レイカーズ コービーのホームタウンで勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ コービーのホームタウンで勝利

今日のレイカーズ対フィラデルフィアは、99-91でレイカーズが勝ちました。

レイカーズのガード、コービー・ブライアントはフィラデルフィアの出身です。彼は、親戚や友人のために、今日のゲームのチケットを40枚買ったようです。フィラデルフィアは下位に低迷していますが、A.I.ことアレン・アイバソンとコービーの同期対決(96年ドラフト)が注目のゲームでした。

1Qは、両チーム共、ディフェンスが良かったというより、オフェンスが貧弱で、19-18とレイカーズの1点リードで終えました。出だしはロン・アーテストが好調で、1Qだけで10得点と、チーム全体の半分以上を得点。コービーは約6分に2つ目のファウルでベンチへ。パオ・ガソルも3本のシュートを全部外して、アーテストがいなかったら、散々でした。

2Qに入ると、レイカーズのシュートが決まり出し、最初の3本を外したパオは次の4本を全部決め、前半を終わって11得点。シャノン・ブラウンも1Qの後半から2Qの前半にかけて6得点(3-5)と好調だったのですが、2Q約8分に3つ目のファウルでベンチに下がることになり残念でした。コービーは、前半2得点(1-7)のみでした。こういう時は、だいたい50得点以下で、負けていることが多いのですが、51-42とレイカーズの9点リードで前半を終えました。

3Qにはレイカーズがスタートダッシュを切って、あっという間に16点リードになりました。ところが、前半はいるかいないか分からないくらいだったA.I.が2本の3ポイントを含む11連続得点で、3点差にまで詰められました。シュートを決めたA.I.もすごいけど、彼がシュートをするのが分かっていて全くガードできなかったデレク・フィッシャーのディフェンスも情けない。コービーがフィッシャーとスイッチした途端、A.I.はシュートできなくなりました。コービーはディフェンスも凄いです。このA.I.の爆発がコービーに火をつけました。3Q後半から4Q前半にかけて、12連続得点。4Qは、点差を広げることも、詰められることも無く、大差のゲームではありませんでしたが、安心して見ていられました。

スロースタートだったコービーは、後半は22得点(9-15)で、計24得点。昨日オールスターへの出場を決めたパオは19得点、10リバウンド。久しぶりに暴れたアーテストは18得点。ベンチのラマー・オドムは、13得点、9リバウンド。反省点は、リバウンドで負けたこと。レイカーズの方が背が高いのに、36-44とマイナス8の上、オフェンシブ・リバウンドを13も許しました。アンドリュー・バイナムが3リバウンドというのが原因ですね。

ところで、A.I.は、全盛期のスピードこそありませんが、まだまだ捨てたもんじゃないです。今日は23得点(10-18)で、3ポイントも2本決めました。オールスターへのファン投票での選出が物議を醸していますが、期待に応えて、良いプレーを見せてくれそうです。



クリック応援お願いします。
人気ブログランキングへ

2010/01/30 14:15  Lakers | コメント(2)
ゆ~すけさん、はじめまして。
私もオールスターのこと覚えてます。確かゲーム後にA.I.「ががっかりした。」みたいなことを言ったと思います。それ以来、あんまりブーがないような....

でも、コービーはブーされるのが大好きだそうです。ブーイングされながらシュートを決めてアリーナが静まり返るのが何より気持ちが良いとのことです。
[ 2010/02/01 05:56 ] [ 編集 ]
こんばんは初めまして!
二年目のコービーに惚れてNBAに本格的にはまった人間ですw


フィリーと言えばいまだにオールスターでの事を思い出します(^-^;
あの時はなんか悲しかったです…
[ 2010/01/31 14:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。