レイカーズ NBAファイナル・リマッチを制する

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ NBAファイナル・リマッチを制する

今日の、オーランド対レイカーズのゲームは、シーソーゲームの末、レイカーズが98-92で勝ちました。

1Qは、レイカーズが3ポイント4本を含むシュートを次々と沈め、スタートダッシュを決めました。2Qに入っても勢いを持続し、特にシャノン・ブラウンが、前半だけで、11得点の大活躍。半ばには、13点リードに持ち込みました。ところが、両チーム共スターターに戻った途端、オーランドが勢い付き、徐々に追い上げられ、前半を52-47の5点リードで終えました。

3Qに入ると、3ポイトが決まり出したオーランドに、14連続得点を許し、最大9点ビハインドに。そこから何とか持ち直すと、3Qを68-64で終えました。4Qは、レイカーズのジョーダン・ファーマーの3連続バスケットとフリースローでの9連続得点を含む15連続得点で開始し、一気に9点リードに。今日は、これで楽に勝てるを思った途端、今度はオーランドが7連続得点。とにかく両チームの連続得点が多いゲームでしたが、最後はレイカーズがディフェンスで良いプレーをしたのが、勝因になりました。

今日は、コービーが19本中4本のシュートを決めただけで、11得点と不調でした。HCのフィル・ジャクソンによると、背中の怪我の影響で、金曜日のゲーム後の2日間は全く練習をしなかったので、それが響いたとのことです。それでも勝てたのは、ベンチのシャノン・ブラウン(22得点、2スティール)、ジョーダン・ファーマー(11得点)、ラマー・オドム(9得点、16リバウンド)の活躍があったから。特に、シャノンは、カリア・ハイ22得点を、12本中8本を決める効率の良さで稼ぎました。最近、中距離からのジャンプショットの精度が増してきたので、これからが楽しみです。今日の活躍で、オールスターのダンク・コンテスト出場決定に花を添えましたが、皮肉なことに、今日はダンクが一つもありませんでした。



クリック応援お願いします。
人気ブログランキングへ

2010/01/19 18:00  Lakers | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。