NBAプレーヤーが日本支援のために寄付

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

NBAプレーヤーが日本支援のために寄付

20名のNBAプレーヤーが、医療支援の国際組織、ディレクト・リリーフ・インターナショナルに、日本支援の為の寄付に協力することになりました。

その中で、3月25日―27日のゲームでプレーする数名が、自分が得点した1点に対して、$1,000を寄付します。これに参加するプレーヤーは、パオ・ガソル、マーク・ガソル、ラマーカス・オルドリッジ、 アル・ホーフォード、ジャベイル・マギー、デリク・ローズ、ラッセル・ウェストブルックです。

その他に、寄付に協力するのは、DJオーガスティン、ジャロン・コリンズ、ジェイソン・コリンズ、マイク・ダンリービーJr.、タイリーク・エバンズ、ダニロ・ガリナリ、ザビエル・ヘンリー、アントワン・ジェイミソン、ジェイソン・カポノ、クインシー・ポンデクスター、ブライアン・スキャラブリニ、イタン・トーマス、ベン・ウォレスです。

ディレクト・リリーフ・インターナショナルは、医療支援の国際組織で、日系アメリカ人団体、日系アメリカ市民リーグと共同で、「ディレクト・リリーフ日本支援復興基金」のため、募金活動を行っています。日本の地方自治体と協力し、現在必要な医療援助を行うと同時に、長期的復興に向け、援助を行っていて、既に、宮城県内の20箇所の医療施設に、寄付金と、医療用品を提供しています。

これがきっかけで、パオに頑張って欲しいのは勿論ですが、明日は、リーグトップの成績のサンアントニオが、ポートランドでゲームがあります。オルドリッジに爆発してもらって、サンアントニオを倒すのと同時に、沢山寄付してくれることを、期待します。

こういうプレヤーは、どうやって選ぶのか、又は、どうやって各プレヤーが、寄付を申し出るか、疑問に思われる方もいらっしゃると思います。私も、詳しい訳ではないし、今回の寄付については全く知らないのですが、一般的には、慈善団体が、プレーヤーに直接連絡を取るのではなく、エージェント事務所に、協力を呼びかけます。恐らく、協力する20名のプレーヤーは、同じエージェント事務所のエージェントと契約しているのだと思います。

ところで、これに参加していないコービーは、赤十字に協力していて、寄付を呼びかけるテレビコマーシャルに出演しています。内容は、コービーの被災者へのメッセージや、ブラック・アイド・ピーのビデオの最後のメセージ中にあった、「赤十字にテキストして$10を寄付しましょう。」というものです。



コービー・ブライアントです。NBAファミリーは、日本人と、地震、津波の被災者を思っています。我々と共に、アメリカ赤十字が行っている、災害支援活動に協力し、影響を受けた人々を助けましょう。redcross.orgにアクセスするか、90999にREDCROSSとテキストして、$10を寄付しましょう。ありがとうございます。


私は、見る度に、コービーが最後に「Thank you.」と言うのを聞くと、「No, Kobe. Thank YOU.」と思わずテレビに向かって言ってしまいます。ありがとう、コービー。


Ranking 1

2011/03/25 14:16  NBA | コメント(6)
レイカーファンさん、こんにちは。
NBAは赤十字と協力して、募金の呼びかけをしているみたいですね。コービーが選ばれたのは、名誉です。
[ 2011/03/26 10:59 ] [ 編集 ]
Blancさん、こんにちは。
ヨーロッパもアメリカも、対日感情が良いから、こうなっている部分もありますよね。アメリカで何かあっても、ヨーロッパの人は、内心対岸の火事だし、アメリカ人は、ヨーロッパ、特に、フランスやドイツに対しては、感情があまり良くないので、何かあったら、見て見ないふりの人も多いと思いますよ。

パオは、これをモチベーションにして、頑張って欲しいですね。

[ 2011/03/26 10:52 ] [ 編集 ]
ももちゃん、こんにちは。
アメリカ人は、元々移民の国だし、国内に住んでいる外国人が多くて、そういう人と友達という人も多いので、あまり外国だからどうのというのはないですね。対日感情が良いものあると思いますが。ヨーロッパも国境が陸で行き来があるから、あまり国籍を気にしないのだと思います。
[ 2011/03/26 10:43 ] [ 編集 ]
やはりコービーの影響力は凄いですね。動いてくれたコービーや皆に感謝です。
いつか恩返しできるよう、自分も頑張ります。記事にしてもらい、ありがとうございます。
[ 2011/03/25 23:08 ] [ 編集 ]
寄付に協力してくださるプレーヤーがこんなにいるのですね・・・。
すてきなお話を聞くことができて幸せです。

ヨーロッパでも日本震災復興支援チャリティコンサートが有名劇場付属の少年合唱団、バレエ団、日本人アーティスト以外にも連日のように行われています(収益金全額が日本赤十字社に寄付されます)。
世界中で支援の輪が広がっていますね。コービーの協力や真摯なメッセージ・NBA選手たちの想いが被災地の方々にたくさんの勇気と希望が届くと信じています。
貴重な記事をいつもありがとうございます。

Mayさんがおっしゃっていたように気持ちの問題が影響するパオ?!はきっとこれをきっかけに頑張ってくれますよね。
[ 2011/03/25 20:05 ] [ 編集 ]
私もコービーのCMを観ました。

コービー他、NBAの選手方々の支援とても嬉しいですね。

ある被災地に来ていた外国人のボランティアの方が
「同じ人間同士、助け合わなきゃ」という言葉がとても印象的です。

復興にはまだまだ時間がかかりそうです。
私も出来る限り募金を続けようと思います。
[ 2011/03/25 15:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。