レイカーズ、トリプルオーバータイムを制す

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、トリプルオーバータイムを制す

Final Score



1Qは、昨日見たゲームの様な感じがして、よく憶えていません。とにかく、お互いディフェンスが存在しなくて、打ち合いでした。31-27の4点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、ベンチが序盤に追い上げ、1点差にまで詰めますが、その後ルークとバーンズが続けて3ポイントを外すと、ディフェンスでは、全く戻れずに、ファーストブレイク・ポイントを続けて与え、8点ビハインドにされます。その後少し追い上げ、半ばにスターターが戻った時には、5点ビハインドになっていました。スターターが戻ると、パオとフィッシャーが2連続で、ナッシュからスティールを奪い、楽々逆転に成功します。終盤に一時同点にされますが、この後コービーがまずフェイダウェイを決めた後、続けてファウルを取りフリースローを決め、6連続得点し、66-60の6点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、出足から、ラマーとコービーが、着々と得点を重ね、ディフェンスではよく守り、序盤で14点リードにまで持ち込みます。その後も、レイカーズは、殆ど毎回得点している状態で、ディフェンスではよく守り、半ば過ぎには21点リードにまでなります。この直後にナッシュに3ポイントを決められると、3Q後半に入って、これだけ大量得点差だというのに、ここまでシュートを全部外しているフィッシャーが、解説者が「時間を使え」と言った途端、まだ17-18秒残っているのに、3ポイントを打って、外します。ここから、ナッシュに合計3連続になる、3ポイントを2連続で決められ、点差を縮められますが、バーンズが、よく動いてバスケットにカットし、レイアップを決め、16点差に戻します。ところが、ここからが悪かったです。ディフェンスでは、フライにレイアップ、ゴタットにレイアップとダンクを連続で楽々と決められると、オフェンスでは、ロンが2連続で、ジャンプシュートを外します。終盤には、フライに3ポイントを決められ、点差を一桁にされ、95-86の9点リードで、コーターを終了します。

4Qは、出足に、ラマーがジャンプシュートを決め、点差を再び二桁に戻し、良いスタートを切りますが、その後、次々と得点を許し、オフェンスでは、PFでプレーしているルークが、何故かここまでシュートが10-12と大当たりのラマーを差し置いて、序盤の数分だけで3本もシュートを放って、全部外します。これであっという間に、1点差まで追い上げられると、一旦シャノンのフリースローと、バーンズのダンクで離したものの、半ば前には同点に追いつかれます。ここで、コービーとパオが戻ると、今日当たっている、ラマーとコービーの活躍で、点差を広げ始めます。終盤には、ナッシュの3ポイントもあり、追い上げられますが、残り1分ちょっとで、コービーが決め、6点リードとし、ゲームを決めたかと思われました。ところが、フライに3ポイントを決められ3点差に詰められると、ここまでシュートが゙1本も決まっていないフィッシャーが、又外します。そして、フィニックスが、残り31秒ちょっとからのオフェンスで、カーターが外したのに、ヒルにオフェンシブ・リバウンドを獲られ、ボールが周り周って、コーナーのヒルに戻ると、ヒルが3ポイントを沈め、追いつかれます。112-112の同点で、オーバータイムへ。

オーバータイムは、先に得点し、その後一旦逆転を許しますが、再逆転し、僅差ながらリードを保ち、残り8秒ちょっとで、両方決めたら3点リードというフリスローを、ここまで無得点のフィッシャーが決め、3点リードとします。ところがそこからが、最悪でした。まず、フライが3ポイントを外したのに、又もやオフェンシブ・リバウンドを獲られます。ここで、リバウンドを獲ったナッシュが、後ろ向きだった時点で、フィッシャーが故意のファウルをすれば良いものを、何故かしません。体勢を崩したナッシュからフライにパスが行き、フライがこれも、完全にバスケットに背を向けていたので、ガードしていたラマーが、ファウルをすれば良いものを、何故かしないで、フライが振り返って、バスケットの方向を向いた時に、後ろから掴み、3フリースローのファウルを犯します。ボーンヘッドとしか、言いようがないです。ここで、フライが3本のフリースローを全部決め、121-121の同点で、ダブルオーバータイムへ。

ダブルオーバータイムは、出足にフィニックスに先行されますが、その後ディフェンスが良く、残り2分ちょっとまで、フィニックスに得点を与えませんでした。オフェンスではパオとコービーが得点し、逆転すると、僅差のリードを保ちます。ところが、残り1分を切った所で、フライに3ポイントを決められ、2点ビハインドにされます。厳しいかなと思ったのですが、残り2秒ちょっとで、パオがファウルをされると、2本のフリースローをきちんと決め、同点に追いつき、130-130の同点で、トリプルオーバータイムへ。

トリプルオーバータイムは、又もやフィニックスに先行され、その後は全く得点できませんが、フィニックスにも得点を与えなかったので、2点ビハインドのままで進みました。両チーム共、かなり疲れが出てきて、オフェンスでは、ボールを持っていないプレーヤーは、棒立ちの状態でした。残り2分ちょっとで、コービーが3ポイントを決め逆転すると、直後のディフェンスで、ロンがスティールからダンクを決めます。その後もしっかり守り、オフェンスでロンがボールを持ち、他のプレーヤーが身動きしない状態の中、時計がカウントダウンして行きます。「これはまずい」と思った瞬間、ロンがドリブルし、エルボーからのジャンプシュートを決め、1分ちょっとを残して、5点リードに持ち込みます。これで行けるかと思ったのですが、その直後に、殆ど時間を使わないで、フライに3ポイントを決められます。パオとラマーが、スイッチするのかしないのか、中途半端なディフェンスでした。オーバータイムのフライの3ポイントは、全部オープンでした。これで2点差に迫られ、次のオフェンスでコービーが外したのですが、ディフェンスでしっかり守ると、コービーがフローターを決めて、4点リードとし、最後はカーターにバスケットを決められたものの、逃げ切りました。

コービーは、42得点、12リバウンド、9アシスト。シュートは15-31と悪くないですが、オーバータイムにガス欠でシュートが決まらなくて下がったので、4Q終了時には、12-21とかなり良かったです。捻挫は大分良くなって来ているみたいです。

パオは、24得点、13リバウンド、2ブロック。シュートは9-25ですが、オフェンシブリバウンドからのティップショットを外したのが何本かあるので、悪いことは悪いですが、数字程悪くないです。それよりも、55分のプレーで、コービーより1本多いだけの、13リバウンドは少な過ぎます。13リバウンドと言っても、4Q終了時では、9リバウンドでした。

ラマーは、29得点、16リバウンド、5アシスト。シュートは13-22と、これでも良いですが、コービー同様、オーバータイムに決まらなくなって下がったので、4Q終了時までは、12-14という驚異的な確率でした。最初のオーバータイム終了間際のボーンヘッドがあったので、負けていたら、帳消しでした。ああいう判断の悪いプレーだけは、止めてもらいたいです。元カレッジのHCとして有名な、ボビー・ナイトの名言に、「Dumb loses more games than smart wins.」というのがあります。「頭の良いのが勝つゲームより、馬鹿が負けるゲームの方が多い。」つまり、「頭が良いことが原因で勝つより、馬鹿なことが原因で負けることの方が多い。」という意味です。今日は、もう少しでそうなる所でした。

ロンは、18得点、5リバウンド、3スティール。シュートは7-14、3ポイントは3-5と好調でした。ゲーム後のインタビューでは、「貢献はするけれど、やり過ぎないようにした。」と言っていました。ロンがやり過ぎると、ろくなことは無いので、そういう気持でやり続けて欲しいです。いつものことですが、SFで48分プレーして、5リバウンドは物足りないです。マッチアップしていた38歳のヒルが、44分プレーで、10リバウンドを獲っています。

フィッシャーは、2得点、4スティール。ディフェンスではよくやっているのですが、シュートは0-7と、酷いです。せめて7本打ったら2本くらいは決めて欲しいです。

ブレイクは、6得点、4アシスト。シュートは2-4で、アシストが多かったので、オフェンスはまずまずですが、ディフェンスでは、ブルックスに全く付いて行かれませんでした。

シャノンは、2得点。シュートは0-3と、打った本数が少なかったですが、もうちょっとシャノンが貢献しないと、誰もバックコートで得点できないので、頑張って欲しいです。給料の安い人に、文句は言いたくないのですが。

バーンズは、13得点、5リバウンド。シュートは6-9と確率も良いですが、ボールを持たないで、良く動いて、フリーになっていました。ロンの半分もプレーしていないのに、リバウンド数では、ロンと同じです。オフェンスでもディフェンスでも、本当によく動きます。

ディフェンスは、得点を見ても分る通り、レギュレーション内は悪かったですが、オーバータイムは良かったです。3ポイントのディフェンスが悪く、ナッシュとフライに良いように決められましたが、最初のディフェンダーの責任というより、ローテションの問題です。ナッシュに続けて決められたのも、ゴタットがフィッシャーに対して、スクリーンをセットするのが分っているのに、スイッチが上手く行かなくて、ナッシュがフリーになることを、毎回続けていました。ゴタットとフライの2人で、ダブルスクリーンをセットしたこともありました。ビッグマンが、フィッシュをヘルプしないと、無理です。

リバウンドは、ゲーム前のインタビューで、フィルが、「オールスター後、リバウンド数が、下がっている。」と言っていました。バイナムのリバウンド数が上がっているのに、全体で下がっているのは、ロンがリバウンドを獲れない事を差し引いても、特にビッグマンの責任なので、しっかりして欲しいです。今日も、バイナムがいないとは言え、リーグでリバウンドが28位のフィニックスを相手に、56-52のプラス4のみでした。

オフェンスは、オーバータイムに入って、足元がヨレヨレしてきて、確率が下がりましたが、レギュレーション内は、悪くなかったです。パスがよく周って、特に、コービーとラマーが、オープンのチームメイトを見つけていました。

ところで、ゲームをご覧になっていた方は、今日は、レイカーズのジャージーが、「Los Lakers」に、サンズのジャージーが、「Los Suns」になっていたのに、気付かれたと思います。これは、NBAが毎年行っている、ラテン系プレーヤーの功績を認める、Noche Latina(ラテンの夜)というイベントで、今年で、5年目になります。詳細については、昨年の記事をご参照下さい。


Ranking 1

2011/03/23 18:03  Lakers | コメント(22)
ももちゃん、こんにちは。
良かったですが、疲れましたよ。オーバータイムになると、POの様な雰囲気になりますよね。それも、ずっと僅差だったので、余計でした。

ロンロンは、エンターテイメントですよね。あのくらい頑張ってくれたら良いのですが、良いゲームが続いた試しがないので、期待しないでおきます。

コービーは、間が2日空くので、良くなって欲しいです。来週もスケジュールが楽だし、何とかなるでしょう。
[ 2011/03/24 14:14 ] [ 編集 ]
LA好きさん、こんにちは。
オールスター後の勝率トップですからね。フィニックスは必死ですからね。ルークは見たくないですが、代わりはキャラクターかスミスなので、どっちにしても大した事ないですよね。ルークより酷くプレーできないだとうと言う人もいますが。
[ 2011/03/24 14:14 ] [ 編集 ]
k-1さん、こんにちは。
ロンは、観客に投げキスしたり、自分の二の腕にキスしたり、忙しかったです。コービーのポーズは良かったですね。

ブレイザーズは、サンダーやマブスに勝ってもおかしくないですよね。でもホームコートがない分、厳しいと思います。サンダーとだったら、ゲーム7まで行きそうですが。
[ 2011/03/24 14:13 ] [ 編集 ]
国士さん、こんにちは。
フィッシャーの早撃ちは、当たっている時ならまだ良いですが、シュートを1本も決めていない時に、止めて欲しいです。

相手のベンチが充実していなくても、ルークだと見劣りがします。(苦笑)

ロンロンの不思議なタイミングのシュートは「No, No・・・Yes」と言われるシュートです。「駄目、駄目・・・良かった。」って感じですが。打つべきではないシュートが、運良く決まった時に、よく言います。

コービーがMVPを獲ったら嬉しいですが、厳しいでしょうね。チームがコンフェレンスでトップなら、多少はあると思いますが。
[ 2011/03/24 14:12 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
肘は大丈夫だと思いますが、足首は、そんなに簡単に治るとは思えないです。ポストからのプレーだと、足首を捻るので、当分苦しいかもしれないです。前後の動きはなんとかなっても、横の動きが辛いと思います。
[ 2011/03/24 14:11 ] [ 編集 ]
Blancさん、こんにちは。
あれは、負けた方は、どっと疲れが出ますよね。コービーは、ポートランドの時も、結構観客に向かって、ジェスチャーをしていましたよね。
[ 2011/03/24 14:10 ] [ 編集 ]
レイカーファンさん、こんにちは。
リバウンドは、ゴール近辺だけでなく、ちょっと長いのも、出足が遅くて負けているような気がしました。ルークは見たくないですが、キャラクターでもスミスでも、どれもドングリの背比べです。
[ 2011/03/24 14:09 ] [ 編集 ]
TAKAさん、こんにちは。
フロントラインの層が薄すぎますよね。オーバータイムになったら、どっちみちベンチは使えないですが。キャタクターは、ポートランド戦の前半でちょっと使っていましたけれど、それで駄目だと思ったのでは?ルークより使えないプレーヤーを、置いておいてもしょうがないですよね?

ベンチになった時に、リバウンドが少ないのは、バイナムがいなくて、本来3、4の人が、4、5でプレーしているので、ある程度仕方が無いです。詰めが甘い原因は、判断の悪さです。素人でも知っていることをきちんとして欲しいです。
[ 2011/03/24 14:08 ] [ 編集 ]
新参者さん、こんにちは。
私も疲れました。終わったのは、11時近かったです。ベンチは不安定です。良かったと思ったら、次は駄目だし。それに2人(ブレイクとルーク)が、40%以下の確率で打っているメンバーだと厳しいです。バイナムが戻ったら、ルークを出さなくて済みますが。

コービーのシュートフォームの上半身は気が付かなかったですが、ジャンプはまだ出来ていないと思います。捻挫がもう治ったとは思えないです。
[ 2011/03/24 14:07 ] [ 編集 ]
かずさん、こんにちは。
今シーズンは、接戦に弱かったですが、オールスター後は、接戦に勝っているので、一安心です。今日は、練習が休みみたいです。

バーンズは、ディフェンスでもオフェンスでも、本当に良く動きます。だからリバウンドも多いのだと思います。
[ 2011/03/24 14:06 ] [ 編集 ]
昨日の試合は観たかった!!

前回に引き続きPOのような
白熱した試合でしたね。

ここにきてロンが結果を出してきたのでやっと覚醒したか!!
と安心・・・まだ早い?(笑)

また相変わらずのパフォーマンス
にはつい笑顔になっちゃいますよ。

憎めないですね。計算ではなく
彼の素なのでしょう。

と、残りわずか。
コービーの怪我が毎日心配です。
今後は、どうにか楽な試合運びに
して欲しいです。
[ 2011/03/24 11:17 ] [ 編集 ]
あ~ 良かった。
とにかく勝ててよかった(笑)まぁ、何がともあれオールスターゲーム以来、14ゲーム中13ゲーム勝ってるんですから、ファンは誇りに思いましょう!しかも昨日のフィニックスは背水の陣の勢いでしたからね。。。プレーオフスポットかかってたら、トリプルオーバータイム、クアトロオーバータイム、なんのその。ビッグマンしっかりしろよ、この状況でルークが出てくるって、どんだけ?!つーかフィル采配おかしいぞー、とか、色々思うところですが、昨日はある意味決死の両チーム見てて、その真剣さに感動しました。
[ 2011/03/24 02:23 ] [ 編集 ]
最後のロンは久々にかっこいい!と思いました。笑
そしてコービが最後にシュート決めた後にやった仕草がかっこよすぎて鼻血出そうになりました。

勝ててよかった~!!

前回の話の続きなのですがプレーオフで1回戦、マブスとブレイザーズぽいですね。個人的にブレイザーズ強いと思ってるのでマブス食っちゃいそうな気がするんですが…ブレイザースは個人的にウェスト4強だと思っています。レイカーズ>スパーズ>マブス=ブレイザースってな感じです。
なのでブレイザーズがナゲッツを抜いた場合の1回戦サンダーでも勝ちそうな予想です。

まぁ1回戦とか予想してもどうせファイナルにいくのはレイカーズなのでなんでもいいんですけどね!!笑
[ 2011/03/24 02:19 ] [ 編集 ]
おっしゃる通り、3Qのフィッシャーの早撃ちと、4Qのルークが苦戦の原因だったと思います。

3Qのフィッシャーの早撃ち時前は20点差以上ついてて、しかもコービーの連続3Pが入ってる場面だったので、タイミングが最悪でした。体感的には、コービーは3Pが決まると次のポセッションで5割くらい3Pを撃つ気がします。21点差でブローアウト直前、連続3Pが(お互いに)決まっていた場面だったので、時間を使うかコービー、ガソルに渡して欲しかったです。いきなりジャンパーはクラッチまで封印しておいて欲しいです。

バーンズ復帰でルークを見なくて済むと思ったのに出てきてしまいました。ベンチメンバーが充実しているサンズ相手にルークだと明らかに見劣りします。

2OTでのガソルのFT2本、決めてくれてありがとう!(テンディング?)3OTのロンロンのスティール左手ダンクと、教科書にのってない不思議なタイミングからの1ON1ジャンパーありがとう!

5%くらいかもしれないですが、コービーMVPのわずかな可能性も出てきたかな、と都合よく思ってます(笑)長文失礼しました。 
[ 2011/03/23 23:51 ] [ 編集 ]
1つ書き忘れたんですけど、コービー良くはなって無い気がします。

この2試合シュートは入り出してるし今日も結果的には凄いスタッツにはなってますけど、肘痛めて以降ずっとシュートフォームは上半身が何だか縮こまってるというか手打ちみたいなフォームになってるし、1~2月頃のようなジャンブの高さも無いしフットワークのイマイチさからも捻挫の影響を大いに感じられます。

自分だけですかね?
[ 2011/03/23 23:17 ] [ 編集 ]
コービーは捻挫や肘や指の具合はどうなのでしょうか?
もう治ったのですかね?
ここ2試合というか、この前の試合の終盤具合からコービーが何か良い意味で変わったなと思いました。
あとはポストプレーから決められるようになれば復調したと思えますね。
[ 2011/03/23 21:48 ] [ 編集 ]
お互いに逆転を繰り返すというストレスの溜まる展開でしたが、勝ってよかったです。
ひと試合ひと試合勝ちパターンを確認しながら、チームの強みを伸ばし活かしてほしいです。

ハイライトの最後のコービー、勝利のあとファンに向かって胸をたたくしぐさが見れてうれしいです!
[ 2011/03/23 21:30 ] [ 編集 ]
↓オフェンスじゃなくてリバウンドでした。。
[ 2011/03/23 21:14 ] [ 編集 ]
今日はオールスターか!(怒)て思いました。DFとオフェンスが壊滅的な印象です。ベンチの試合運びも下手で心臓に悪かったです。コービーは出場時間が多すぎるので不安です。ルークを出したフィルも不安です。今の時期もうこんな試合するなと言いたいです。
[ 2011/03/23 21:12 ] [ 編集 ]
今日も「又」よく勝てたなあという感じだったみたいですね。
オドムなんか55分もプレーして・・・今更ながらバイナムがいないと厳しいなと思ったりしています。
しかしPFでプレーするならルークよりキャラクターとかジョー・スミスのほうがいいと思うんですけどね?

ベンチもあんまりだしリバウンドもそんなにだし・・・
POに向けて調子が上がっていることは確かなのですが、イマイチ詰めが甘いというか。
オドムはこれからもこれくらいリバウンドを期待したいです。
[ 2011/03/23 20:24 ] [ 編集 ]
見てるだけで疲れました。まるで昨ファイナルのボストンとの第7戦やセミファイナルのサンズとの第6戦みたいに疲れました。何度「負ける~!!」と思った事か。

それにしてもラマーが抜けるとやっぱり2ndユニットは計算出来ませんね。ベンチ得点も大分開きがあった気がします。でもコービー以外で唯一チームに覇気をもたらしてくれるバーンズの復調は本当に有り難いです。

とりあえずはバイナム抜きで2試合とも勝ったのは大きいですね。あとは皆クタクタだろうから次節までゆっくり身体を休めて欲しいです。
[ 2011/03/23 19:36 ] [ 編集 ]
トリプルオーバータイムまで詳しい解説ありがとうございます。
今ハイライトを見ましたが、とんでもない試合ですね。
とりあえず勝てて良かったです、最近は接戦を制することが多くてうれしい限りですが、もう少し楽に勝てた試合だった気がします。
ベテランが多いので、次の試合まで時間があってほんと良かったです。

コービーの調子が上向きになってきましたね、プレイオフに向けていい感じです。
バーンズもスタッツが良くなってきましたが、テレビで見て動きはどうですか?
バイナムはこの試合を見て何か感じてくれたでしょうか?
[ 2011/03/23 19:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。