので、こういうことはあるみたいです。いつもは辛口のジェイムス・ワージーも、夜のニュースでそう言っていたので、しょうがないと思います。

ハワードとバイナムなら、天秤にかけるまでもなく、一目瞭然でハワードがいいです。実現したら、アップグレード・バージョンのツインタワーです。
[ 2011/02/15 08:04 ] [ 編集 ]
初めてコメントさせて頂きます。ハワードとバイナムの違いは何なのでしょうか?運動能力よりは気持ちの差だと感じています。ハワードはリーダーとしてチームを牽引する意気込みがある、バイナムはコービーに甘えまだまだ活かされているだけと自分は思います(プレーも、気持ちも)。素晴らしい可能性を秘めているだけに頑張ってもらいたいです。
[ 2011/02/15 04:29 ] [ 編集 ]
こんばんわ!
もう僕はロンについては触れないようにします。笑
ハワードいいですね~~。

気が早い話ですが、もし?ハワードがバイナムのかわりに参上して頂けるのならハワード&ガソルのツインタワーもいいですが、ハワード&3Pも打てるPFを希望します(個人的にですが、あとラマーはベンチの設定で)
夢のようなメンバーですが例えばレイカーズにハワード&ノビ、ハワード&ラブなど。
ここにコービが入ったら最高で最強だ~~~~~と思います。
(完全に妄想のようなメンバーなので気にしないでください。笑)
[ 2011/02/15 01:44 ] [ 編集 ]
こうゆう時にこそラトリフやジョースミスに働いて欲しいんですけどねぇなかなかどうして
[ 2011/02/14 23:43 ] [ 編集 ]
はっきり言って、ハワードにこれだけやられたら、ツインタワーの意味がないですよね-。

余談ですが、カーメロはファスティング(いわゆる断食)に成功して、プレイが絶好調みたいですよ。おもしろい事に、断食をする事で、哲学的思考ができるようになったそうです。
[ 2011/02/14 21:32 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます。
残念ながら負けてしまいましたね…。
ディフェンスは悪くなかったようなので、今までの負けと比べると肯定的に見ています。
試合が続いたので疲れがでたのでしょうか?
この後の2試合が重要になると思うので、気を引き締めて勝ってほしいです。

さすがにハワードとバイナムを天秤にかけたらハワードがいいです!!!
もし現実したらコービー+最強ツインタワーになりますね。
(レイカーズ以外のNBAファンには文句いわれそうだけど)
[ 2011/02/14 19:14 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
そうですよね。それに、ロンはよく「俺はディフェンスをやるから。」みたいなことを言いますが、両方やってバスケットですよね。

バイナムは、最初良くても尻つぼみになるのも、相変わらずです。

下位チーム相手の後2つ勝たないと、ボストンやニューヨークに勝った意味がないですよね。
[ 2011/02/14 17:12 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
ありがとうございます。今日は、疲れもあるし、ある程度は仕方が無いと思います。でも、シュートやフリースローを外すのはともかく、7フッターが、ジャンプシュートを繰り返したり、気迫で負けているのが嫌です。ハワードはよくファードファウルをされますが、うちのビッグマンは、ハードファウルする度胸もないです。やってやれっている情熱もないんでしょうね。ディフェンスでチャージを獲るのも、一番年長と二番目のフィッシャーとコービーだけですよね。KGのような、ハードスクリーンもセットしないし。もう、しょうがないと思いました。

実際に、ロードだと、バックボードの後ろの観客席の奥行きも違うし、照明も違うので、慣れるのに、ちょっと時間がかかるというのは、事実の様です。フィルは、あまりにも酷いから、かばっていた部分もあると思います。
[ 2011/02/14 17:05 ] [ 編集 ]
しんげんさん、こんにちは。
そうですよね。PGは他のプレーヤーにはない責任があるので、ある程度は仕方が無いです。走れない、得点できない、リバウンドを獲れないSFでは、バスケットにならないです。インサイドにタフさがないです。頭数は多いですが、使えないですよね。使わないから使えないのか、使えないから使わないのか?
[ 2011/02/14 16:58 ] [ 編集 ]
SFの基本的条件はDFとかよりも何よりまず、得点がとれることだと思うのですが・・・ロンはひどい。(ルークは論外)

バイナムは相変わらずですね。いいCのときは仕事ができない。これではレイカーズのスタープレイヤーになれる可能性は皆無ですね。ネッツのブルック・ロペスにもやられてましたが、そのロペスですら1stオプションには厳しいと言われ続けてますし。

あとはいつも通りなので省略します(笑)
セガババの最終日はしっかり勝ってほしいです。
[ 2011/02/14 16:57 ] [ 編集 ]
一歩進んで一歩下がる?(とりあえず大目にみて、二歩じゃなくて)これじゃあ進化無しって事ですね(笑)

Mayさんも毎度、毎度同じ事書くのも大変ですね。それなのに、いつも丁寧に書いて下さって感謝、感謝です!もう以下同文でいいですから!なんて同情してしまいます。

レイカースの皆様、タマにはMayさんに違う内容書かせあげて!です。
けど、最近何だか笑っちゃう(パオとバイナムのDは冗談とか、かなりウケました)コメントが多くてとても面白いです、Mayさん的にももう笑うしか無いって事ですかね(笑)

そうフィルがコートの距離感が…と擁護したようなコメントを発したようですが、あまり不満じゃないととってもいいのでしょうかね?それとも得意の皮肉?





[ 2011/02/14 13:57 ] [ 編集 ]
フィッシュ、ブレイクのPG組は100歩譲るにしても、ロン、ルークのフォワード組から点数が期待できないのは、バスケットという競技的に厳しい気がします…あとリバウンドも。
あとは体を張れるインサイドが欲しいです。これはバイナム、ラトリフ、ジョーと補強してきたはずですが…上手くいきませんね。
[ 2011/02/14 13:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。