アムネスティーと新サラリー・キャップ

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

アムネスティーと新サラリー・キャップ

アムネスティーの内容が、漏れて来ました。前回とはかなり違います。

*カットしたプレーヤーのサラリーは、サラリー・キャップから外される。

*カットしたプレーヤーが、他チームと契約した場合は、カットしたチームは、サラリーの差額のみを支払う。

*カットされたプレーヤーは、キャップ内のチームのみが、入札で獲得できる。入札されたプレーヤーは、契約を拒否することができない。入札されなかったプレーヤーがどうなるかは、現時点では不明。

ロサンゼルスでは、昨日の夜のニュースでも、「バロン・デイビスを獲る!」と勢い付いていましたが、デイビス獲得は、まず無理です。

新しい、ラクシャリー・タックスの内容も、分かって来ました。最初の2年は、前回通り、dollar for dollar(ダラー・フォー・ダラー)と言って、超えた額$1に対して$1支払う、つまり超えた額と同額を支払うというものです。

3年目(2013-14シーズン)から、タックス・ラインを超えた額によって、タックス額が高くなります。

最初の500万ドル             :$1に対して$1.50(1.5倍)
 500万ドルー1000万ドル    :$1に対して$1.75(1.75倍)
1000万ドルー1500万ドル   :$1に対して$2.50(2.5倍)
1500万ドルー2500万ドル:$1に対して$3.25(3.25倍) 
  * 報道機関によっては、2000万ドルと報道している所もあります。
2500万(2000万)ドル以上:500万ドル毎に$0.50追加

又、5年間で4回タックス・ラインを超えたチームは、各上記額に$1が追加されます。

ここで問題になってくるのは、アムネスティーで、誰をカットするかです。最初の2年は、前回通りなので、あまり響かないですが、3年目から、大きく違ってきます。そこで、単に、サラリーが高いプレーヤーをカットすれば良いというのではなく、2013-14シーズンに、契約が残っているプレーヤーをカットした方が、長期的に、節約になります。

レイカーズがカットするのは、妥当ならルーク、ひょっとしたらワールドピースという見方が圧倒的に多かったのですが、ルークは契約が2年残っているだけなのに対し、ワールドピースは3年残っています。そこで、カットするのは、ルークではなく、ワールドピースではという見方も、多くなって来ています。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/11/29 07:40  NBA | コメント(6)
うーんさん、こんにちは。
一体どこから初めていいのやら・・・・

コービーは給料も高いですが、レイカーズは、コービーのお陰で稼いでいる金額も高いです。お金を払ってチケットを買って見に来る人の殆どは、コービーを見に来るんですよね。ジャージーやグッズの売り上げも、コービー関連の物が、圧倒的に売れます。それに、コービーをカットしたりしたら、ジェリー・バスやジム・バスは、ファンから一生許してもらえないです。ロサンゼルスの人は、ドジャースがピアッツァをトレードしたことを、未だに根に持っているくらいなので。

でも、もしコービーがカットされたら、入札額が物凄いことになりそうです。獲ったチームは、ジャージーの上利上げだけで、大儲けです。ドナルド・スターリングが欲しがるのでは?そうなったら、CP3もハワードも、クリッパーズに行きたがるかもしれませんよ。そう考えたら、面白いですよね。コービー、CP3、ハワード、グリフィン。レイカーズのホームゲームでも、観客席が真っ赤になりそうです。マイアミなんて、問題じゃないです。ジャージーの売り上げだけでも、スターリングは、笑いが止まらないでしょうね。
[ 2011/12/01 13:54 ] [ 編集 ]
アムネスティーをコービーに適用すれば大きな効果では?
有り得ないだろうが、理論上は一番効果的では?
[ 2011/11/30 18:55 ] [ 編集 ]
まめさん&しんげんさん、こんにちは。
>>まめさん

プロスポーツは、ビジネスですから、金銭面が優先になります。それに、メタのスタッツが、これから上がるとは思えません。これから3年、平均7-8得点のプレーヤーに、2000万ドルも払うのは、馬鹿馬鹿しいです。

入札されたプレーヤーは、拒否できないんです。引退するのはかまいませんが。


>>しんげんさん

カットされたプレーヤーは、入札されなかったら、恐らくFAになるのだと思います。でも、ろくなのは残っていないと思います。

前回のアムネスティーは、二重サラリーだったですよね。良い契約ができた人は、丸儲けでした。
[ 2011/11/30 11:19 ] [ 編集 ]
なんどもすみません。
二重サラリーの件は、そうはならないと書いてありました。すいませんm(_ _)m

ただ、やはりアムネスティ条項でカットされた選手と限度額越えのチームがオフでも交渉できないのかどうかは気になります。
[ 2011/11/29 17:05 ] [ 編集 ]
これまた面白い、難しいですね…
カットされたプレーヤーをラグジュアリータックスを払っているチームが採れない…
レイカーズのようにバッチリ豊富な財力があり、オーナーが熱心なチームにはマイナスでしかないですが、リーグ全体を考えると(あくまで戦力の均一化をめざす人にとっては)いい条項かもしれませんね。
カットされたプレーヤーがどこからも入札されず、オフシーズンになったときに、普通に交渉で…ってのも、複数年契約が残ってると二重にサラリーが発生するから無理ですよね? その時は旧球団と選手がバイアウトすればいいのか?? んー…
[ 2011/11/29 14:38 ] [ 編集 ]
こんにちは。更新頻度を上げてくださって、嬉しい限りです。ありがとうございます。

メタの方は、一応優勝に貢献した実績もあるので、サラリーが安くても何にも貢献がなかったルークを切った方が、チームの空気も良くなると勝手に思ってましたが、やはり金銭システム的にメタの方が良いかもしれないですね。

バロンが、レイカーズ以外のチームじゃ入札されてもプレーはしない、とダダをこねたら、どうなるんでしょうか?
[ 2011/11/29 12:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。