[NCAA] NBAの家族プレーヤー

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

[NCAA] NBAの家族プレーヤー

引き続き、NCAAの話題を。

今年は、例年になく、NBA関係者の息子又は弟プレヤーが、多い様な気がします。結果のニュースを見ていると、「○○の息子(弟)のXXが・・・」と、NBAファンなら誰でも知っている、名前が聞かれることが、頻繁にありました。そこで、有名NBA関係者の家族を、まとめてみました。

まずは、父子から。

オウスティン・ホリンズ(左/ミネソタ/1年/ガード)は、メンフィスのヘッドコーチ、ライオネル・ホリンズ(右/アリゾナ・ステート出身)の息子です。ミネソタは、トーナメントに出場できませんでした。ミネソタのチームメイト、ラルフ・サンプソン三世も、元NBAプレーヤー、ラルフ・サンプソンの息子です。

Hollins FS


ジェレマイア・リバース(左/インディアナ/4年/ガード)は、ボストンのヘッドコーチ、ドク・リバース(右/マーケット出身)の息子です。インディアナは、トーナメントに出場できませんでした。

Rivers FS


デイビッド・ストックトン(左/ゴンザガ/1年/ガード)と、ユタでプレーした殿堂入り名PGジョン・ストックトン(右/ゴンザガ出身)の息子です。ここは、父子で同じ大学です。

Stockton FS


共にセントラル・フロリダの、ジェフ(左/4年/ガード)とマーカス(右/2年/ガード)のジョーダン兄弟。父親は、明記の必要がない神様です。

J.M. Jordan


父子と兄弟が混じりますが、

ミシガンの、ジョン・ホーフォード(左/1年/フォワード)、ティム・ハーダウェイ・Jr.(中央/1年/ガード)、ジョーダン・デュマス(右/2年/ガード)は、それぞれ、

Horford, Hardaway, Dumas


アトランタのアル・ホーフォード(左/フロリダ出身)の弟、主にゴールデンステートとマイアミでプレーした元NBAプレーヤー、ティム・ハーダウェイ(中央/テキサス大エルパソ校出身)の息子、デトロイトのGMジョー・デュマス(右/マクニィーズ・ステート出身)の息子です。

Horford, Hardaway, Dumas Sr.


そして兄弟です。

セス・カーリー(左/デューク/2年/ガード)は、ゴールデンステートのステファン・カーリー(右/デイビッドソン出身)の弟です。2人の父親も、元NBAでシューターとして知られた、デル・カーリーです。

Curry Bros


ベン・ハンズブロウ(左/ノートルデイム/4年/ガード)は、インディアナのタイラー・ハンズブロウ(右/ノースカロライナ出身)の弟です。

Hansbrough Bros


クリス・スミス(左/ルイビル/3年/ガード)は、デンバーのJ.R.スミス(右/高卒)の弟です。

Smith Bros


番外編

アイゼア・トーマス(ワシントン/2年/ガード)



「この」アイゼア・トーマスは、「あの」アイゼア・トーマスとは、血縁関係にありません。但し、両親が命名した由来は、「あの」アイゼア・トーマスだそうです。


Ranking 1

2011/03/18 16:26  番外編 NCAA | コメント(6)
奈穂美さん、こんにちは。
弟や息子だと、大体解説者が言いますよね。JRの弟も似ていないですが、ホーフォード兄弟も似ていないですよね。今年は、ESPNで結果を聞いているだけでも、「○○の息子(弟)」というのが多かったので、かなり前から、名前を書き止めておいたんです。ストックトンは、よく観客席にいるのが、映りました。

ダンリービーは知りませんでした。弟は知らないですが、お兄ちゃんとパパは、そっくりですよね。

ステファンの方ですよね。今でも殆ど変わらないですよ。
[ 2011/03/19 10:47 ] [ 編集 ]
カンエイさん、こんにちは。
コービーの様に、1世は大成しなかったのに、2世は大成した所の騒ぎではない人もいますよ。親子揃って一流になる程、プロは甘くないということだと思います。NFLには、父親と息子2人が、一流という家族もいますが。

ジョーダン兄弟は、残念ながら、アマチュア止まりでしょうね。ストックトンはまだ分らないですが。

今の所、この中で、今年のドラフトで、名前が挙がっている人は、いないです。でも、トーナメント次第では分らないです。ユタのルーキー、ゴ-ドン・ヘイワードは、トーナメント終盤まで、本人自身が、NBAなんて考えてもいなかったそうです。フィッシャーも、卒業して会計士になるつもりだったそうです。
[ 2011/03/19 10:47 ] [ 編集 ]
TAKAさん、こんにちは。
ジョーダン兄弟は、ロードで「お前はマイケルじゃない」と野次られて、大変みたいです。セス・カーリーは、結構良いみたいですよ。
[ 2011/03/19 10:44 ] [ 編集 ]
こんなにたくさん!
Mayさん、こんにちわー。

J.R.スミスの弟君は、このマーチ・マッドネスが始まる前のゲームを観てた時に、解説者が「ナゲッツの、J.R.の弟」と紹介してた(でも、言われなかったら、絶対に分からなかったと思います。スミスなんて名字は鬼のように居るし、顔も全く似てない!)ので知ってたんですが、ほぉー、こんなに沢山居るんですね!

2月に、USCのゲームに行ったんですが、マイク・ダンレービーの息子(弟の方です。お兄ちゃんは、ペイサーズでプレーしているそうですね…知らなかった)が選手の1人でした。でも、当日は活躍の場も無く…。パパやお兄ちゃんのように、NBA入りは難しいかも…。

カリーと言えば、小さい時のカリーが、お父さんとシュート練習している所を、未来から来た少年が話しかけるって言うNBAのCMに出てますね。可愛いです。
[ 2011/03/19 05:53 ] [ 編集 ]
よく、2世は大成しないと聞きます。父親の名前が重いでしょうが、彼らには頑張ってNBAを盛り上げる存在になってほしいです。

それにしても、楽しみな面子ですね。特にジョーダン兄弟にはどうしても期待と興味をもってしまいます。やはり、神の子は神何でしょうか?

ストックトンの子供も気になります。父親の悲願を叶える存在となりえるのか。

まだ気が早いですが、いつか彼らでファイナルを・・と期待してしまいます。
個人的には、アイザイア・トーマスが気になります。1番最初にファンになったのがアイザイアだったので(たぶん)。
コービーの様に、父親を超えて、NBAを背負うヒーローが生まれてくることを望みます。

彼らも次のドラフト候補なのでしょうか?
[ 2011/03/19 05:36 ] [ 編集 ]
こんなに偉大な人が周りにいたら独特のプレッシャーがありそうですね。
特にジョーダンはバスケをほとんど知らない人でも知っているような超スーパースターですからね。
この中からどれだけNBAプレイヤーが生まれるのか楽しみです。
[ 2011/03/18 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。