レイカーズ、ダラスに迫る

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、ダラスに迫る

Final Score

ハイライトは、まだアップされていないので、され次第貼ります。



1Qは、お互いディフェンスが良いのか、オフェンスが悪いのか、なかなか得点できません。お互い得点し始めても、ダラスのノビツキーがよく外してくれたので、レイカーズが徐々にリードを広げます。レイカーズは良く守るのですが、又も、オフェンシブ・リバウンドを次々と許し、セカンドチャンス・ポイントを与えるので、引き離すことができません。半ば過ぎには同点にされ、その後逆転を繰り返しますが、終了間際にラマーがバスケットを決め1点リードとし、残り16秒ちょっとからの、ダラスのオフェンスを押さえ、22-21の1点リードで、コーターを終了します。

2Qは、序盤に得点し合いますが、レイカーズがリードし始めたと思ったら、ラマーがトランジションでノビツキーに走り負けて、又々オフェンシブ・リバウンドからのプットバックを許し、同点に追いつかれます。ラマーは前半を終えて、リバウンドがゼロでした。コーター始めから登場したバーンズは、リバウンドを積極的に獲りに行っていました。オフェンシブ・リバウンドでは、バーンズだけが獲りに行って、ラマーやバイナムは、画面にも映ってもいないこともありました。半ば過ぎまでは、一進一退でしたが、終盤レイカーズが続けて決め、ディフェンスでもよく守って、点差を広げ始めますが、バイナムが2回ファウルされたのに、フリースロー4本を全部外し、突き放せませんでした。それでも、残り3分を切った所では、9点リードにし、その後も常に7-9点のリードを保ちますが、又もや終了間際に、オフェンシブ・リバウンドを許し、50-44の6点リードで、ハーフタイムへ。

前半、ダラスに10オフェンシブ・リバウンドを許し、そこから12点を与えました。リバウンド全体でも、25-22のマイナス3でした。バイナムは前半を終えて、7リバウンド、パオは、3リバウンド、ラマーは10分プレーして、リバウンド無しでした。ハーフタイムのフィルの支持は、「オフェンシブ・リバウンドを与えるな。」と、「フリースローを決めろ。」だったそうです。

3Qは、前半シュートが決まらなかったノビツキーが決め始めます。レイカーズは、パオとバイナムが、よく決めます。点差を殆ど変わらないまま進みますが、終盤、レイカーズのシュートが決まらなくなり、2点差にまで迫られます。そして、コービーが、左足首を捻り、ベンチに下がり、ローッカールームに引き上げます。嫌なムードになって来ましたが、ここで、ファンやメディアから最近集中砲火を浴びていたブレイクが3ポイントを決めると、ここまで得点でもリバウンドでもさっぱりだったラマーが続き、再度ブレイクが3ポイントを決め、10点リードにまでします。ところが、残り7秒ちょっとからのダラスのオフェンスで、マリオンが自分が外したシュートを、又々々オフェンシブ・リバウンドし得点し、73-65の8点リードで、コーターを終了します。

4Qは、最初の2分で、レイカーズが早くも4つファウルをします。みんな、ゴールから離れているか、シュートには関係ないつまらないファウルでした。それ以外は、序盤によくパスが回り、シャノンとバイナムが良く決めます。今日はシュートが不調だったラマーが、この2人に良いパスを出していました。ディフェンスでは、テリーとカーディナルに3ポイントを決められますが、それ以外はよく守っていました。半ばにスターターが戻った時に、コービーも何事も無かったかの様に、戻りました。半ば過ぎに5点差にまで詰められた所で、パオがファウルを獲りますが、フリースローを1本外します。その後、フリースローがここまで0-4のバイナムが、ファウルされフリースローラインに行きます。バイナムは、2本共、リングに当てますが、何とか決めます。これで、約3分半を残して、8点リードとしますが、その後、ノビツキーが全く止められなくなります。コービーも、不フェイダウェイを決め、かろうじてリードを保ち、残り1分を切った所で、コービーが外したシュートをロンがオフェンシブ・リバウンドからレイアップを決め、6点リードとし、ゲームを決めたと思われました。ところが、その直後にテリーに決められると、ここまで1本もシュートを決めていないフィッシャーが、レイアップに行って、又もや外します。そして、リバウンドに有利なポジションにいながら、パオがボールを手に当てているのに掴めないで、マリオンにトランジションでダンクを決められ、2点差にされます。その後、パオがファウルされますが、決めたら4点差で、ゲームは決まりの場面で、又もやフリースローを1本外します。そこからしっかり守り、リバウンドを獲りますが、ここまでフリースローが2-7のバイナムが、ファウルされます。嫌な感じだったのですが、1本決めたらゲームは終わりの場面で、2本きっちと沈め、ゲームを決めました。

コービーは、16得点。シュートは6-20と悪いですが、空中で背中を押されたり、胸を押されたり、肘を叩かれたり、手所が二の腕を叩かれているのに、ファウルにならなかったのがあったので、数字程内容は悪くないです。足首の捻挫の後、4Qには全く普段通りにプレーしていましたが、ゲーム後、ロッカールームに戻る際には、身体が左右に揺れて、びっこを引いているのが分りました。コービーによると、「今までした捻挫の中で、一番酷い。骨折したかと思った。」とのことです。月曜日にプレーするかは、未定です。

パオは、18得点、5リバウンド。2ゲーム続けてリバウンドが少ないです。リバウンドは、五分五分のポジションだと、間違いなく負けます。6分4分くらいで有利でも負けます。シュートは6-14なので、良くも無いですが、それ程悪くもないです。フリースローは、3Qまでは4-5だったのに、4Qは2-4でした。昨シーズン中、コービーが、指の骨折後、フリースローをよく外したゲームがありました。コービーが、ゲーム終盤に、フリースローラインに行った時、解説者が、「コービーが、どんなにフリースローを外していても、クラッチにフリスローラインに行ったら、外す気がしない。例え、そこまで全部外していても、クラッチなら、外す気がしない。」と言ったことがありました。それを聞いて、私も、その通りだと思いました。私は、パオは反対に、全部決めていても、クラッチには決める気がしないです。

バイナムは、22得点、15リバウンド。リバウンドは、後半に帳尻を合わせたのではなく、満遍なく獲りました。オフェンスでは、自分の身体の幅を上手く使ってスペースを作ってダンクしたり、パスを受けられる位置によく動いたりしていました。フリースローは、3Qまで0-5と、プロとは思えない数字でしたが、肝心の4Qは4-4と決めてくれました。

ロンは、12得点、8リバウンド。シュートは5-8、3ポイントは2-2と絶好調でした。無理なランニングショットや、フェイダウェイがなく、打つべきシュートを打って、決めていました。SFなのに、PGのキッドにレイアップをブロックされたのは、いただけなかったですが、無理にペイントにごり押しして、ボールを失う場面がありませんでした。

フィッシャーは、無得点、1アシスト。シュートは0-6でした。がら空きなのに、リングにも当たらない3ポイントを打ったり、打った瞬間外れると分るのばかりでした。

ラマーは、8得点、3リバウンド。シュートが4-11も酷いですが、リバウンドはどうなっているのでしょうか?

ブレイクは、9得点、5アシスト。シュートは3-7、3ポイントは3-5ですが、外した3ポイント1本は、コーター終了間際にバックコートから放ったものなので、事実上は、3-6、3ポイントが3-4と言っても良いです。リポーターが、「レイカーとしては、最高のゲーム。」と言っていましいた。確かに良いことは良いのですが、今の時期になって、この程度で最高では、給料分働いていないです。これを気に、続けて欲しいです。

シャノンは、8得点、4アシスト。シュートは3-4とよく決まりました。

バーンズは、3得点、4リバウンド。数字は地味ですが、シュートは1-1です。リバウンドは、数字になっていないですが、オフェンシブ・リバウンドを獲りに行って、ダラスのファウルを誘うプレーもありました。

ディフェンスは、リバウンドでは、48-45のマイナス3と、又負けました。オフェンシブ・リバウンドも、15も獲られました。バイナムは、15リバウンドも獲っているので、自ずと誰の責任か、分ると思います。

リバウンド以外は、よくやりました。特に、3ポイントのディフェンスが良く、ノビツキーは0-2、キッドは1-4、テリーは1-5でした。ゲーム前のフィルのインタビューでは、「ダラスのベンチ、特にテリーを抑えるのがポイント」ということでしたが、テリーは、13得点と平均の16点ちょっとより少し低かっただけでなく、シュートを6-16と、低率に抑えました。

ゴールの近くでは、ファウルをしないで守りました。4Qには、開始早々4つ目のファウルに達してしまいましたが、結局5つ目のファウルをしたのは、ダラスが先でした。

オフェンスでは、ボールがよく周って、ビッグマンを使っていました。ベンチは、ラマーは悪かったですが、全体で28得点なので、最近にはなく、貢献しました。ベンチがこのくらい得点してくれると、楽です。

これで、レイカーズは、負け数で、ダラスに1差に迫りました。


Ranking 1

2011/03/13 16:34  Lakers | コメント(14)
かずさん、こんにちは。
ご無事で何よりです。ご結婚おめでとうございます。

ディフェンスは良かったです。特に、ノビツキーとテリーを抑えたのと、キッドに得点させなかったのが大きかったです。ノビツキーは、ゲーム終盤にちょっとやられましたが、遅かったです。頭を抑えたら、後は楽です。バイナムには、ハワードを圧倒して欲しいです。
[ 2011/03/14 11:43 ] [ 編集 ]
しゅうさん、こんにちは。
本人も、シューズンが終わったと思ったみたいです。ベンチは、特にコービーがいないから奮闘しようと思ったわけではないみたいです。ブレイクが、「コービーはタフだから、戻ってくると思った。」と言っていました。

身体がでかくて、ミニッツの少ないヘイウッドにやられるのは仕方が無いとしても、年齢は上で、背は低いマリオンにやられるのは、情けないです。
[ 2011/03/14 11:42 ] [ 編集 ]
オカさん、こんにちは。
ロンは、シュートセレクションが良かったら、上手く行きます。

ご友人がご無事で良かったです。原発は心配ですね。
[ 2011/03/14 11:40 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
これから先、特に今月は楽なので助かりますよね。
[ 2011/03/14 11:35 ] [ 編集 ]
TAKAさん、こんにちは。
オフェンシブ・リバウンドを獲られたのは、殆どがリングの側で、競い負けてです。若いプレーやーや、ベンチでミニッツの少ないプレーヤーに、ハッスルで負けるのはある程度仕方が無いですが、レイカーズのビッグマンと比べて、背も低くて、年齢も上で、スターターでミニッツが多いメリオンに負けるのは、情けないです。ラマーがノビツキーに走り負けるのも、納得いかないです。

コービーは、無理して長引いて欲しくないですね。
[ 2011/03/14 11:31 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます、連絡遅くなってすみません。
私の勤務地は神奈川のため地震で電車が止まり、会社に泊まらないといけませんでしたが、元気です。
東北地方は依然として大変なようです、みなさん大丈夫でしょうか?

私事ですが、昨日結婚しました。
(元々の予定で、まさかこんな事態になるとは思いませんでした...)
新居に引っ越して、インターネットに接続できるようになるまでに時間がかかり書き込みできませんでした。

さて本題ですが、レイカーズ勝ちましたね!ビックマンの2/3がある程度サボっても強豪チームに勝てるというのはディフェンスが良いからでしょうか?
今シーズン連敗が多いので心配でしたが一安心です。
次のマジック戦でバイナムの真価が問われると思います。ハワードに勝くらい活躍してほしいです。
[ 2011/03/13 23:47 ] [ 編集 ]
コービーが倒れた時はかなり焦りました…。
かなり捻っていたのでプレイオフまで出れないとなるとまずいなと思いましたが、その後動けていたようなので、数試合の休みくらいですみそうでしょうか。
コービーがロッカーへ戻ったあと、ベンチメンバーが奮起してくれたのは良かったと思います。
逆にいえば、普段からやればこれくらい活躍できるということなんですが…。
テリーやノビツキーに3Pを決めさせなかったのが、相手をリズムに乗らせない要員でしたね。
マリオンとヘイウッドの2人だけでOFリバウンド12本も取られたのはとても残念です。

幸いホーム7連戦なので、コービーはLAで集中的に治療できるでしょうし日程が楽で助かりました。
[ 2011/03/13 23:23 ] [ 編集 ]
マーべリックス戦、厳しい戦いでしたが、勝ててよかったです。最近ロンの調子が良い、というよりミスが少なくなっているので、彼には今の調子を維持してもらいたいです。

心配していた友人たちとも連絡がとれ、ひとまず安心できました。ただ、原発の問題や余震などまだ心配なこともあるので注意していきたいです。

Mayさんのブログ、これからもレイカーズやNBAの話題について楽しみにしています。次のマジック戦も注目していきたいです。
[ 2011/03/13 21:42 ] [ 編集 ]
これからホームが続くので、コービーの体への負担もかなり和らげると思います。
地獄の日程も終わりましたし、なんかホッとしますね。
[ 2011/03/13 21:27 ] [ 編集 ]
なんかいろいろありましたがとりあえず連敗だけは避けれて良かったです。
相手の2桁得点選手を3人に抑えたのは大きかったと思います。テリーは確率悪いですし。
ただリバウンドはどうしたんでしょう?多少長いボールならともかく短いやつだとそこからすぐに失点に繋がりますよね。
オドムの持ち味は万能性もさることながら、あのリバウンド力だと思うのですが。パオは7フィートあるくせに論外ですが。

コービーは無理しても出場するようなプレイヤーですが、今回限りは休養とってほしいです。
HCAは大事ですがそのために怪我が悪化したのでは本末転倒です。
[ 2011/03/13 19:17 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
九州は、地震がなくて良いですよね。その代わり、台風がありますが。

実は、アメリカも、今、ニュージャージーで水害とか、オクラホマで山火事があるのですが、日本のニュースで忙しくて、それ所ではないです。リポーターも、みんな日本に行っているし。
[ 2011/03/13 18:41 ] [ 編集 ]
新参者さん、こんにちは。
いつものことなのですが、リバウンドを獲りに行かないで、待っているから、負けるのだと思います。

コービーは心配ですが、暫く日程が楽なので、オーランド戦は頑張ってもらって、ミネソタは休んでも良いと思います。
[ 2011/03/13 18:38 ] [ 編集 ]
Mayさん、お久しぶりです。こんにちは。
僕は九州在住なので津波の影響はありませんでしたが、
ここ数日は大地震と大津波の報道に愕然としてしまい、
恐怖や深い悲しみのなか、放送を見守り続けていました。

今日ようやく、マイアミ戦やダラス戦の結果を見ること
ができました。マイアミ戦は残念でしたが、ダラスには
勝てホッとしました。次のオーランド戦もホームで勝利
してほしいですね。
[ 2011/03/13 17:51 ] [ 編集 ]
パウは何なんですかね?いくら所詮はレギュラーシーズンの1試合とはいえ、終盤のこの時期のマイアミ~ダラス戦なんて本来なら必死にプレーしてしかるべき相手に手抜きとも思えるプレーばかりするなんて。

まだバイナムが、どうせフィルやコービーに怒られたからなんだろうけど奮闘してたんで救われましたが。

コービーの捻挫は瞬間焦りましたが、4Qは出て来たんで大丈夫だろうとタカをくくってたら、またしても結構重傷なんですね・・・。彼の場合、他の選手と違い限界を超えてもプレーするんで判断が難しいですが、何か本格的に3連覇に黄信号が灯って来ました。
[ 2011/03/13 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。