レイカーズ、クルーズコントロール

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、クルーズコントロール

Final Score

ハイライトがアップされていないので、され次第貼ります。



ゲーム前に、ジョッシュ・パウェルへのチャンピオンシップ・リング授与式がありました。拍手が凄かったです。コービーも、ジョーダンの時とは違い、長々とハグしていました。

1Qは、出足にフィッシャーが3連続でシュートを決め、絶好調でした。ディフェンスでもよく守った上、コービーとフィッシャーが、1つずつスティールをしました。おかげで6-0のスタートを切り、コービーも続き8-0とします。その後、アトランタが得点し始めましたが、レイカーズも順調に得点したので、終盤まで、点差が殆ど変わりませんでした。終盤ベンチが登場すると、ブレイク、ラマー、シャノンが交代で決め、点差を徐々に広げ、28-15の13点リードで、コーターを終了します。

2Qは、序盤に追い上げられ、1Q終盤に一時は15点あったリードが、9点にまで縮まります。フィルが早めにタイムアウトを取った後、シャノンがダンクと3ポイントを連続で決めますが、その後レイカーズは、シュートが決まらなくなった上、ラマーがオフェンシブ・ファウル、パオがターンオーバーと、レイカーズの悪いパターンに入りかけます。レイカーズは、半ばまで、3分以上バスケットがありませんでした。幸いディフェンスが良かったのと、アトランタが雑なプレーで得点できなかったので、点差が殆ど変わりませんでした。半ば過ぎにスターターが戻ると、レイカーズが順調に得点し始めます。ディフェンスも良く、得点を許さなかったので、点差が見る見るうちに広がります。バイナムが、ディフェンスで圧力をかけていたのと、リバウンドを積極的に取りに行くのが目立ちました。アトランタは、半ばから5分近く得点がありませんでした。アトランタのシュートの不調に助けられた面もありましたが、レイカーズのローテーションが効いて、よく守っていました。54-33の21点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、出足に得点を少し詰められ、「3Qに弱いレイカーズ」がちらつきます。そこで、コービーが3ポイントを沈めて、リードを21点に戻します。その後は、点差が殆ど広がることも、縮まることもなく、重苦しいムードで進みますが、終盤、コービー、シャノン、ブレイクのガードトリオが順調に得点し、終了間際には、コービーの3ポイントもあり、点差を広げます。最近課題だった、コーターの閉めのディフェンスでも、残り20秒ちょっとからのアトランタのオフェンスを押さえ、80-54の26点リードで、コーターを終了します。

4Qは、開始直後にシャノンが3ポイントを決め、29点リードにします。始めの4-5分間に、点差を保てば、スターターを休ませられるので、出足の3ポイントが助かりました。特に、その直後にパオが、2回フリースローラインに行き、2回とも1本ずつ外したので、
最初の貯金が大きかったです。半ば前には、キャラクターとイーバンクスが登場し、半ばにはスミスも登場し、事実上、ゲームは序盤で終了していました。

コービーは、20得点、5。シュートは前半2-6の出足だったので、オールスターの疲れが心配されたのですが、後半(3Q)は、3-5で、通して5-11と、持ち直しました。2Q終了間際、アトランタのフリースロー時にベンチに戻ったのですが、その時点で21点もリードしていたのに、ベンチに歩きながら、振り返って、指を指して、さかんにチームメイトに何か指示していました。点差があっても、気を緩めない所がさすがです。

パオは、14得点、10リバウンド、4アシスト、2ブロック。シュートは4-9と、まあまあでしたが、よく脚が動いていました。

バイナムは、5得点、15リバウンド、3ブロック。3ブロック以外にも、シュートの軌道を変えたのがありました。リバウンドに対して、始めからかなり積極的に獲りに行っていました。シュートは1-3と、打った本数が少なかったので、得点はこんなものです。クリーブランド戦でのリバウンドの少なさをかなり批判されたて、「まだタイミングが戻っていない。」とつまらない言い訳をしたために、「復帰してから2ヶ月も経っているのに。」と、更に批判されて、リバウンドに対する姿勢が変わったのかも知れません。センターなので、15得点、5リバウンドは困りますが、5得点、15リバウンドなら、十分です。

ロンは、11得点。シュートは4-7なので、ロンとしては上出来です。リバウンドは1と、相変わらず少ないですが、オフェンスで脚を引っ張らなければ、良しとしないと仕方がないです。だんだん基準が下がって行きます。

フィッシャーは、10得点。シュートは3-3の出足だったのですが、その後は0-4でした。今日はプレーした13名のプレーヤーの中で、唯一ターンオーバーがありませんでした。

ラマーは、9得点、6リバウンド。得点、リバウンド共に地味ですが、シュートが3-4、ミニッツが21分と少なかったので、内容は良かったです。

ブレイクは、6得点、4アシスト、4リバウンド。

シャノンは、15得点。シュートは6-9、3ポイントは2-4。ダンクも2本ありました。

ディフェンスでは、ローテーションがよく効いて、ゴール下では、バイナムの存在感がありました。パオもバイナムに触発されたのか、積極的にブロックに行っていました。リバウンドでも、パオとバイナムが圧倒していました。最終的な数字も、54-32のプラス22と凄いですが、実際にゲームになっていた3Q終了時で、アトランタが全員で23リバウンドなのに対して、パオとバイナムが合わせて24リバウンドと、2人でアトランタよりプラス1でした。リバウンドで圧倒すると、ゲームが楽になることを証明しています。

オフェンスでは、よくボールが動いていました。ロンとバイナムは、暫く自分の得点がないと、少々無理にでもシュートをすることがあるのですが、今日はそれがありませんでした。ターンオーバーが18というのが、少し気になりますが、事実上ゲームが終わっていた4Qに7あったので、まずまずだと思います。

ところで、バーンズのインタビューが、ゲーム前にありました。「来週火曜日(ミネソタ線)が目標だけれど、日曜日(オクラホマシティー戦)に、忍び込もうかと思っている。」と言っていました。復帰が楽しみです。

Ranking 1

2011/02/23 18:20  Lakers | コメント(18)
奈穂美さん、こんにちは。
「レイカー図」は笑えますね。夜遅くまで頑張ってというより、何となくテレビを見ながら書いていて遅くなったんです。

ブログだから気楽にやっていられるので、リポーターは無理だと思いますよ。

私も4Qは、最初はちょっと気にしていましたが、後は気楽に見ていました。今日勝たないと、意味ないですよね。
[ 2011/02/24 11:56 ] [ 編集 ]
国士さん、こんにちは。
度々失礼されます。

な~んて、失礼じゃないですよ。何度でも大歓迎です。

記事にしました。まだ、内容がはっきり分かっていない部分もあるみたいです。レイカーズの噂は聞いていないです。ルークが入っているという所が怪しいですね。私も国士さんと同感、ガセだと思います。と言うより、レイカーファンの妄想でしょうか?
[ 2011/02/24 11:54 ] [ 編集 ]
Venzaさん、こんにちは。
そうなんです。最近コメントの嵐なんです。ありがたいことです。読者の方々に感謝です。

私は、記事もそうなんですが、コメント返信も、直接入力ページに打ち込んでいると、間違ったキーを押して消してしまったり、終わっていないのにアップしてしまったり、PCがフリーズしたり、時々ですが、停電もあるので、ワードに書いて保存して、入力ページに貼ってアップしています。ランチ時やコーヒーブレイク時や、暇な時に、ちょこちょこ書いているので、合計したら時間はかかっているのかもしれませんが、ばらばらに書いているから、そうは感じないです。気分転換にも調度良いし。それに私は、同僚がビックリするくらい、キーボードを打つのが異常に速いです。私がキーボードを打っていると、音で分かるそうです。だから、見た目程、時間はかかっていないです。お気遣いありがとうございます。
[ 2011/02/24 11:52 ] [ 編集 ]
かずさん、こんにちは。
ディフェンスが良いのか、オフェンスが悪いのかは、常に議論の余地があると思います。昨日は、アトランタのオフェンスが悪かった部分はありますが、レイカーズもよく守っていたと思います。

バイナムは、自分の責任が得点よりリバウンドだということが、頭では分かっていても、実行できない部分があったのだと思います。やっぱり得点は華やかですから。それが得点は少なくても批判されないけれど、リバウンドが少ないと、「レイカーズのスモールマン」なんて言われて、目茶目茶叩かれるので、本当の意味で分かってきたのでは?
[ 2011/02/24 11:51 ] [ 編集 ]
国士さん、こんにちは。
ビッグマンが、ボックスアウトしてジャンプしてリバウンドを取ってくれるのは、当たり前なので、ファンに感激されているのでは、困るのですが。それだけ基準が下がっていることですよね。

コービーのフレイグラントは、きっと取り消しになると思います。審判もリプレイを見て、しまったと思ったのでは?

ビッグマンが手薄ですよね。ラトリフは当てにならないし。マーフィーでも誰でもいいので、もう一人欲しいです。
[ 2011/02/24 11:50 ] [ 編集 ]
しゅうさん、こんにちは。
特にディフェンシブ・リバウンドが大事です。相手のオフェンスを1回に限らないと。負ける時は、相手のプットバックが多いです。

スタートは良いですが、尻つぼみにならないでもらいたいです。おっしゃる通り、ああやってプレーしたら、怖いものないんですが。
[ 2011/02/24 11:49 ] [ 編集 ]
okaさん、こんにちは。
よくパスが周っていたのもあるのですが、パスが周っても決めないいけないですよね?アシストが少ないと、パスが周っていない印象を受けますが、最近のレイカーズは、確かにそれもありますが、パスしても決められないからアシストが少ないという部分もありました。昨日は、みんな良く決めました。

ファイナルのホームコートアドバンテージは機微しいと思います。その為には、ボストンが負けないといけないですよね。ただ、ボストンは、終盤になったら、負けてもベテランを休ませると思うので、不可能ではないと思います。
[ 2011/02/24 11:48 ] [ 編集 ]
すぐるさん、こんにちは。
おっしゃる通り、アトランタは本格的なセンターがいないので、その辺りを差し引かないといけないですが、パオとバイナム、特にバイナムは、リバウンドを獲りに行く意気込みが違っていました。これを続けて欲しいです。

スパーズは無理ですが、ダラスは追い越したいですね。ユタとデンバーのトレードがあったので、7位、8位と一回戦で対戦する1位、2位にとっては、かなり楽だと思います。
[ 2011/02/24 11:48 ] [ 編集 ]
abqsukeさん、こんにちは。
休養だっぷりで、ホームなので、当たり前と言えば当たり前ですが、意欲が感じられました。

ロンとフィッシュは、あの程度で十分です。贅沢は言いません。パオとバイナムは、自分でドリブルして行く訳にはいかないので、シュートの本数が少ないのは、ある程度仕方がないですが、手を上げてボールを要求するくらいはして欲しいですね。シャノンがこの調子なら楽です。

おっしゃる通り、これを維持しないといけないです。
[ 2011/02/24 11:47 ] [ 編集 ]
快勝!!
Mayさん、記事のアップ、お疲れ様です。私もこのゲームの記事を書いていたのですが、もう書き出しからかなりの睡魔と闘っていて、気が付いたらカウチで爆睡(笑。朝起きて自分の書いていたものを見たら、もうワケ分からん文章のオンパレードで、「レイカー図が3P」とか、もう少しでとんでもない記事になるところでした。

Mayさん、夜遅くまで、頑張って仕上げられたのでしょうね…。それは、まさに「愛」です。

Mayさんには、現場レポーターになっていただきたいです。英語も日本語もバッチリだし。どこかのメディアでこのブログ読んでる方、いらっしゃらないかしら。

昨日のゲームは、もう4Qはあまり着合い入れて見てませんでしたが、バイナムのブロックはすごかったですね!その調子で、今日のポートランド戦もGO!です。
[ 2011/02/24 06:34 ] [ 編集 ]
度々失礼します。Mayさんが記事にしてくれるかと思いますが、デロンがトレードされました。

→NJN デロン
→UTHA ハリス フェイバース 指命権2つ(NJNの プロテクト等の条件あり)
これを受けて、ダラスとレイカーズがユタにハリスを問い合わせの模様。オファーはブレイク、2014?指命権を中心(なぜかルークも入っているという、信じがたいソースも見ましたが、多分ガセだと考えます)
[ 2011/02/24 03:35 ] [ 編集 ]
こんにちは。最近コメントの数が増えてませんか?好きなLALの事とはいえレスも大変ですね。記事と合わせるとかなりの時間が必要だと思います。
以前はこんな素晴らしい情報源とLALについて語り合えるブログは存在しなかったので、非常に感謝しています。
[ 2011/02/24 01:55 ] [ 編集 ]
みんなが満遍なく点数を取ったようなので、後半戦いいスタートをきりましたね。
スコアを見たときにホークスの調子が悪かったのかレイカーズのディフェンスが良かったのか気になりましたが、Mayさんの解説を見るとディフェンスが良かったようですね。
バイナムはディフェンス&リバウンドでかなり貢献してくれました。
シュートの調子が悪くても最初から全力でプレイしたら、みんならから評価されることに気が付いたんでしょうか?
このまま勢いにのってほしいです!!!
[ 2011/02/24 00:35 ] [ 編集 ]
批判の矢面組が、ディフェンスで気迫を見せてくれました。ロンロンがフィジカルに守ってくれると頼もしいです。ビックマンがブロックに飛び、ボックスアウトしてジャンプしてリバウンドを取ってくれて感動しました。

気になったところがあっのですが、3Qのコービーのフレグラントファールって、適切なジャッジなんですか?見方によってはクリーンブロックだし、見方によっては上から行っているのでシューティングファールなのかも…と思いますが、フレグラントは違うだろう(怒)と思ったのですが。

ボストン(他マイアミ、ダラス、オーランド)が、GSWにトレードされてバイアウトの可能性があるマーフィー獲得を伺ってるらしいですね。マーフィーなら、リバウンドは信頼できるのでレイカーズも検討して欲しいです。使える控えビックマンが後1人いると、今日のような試合だったら後数分ガソルを休ませれたなぁ…と思って見てました。
[ 2011/02/24 00:24 ] [ 編集 ]
リバウンドを制する者はゲームを制すといいますが、リバウンドを取れるとゲームをコントロールできますね。
ラマ―、ガソル、バイナムがフロントラインのレイカーズは、リバウンドでは絶対に負けてはいけないと思います。

まだ1試合なのでなんとも言えないでしょうが、後半戦いいスタートしましたね。
トレード話を吹き飛ばすような。
明日は最近調子のいいポートランドなので、今日のようにゲームを運んでほしいです。
こういうゲーム運びなら3月頭にあるサンアントニオ、ダラス、マイアミ、オーランドにも勝てるでしょうね!
[ 2011/02/23 23:27 ] [ 編集 ]
いい滑り出ししましたね。
得点バランスがいいですね。
良くパスが回ったんでしょうか?
今季はこのボロ勝ちした後が心配なんで次を見てみてからですね。
今からファイナルのホームコートアドバンテージ取れますかね?
[ 2011/02/23 21:54 ] [ 編集 ]
後半最初の試合、いい滑り出しで何よりです!!

バイナム、ガソルが積極的にリバウンドを取りに行き、コービーが3リバウンドなので、コービーとしても「やっとオレがとらなくても済む」といったところでしょうか。(相手が高さのないアトランタなのでまだ何とも言えないですが)
スパーズに追い付くのは無理ですが、これから調子を上げてファイナルでホームコートアドバンテージがとれるよう頑張ってほしいです。
[ 2011/02/23 21:40 ] [ 編集 ]
いやー良かった良かった。これに負けていたらアーテスト、バイナムは確実に批判されミッチは立場が、危なかったでしょうから。
DFがよく機能していて、リバウンドもしっかり取れていたので今日に関しては満足です。やる気でできることでこんなに試合結果が変わるものなんですね。

あと今日はたまたまロンとフィッシュがまずまずだったので、まだ良かったですが、パオかバイナムにもう少し攻めてほしいです。あとシャノンにはぜひこの調子を維持してほしい。

ただ今回の勝ちで得意の気を緩めるということをしそうで心配ですが、やればできるのだからしっかりやってほしいですね。
[ 2011/02/23 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。