Dウィル、トルコへ コービーも?

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

Dウィル、トルコへ コービーも?

ニュージャージーのデロン・ウィリアムスが、NBAがトックアウト中、トルコのプロリーグでプレーする様です。

ウィリアムスのエージェントによると、ウィリアムスは、昨シーズン、アレン・アイバーソンがプレーしたベシクタスと、契約に大筋で合意に至りました。契約内容は、1年/500万ドルですが、NBAのロックアウトが解除になると同時に、チームからリリースされる条件が付いています。

ベシクタスは、アトランタのザザ・ペチューリアとも、契約で合意に至っています。ベチューリアは、トルコ国籍を保持しているので、チームの外国人枠を使用する必要がありません。

又、ベジクタスのコーチアージン・アトマンは、「もし、可能性があれば、コービーとも話す。もし、コービーが、ヨーロッパで、デロンや他の;プレーヤーと一緒にプレーしたかったら、話す用意がある。」と言っています。コービーが行かなくても、他のNBAプレーヤーが、ベシクタスでプレーする可能性は、大いにありそうです。


Ranking 1

2011/07/08 08:08  NBA | コメント(15)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>NBAマニアさん

勿論スター選手以外でも契約できると思います。実際、現在海外でプレーしている人は、NBAではプレーできない人が殆どですから。特に、FAなら、ロックアウトが終わっても、リリースしなくて良いので、契約はしやすいです。スターでない人は、一人も契約できないという意味ではないです。サラリーがないとお金に困る人の大半は、契約ができないです。少なくても、過半数が契約するのは不可能です。でも、先週は、スターが続々海外に行くのではという予想が多くて、「NBA Exodus(大量出国)」なんて言われていたのに、今週になったら、あまり行かないのではという予想も出てきたので、どうなるかは分からないですが。


>>魚さん

日本の経済状態もそうですが、コービーがもし海外に行くなら、中国ではという見方も多いです。中国では、コービーがヤオ・ミン以上に人気があるみたいです。なにせ、マーケットが大きいから、サラリーが大したことなくても、グッズの売り上げでカバーできます。ちなみに、デロンも「コービーは中国では?」と言っていました。

でも、基本的には、仰る通り、ヨーロッパ、それも西ヨーロッパが先で、西ヨーロッパに行かれない人が東ヨーロッパ、そでも駄目な人が中国では?
[ 2011/07/12 14:17 ] [ 編集 ]
コービーが日本でプレーするというのは夢がありますねー
 しかし昨今で日本の経済状態だと難しいかもしれません、全く日本のプロリーグの状況には詳しくないですが、NBAの選手を呼ぶとなると全てスポンサーからの持ち出しになるでしょうから・・
 コービーまで贅沢は言わないにしても、ロン(変な行動をするのでチャンスありかと)やアリーザ(これは個人的な趣味です)やサーシャやJJバレア(どんな動きなのか近くで見てみたい)あたりでも間違えて来てくれたら、狂喜乱舞するのですが・・
 でもみんな行くとしてもヨーロッパに落ち着くのでしょうけど、残念!
[ 2011/07/12 07:39 ] [ 編集 ]
当たり前のことですが、NBAのチーム数以上のチームが海外には存在するので、それなりに契約できる選手は出てくるはずです。スター選手に限りません。スターであれば契約しなくてもやっていけるというのも正しいですが、生活に困るレベルの選手の方が契約しやすいというのも正しいです。ですので、おっしゃているような極端なこt(スターしか契約できない)にはならないはずです。現に契約第1号は、sony weemsであり、ロックアウトが解除されても契約破棄されないという条件のようです。

それから、ロックアウト中は選手側が何をしようと自由です。バイクにのっても、スノボをやっても。オーナー側からの接触が禁止されると表現しているサイトが多々ありますが、間違いです。オーナー側が選手を追い出したのがロックアウトです。
[ 2011/07/10 13:48 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
そうなんですよ。特にベテランは、1年丸々プレーしなかったら、きついです。

日本だったら、みんな小さくて、センターでもコービーと殆ど変わらなかったりするので、怪我はあまり心配しなくて良いですね。
[ 2011/07/10 13:15 ] [ 編集 ]
試合勘鈍らせたくないってとこもあるんでしょうねぇ。

どうせなら日本でやりませんかね?
親父さんと一緒にとかだと話題になるのになぁ
[ 2011/07/09 19:24 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
コービーは、年齢と怪我があるので、ロックアウト中は、海外でプレーするべきではないという意見が圧倒的に強いです。でも、コービーのことだから、じっと座っていられないだろうという予測も強いですが。怪我も心配ですが、怪我がなくても、疲労が心配です。


>>もみじさん

海外のプロリーグは、外国人枠があって、契約できるプレーヤーの数が限られます。契約できるアメリカ人NBAプレーヤーは、元々1シーズン収入がなくてもやっていかれるスタープレーヤーだけです。そうでないプレーヤーの数の方が多いです。ロックアウトの目的は、プレーヤーに経済的打撃を与えて、妥協されることです。プレーヤーで多数決になったら、海外のチームとは契約できなくて、収入がないプレーヤーの数の方が多いです。又、海外のチームと契約できるスタープレーヤーがいるチームの方が少ないので、自分のチームの大事なスタープレーヤーが海外でプレーすることを心配するオーナーの数の方が少ないです。そこで、多少は、オーナーにプレッシャーがかかりますが、実質は大差ないです。


>>しんげんさん

ヨーロッパのプレーヤーは、祖国のチームでプレーする人が多いと思います。但し、ロックアウト解除と同時にリリースするということになるし、高いサラリーを払うので、知名度があって、観客を呼べるプレーヤーでないと、契約はしないと思います。単に、勝利に貢献するというだけでは、不十分です。観客動員を増やせないと。


>>ミスドさん

ロックアウト中なので、チームの許可は必要ないです。ロックアウトは、一時的に、契約を破棄するようなものです。リーグも、妨害しないと言っています。もししたら、裁判になって、負けると思います。労働者をロックアウトした上、他から収入を得ることを禁じるということが、法律で許されているとは思えません。

勿論オーナーは、プレーヤーが海外のリーグでプレーするのは嫌ですが、ロックアウトしている以上、あれこれ言える立場ではないです。


>>まめさん

結構強そうですよね。プレースタイルがダブらなくて、バランスが良いです。コービーとデロンは、仲が良さそうなので、一緒に上手くプレーしそうです。


>>新参社さん

怪我が一番心配ですね。でも、シーズンが丸々なくなったら、ベテランのプレーヤーにとっては、感が鈍って良くないです。どっちにしても不安です。

Dウィルの怪我は、シーズン開始までには、直るのでは?

プレッシャーをかけたいというのもあると思いますが、単にプレーしたいのでは?それと、どんなに高給取りでも、突然収入がなくなるのは、ライフスタイルを変えないといけないので、辛いと思います。


>>しゅうさん

前回は、記憶にないです。昨シーズン中から、外国人プレーヤーを中心に、ロックアウト中は、ヨーロッパでプレーすると言っていた人がいたので、オーナー側も、ある程度見込んでいたと思います。


>>オカさん

トルコに行くと決まった訳ではないですよ。1-2年前に、ギリシャのチームからも、オファーがありましたよね?コービーが来てくれたら、観客動員が増えるので、どこも欲しいのでは?お父さんが、日本でコーチをしていたら、日本の可能性もあったかもしれないですよ。


>>masaさん

私も、「ヨーロッパに行く」と言うのは、戦術でもあると思います。海外のリーグでプレーして収入があったら、ロックアウトの効き目が無いです。特に、スタープレーヤーは、「行かない」と言ってしまわない方がいいです。労働争議の専門家から、アドバイスを受けていて、公にどういった発言をするべきかも指示されているはずなので、言っていることが、必ずしも信憑性があるとは思えないです。


>>TAKAさん

こちらでも、「コービーがじっとしているとは思えない」という見方の人が多いですよ。

シーズンが短くなるだけなら、海外でプレーしない方が良いですが、無くなってしまうなら、ちょっとは海外プレーした方が良いかもしれないです。

私も、ヨーロッパ人が先に決まって、アメリカ人は、後だと思っていました。若手は、スターでも、サラリーがそれ程高くないので、経済的な面からも、海外でプレーしたいのかもしれないです。
[ 2011/07/09 08:46 ] [ 編集 ]
みなさんと反対のことを言いますが・・・
コービーの怪我は確かに治してほしいです。
そして全力でプレーする場所は世界最高峰の舞台であってほしいとも願います、がとてもコービーがじっとしているとは自分にはどうも思えません笑
それならばもうどこかでプレーするのはまぬがれないのでは?
まぁNBAではないので無理をせずにそして怪我をしない程度にお願いしたいですけどね。

D-willみたいな大物が真っ先に決まるとは思いませんでした。
多分ヨーロッパの誰かが1番だろうなと思っていただけに意外です。
[ 2011/07/08 22:27 ] [ 編集 ]
コービーにはしっかり怪我を治してからプレーしてもらいたいです。
コービーももう8月で33歳と若くないのでNBAで出しきってほしいです。
国外のリーグで成績を残したとしてもコービーファンとしては全くうれしくないです。なぜなら、国外のリーグでNBAの選手がプレーして結果を残すのはある程度の選手なら簡単なことだからです。でわなく、私はNBAという世界最高峰のリーグで「現役№1」「ジョーダンに最も近い男」「ジョーダンの後継者」と言われるコービーが大好きだからです。
なので、コービーのプレーしたいという思いはよく分かりますが、そこはグッとこらえて怪我の治療に専念して、分かってはいると思いますがもう1度今、自分は何を欲しているのか考えてほしいです。
コービーにとって、今のと言うかこれからもそうだと思いますが「優勝」が1番の目標だと思うので、ヨーロッパなんかで結果を残しても膝の治りが遅くなったり、治らなくなったらコービーにとって良い事は何一つないので、治療に専念してほしいです。

今、いろんな選手がヨーロッパでプレーしたいと言っていますが、私が思うに、選手たちがオーナーに対し「早くロックアウトやめろ」というストライキにも思えますがどうでしょうか?
[ 2011/07/08 20:38 ] [ 編集 ]
コービーはロックアウトになったら「イタリアに行くのも悪くないね。私は閉じ込められるのではなく、締め出されるんだし、いい話なら行っちゃうかもね」と地元紙のインタビューで言っていたので、まさかトルコだとは思いませんでした。
コービーは今はトルコでプレーするよりもゆっくり休養して怪我を治してほしいです。
[ 2011/07/08 19:13 ] [ 編集 ]
98-99シーズンのロックアウトでシーズンが30試合減ったときもこのような動きはあったのでしょうか?
前々からロックアウトで試合数が減るならノビツキーはドイツ、パオはスペインリーグに一時戻るといわれてましたね。
こういう動きが多くなるのはNBA側も少し嫌がるのではないでしょうか。
個人的にコービーには治療とリハビリを含むトレーニングに専念してもらいたいです。
[ 2011/07/08 17:47 ] [ 編集 ]
試合感は無くしたくないだろうけど、トルコなんかで怪我されたら元も子も無いです。

コービーにはまず身体の治癒と、その後の身体作りに専念して欲しい。中途半端な身体のままNBAを戦い抜こうとすると今年の二の舞になる。

D-wilも怪我治ったんですかね?

彼等ならジョーダンが1度目の復帰の際にピッペンやバークレー、シャック、ペニーその他諸々のオールスターメンバーを集めて身体を一から鍛え直すために行ったとされる特設合宿のような形で凌ぐ事も出来る気がするんですが。

やっぱりオーナー側へのプレッシャーのために海外をちらつかすんでしょうか?
[ 2011/07/08 15:44 ] [ 編集 ]
コービー、デロン、パチューリアが同じチームに入ったら、NBAの下の3、4チームより強いチームになるんじゃないすかね(笑)

コービーには怪我を治してもらいたいですが、デロンとコービーのチームは観たいです。
[ 2011/07/08 13:08 ] [ 編集 ]
これネッツは許可したんですか??というか今はロックアウト中だからチーム関係者と選手は接触禁止ですよね?
でも今デロンはネッツの契約下の選手…

?だらけですがどうなんでしょ?

もしトルコでプレー中に怪我とかしたら…んでnbaのシーズンが始まったらネッツは何も言わないんですかね?

オリンピックや世界選手権の時もnbaのオーナー達の中には自チームの選手が参加するのは疲労や怪我の可能性があるから嫌がる人もいるのに…
[ 2011/07/08 09:12 ] [ 編集 ]
以前のロックアウトを知らないのでわかりませんが、今後このような動きが活発化するのでしょうか?

複数年契約下にある選手がロックアウトだからといって他のチームと重ねて契約するのが問題ないから、コービーも話にあがってくるのでしょうね…
ロンなんかは昨シーズンのようなコンディショニングのミスが起きないように、怠けずどこかでプレイしていて欲しいです。
[ 2011/07/08 09:08 ] [ 編集 ]
海外でプレーする可能性を話す選手は沢山いますがD-willが第一号ですね!

以前お話した宮地さんのツィートによるとこれがオーナー達へのプレッシャーになり、ロックアウトから変化がおきるかもとの事。

ロックアウトが終わり、シーズンが始まればいつでも戻れる契約みたいですが…
数年前からですが日本の野球やサッカーもスター流出問題で悩んでますね…日本の場合は多くの場合、より高い環境を求めての移籍が多いから単にロックアウトの今のnbaとは全然違いますが…

コービーのトルコでのプレーも見たいですが、やはり"世界最高"のバスケリーグ、nbaで輝く姿を見たい!!

早くシーズンを!!
[ 2011/07/08 08:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。