レイカーズ、ディフェンスの勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


レイカーズ、ディフェンスの勝利

Final Score



1Qは、レイカーズが、ロンがレイアップと外し、続いてパオがジャンプシュートを外してスタートしたのに対し、ニューオリンズは、トレバーとポールが決め、先行します。ゲーム1で、好き勝手をされたポールには、最初から、コービーが付いて、ガードしていました。半ばまでは、逆転を繰り返しますが、その後、ジリジリと、離され始めます。終盤には、一時9点ビハインドになりましたが、その直後、まずロンが3ポイントを決め、ラマーが連続で決めて、ディフェンスも締まると、終了間際には、又、ラマーが決め、23-23の同点で、コーターを終了します。

2Qは、出足にバーンズが、フローターを決め、リードを奪うと、ラマーが引き続き決め、リードを広げます。バーンズは、その後も、バスケットにアッタクし、レイアップやアリーウープ・レイアップを決め、動きの良さを見せました。ベンチでは、ラマーとバーンズは良かったのですが、ブレイクとシャノンは、相変わらず外します。前半、何度が同点に追いつかれますが、半ばにバイナムが続けて決め、再度リードを奪います。ベンチ中心の前半は、ニューオリンズからターンオーバーを何度も誘い、ファーストブレイクで、良く走って、決めました。スターターが戻った後は、レイカーズのディフェンスが締まり、4分近くニューオリンズを無得点に抑え、オフェンスでは、ポールのガードに専念しているコービーが殆どシュートを打たない中で、チームメイトが良く決めました。終了間際に9点リードとなりましたが、ポールにブザービターの3ポイントを決められ、47-41の6点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、ロンが、スティールから、1人ファーストブレイクで、レイアップを外す、お得意のプレーで始まりますが、今回は、2回続けて外した後、自分で2回リバウンドを獲り、ティップインを決めます。直後に、コービーが、3ポイントラインの後ろで、ポールにファウルしますが、幸いポールが、フリスロー3本の内、1本を外してくれます。その後、得点を交換した後、両チーム共、シュートは外すは、ターンオーバーはするはで、ニューオリンズは3分以上、レイカーズは5分以上、得点がありませんでした。先に得点し出したニューオリンズに追い上げられ、半ばには、2点差にまで詰められますが、そこから、再度ディフェンスが締まり、ニューオリンズに、3分近く、得点を許しませんでした。オフェンスでは、絶好調のラマーが続けて決め、コービーも、終盤に、今日決めた、数少ないシュートの1本を決め、10点リードにします。その後、お互い得点がなく、このままコーターを終了しそうでしたが、又もや、ポールにブザービーターの3ポイントを決められ、63-56の7点リードで、コーターを終了します。

4Qは、出足にお互い外した後、今日は、オフェンスでも積極的にプレーしているバイナムが決め、ベンチから絶好調のラマーとバーンズも決め、リードを10点に戻します。その後、バイナムとシャノンのインサイドとアウトサイドで、何度もバスをし合った後、シャノンが、3ポイントを決め、序盤で、13点リードとします。ベンチ中心メンバーのディフェンスも良く、半ば前まで、ニューオリンズを、フリースローとポールのジャンプシュートによる3点に抑えました。半ば前には、バーンズがトレバーにファウルして、ブレイグラント1になりますが、何とトレバーがフリースローを2本共外した上、その後のニューオリンズのオフェンスも、しっかり押さえます。半ば前には、パオがバスケットにドライブし、ファウルを獲り、フリスロー2本を決め、このゲームで最大の、15点リードとします。このまま点差を広げて、楽勝と行きたかったのですが、まず、半ば過ぎに、コービーが、又もや、3ポイントラインの後ろで、ポールにファウルした上、テクニカルを獲られて、フリースロー4本を与え、10点差に詰められます。その後、トレバーのレイアップ&1で、点差を一桁に詰められますが、コービーのダンクで、再び、二桁に広げます。ここから、レイカーズはバスケットが決められず、残り1分ちょっとで、7点差にまで詰められますが、残り1分を切った所で、よくパスを周して、オープンになったロンが3ポイントを決め、10点リードとし、事実上ゲームを決めました。

コービーは、11得点。シュートは3-10と、確率も悪いですが、打った本数も、コービーとしては、極端に少ないです。ポールに対するディフェンスに神経を使っていたのもありますが、トレバーのディフェンスが良かったのと、コービーがボールを持つと、ダブルチームされることが多かったので、無理にシュートを打たないで、パスしていました。ポールのガードは、フィッシャーと話し合って、コービーが、フィルに申し出たそうです。フィルは、最初は、乗り気ではなかったのですが、受け入れたそうです。コービーが、ポールをガードしていると、ポールは、ゲーム1の様に、好きな様に動き周ることが、殆どありませんでした。3ポイントに、2回ファウルをしたのが難点ですが、攻撃的にプレーしてのミスなので、消極的に行って、決められるよりは、良いと思います。

パオは、8得点、5リバウンド、3ブロック。シュートは2-10と、引き続き悪いです。「攻撃的に、確信を持ってプレーする。」と言っていたのですが、ゲーム最初のシュートは、ジャンプシュートで外し、自分より背が低いランドリーにガードされているのに、フェイダウェイを打って外したりと、攻撃的ではないプレーが目立ちました。逆に、無理に、混雑しているペイントにドライブして、スティールされるのもありました。4Q前のフィルのインタビューで、『「パオは、「攻撃的に、確信を持ってプレーする。」と言っていましたが、その通りにプレーしていますか?」という質問に対し、フィルは「No.」と言っていました。それでも、まだ、シュートは決まらないこともあるので、仕方が無いですが、リバウンドが5、しかも、全部オフェンシブ・リバウンドで、ディフェンシブ・リバウンドは、0でした。今日プレーしたベンチも含めたレイカーズのメンバーで、ディフェンシブ・リバウンドが無かったのは、パオだけです。

バイナムは、17得点、11リバウンド、2ブロック。シュートは8-11の効率の良さで、打った本数も、多かったです。積極的に、オフェンスに絡んでいました。ディフェンスで、ニューオリンズのパスのレーンに突っ走って来てのスティールもありました。あまりの速さに、一瞬コービーかと思ったのですが、それにしては、デカ過ぎるし、ロンにしては、速過ぎるし、一体誰かと思いました。その位、動きが良かったです。

ロンは、15得点、6リバウンド、2スティール。シュートは6-14、3ポイントは2-5でした。無理に打つべきではないシュートを打っていないのが良いです。ディフェンスでは、コービーに代わって、ポールを何回か、ガードして、よく抑えていましたが、トレバーには、8-15の22得点と、爆発されました。

フィッシャーは、9得点、4アシスト。シュートは2-9と、引き続き不調です。

ラマーは、16得点、7リバウンド。シュートは8-12と絶好調でした。よく、ペイントに入っていました。打った本数も、いつもは控えめなラマーとしては、かなり多い方です。ラマーがこれだけ積極的にプレーすると、他のベンチプレーヤーに、注意が行き届かなくなるので、プレーしやすいです。今日は、よくバーンズがフリーになりました。ラマーに、ニューオリンズの注意が集中していて、バーンズに対する注意が疎かになったのだと思います。

ブレイクは、無得点、3リバウンド、5アシスト。病み上がりとしては、よく走っていました。チームメイトがよく見えて、良いパスをだしていました。シュートは0-2と、引き続き決まりません。欠場明けだからと言いたい所ですが、欠場前も決まらなかったので、それが原因ではないと思います。多少は得点もしてくれないと、厳しいです。

シャノンは、3得点、2リバウンド、3アシスト。シュートは1-4で、決めたのは3ポイントでした。

バーンズは、8得点、4リバウンド、2スティール。シュートは4-4で、どれもよく動いてフリーになっての楽なシュートでした。ラマーが注意を引いたのと、ブレイクが良いパスを出したのもありますが、よく動きました。12分のプレーで、3倍のミニッツのパオより、1少ないだけの、4リバウンドも立派です。

ディフェンスは、コービーがポールをガードしていたので、ポールにペイントに入られることが、殆どありませんでした。最初のディフェンダーが抜かれない為、チームメイトがヘルプのために動き回る必要がないので、他のプレーヤーに対してのディフェンスが崩れませんでした。ゲーム1では、ニューオリンズのターンオーバーが3、レイカーズのスティールが1しかありませんでしたが、今日は、ニューオリンズから16ターンオーバーを誘い、レイカーズは6スティールがありました。全般的にローテーションも効いていて、オープンのジャンプシュートを、殆ど与えませんでした。但し、与えたフリースローが32本と、ちょっと多過ぎました。ニューオリンズのフリースローが、20-32と、よく外してくれたのに、助けられました。

オフェンスでは、よくパスが周っていました。今日は、各プレーヤーが打ったシュートの本数が、多い方から、ロンが14本、ラマーが12本、バイナムが11本、パオとコービーが10本、フィッシャーが9本と、均等に打っていたので、ニューオリンズも、誰をカバーしたら良いのか、決めかねたと思います。


Ranking 1

2011/04/21 18:37  Lakers | コメント(9)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ももちゃん

ビッグマン3人の内、2人が得点で活躍して、後の1人は、得点は駄目でも、リバウンドしてくれたら良いです。ロンが好調だと、楽ですよね。


>>ゆ~すけさん

仰るとおり、ランドリーが怖くて、ドライブできないなんて、話にならないです。パオは、これまで、結構リバウンドは安定して獲っていましたよね。むしろ、バイナムの方が、ばらつきがあったのに。


>>しゅうさん

1Qにリードされた時は、ハラハラしました。ロンがこのままプレーしてくれたら、楽ですね。ニューオリンズで2勝して、ホームで決めたいです。ニューオリンズは遠いので、もう一度行くのは、ベテランチームには、辛いです。


>>Venzaさん

3連休なんですか。日系の会社は、グッド・フライデーが休みにならない所が多いと思っていました。

私も、2Qの終わりは、コービーは、恐らくドライブしてくると思って、3ポイントラインのかなり内側まで行って振り返ったので、仕方が無いと思いましたが、3Qの終わりは、見ていても3ポイント狙いなのが分るのに、分っていることをやられたのは、気分が悪かったです。

解説はレジーでした。私は、ローカル局でも中継があったのですが、たまには違う解説者も聞いてみたいと思って、途中からTNTを見ていました。やっぱり、ディフェンスをしっかりすると勝てますよね。
[ 2011/04/23 05:18 ] [ 編集 ]
Mayさんこんにちは、今日から3連休ですね。
3Q の最後のプレー、2点を献上してもいいからスリーだけは勘弁と思ったらポールに決められてしまいました。
ポールは2Qのラストも決めていましたので、点差を考えてもポールが再度スリーを狙ってくる確立が高い場面だったと思います。ブレイクは抜かれてもいいからもっとタイトにいってほしかった。
解説者(レジーでしたか??)も言っていましたがチャンピオンシップのようなディフェンスでしたね。今日もフィジカルディフェンスに期待します。

[ 2011/04/22 23:38 ] [ 編集 ]
とりあえず一安心しました。
ゲーム中、プレイしてない自分が緊張で手が震えてました…

さすが経験豊富なチームだけあって、ゲーム1でやられたところを修正してきましたね。
最後もロンがゲームをしっかりしめてくれました。
昨シーズンもですが、プレイオフに入ってからのロンはとても心強いです。

正直楽勝でセミファイナルに行くと思っていたのですが、やはりポールがいる限り手ごわいです。
次からロードなので、楽勝とはいかないと思いますが、ゲーム3,4と連勝してもらいたいです。
[ 2011/04/22 20:52 ] [ 編集 ]
しかし兄ガソルはホーネッツのインサイド嫌がってたらこれからどうするつもりなんでしょ?
ダラス スパーズ東ならブルズ セルツ ヒート マジック …(^-^;


2回も優勝しちゃったからもうお金稼げるくらいで適当に流しちゃおう的なとこですかね?
でもシーズン序盤のバイナムがいない時期とかはリバウンドばしばしとってましたもんね(^-^;
[ 2011/04/22 15:57 ] [ 編集 ]
一安心しました!

バイナム、ロンそしてオドムの好調ぶりが
なんとも頼もしいです!

これでフィルがいるのですから負ける気が
しないんですよね(笑)

あとはパオが行方不明にさえならなければ!です。
[ 2011/04/22 13:23 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
コメントを下さった皆様、こんにちは。


>>Blancさん

ほっとしましました。

スペイン人気質なんですかね?ソフトというイメージが出来上がっていて、相手がみんな、フィジカルにプレーして来るので、大変なんだと思います。でも、そういうイメージを作った自分に責任があると思います。


>>かずさん

コービーはディフェンスで良い仕事をしたから良いですが、パオは両方とも駄目でしたよね。

バイナムとラマーが頑張ってくれれば、1回戦は何とかなりますが、先が厳しいです。


>>奈穂美さん

ゲーム2の記事は、本当に無かったと思います。奈穂美さんの勘違いではないですよ。FC2のトラブルです。

タイになってほっとしました。ロードで二つ勝って、ホームで決めたいですね。
[ 2011/04/22 09:54 ] [ 編集 ]
あれれ、すみませんー
Mayさん、さっきのラマーの記者会見の記事にしたコメント、無視してください。ブログ村から来たら、ラマーの記事が最新だったもので、まだゲーム2の記事がアップされてないと思っちゃいました。ごめんなさい。

シリーズ、タイになりましたね。ゲーム1では3に抑えたホーネッツのTO、昨日は16とドカンと爆発でした。振り出しに戻りましたが、ロードに強い(はずの)レイカーズ、ニューオーリンズで思いっきり弾けて欲しいです。特にパウ…。目を覚まさなきゃ、アカン!ですね!

西の1位、2位は仲良くゲーム1で負けましたが、これまた仲良くゲーム2は勝ち取り、取りあえず強者の威厳は保てました…よね??
[ 2011/04/22 08:09 ] [ 編集 ]
やった勝ちました!!!
2連敗したらどうしようと悪夢にうなされる日々でしたが、ようやく一安心です。

コービーとパオの調子が悪くても勝ってすごいですよね。
大事なのは、ディフェンスとリバウンドです!!!
オフェンスは波がありますから。
(ファイナルに向けて徐々によくなることを期待)

今回はビックマンの2/3が頑張りました。
後はパオの復活を祈るばかりです。
次は圧勝してほしいですね。
[ 2011/04/22 07:08 ] [ 編集 ]
初勝利うれしいですね。
でも、プレーオフで初戦を落とした年にファイナルを制したことは1度もないので不安が拭えません。

パオはやっぱりスペイン人という気質なのでしょうか?
もーこの気持ちどこにぶつければいいのか..( ノД`)
[ 2011/04/22 06:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション