マイク・ブラウン記者会見 パート1

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

マイク・ブラウン記者会見 パート1

マイク・ブラウンの記者会見が、昨日ありました。パート7に分かれたビデオを、LAタイムスがYouTubeにアップしています。一度にはできないので、1パートずつ翻訳します。まずは、パート1からです。殆どが、開始のスピーチで、リポーターとの最初の質疑応答だけが、最後に入っています。



<<開始のスピーチ>>
まず、ドクター・バス、ジム・バス、ミッチ・カプチェックに感謝の意を表して、記者会見を始めたいと思います。

ロサンゼルス・レイカーズで働くことができるのは、私にとって、大きな機会です。私は、レイカーズとバス家の、長年の成功に対し、多大な敬意を持っています。ミッチ・カプチェックと一緒に仕事ができることに、死ぬほどスリルを感じます。彼は、素晴らしい人物で、このチームを見れば、誰もが分る通り、このロスターを作り上げる、甚大な仕事をして来ました。

全ての組織が、成功を続けるように努めます。レイカーズは、バスケットボールだけでなく、全てのスポーツで、そのレベルに達している、数少ない球団です。私の目標は、その針路を継続し、既に構築された、とても強靭なチャンピオンシップの土台の上に、チームを作り上げることを助けることです。

私は、フィル・ジャクソンと、彼の功績に対し、絶大な尊敬を持っています。私は、フィル・ジャクソンの代わりができると思って、来たのではありません。(*下記)私は、このチームと組織が、自身の成功への道を切り開くのを、助けるために、やって来ました。それをするのが、楽しみです。指導者としての、私の責任は、この組織に、最大限の成功の基盤を、提供することです。最大限の成功は、毎年、ここの壁に掛けられています。

私は、風習を明確にし、役割を明確にし、責任を問います。風習の一部、又は、風習の構造は、信頼、コミニケーション、ディフェンス、言い訳を許さない思考、家族的環境、練習に打ち込む精神に基づくことになります。私は、ここLAに来て、ここのプレーヤーと一緒に仕事をし、既に達成された過去の成功の上に、チームを作り上げるのを助けることに、大変興奮しています。仕事にかかる準備ができています。


<<質疑応答>>(3:30~)
ここからの、リポーターの質問は、聞こえ難いので、必ずしも正確な訳ではないです。
R=リポーター
B=ブラウン

R:プレーヤーの何人かと連絡を取りましたか?取ったとしたら、何を話しましたか?

B:たった今話したのはマット(バーンズ)で、やって来てくれて、少し気楽になった。(バーンズは、記者会見にも出席していました。)話したけれど、ハローと言っただけだ。それ以外は、デレク・フィッシャーと奥さん、パオ・ガソル、ミス・バイナム(バイナムの彼女のこと)、バイナムは若いので、そういう言い方をしておきます。バイナムは、私が電話を入れた時には、家にいませんでした。ロン・アーテストとも話しました。コービー・ブライアンとは、電話やテキストで何回が話し、会って長く話しました。


*コメントから、英語が良く分る方もいらっしゃるようなので、その方々の中には、この部分が、全く誤訳ではないかと、思われる方も、いらっしゃるかもしれないです。この部分の直訳は、「私は、彼の、靴のサイズは知りませんが、彼の靴を満たすために、来たのではありません。」です。

英語(米語?)で、「fill ○○’s big shoes」(○○の大きな靴を満たす。)という言い方があります。これは、ブラウンがフィルの後任になる様に、偉大な前任者を引き継ぐ場合や、スタープレーヤーが欠場した場合に代わりにスタートする様な場合に使います。スポーツだけでなくて、全ての世界で使えます。例えば、会社で業績があった人が退職した後に、その役職を引き継ぐ場合も使います。和訳するとしたら、「代わりを務める」「後を十分に引き継ぐ」「穴を埋める」という意味でしょうか?実際、靴のサイズには一切関係なく、23センチの靴を履いていた、業績のある女性の後、30センチの靴を履いている大柄な男性が引き継いでも、「彼女の大きな靴を満たすのは、彼には大変だ。」と言います。

「靴を満たす」というのは、そのことです。「靴のサイズは知りませんが」という部分は、単に冗談です。つまり、意訳すると、「私は、フィル・ジャクソンの代わりができると思って、来たのではありません。」ということです。


Ranking 1

2011/06/02 17:07  Lakers | コメント(4)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ゆ~すけさん

フィルだったら、たとえミスをしても、非難されなかったです。フィルだって、人間だからで済みました。ブラウンだとそうは行かないので、大変です。

「もう来ちゃったんだから」という部分に、ゆ~すけさんのブラウンに対する気持が表れていて、可笑しいです。

私も、ディフェンスでは、リーグ1になるくらいの意気込みでやってもらいたいです。


>>TAKAさん

フィルの後任なので、誰がなっても文句は出ます。ショーだったら、そうでもなかったと思いますが。

ACは、ニューオリンズのACで、クリーブランドでブラウンのACだったマイク・マローンと、面接をするとかしたとか言っていますが、まだ分らないです。ショーは、ゴールデンステートの他に、ヒューストンとも面接をしたようですが、ヒューストンは、ケビン・マケイルに決まりましたよね。そうなると、ゴールデンステートになるのでは?話は変わりますが、元セルティックのマケイルがヒューストンだと、レイカーファンは、ヒューストン戦は、燃えるでしょうね。


>>カンエイさん

私も全く同感です。

全員のディフェンスに対する意識を、変えてくれたらいいです。特にパオは、バイナムと一緒にプレーしていると、バイナム任せになることが多いので。
[ 2011/06/03 10:49 ] [ 編集 ]
オフェンスがコービー頼みにならないようにだけお願いしたいですね。
全盛期のコービーを知っていると、コービーが30、40点とる試合をたくさんみたいとやはり思ってしまいますが、コービー自身それを良しとしないでしょうし、レイカーズはコービー一徹のチームではありませんしね。

最初はアデルマンがと思っていましたが、今はブラウンで良かったと思っています。

パオやアーテストに今一度ディフェンス意識を注入して欲しいです。
[ 2011/06/03 10:34 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。

フィルの後任とだけあって評判はよくないですが結果でファンを黙らせるくらいの勢いで行ってほしいですね。
DFに関しては本当に1流だと思うのでしっかりまず自分の得意なカラーをチームに浸透させて去年のようなDFが壊滅することだけは勘弁です。

ところでOFに関してのコーチはなにか噂があったりしませんか?
あとショーはウォーリアーズでもう決定でしょうか?
[ 2011/06/02 20:49 ] [ 編集 ]
フィルジャクソンの後を受けて、しかもそのままのチームを受け継ぐというのは相当なプレッシャーでしょうけどもがんばってほしいです。
もう来ちゃったんだから後はやるだけでしょうw

とりあえず来期はキャブス時代よりも強固なディフェンスを敷いて鉄壁な布陣でお願いしたいですね!!
[ 2011/06/02 17:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。