レイカーズ終盤自滅

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ終盤自滅

Final Score



1Qは、出足から、打ち合いになります。オクラホマシティーの得点は、殆どが、ウエストブルックとデュラントから、レイカーズの得点は、殆どがコービーとパオからでした。レイカーズはよくシュートを決めていましたが、オクラホマシティーには、それ以上に決められました。序盤は僅差で進みますが、半ば前からジリジリと離され、半ばで既に、25-13と、12点ビハインドになります。後半は、ディフェンスが締まり、徐々に追い上げ、36-31の5点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、序盤に少し離されますが、その後、ラマーが3ポイントを決め追い上げると、バイナムも続きます。ところが、ディフェンスで止められないので、点差を再度広げられ、序盤で10点ビハインドになります。ディフェンスで止めると得点できなくて、得点すると、ディフェンスで止められない状態でした。ところが、半ばにコービーがパーキンスと絡んで、ダブルテクニカルを取られると、次々とバスケットを決めだします。コービーは、このコーターの後半だけで、11得点でした。これで追い上げ、66-64の2点ビハインドで、ハーフタイムへ。

3Qは、出足にオクラホマシティーに飛び出され、あっさりとリードを広げられますが、徐々に盛り返し、半ば前には、1点差にまで追い上げます。そして、半ばには、コービーのフリースローで同点に追いつくと、フィッシャーのシュートで、このゲームで初めてのリードを奪います。ところがその後、レイカーズが続けて外し、オクラホマシティーに連続で決められ、簡単に逆転され、6点ビハインドにされます。そこからが、よく頑張りました。まず、ディフェンスでは、よく守って、3分近く得点を与えなかった上、オフェンスでは、コービーが3ポイントラインの後ろでファウルを取り、フリースローを決めた後、ブレイクが3ポイントを決め逆転すると、ロンもフリースロー2本をきちんと決め、点差を広げます。ロンのオフェンシブ・リバウンドからのプットバックもありました。終盤には、パオがバスケットにドライブして、レイアップも決めました。終盤、オフェンスでは良かったのに、ディフェンスで続けてファウルをして、フリースローを決められたのが痛かったです。90-88の2点リードで、コーターを終了します。

4Qは、ブレイクの、今日2本目の3ポイントでスタートすると、ラマーが積極的にボールを持って得点します。ところが、その後、ラマーは、バッドパスでターンオーバーを犯すと、ボールを持たなくなり、レイカーズの得点も止まります。そして、バーンズがフリースローを取ったのに、2本共外し、直後のディフェンスで、逆に、ハーデンにファウルし、フリースロー2本を決められます。バーンズがフリースローを決めていたら、5点リードだったのに、逆に、1点リードに詰められました。これが、痛かったです。そして、オフェンスでは、ラマーが3秒ルール違反、ブレイクがバッドパスと、2連続でターンオーバーします。これで、逆転され、リードを奪われますが、それでも、半ばにスターターが戻った時点では、1点ビハインドだっただけでした。その後、コービーが得点とアシストで、全開しますが、ディフェンスで守れないので、同点、逆転を繰り返します。そして、残り3分を切った所で、3ポイントが得意な訳でもない、セフォローシャに、3ポイントを決められ、2点リードを奪われます。いくら3ポイントが得意ではないと言っても、がら空きでした。その後、まず、コービーが、クロスコートパスを試みて、ターンオーバー。そして、パオが、得意の、両手で持っているボールを、取り上げられる、ターンオーバー。フィッシャーが、バッドパスで、ターンオーバー。元に戻って、コービーが、ベースラインを踏み出して、ターンオーバーと、4連続ターンオーバーを犯します。ディフェンスでは、バスケットを許し、得点され続けると、残り1分を切った、6点ビハインドの場面で、コービーが3ポイントを沈めたウエストブルックにファウルし、4ポイントプレーとし、40秒ちょっとを残して、10点ビハインドになり、事実上、ゲームが決まりました。今日は、ターンオーバーが、3Qまで1だったのに、4Qに9もありました。しかも、その内の4が、終盤です。どちらが、若手中心のチームで、どちらがディフェンディング・チャンピオンか分らない、締めの悪いゲームでした。

コービーは、31得点、4アシスト、3スティール。シュートは10-19、3ポイントは2-4。この所不調だったフリースローも、9-10でした。

パオは、26得点、4リバウンド。シュートは、10-16で、よくジャンプシュートが決まっていました。終盤、コリソンに動き負けて、リバウンドを取られました。

バイナムは、12得点、13リバウンド、2ブロック。シュートは4-9でした。最近、シュートをブロックされるのが、目立ちます。今日も、3本ブロックもされています。それも、ビッグマンにされるならまだしも、イバッカにされた以外は、コリソンとハーデンにもされています。これは、解説者によると、「ボールを早くから見せること。」と、「体勢を整えないで、急いでシュートに行くこと。」が原因だそうです。ルーキではあるまいし、今更、その位のことは、憶えて欲しいです。よく動いて、リバウンドは取っているのに、残念です。

ロンは、10得点、3スティール。シュートは4-10、3ポイントは0-2でした。それよりも、ディフェンスで、全くデュラントを止められませんでした。デュラントは、11-15と、ビッグマン並みの確率の良さで、31得点。

フィッシャーは、7得点、3スティール。シュートは3-8、3ポイントは1-2と、まあまあです。ルースボールを追って、床に倒れこむことが、何回かありました。今日は、ゲーム開始の2時間半前に、コービーがステイプルズセンターにやって来てシュート練習をし、一通り終わって、ロッカールームに戻る頃に、フィッシャーが練習にやって来たそうです。年齢で、一番上と二番目が、早々と来て、練習しているのに、他は何をしているのでしょうか?ビッグマンに早く来いとは言いませんが。

ラマーは、7得点、3リバウンド。シュートは、3-9と悪いです。リバウンドも一体、どうなっているのでしょうか?ラマーは、一定してリバウンドを取っているので、たまに悪い時は、あまり言いたくないですが。

ブレイクは、9得点。シュートは全部3ポイントで、3-3と、好調でした。やっと、全でン文句通りの活躍をしてくれました。これを続けて欲しいです。

シャノンは、2得点。シュートは1-4と良い所がない上、前半は、ディフェンスが悪く、途中で、ルークに代えられました。フィルが、「懲罰人事」をするのは、珍しいです。余程、腹が立ったのでしょう。

バーンズは、2得点、3リバウンド。シュートは0-3でした。よく動いて、オフェンシブ・リバウンドを取るのですが、それからが決められません。

ディフェンスが、悪過ぎました。オクラホマシティーのシュートの確率は、55.6%でした。こんなに決められたら、勝てないです。バイナムが、「最初から全力でやらないで、歯を蹴飛ばされてから、やり始めた。」と言っていました。「ペネトレートされるのを心配し過ぎて、内側に守りすぎて、アウトサイドのジャンプシュートをよく決められた。」とも言っていました。ゲーム後のインタビューで、バイナムの言っていることが、一番筋が通っていました。ペネトレートされるのを心配した割には、ファウルが多く、フリースローを35本も与えました。ベンチのハーデンに、一番多い、10本のフリースローを与えました。分っているのに、ファウルをしないと、止められないという感じです。逆に、レイカーズは、ベンチでファウルを取ったのは、バーンズの4本だけです。バックコートでは、コービー以外は、誰もフリースローを打っていません。いかに、レイカーズのバックコートが、ペイントにドライブできないかを、表しています。但し、ファーストブレイク・ポイントは、少なかったです。よく、トランジションで戻っていました。

オフェンスは、悪くないのですが、特定の人からしか、得点できないのが、厳しいです。シュートの確率が50%を越えているのは、コービー、パオ、ブレイクだけです。ベンチ得点も、37-20のマイナス17点と、激しいです。

フィルは、「1ゲームだけで、元には直せない。今日は、少しは良かった。」と言っていました。次は、元に戻って欲しいです。

これで、オクラホマシティーとは、負け数で、1差になりました。ダラスは、勝ったので、並びました。ボストンは負けたので、並んでいます。オクラホマシティー、ダラス、ボストンに対しては、レイカーズがタイプレークを持っています。

あまり関係ないですが、ニックスが勝って、7連勝し、フィラデルフィアを追い越して、6位に上がりました。アマレは、足首の捻挫で、最近の2ゲームを欠場していますが、メロが頑張っています。


Ranking 1

2011/04/11 16:28  Lakers | コメント(30)
labさん、初めまして。
楽しんでプレーしていないから、上手く行かないのか、上手く行かないから、楽しくないのか、鶏と玉子みたいですが、そう言われてみれば、そんな感じもしますね。

あの当時のキングスは、タフでした。紙一重だったと思います。オーリーの3ポイントが、その紙一重でした。あれが、決まっていなかったら、どうなっていたか、分らないです。あの時代は、キングスがチームバスケで、レイカーズは、個人が、たまたま同時にプレーしていい感じでした。

今年のレイカーズは、私も怖いと思わないですが、でもサンアントニオより怖いと思っている人が一杯入るみたいで、8位争い(7位争いではなく)が、激しかったです。

全然乱文ではないですよ。長文歓迎です。
[ 2011/04/14 15:28 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見させて頂いてます。コメントは初めてです。

昨日録画していたのを見たので今更なんですが、何だか今シーズンのレイカーズはあんまり楽しそうにプレーしてないような気がしました。

昨シーズンや一昨シーズンはコービーもチームメイトを信頼してパスや
ディフェンスの汚れ仕事を積極的にしててそれでも笑顔で見ていて気持ちよかったです。
今のチームメイトは応えられていないんでしょうか…。

ちなみに自分は昔のキングスのファンでした。
クリスウェバー、ディバッツ、クリスティなんかがいたときですね。
ああいう流れるようなパッシングゲームをするチームって今は無いので少し寂しいです。
なのであの頃は本当にレイカーズが嫌いでした。(スミマセン…)
当時はライバル的な感じでしたが20点差でキングスが勝ってても逃げ切れる気がしなかったです。(事実追いつかれてました。)
夜中にやめろオーリー!と祈っていたのを思い出します。
今のレイカーズにそういった怖さは感じないですが、経験があるのでプレーオフに入ったらわかりませんね。何だかんだでレイカーズのゲームには注目してしまいます。

突然の長文・乱文失礼致しました。
[ 2011/04/14 13:25 ] [ 編集 ]
YUYUさん、こんにちは。
昨日、ボストンは、スターターを休ませたので、サンアントニオもそれをするかもしれないですね。
[ 2011/04/13 06:42 ] [ 編集 ]
明日の試合、スパーズが手を抜くと思いますので、みなさんは安心していいと思います。さもないと、LALは4位になることは、SASとしてもっとも避けたいシナリオのでは?
[ 2011/04/12 18:23 ] [ 編集 ]
かぼちゃケーキさん、こんにちは。
ディフェンスが、最初から崩壊でした。その、もう人踏ん張りは、気持だと思います。
[ 2011/04/12 14:15 ] [ 編集 ]
レイカーファンさん、こんにちは。
パオは、そういうのが多いですよね。リバウンドが多い時でも、1コーターで1リバウンドとか。途中、お休みがよくあります。

おっしゃる通り、ディフェンスとリバウンドは、気持が大きいです。時々、フィッシャーが7フットあったら、リバウンドの数は、凄いだろうなと思います。SASには勝って欲しいです。
[ 2011/04/12 14:15 ] [ 編集 ]
しゅうさん、こんにちは。
ディフェンスが、酷すぎますよね。最初の6分で、25点です。終盤で負けるのが、嫌ですよね。まだブローアウトの方が良いです。

サンアントニオは、シカゴとのホームコートもあるので、ある程度、真剣にプレーすると思いますよ。
[ 2011/04/12 14:14 ] [ 編集 ]
oniさん、こんにちは。
全く同感です。
[ 2011/04/12 14:13 ] [ 編集 ]
雲丹さん、こんにちは。
そうでしたか。大変失礼しました。すぐ直します。パオは、シュートは良かったんです。
[ 2011/04/12 14:13 ] [ 編集 ]
TAKAさん、こんにちは。
計算できる人が、少なすぎます。今年は、コービーとラマーだけで、後は、始まってみないと、どっちが登場するか、分らないです。

ディフェンスが悪すぎました。集中力の問題だと思います。
[ 2011/04/12 14:12 ] [ 編集 ]
k-1さん、こんにちは。
私も、ゴールデンステート後は、勝てる気がしないです。今のレイカーズなら、グリズリーズやポートランド所か、サクラメントにも勝てる気がしないです。

POになったら、コービーはやってくれると思いますが、1人では勝てないので、心配です。
[ 2011/04/12 14:11 ] [ 編集 ]
かずさん、こんにちは。
「毎年レイカーズは、これをやって、POになるとスイッチを入れるから。」と、皮肉っぽく言う人もいるので、そうだと思いたいです。でも、2位はキープしたいです。交不調の波が激しいのは、精神的に弱い人が多いからだと思います。
[ 2011/04/12 14:10 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
パオは、ゲームを通して、活躍しないですよね。前半に良いと、それで安心してしまうようね。欲がないのでは?

シャノンのディフェンスは、私もいつも気になるのですが、大体、ローテーションが遅れて、走って行く時に、あれをやりますよね?どっちみち、間に合わない時に、ダックして、大声を出して、脅かすのは、プロでもやるみたいですよ。
[ 2011/04/12 14:10 ] [ 編集 ]
Blancさん、こんにちは。
パオが来てからは、初めてだそうです。コービーは、「何を直したら良いか分っている。」と言っているので、信じましょう。
[ 2011/04/12 14:10 ] [ 編集 ]
アレさん、こんにちは。
去年も今頃は酷かったですよね。レイカーズは心配ないけれど、ボストンは心配という人もいるので、いいのかもしれませんが。アンチ・レイカーズの人は、「今年は騙されない。」と言っている人もいます。
[ 2011/04/12 14:09 ] [ 編集 ]
calさん、こんにちは。
ゲーム終盤で負けたのが、嫌ですね。

コービーは、ボールハンドルが上手く行かない様な感じがします。昨日も、開始後すぐ、オフェンスで、ボールが飛んでいったのがありました。シーズン序盤は、膝の調子が悪くて、ドライブをあまりしなかったが、ドライブするようになって、目立ちだしたのでは?小指は、外に曲がるし、人差し指には力が入らないし、ボールをしっかり持てないのだと思います。
[ 2011/04/12 14:08 ] [ 編集 ]
新参者さん、こんにちは。
「案の定」と感じるのが、情けないですね。

リバウンドは、オクラホマシティーがシュートを良く決めて、リバウンドの数自体が少なかったので、ある程度仕方がない面はありますが、3Pのディフェンスが悪かったですね。いくら苦手なプレーヤーでも、プロだから、がら空きなら決めますよね。

パオは、ダブルダブルが殆どないですよね。別に、必ずしも、二桁リバウンドを取らなくても、せめて、7-8は取ってくれないと。

デュラントを完全に抑えるのは無理でも、ディフェンスが売りと自負している人なら、せめて、もう少し何とかして欲しいです。
[ 2011/04/12 14:08 ] [ 編集 ]
誰が良くなかったとかではなく、チーム全体で負けたという印象です。点は取れていて、ディフェンスが崩壊してただけに尚更そう感じます。

「もう一踏ん張りシュートチェックに行けば」、「もう一踏ん張りボックスアウトを頑張っていれば」防げた点がかなりあったと思います。
[ 2011/04/12 13:52 ] [ 編集 ]
前半終えてのパオの1リバウンド?には溜息が漏れました。
いつから指示待ち人間になってしまったのか疑問です。

POを勝ち抜くためにはディフェンスとリバウンドが絶対条件で、共通するのは気迫だと思います。
次のSAS戦でそれが改善されてれてないといけませんよね。
今日は他チームが負けるのを祈るのみです。
[ 2011/04/12 11:40 ] [ 編集 ]
また負けました。
今日の試合はDFがどうにもなりませんでした。
前半で66点は完全に崩壊してましたね。
競ってる場面でイージーなターンオーバーを出してる姿は、王者らしくなく残念でした。
笛もちょっとオクラホマよりな気が…。
シーズン終盤で悪い膿がすべてでてくれればいいです。

サンアントニオはもう1位決めてるからガチで来るとは思えないので、いい雰囲気を取り戻してほしい。
[ 2011/04/12 04:05 ] [ 編集 ]
あいた口がふさがりません
[ 2011/04/12 02:05 ] [ 編集 ]
Mayさんこんばんは。「パオは(中略)シュートは、1-16で」になってますよ~。負けてる時は記事書くのも疲れますよね。ありがとう。私は試合見て、ブログ読ませて貰って、試合の中に良い材料を捜す日々です、最後まで3ピート信じて応援あるのみ~!!頑張れ!!!
[ 2011/04/11 23:10 ] [ 編集 ]
なんか改めてレイカーズの弱点を露呈したゲームだなあと思いましたね。
得点できる選手は限られ、スピードのあるPGには好き放題され、得意の気を抜いたアーテストはデュラントに好き放題され、パオもリバウンドが安定しない・・・
今日に関しては総合的な数字だけの見解ですが、TOも少なく、FG%もそこそこなんですがね。
それでもサンダーにリバウンド負けるしなにより最近良かったDFが悪いでは本末転倒です。
スパーズにこのまま負ければ4位まで転落してしまうので、どれだけチーム状態が悪くても、モチベーションを高く持って試合に臨んでほしいです。
[ 2011/04/11 23:05 ] [ 編集 ]
今日も負けましたね。
もうスパーズ戦なんて全く期待していません。
どうせ負ける…

というかゴールデンステート戦らへんからもうどうせ今日も負けるだろ…って思っていまいます…
今のレイカーズなら1回戦がグリズリーズでもポートランドでも勝てる気しないです…
残念ながらコンリーの早さを止めれないだろうし、今のガソルよりはザックランドルフのがはるかにいい選手に思える…。。。
ポートランドはもう以下省略で…勝てません。

せめてもの救いはコービのシュートタッチが戻ってきていることでしょうか??
なんだかんだでフィルとコービ、フィッシャーのことを凄く信頼しているので本番ではとんでもない力を出してくれるとこを祈るばかりです…
[ 2011/04/11 21:40 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます、また負けました(;o;)
強豪チームとの戦いなのでここから奮起してくれないかな~と期待していましたが、フィルのいう通り1試合で良くはならないですよね...。

プレイオフに向けて若干上がってきているのが唯一の朗報です。
本当に大丈夫なんでしょうか???
ここまで来たら信じるしかないですが、好不調の波が大きすぎて心配です。
[ 2011/04/11 21:32 ] [ 編集 ]
前半ガソルが先日のパーキンスの発言を気にしてかアグレッシブでしたが、後半はインサイドに全然アタックできてませんでしたね
これまでのサンダー戦ではウエストブルックとデュラントの二人にやられてもインサイドにイニシアチブを取れていましたが、パーキンスが来てなかなか優位に立てなくなりそうです


あとブラウンのシュートチェックの件なんですが、何故彼はずっとジャンプしてチェックしないんでしょうか?
あのダックするような動きはレイカーズに来てから始めたのかはわかりませんが、全然変わっていませんよね
誰も注意しないんでしょうか?
[ 2011/04/11 19:36 ] [ 編集 ]
5連敗なんて...いつ以来でしょう??
終わりの見えない不調に不安が募る一方です。
フィルの「1ゲームだけでは・・」の言葉に胸をなおでおろしています。
打開策はあるんですよね。

POはまだまだこれから・・・ってカラ元気出しています(泣
[ 2011/04/11 18:44 ] [ 編集 ]
また負けましたか・・・
最近試合を見るのも憂鬱で、今日の試合は結果を先に見てしまい、まあなんというか「やはり」って感じですね。
SASやSAC戦には期待しません。
前もどん底から連勝だったので、今度は最初のPOからファイナル終わるまで好調であってほしいという感じです。
こうなったらPOでチームが化けるのを期待するしかないですよ・・・
[ 2011/04/11 18:18 ] [ 編集 ]
今日は4Q終盤シラケました(涙)
連敗中とはいえ50勝同士の対戦でしたので、
レイカーズも不調ながら何とか保っていると思ってましたが
残り4分切ったあたりから全く良いところがなく、チープなミス等で
いいとこありませんでしたね。がっかりしました。

フィルが言うよう「今日は、少し良かった」が今後チームの復調の
兆しになってくれることを期待したいと思います。

Mayさん 最近気になることがあります。
我らKobeですが、ここ何試合か終盤のTurnoverが目につきますが
どう見てらっしゃいますか。これまでどんなハードディフェンスにも
屈することなく、終盤のゲームを創ってきましたが何となく上手く
行ってません。
きっとKobeのことですから、POではこれらの失敗を糧にビックゲームを
モノにしてくれると思ってますが、ジャズ戦や今日のゲームを見てると
ちょっと心配で・・・。
[ 2011/04/11 18:09 ] [ 編集 ]
案の定負けましたね。

ベンチ得点だけでなく、リバウンド数でも大分負けてた印象ですし、昨年のプレーオフ以降ほぼ完璧に抑えられてたデュラントに好き放題されたのと、離して守り過ぎてウエストブルックに苦手なはずの3Pを何本も決められたのが痛かったです。

リバウンドに関して、パオは最近、得点かリバウンドどちらかしか取らないですよね。イメージ的に20点5リバウンドか、10点10リバウンドみたいな印象で、以前の総合力の高さが売りの彼は行方不明です。ロンもデュラントならいつでも止められるくらいに舐めてかかってた気がします。確かにデュラントは個人的には同じSFのレブロンやメロのように、どんなディフェンスでも打ち破れるっていう程の怖さは感じてませんけど、今日のロンのディフェンスじゃ大暴れされても仕方無いです。ウエストブルックの3Pは計算外だったので諦めますが。

スパーズ戦も負けるんでしょうねぇ。どうせ。
[ 2011/04/11 17:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。