Lakers連敗ストップ! - コービー100回目の40得点以上 -

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


Lakers連敗ストップ! - コービー100回目の40得点以上 -

コービーが又やってくれました。怪我の影響が心配で、前半は、彼がジャンプするたびにハラハラして見ていたのですが、もう大丈夫そうです。コービーは怪我をしてもまず休まないし、治るのも早い。ゲーム終了間際に3ポインターを決めて40得点。これで40得点以上のゲームが100回目。チェンバレン(271回)、ジョーダン(173回)に次ぐ、歴代3位です。チェンバレンにはまず追いつかないけど、ジョーダンの記録を目指して欲しいです。ちなみに、現在コービーは、歴代レイカーズのプレーヤーの得点で、ジェリー・ウェスト、カリーム・アブドール・ジバーに次ぐ3位なのですが、2位のカリームとの差が15点なので、次のゲームで彼を抜いて2位に上がるのは間違いなしです。怪我さえなければ、今シーズン終了までには、ウェストを抜いてトップになるのも間違えないので、注目です。

ゲームは、1Qは、初めに出遅れたものの1点リードで終了し、2Qには34得点とオッフェンスが爆発。コービーは、前半だけで、21得点。2連敗中は、前半は互角に戦ったのに後半は押さえられたので、3Qに注目していたのですが、31得点。殆どがベンチプレーヤーで迎えた4Qには、追い上げられて、スターターを戻すことになってしまいましたが、そのおかげで、コービーが40得点に達したので、ファンには嬉しい結果に。

コービーの体調が万全ではないので、ラマー・オドムとロン・アーテストが得点面で奮闘することを願っていたのですが、又不発でした。ちょっと気になるのですが、逆に二人とも自分の数字を気にしてむやみやたらにシュートをしてないのが良いところです。特に、ラマーは、ここ数ゲームアシストが多い。PFがチームのアシスト・リーダーというのはちょっと珍しい。それだけチームプレーに徹しているので、あまり心配はしていません。

アンドリュー・バイナムは、又ダブル/ダブル。20得点/10リバウンド以上は、NBAでは彼とクリス・ボッシュ(TOR)の二人だけ。このままいくと、初のオールスター出場も間違えなしです。

ベンチプレーヤーでは、シャノン・ブラウンが依然として活躍中。昨日も12得点と、このところ二桁得点が続いています。プレーする時間も徐々に増えて、昨日は26分プレーで、ベンチプレーヤーでは最長。シャノンは、私が応援しているプレーヤーなので、彼の活躍は嬉しいです。ファンにも大人気で、彼が登場するとコービーに次ぐくらいの歓声が上がります。今のところ、ベンチプレーヤーが中心の2Qと4Q初めは、不安が多いのですが、パオ・ガソルが復帰して、ラマーがベンチに戻ると、落ち着いてくると思います。

ところで、パオは今日の練習後痛みが出なければ、木曜日のゲームで復帰の予定です。
人気ブログランキングへ
2009/11/18 11:50  Lakers | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション