レイカーズ 価値ある傷だらけの勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ 価値ある傷だらけの勝利

今日のレイカーズ対ダラスは、レイカーズが100-95で何とか逃げ切りました。パオ・ガソルが欠場、コービー・ブライアントが怪我を押してのプレーで、厳しいゲームでしたが、ラマー・オドム(18得点、14リバウンド)、ロン・アーテスト(16得点、11リバウンド)、アンドリュー・バイナム(22得点、11リバウンド)の3人がダブルダブルの活躍で、穴を埋めました。

1013.jpg

コービーは、1Qに11分プレーしたものの、シュートは、3ポイントを1本外しただけで、0得点。ベンチに下がった後は、前半終了間際まで、床に仰向けに寝ていました。今日はここまでと思ったら、3Qはスタートからプレー。よせば良いのにと思った途端、凄い勢いで走り出して、前半とはまるで別人の様でした。シュートも決まって、3Qは8得点(4-6)。4Qは、やはりジャンプできないのか、シュートをブロックされる場面が2度ありましたが、残り約28秒、95-95の同点からフェイダウェイのシュートを決めました。後半は24分全部プレーし、スティールも1つありました。大したものです。

ゲームは、最初から最後まで、殆ど点差が開かない、厳しいゲームでした。3Q後半から4Q初めにプレーした、ベンチ、特にジョーダン・ファーマ(12得点、5リバウンド)が良く頑張りました。正直言って勝てると思っていなかったので、嬉しい勝利です。

尚、レイカーズは今日の勝利で、NBAで一番乗りの通算3,000勝を達成しました。又、ダラスのダーク・ノビツキーは、通算20,000得点を達成。記録尽くめのゲームでした。



クリック応援お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ

2010/01/14 16:24  Lakers | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。