レイカーズ、メディア・デー

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ、メディア・デー

本日、レイカーズのメディア・デーがありました。

1211 MD 3

マイク・ブラウンは、ラマーがダラスにトレードされたことを、知らなかった様です。ミッチから、連絡がなかったそうです。一体、どうなっているのでしょうか?

1211 MD 4

この二人は、開幕時に、レイカーズにいるのでしょうか?

1211 MD 5

コービーの周りは、いつも記者で一杯です。

この他にも、レイカーズのサイトに、写真ギャラリーがあります。


コービーは、練習前に、ミッチ・カプチェクと、約15分のミーティングを行いました。練習場にいた記者によると、コービーは、ミーティング前には、いらついた表情でしたが、ミーティング後は、落ち着いた様子だったそうです。

コービーは、メディアのインタビューで、ラマーのトレードについて、話しています。

「気に入らない。正直言って、気に入らない。ラマーのことは、長いこと知っている。チームにとって、重要だった。ケミストリーの面で、ラマーは、チームをまとめる様なことが、とても上手かった。フロントが、意図があってやっていると信じている。フロントに任せる。邪魔はしない。これは、辛い。

去年のシックスマン・オブ・ザ・イヤーだ。ラマーは、凄い勢いでプレーした。(ラマーが出演している)リアリティーショーや、その関連のことに対する批判が、理解できない。どうしてか分からない。理解できない。去年が、最高の年だった。気が散っていたのではないことが、明らかだ。必死でプレーしていた。どうして、そう(リアリティーショーが原因で集中していない)言われるのか、分からない。とても、頭に来ている。特に、奴ら(ダラス)にトレードするなんて。奴らに仕返しをするはずなのに。見返りが、少なすぎるかって?誰をもらったんだ?このトーレドに、マーク・キューバンは、反対しないだろう。

ミッチに仕事を任せないといけない。ミッチは、この数年、良いチーム造りができることを、証明してきた。今回も、ミッチがそうすることを、みんな信じるべきだ。それでも、友達であり、偉大なプレーヤーが、トレードされるのを見るのは辛い。特に、あのチームに、一見何も無しでトレードするのは。水面下で何かが起こっているのかどうかは、自分には分からない。でも、辛い。ラマーと、一昨日、少し話した。このニュース(ダラスへのトレード)以降は、話していないが、話すつもりだ。

ラマーを失うのは、辛い。パオは、まだ残っていることに、感謝している。数多くの戦いを共にした仲間が、トレードされるのを見るのは辛い。それは、辛い。それが、このビジネスの性質で、誰もが理解している。同時に、それでも辛い。」

今日が、丁度、開幕2週間前ですが、ロスターも決まっていません。今年は、どこのチームのそうではありますが、先行き不透明で心配です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/12/12 09:45  Lakers | コメント(6)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>シジさん

勢いで言ったのかもしれませんね。何が、どうなっているのか分かりませんよ。チャンドラーのサイン&トレードのニュースを聞いて、誰かが、イクセプションについて、ピンと来たのだと思います。ダラスの方から持ちかけて来たなんて、有り得ませんよね。


>>カンエイさん

これで、ハワードが獲れなかった、誰も納得しないです。これからどうなるかは別として、今の所は、CP3を諦めた訳ですから。


>>badさん

パオと違って、苦しい時期をしっていますからね。下から、建て直しに関わってきたという自負はあったと思います。でも、トレードされるのは、評価が低いと感情的に受け止めるのが、間違っているんです。レイカーズは、コービー以外は、誰を出しても構わないけれど、その中で、ラマーとパオしか、欲しがられない訳ですよね?レイカーズだって、できることなら、パオやラマーは出さないで、ルークやワールドピースをだしたいですよね。レイカーズから必要とされていないのではなくて、他チームから必要とされているから、トレードに名前が上がるんですよ。


>>ロンロン大好きさん

具体的の情報は無いですが、レイカーズは、元々、両方欲しくて、その為なら、コービー以外は、誰でもトレードする用意があった様なんです。今シーズン後にFAになるなら、どこもトレードには応じないので、ポールの意思次第ですよね。去年のデンバーも、ニューヨークとはトレードしたくなかったですが、ニューヨーク以外では、メロがサインしないいので、仕方なくしましたよね。ポールも同じです。自分の行きたい所以外なら、サインしないので、トレードできないです。ポールが、メロ程、我慢強く待てるかどうかです。


>>YMLさん

私も、落ち着かないです。ESPNのサイトを開けっ放しにして、暇さえあれば、「Refresh」ボタンをクリックしています。出先でも、電話でチェックしています。みんな、「何かあるはずだ。」と言っています。

去年のメロの例があるので、CP3が我慢強く頑張ったら、まだ可能性はあると思います。レイカーズは、何もできないですが。クリッパーズは、グリフィンにアリーウープを投げられるので、PGとしては、楽しいとは思いますが、何せ、オーナー評判が悪いので、どうでしょうか?
[ 2011/12/12 15:40 ] [ 編集 ]
オドムはトレードをリクエストしていたって話が出ていますね。
コービーが落ち着いたのもそれをカプチャックから聞かされたからではないでしょうか。
下でもおっしゃっている通りコービーと共にチームを支えてきてチームのためにシックスマンを受け入れたという自負があったんでしょうね。

カプチャックも優しいところがあると思うので功労者を少しでも勝てるチームに送ってあげたいという気持ちが働いたのかもしれません。
[ 2011/12/12 13:39 ] [ 編集 ]
YMLさんと同意見です。


シャック退団以降、長らくレイカーズを支えたのは間違いなくコービーとラマーですよね。
フィルやフィッシュ同様に、今のレイカーズを語るに欠かせない人物です。
CP3かハワードでないと、誰も納得しないでしょうね。
[ 2011/12/12 13:37 ] [ 編集 ]
ラマーとバトラーがレイカーズに来たのはシャックが移籍した後の04ー05シーズンでしたね。あの頃は完全にコービーのワンマンチームで、チーム事情とはいえコービーがシュートを撃ちまくってセレクションなんかを凄い批判されてましたが、ラマーがコービーを批判したのは聞いたことなくて、むしろいつもコービーを擁護してたような気がします。
今回のように感情的になって練習をボイコットしたりするのは、確かにプロとしてあり得ないし、ラマーは何があっても納得しなきゃいけなかったと思いますが、レイカーズの低迷期をコービーと共に支えてきたという自負があったんでしょう。
新天地でも頑張って欲しいです。
[ 2011/12/12 12:41 ] [ 編集 ]
Mayさん、いつも貴重なレイカーズ情報ありがとうございます。ところで、CP3まだ諦めてないて言ってたけどまさかドワイトとの両方獲れる可能性あるの?何か具体的な情報あったらお願いします。そのトレード成立させたらミックは神ですね。
[ 2011/12/12 12:34 ] [ 編集 ]
Lamar
もうこのところそわそわしてしょうがないですねー..

少なからずLamarのトレード単品で見ると明らかにクレイジーなので
水面下でハワード獲得を確実にしたと信じるしかありません。

まだCP3獲りもあきらめたく無い気もしますが、
仮にいま噂のClippers入り(かつGordonを手放さず)したら
ClippersのBig3も相当エキサイティングですね。
僕はLamar/Qrich/DariusMilesの時代が好きだったのでそれを超える
脱ドアマットなClippersにも期待したいと思います。
CP3+Blake+Gordon or D-Jordan のトリオはハイライト量産しそうです。
[ 2011/12/12 11:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。