レイカーズ、4Qにスターターが行方不明

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、4Qにスターターが行方不明

Final Score



1Qは、出足からコービーが好調で、連続して決めると、パオも続きますが、それ以外から得点ができません。半ばにフィッシャーが3ポイントを決めるまで、コービーとパオ以外は、無得点でした。それでも終盤まで、リードを保ちますが、キッドとテリーの連続3ポイントで逆転されます。終盤登場したベンチも、ダラスがストヤコビッチとテリーの活躍で、シュートが合わせて4-7、10得点なのに対し、レイカーズのベンチは、シュートがバーンズのレイアップ1本のみの1-5で、得点でもラマーのフリスローを含めて、僅かに4点でした。1Qから、早くもベンチの差が出ました。25-23の2点ビハインドで、コーターを終了します。

2Qは、出足にラマーとシャノンが決めて追い上げますが、ディフェンスで止められないので、点差が詰まりません。それでも、半ば前にバイナムのダンクで1点差に追いつきますが、直後にヘイウッドから、ダンクのお返しをさて、離されます。半ばにスターターが戻った時点では、5点ビハインドになっていました。そこから、ビッグマンとコービーが決め、徐々に追い上げると、終盤には、フィッシャーの1人ファーストブレイクからのレイアップで、逆転します。その後も、コービー、パオがバスケットにアタックしてフリースローを獲り点差を広げ、再度フィッシャーがレイアップを決め、7点リードにまでします。残り3秒ちょっとで、ノビツキーに決められ、5点差になった時点で、このままハーフタイムと思われました。ところが、ラマーが諦めずに、ドリブルして、ハーフコートからシュートを放つと、何と、テリーがファウルをして、フリスロー3本を貰います。ラマーは3本全部をきちんと決め、8点リードとし、又、このままハーフタイムかと思われました。ところが、又々、今度は、リバウンドに備えて、ゴール下でポジション争いをしていたノビツキーをロンが絡んで、苛付いたノビツキーが、ロンにエルボーし、テクニカルを獲られます。このフリースローを、コービーが決め、53-44の9点リードで、ハーフタイムへ。

3Qは、開始直後、ロンがスティールからレイアップを決めると、ディフェンスでは、フィッシャーが2連続でスティールし、パオのダンクとコービーの3ポイントに繋がり、16点リードとなります。この直後にダラスがタイムアウトを獲り、タイムアウト明けから、連続して決めます。レイカーズは、バイナムとコービーが決めますが、その間に、ロンが、まず、無理にモタモタ、ヨロヨロとペイントにドライブしてスティールされる得意のプレーをすると、次は、パオが、ボールを貰っても、どうしたら良いのか決めかねて、長々とドリブルしている内に、ダブルチームされ、スティールされる得意のプレーをします。この2つのターンオーバーから、ダラスは得点しました。この時点で、まだ8点リードでしたが、見ていて、「今日負けたら、この2つのターンーバーが原因。」と、ふと思いました。得点を与えただけでなく、元々タイムアウト後、ダラスに傾きかけていた流れが、一気にダラスに変りました。この後、ロンが、時計がまだ10秒以上も残っているのに、安易な3ポイントを打って外すと、ブリューワーに3ポイントを決められ、3点差にまで詰められます。ここからは、コービー以外は、誰も決められない状態になりますが、コービーがよく決めたので、点差を徐々に広げ、終了間際には、パオがよくフリーストーを獲って決め、78-71の7点リードで、コーターを終了します。

4Qは、出足に、又、ベンチの力の差がでました。ダラスは、ストヤコビッチやテリーに加え、ベンチとプレーしていたノビツキーが着々と得点するのに対し、レイカーズは、シャノン、バーンズ、ラマーが、次々とジャンプシュートを打っては、外します。序盤で、2点差にまで追い上げられると、バーンズがトランジションでよく走って楽なレイアップを決めますが、ノビツキーに3ポイントを決められ、1点差にまで、詰められます。その後、離せば追い上げられるを繰り返し、半ばにスターターが戻った時には、1点差でした。

これ以降は、レイカーズは、コービーとラマー以外は、全く得点できませんでした。対するダラスは、レイカーズのディフェンスが良くて、得点に苦労しましたが、それでも、ノビツキー以外にも、ストヤコビッチ、チャンドラー、マリオンが決めました。残り19秒ちょっと、レイカーズが1点リード、ダラスのサイドラインからのスローインのオフェンスで、パオがノビツキーにファウルし、ファウルリミットを越えていた為に、フリスローを与え、ノビツキーが2本決め逆転されます。次のオフェンスでは、パオがコービーにボールを手渡すはずが、キッドの厳しいディフェンスで、コービーが躓いた為、パオがキッドにボールを手渡してしまいます。パオはキッドにファウルし、キッドがフリスローを1本外します。残り3秒ちょっと、2点ビハインドからのオフェンスで、コービーが3ポイントを放ちますが、沈めることができませんでした。

コービーは、36得点、5リバウンド。シュートは14-29、3ポイントは4-9でした。足首は、問題なさそうです。

パオは、15得点、11リバウンド、7アシスト。シュートは5-10と、確率は悪くないですが、もう少し打って欲しかったです。ペイントで、ポジションを確立できないため、チームメイトがパオにパスをしようという意思があるのに、できないことが、何回もありました。やる気は満々で、最初から、リバウンドを必死に獲りに行っていました。獲れなかった物でも、獲りに行こうという姿勢が見えました。オフェンシブ・リバウンドも、シーズン中は、チームメイトがシュートを打つと、直ぐにディフェンスに向かうのに、今日は、積極的に獲りに行っていました。

バイナムは、8得点、5リバウンド。シュートは3-8と良くないですが、それよりリバウンドが酷いです。前半に4リバウンドで、後半は1リバウンドしかありませんでした。その上、オフェンシブ・リバウンドは、0です。バイナムは、ダブルダブルが続いて、今度こそ一皮向けたと思った途端に、5-6リバウンドに戻ることを散々しているので、今回も、期待通りと言えば、期待通りです。

ロンは、2得点、3スティール。シュートは1-8、3ポイントは0-3で、オープンなのに、エアボールもありました。ディフェンスでも、ファウルが0です。ファウルをするのが良いという訳ではないですが、それだけ、消極的だったと思います。オフェンスでは、貢献しなくても、足を引っ張ることだけはしないで欲しいです。

フィッシャーは、8得点、6アシスト。シュートは3-6ですが、決めた3本は、全部前半で、後半は、無得点でした。

ラマーは、15得点、12リバウンド。シュートは5-10、3ポイントは0-1でした。相変わらずジャンプシュートが決まりませんが、1回戦は、決まらなくても、打ち続けていたのが、今日は、殆どがバスケットにアタックでした。

ブレイクは、お馴染みの無得点の上、アシストも無しでした。対するダラスのバックアップガード、ブレアがシュートが3-6の8得点、5アシストなのとは、対照的です。ディフェンスでも、ブレアに付いて行かれません。ベンチでは、ラマーと給料泥棒のルーク以外では、ブレイクが唯一、まともな給料を貰っているので、給料に見合った活躍をして欲しいです。

シャノンは、6得点。シュートは3-6とまずまずです。

バーンズは、4得点、5リバウンド。シュートは2-6と良くないですが、相変わらず、リバウンドで頑張ってくれています。

ディフェンスは、ペイント近辺は良かったですが、アウトサイドが悪かったです。パスを周されている内に、ローテーションやヘルプで、3ポイントシューターが、オープンになることが、何度もありました。ダラスの3ポイントは9-20の上、コービー対策でスタートしているディフェンス専門で、オフェンスは全く期待されていないスティーブンソンが0-2なので、それ以外は、9-18の50%です。

リバウンドは、前半が26-17のブラス9だったのに、後半は23-18のマイナス5でした。パオとラマーは、前半も後半も、ほぼ同じ数のリバウンドを獲っているので、後半に1しか獲っていない、バイナムが原因です。

オフェンスは、前半はスターターでは、コービー、パオ、フィッシャーの3名以外は行方不明、ベンチでは、ブレイク以外が、まずますでしたが、後半は、まず3Qに、スターターでは、フィッシャーが行方不明になり、4Qに入ると、ベンチは、シャノンとバーンズも、2点ずつのみと、影が薄くなり、コービーとラマー以外は、みんないなくなりました。4Qは、コービー以外のスターターが、1本もシュートを決めていません。ロンが0-1、パオが0-1、バイナムが0-2、フィッシャーが0-1の、合わせて0-7です。得点も、バイナムがフリースローからの2得点があるだけで、その他の3人は、無得点です。


ダラスのノビツキー以外のスターターは、4Qに全くプレーしていないスティーブンソンと、全くシュートを打っていないキッドがバスケットがないですが、他の2人は、メリオンが1-1、チャンドラーが1-1の合わせて2-2でした。ベンチ得点でも、40-25のマイナス15点と圧倒されているのが辛いですが、スターターの内4人が、締めの4Qにこんな状態では、勝てるはずが無いです。


Ranking 1

2011/05/03 17:25  Lakers | コメント(14)
snyy9さん、こんにちは。
去年までは、少々ビハインドでも、負ける気がしなかったですが、今年は、少々リードしていいても、勝てる気がしないです。
[ 2011/05/05 17:59 ] [ 編集 ]
ゆゆさん、こんにちは。
ラマーも、必死にやっていましたよ。結果は悪かったですが。まぁ、子供のリーグではないので、一生懸命にやりさえすれば良いという訳にも行きませんが。フィッシュもディフェンスは良かったです。
[ 2011/05/05 17:57 ] [ 編集 ]
今年のレイカーズはどうなってるんですかね?正直三連覇は厳しいどころか不可能に見えます。
[ 2011/05/05 14:52 ] [ 編集 ]
ホーム2連敗。。。 心が痛みます。KobeとBynum以外の全員の首を絞めたい心境でした。
[ 2011/05/05 14:12 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>オカさん

4ゲームの内、3ゲームで、上位シードが負けましたよね。こんなことも、珍しいのでは?

ロンもバイナムも、どうせ長続きはしないだとうとは思っていたのですが、得点は兎も角、バイナムにはリバウンド、ロンには足を引っ張らないことだけして欲しいです。

私は、バスケットにドライブできるラマーが、15本くらいは打って、ノビツキーにディフェンスをさせるようにしたら良いと思います。パオに頑張って欲しいのは、勿論ですが。


>>新参者さん

コービーが点を取り捲ったら勝てないのではなく、他に誰も得点できないから、コービーが点を取り巻くって、それでも追いつかないから、負けるんです。

パオは、終わってみると、スタッツは悪くないけれど、終盤活躍しないことが多いですよね。おっしゃる通り、パオは、給料の面でも、ナンバー2だし、4Qに無得点は、酷いです。

オフェンスはある程度ムラがあっても仕方がないですが、ディフェンスとリバウンドは、一定にプレーして欲しいです。本当に、最初から、疲れますよね。


>>TAKAさん

ベンチの差は、ページャと言ってもいいですね。スターターでは、もう無理ですが、ベンチから出てきて、15-20分なら、まだまだ十分やれると思います。私も、それ程悲観的ではないです。スポーツジャーナストの間でも、まだレイカーズが優位という意見の方が多いみたいです。


>>かずさん

こちらこそ、セミファイナルも、お付き合い願います。

コービーのアシストがないのは、パスを出していないというより、パスを出しても、決めていないのが原因です。ロンが外したのも、何本かは、コービーからのパスでした。4Qは、誰も決めないので、パスをしなかった部分はありますが。

仰る通り、あれだけ4Qに誰も活躍しなくて、2点差なら、悪くはないですよね。


>>しゅうさん

今シーズンは、ハーフにリードしているのに、後半で負けたり、二桁得点差をひっくり返されて、負けるのが多いです。

ベンチは、ページャをもうちょっと抑えて欲しいです。ロンもバーンズも、自他共に認めるディフェンスのスペシャリストにしては、ページャに二桁得点は、情けないです。

おっしゃる通り、シュートは、誰でも、好不調の波があるので、仕方が無いですが、ロンの場合は、不調な時の方が、無理して打つことが多いです。自分のスタッツを気にしているとしか思えないです。


>>Blancさん

それに、ここ数年、POで楽に勝ち上がったチームは、去年のオーランドといい、一昨年のクリーブランドといい、コロッと負けていますよね。苦労して、悪いところが全部出ながら勝ち上がった方が、良いと思います。

パオは、終盤にも、気合で頑張って欲しいです。ロンはディフェンス、バイナムは、リバウンドをきちんとやって欲しいです。得点なんて、欲は言いません。


>>国士さん

チャンドラーは、身長の割りに動きが良いですよね。テリーは、背が低いので、コービーとミスマッチになります。

4Qは、確かに、コービーが戻るのが、少し遅かったですよね。主力を早めに投入もいいですが、コービーがベンチとプレーしても良いと思います。ベンチは、バックコートが、弱すぎます。


>>カンエイさん

締めが悪い負け方は嫌ですね。最近、みっともない負け方をしても、驚かないです。でも、ゲーム2に勝って、3か4のどちらかに勝って、2勝2敗で、ホームに帰ってくれば良いです。


>>ももちゃん

負けた後の、ビールは苦いですよね。私も、アイスクリームが欠かせません。
[ 2011/05/04 18:11 ] [ 編集 ]
二桁差があった時、今日はビールがおいしく飲める!なんて仕事中ニンマリしてました!けどビールよりアイスクリームでした(笑)

残念です…それも近差だけに。

次は全員バスケでどうか勝って欲しいです。
[ 2011/05/04 13:54 ] [ 編集 ]
今年はホントに火つきが悪いですね。7位のホーネッツに油断して、初戦落としたのはまだ分かりましたが、相手は3位のダラスです。ホームゲームの大切さがわからないわけではない筈ですが。
そして、今日の敗戦がある程度予測できてしまうのは、ファンにとっては好ましい物ではないです。

負けるのは仕方ないですが、勝てた試合だっただけに、見てて情けなっかったです。
初めのホーム2試合は、確実にとって欲しかったです。
[ 2011/05/04 06:54 ] [ 編集 ]
今日は、最後のシュートが決まって勝っていたとしても課題が残ったゲームだと思います。ダラスのタイムアウト後に、16点差を数分で3点差に詰められた点や、ベンチ陣がジリジリ点差を詰められた点が敗戦の根本的な問題点だったと思います。

個人的に試合を見ての(スタッツに現れない部分の)感想ですが、1つにはチャンドラーのディフェンスが機動力もあり苦戦気味だったので、対策が必要だと思いました。もう1つには、テリーとコービーが同時に出ている時間帯に、スイッチしてコービーがテリーを攻めると効果的だと思いました。

異論もあるかと思いますが、コービーが4Qにベンチ時間が長い→点差を詰められる→コービーが点を取りに行く必要性が高まる→点を取ってくれるものの、コービーが消耗する。の流れに対して、後3分程早くコービーが出てベンチ陣と点差を詰められないようにするという展開もあったのだと思います。もちろん、簡単に詰められたベンチ陣の奮起に期待しますが、流れが悪い時には、ノヴィツキーの様に(4Q最初から出てましたが)早めの主力投入も考えてもよいのではないかと感じました。
[ 2011/05/04 02:22 ] [ 編集 ]
2点差で負けてしまい残念でしたね。
レイカーズは不安要素を抱えつつもだんだん調子を上げて強くなるからそんなに心配していません。

なによりコービーの足首が大事に至らなくて良かったです。

パオのやる気満々なのはうれしいですね。
これでロンもバイナムも闘志を燃やしてくれたら・・・次戦に期待します!
[ 2011/05/04 00:34 ] [ 編集 ]
今日はがっかりしました。
16点差つけたとき余裕かなと思っちゃった自分が残念です。
今シーズンはひっくり返されることも多いですが、プレイオフでこうなるとは…。

2Qに相手が必死に2点をとってもそれをあっさり返すシーンが多かったので、力の差はあるように思ったんですが…。
テリーにはある程度は仕方ないとは思いますが、ダラスベンチに取られすぎました。

ロンロンはシュート外すのは、調子などあるので仕方ないですが、セレクションを考えず無茶に打つのはちょっと厳しいですね。
流れが変わってしまいますので。
あとファール0ってのが意外でした。
ファールをうまく使って相手を威嚇してもらいたいところですね。
タフなディフェンスで相手の調子を崩してくれれば。

ゲーム2ではチーム全体の奮闘を期待したいです。
[ 2011/05/03 23:19 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます、セミファイナルもよろしくお願いします。
大事な初戦負けてしまいましたね。
いくらなんでもここまでコービー頼みだと負けますよ...。
試合が見れないので、わからないのですが、コービーのアシスト0は何故でしょうか?
今日はあまりパスを出さなかったのでしょうか?

スタッツを見るとダラスはみんな比較的しかっりシュートを決めています。
レイカーズはシュートが不調の選手が多く、これで2点差ということはみんながキッチリ仕事をすれば次戦以降は勝てると信じています。
バイナムは今日たまたま不調だっただけです、彼は変わりました(多分)。

頑張れレイカーズ!
[ 2011/05/03 20:54 ] [ 編集 ]
フィルの「初戦を制したら勝率100%」は一体いつ見れるのでしょうかね。
意外とぺジャがめんどくさいですね。
もう終わったプレイヤーと思っていましたがさすがになかなかのシュートを持っていますね。
ただ今回の敗戦で別にそこまで悲観的にならなくてもいい気がします。
明らかに相手のほうがOFで得点しているプレイヤーが多く且つ全員の確率が高い。
対するレイカーズはバイナムのRが激減し、ロンが行方不明ななかでもコービーという個人でここまでいい勝負をできたということですから、次は本来の力を見せて勝利したいところです。
[ 2011/05/03 20:11 ] [ 編集 ]
よくレイカーズはコービーが点取りまくったら勝てないと言われ、実際その通り何ですけど、今年のレイカーズは今日みたいにコービーが高確率で決めてても勝てない試合が結構ありますよね。

いくらコービーの調子が良くても全体的にコービー任せにしすぎですね。ワンマンチームだった5~6年前と選手達のレベルは全く違うはずなのに、他人任せという意識1つの問題だけで当時のチームと何ら変わり無いです。

特に試合通してのスタッツは久々に立派っちゃ立派ですけど、勝負所の4Qで弱気になって攻め気を失い、ボケーっとコービー眺めながら動きもしなくなり、珍しくボール持ったら持ったでアタフタしてただけのガソル。

確かに大半のベンチやアーテスト、バイナムも酷かったんですけど、肝心の4Qにガソルがもう少し気概を持ったプレーを見せてれば何とかなったと思える試合でした。

しかしガソルだけじゃ無く課題は多いですね。ムラだらけの選手はやっぱりムラだらけだったし。とにかく何とか鬼門の日曜の昼間開催の第7戦に縺れ込むような展開だけは避けて欲しいものです。昨ファイナルの最終戦みたいに胃に穴が空きそうになるゲームを2回戦からやられてたら身体が持ちません(泣)
[ 2011/05/03 19:13 ] [ 編集 ]
サンダー、シカゴ、ボストンと優勝候補が次々と初戦で敗れていったのでレイカーズももしかしたら…と思ってたら本当に敗れてしまいました。

ロンはまた悪いクセが再発してしまったようですね。バイナムのリバウンドが少ないので今後のチャンドラーとのリバウンド争いに勝てるでしょうか。パオはメンフィスの弟に勝る活躍をしてもらわないといけないので今日だけでなく今後も安定した働きをしてもらいたいです。

コービーにおんぶに抱っこ状態ではさすがにこの先勝っていけません。コービー、パオ以外のメンバーにもぜひ奮起を期待したいです。
[ 2011/05/03 18:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。