レイカーズ初勝利はブローアウト

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

レイカーズ初勝利はブローアウト

Game Score



今日は、ローカル局での中継がなく、全国中継のにみで、前のボストン対マイアミが長引いたため、1Q、残り3分ちょっとから、やっと見られました。そこで、1Qの印象は、ありません。数字を見ると、レイカーズのシュートが、6-16と、依然として良くないですが、ユタは更に悪く、7-23でした。レイカーズのディフェンスが良かったのか、ユタのオフェンスが悪かったのかは、見ていないので、分かりませんが、2Q以降から推測すると、両方のコンビネーションの様です。18-17の1点リードで、コーターを終了します。

2Qは、コービー、パオが、共にベンチでスタートしますが、ブレイク、カポーノ、メタ、マクロバーツ、マーフィーが、ディフェンスとリバウンドで、奮闘し、リードを徐々に広げます。半ばにスターターが戻ると、得点も加速しました。最初の2ゲームと違って、パスがスムーズに周っていました。半ば過ぎには、点差を二桁に広げますが、終盤、一桁に戻され、又コーターの閉めの悪さが出たかなと思ったのですが、今日は、持ち直して、41-31の10点リードで、ハーフヘ。

3Qは、出足から、レイカーズのシュートがよく決まります。ディフェンスも良く、プレメターのジャンプシューターをクローズするのが早く、ペイントでは、パオが、人が変わったように、全てのシュートにチャレンジします。点差は広がる一方で、半ばには、20点以上のリードを奪っていました。後半も、コービーが、ペイントにドライブし、ファウルを2回取ってフリースローを決めると、今度は、ラジャ・ベルが、ドライブを警戒して、離れて守っていたのを突いて、3ポイントを決めます。パオも積極的にシュートを放っては決め、半ば過ぎには、29点リードにまでなります。終盤、多少追い上げられますが、71-46の25点リードで、コーターを終了します。

4Qは、メタが、積極的に中に入り、ファウルを取り、フリースローを決めます。カポーノも売り物の3ポイントを決め、点差を29点に戻します。ところが、その後、ユタの7-0のランがあり、半ば前に、コービーとフィッシャーが、戻ります。その直後、フィッシャーがボールをスティールされ、得点を許すと、点差を19点にはで、縮められます。4Qに崩れる、レイカーズの得意のパターンかと思われましたが、コービーが、ジャンプシュートと、3ポイントを連続で決めると、今度はドライブしてファウルを取り、フリースローを決め、1分以内に7得点を決めます。半ば過ぎには、レイカーズの得点が止まりますが、ディフェンスが良かったので、追い上げられませんでした。コービーは、残り約3分半、25点リードの時点で、ベンチに戻り、事実上ゲームが決まりました。

コービーは、8-17、3ポイントが3-5の26得点、8リバウンド、5アシスト。膝の調子が良いのが、去年と比べ、ペイントにドライブすることが多いです。ラジャ・ベルをドリブルで抜いてのダンクもありました。

パオは、6-11の22得点、9リバウンド、5ブロック、2スティール。リバウンドは、もうちょっと欲しい様な気もしますが、ブロックがこれだけあれば、その分、リバウンドが少ないのは、仕方がないです。今日は、目つきが違いました。むきになってプレーしていました。4Q、点差が30点近くあるのに、それでも、ブロックに行っていました。4Qに、イーバンクスがファウルをされた後、ボールを拾ってダンクしたりと、やる気満々でした。やればできるじゃないという感じです。

イーバンクスは、0-4でしたが、インサイドに入ってファウルを取り、フリースローは6-6の6得点でした。シュートは悪いですが、1本は、ゲーム終了間際の決めても意味の無い場面で、1本は、オフェンシブ・リバウンドからの、体勢をくずした状態でのシュートだったので、心配する必要はないです。

マクロバーツは、3-7の6得点、6リバウンド、2ブロック。よく動きます。最初の2ゲームもそうでしたが、数字以上にインパクトがあります。ディフェンスでは、シュートを全部チャレンジに行くし、リバウンドは全て取りに行くし、オフェンスでも、ボールを持たないで、良く動きます。解説のレジー・ミラーも、感心していました。

フィッシャーは、3-4の9得点、4アシスト。端から端までドリブルして、レイアップを決め、37歳がバックトゥーバックトゥーバックのゲームをプレーしているとは思えない、元気ぶりでした。

マーフィーは、0-3の無得点、11リバウンド。シュートは決まりませんでしたが、約31分半のプレーで、11リバウンドも獲ってくれたら、十分です。4Qにファウルドアウトした際には、観客から拍手が起こりました。

メタは、5-9の14得点、5リバウンド。引き続き、インサイドによく入りました。ファウルをした方が、ひっくり返される場面もありました。解説のレジーによると、「幅が広いから、場所を取る」のだそうです。ジャンプシュートやフェイダウェイまで決まりだしました。3ポイントのフェイクから、ドライブしてダンクもありました。フリースローも4-5です。昨日に引き続き、顔つきが違います。私は、去年、何が腹が立ったかと言うと、色々あったのですが、その一つが、フリスローの際に、何が何でも決めてやるという意気込みが感じられなかったことと、外しても、さばさばした表情だったことです。それが、昨日から、フリスローラインに行くと、バスケットを、まるで、親の敵の様に、睨み付けています。ベンチメンバーだけでプレーしていた際には、コービーが時々やるように、全員を集めて、コートを指差して、指示をしている姿も見られました。責任をブラウンから与えられて、自分の役割が、はっきり分かって来たのだと思います。

ブレイクは、3-9、3ポイントが2-5の8得点、2アシスト。ブレイクの基準から見たら、良い方ですが、物足りないです。今日は、レイカーズは、よくファウルを貰い、37本もフリースローを打ちましたが、ブレイクは0です。何か一つでも、優れた部分があれば良いですが、全てが平均以下です。

カポーノは、初登場で、17分のプレー、2-6、3ポイントが1-3の5得点。初登場なので、こんなものでしょう。

ルークとガウドロックは、最後の2分弱、ガ―ベッジタイムのプレーで、バーンズはプレーしませんでした。

オフェンスは、1Qは悪かった様ですが、2Qからは、よくパスが周って、シュートも決まりました。パスがスムーズに周る様になってきました。コービーも、ゲーム後のインタビューで、「チームメイトがどこにいるのかが、分かってきた。」と言っていました。パスが良く周るので、相手のディフェンスが崩れて、楽なシュートも、ありました。

ディフェンスでは、ローテーションが利いて、ジャンプシューターをクローズするのも早かったです。ペイントのディフェンスも厳しく、ユタのプレーヤーが、打ちにくそうに打っていました。但し、今日は、ユタのシュートが悪かった面もあります。良かったことは良かったですが、数字通りには取れないです。

明日は、練習は休みで、明後日は、ホームで、メロのニックスです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2011/12/28 17:49  Lakers | コメント(14)
akrさん、こんにちは。
ミニッツがあったら、15点、10リバウンドのペースですよ。今日は26分ちょっとで、10点、6リバウンドなので。リバウンドはマーフィーもいるし。
[ 2011/12/30 17:29 ] [ 編集 ]
マクロバーツ、今年のキーマンですね。
彼がPFで15pts10rebやってくれれば、バウとバイナム出してハワード取りも
可能だと思います。
個人的には良い方向に化けるよう、コービーが導くと期待してます。
[ 2011/12/30 15:02 ] [ 編集 ]
Venzaさん、こんにちは。
そうなんです。苦しかったでしょうね。可愛そうに。

歯磨きペイストのコーマーシャルで、「gingivitis」ってて聞きますよね?これは、歯肉(?)炎です。それから、AleveやTylenolの痛み止めのコーマーシャルで、「arthritis」って聞きますよね?階段を上がりながら、膝が痛そうにしているようなコマーシャルです。これは、関節炎です。

hepatitisとかconjunctivitisもitisが付いていますが、これは、炎症ではなくて感染症だから、変ですよね。恐らく、名前が付いた時点では、感染症だとは知らなかったのだと思います。
[ 2011/12/30 07:37 ] [ 編集 ]
Mayさん勉強になりました。子供が2年前に気管支炎で入院したとき、bronchitisという単語を覚えたのですが、これもそうですね。

会社は明日から4連休です。今日のNY戦楽しみにしています。
[ 2011/12/30 06:49 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>シジさん

ディフェンスは、短い間によく仕上げたと思います。去年は、最後まで治らなかったのに。

パオは、リバウンドに限らず、全て、脚が動かないか、動くのが遅いです。横着なのか、生まれつき鈍いのか?「大男、総身に知恵が・・・」でしょうか?生まれつきならしょうがないですが。


>>Venzaさん

バクボブ、マーフィーは、良いですね。マーフィーは、リバウンドさえ獲ってくれたら、得点は、そこそこで十分です。後は、カポーノが、どの程度使えるかです。

バーンズは、本人は、健康でプレーできると言っているんですよ。どっちなんでしょうね?全然なんでもないのに、そんな話は出てこないので、痛みはあるのかもしれません。

身体の部位の後ろし、「itis」が付くと、その部分の炎症の意味です。appendicitis(盲腸炎)とか、tonsillitis(扁桃腺炎)とか。itisがくっ付く時に、前の単語の最後の文字が変わることがあるので、ちょっと分かり難いです。アスリートによくある、足の底が痛くなる、plantar fasciitisは、よく聞きますよね。Bursaは、調べたら、靭帯と骨の間の小さい袋状の物みたいです。

普段はフリースローが決まる人がよく外したりすると、解説が冗談で、「freethrouwitis」とか、フットボールはファンブルが続くと、「funblitis」と言っていることがあります。

“We want Barnes.”とchantしていましたよね。記事に書こうと思っていて、忘れました。


>>YMLさん

レジー・ミラーもロンと言ってから、ワールドピースと言い直していました。

私も、キーはメタとパオだと思います。

私は、イーバンクスは、スターターの方が良いと思います。イーバンクスの方が、バーンズより良いという意味ではなく、コービー、パオ、バイナムと一緒にプレーしていたら、オープンになり易いので、負担が軽いです。ベンチのレベルを下げないという面でも、バーンズはベンチが良いと思います。


>>カンエイさん

メタは、これが続くかですね。

仰る通り、PGは勿論ですが、まだ1人足り無いという感じがしないでもないです。イーバンクスかガウドロックが、その1人になってくれれば良いですが、そうでないと、大型トレードが必要ですね。
[ 2011/12/30 06:37 ] [ 編集 ]
マイク・ブラウンになってからのチームディフェンスには感心しますね。
ガソルのリバウンドは懸念材料ですね。
手が長い分手だけで取りにいく癖がついているんですかね。
[ 2011/12/30 02:19 ] [ 編集 ]
こんにちは。更新ありがとうございます。

開幕戦のビデオを撮り損ねたので、この試合が今季初TV観戦でした。控えで取った新戦力のインサイド2人がいいですね。マーフィーは下り坂で期待薄だったのですが、あれだけリバウンド取ってくれるとありがたいです。

みなさんバーンズの事を心配していらっしゃいますが、昨日のLA Timesではbursitis in his left hipと書いてあります。hip bursitisは股関節系の病状でしょうか?医学用語は難しいです。ともかく何らかの痛みがあった模様です。

観客からもバーンズコールがおきたほどですから、ファンの想いは同じですね。そのあたりはブラウンコーチも良く分かっていると思うのですが、SFでは役割が無いですね。

[ 2011/12/29 23:32 ] [ 編集 ]
ようやく勝てましたねー。
いまだに実況や解説に「Meta World Peace」と言われても
ピンと来ません...w 

メタの責任感とパオの気合が安定してあとはやっぱりPGがなんとかなれば
まだ可能性はある気がしますが、ブラウン采配にフィットする
ローテーションが早く決まってほしいものです。

みなさんも言ってますが、やはりバーンズをもっと使って欲しいです。
個人的にはバーンズがSFでスタートしてイーバンクスが
コービーの控えで出るパターンも見てみたいです。
[ 2011/12/29 21:29 ] [ 編集 ]
メタが意外によいですね。

今思えば、サクラメントにいたころから何らかの役割をはっきり与えた方が良いのかもしれませんね。

これでバイナムが戻り、シーズン通して健康を維持できて、良いPGが補強できればいいですけど。

それでも、やっぱり大型トレードがないと、ファイナルには厳しいかなと思います。
[ 2011/12/29 11:13 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>annさん

お久しぶりです。

ラマーがいなくなって、ベンチの層が薄くなったと思っていたら、マクロバーツとマーフィーの加入、メタの復活で、結構層が厚いです。

バイナムが戻れば、リバウンドもですが、オフェンスにも幅が出ます。

バーンズは、仰るとおり、勿体無いですね。今はまだローテーションが確率していないので、暫くは、カポーノと併用になるのでは?


>>古参者さん

昨シーズからだと、確かにそうですね。

調子の良し悪しは、誰にでもあるので、仕方がないですが、やる気が無いのは困りますよね。

コービーは、膝が痛いより、手首が痛い方が、良いと思います。膝が痛かったら、動くに動けないです。

マクローバーツみたいなプレーヤーが一人いると、全員が触発されるから良いです。

バーンズは、どうなっているのでしょうね。本当に勿体無いです。カポーノとバーンズを使ってみて、どちらかに落ち着くのだと思います。


>>かずさん

本当に、ほっとしました。

コービーの手首は、まだ腫れているそうです。慣れてきたといえば、慣れてきたのでしょうね。メタは、この調子が続くと良いです。

お気遣いありがとうございます。


>>しんげんさん

特にメタは、セカンドユニットになったので、彼が頑張ると強いです。ダンクは、この2年、外からの無駄打ちが多かったので、そのイメージにも助けられたと思います。後から、スローで見ると、ヘイワードが、リバウンドのポジション取りのため、全然メタを見ていなくて、ドライブして来たのに、気がついていないです。

セカンドユニットと、完全に入れ替えることはしないのでは。恐らく、パオかバイナムのどちらかは、コートにいる様にすると思います。

ところで、ブロードバンドの無料視聴がある時は、同時にNBA TVも、ケーブルか衛星テレビがあったら、無料で見られます。今日は、ニックスのゲームの放送があるので、見ます。教えていただいて、ありがとうございます。
[ 2011/12/29 09:24 ] [ 編集 ]

お久し振りです!!

マグロバーツとマーフィー
なかなか良いですね!!

まだ、始まったばかりですけど期待出来ますね!!
バイナムが戻ればリバウンドがもっと強くなるのでは??

バーンズが出ないのは気になりますね・・・
SFではなくコービーの控えSGでもいけるし、
十分SGにもついていけると思うので勿体ない感じがします。
[ 2011/12/28 23:38 ] [ 編集 ]
やっと勝ちました・・・。

7試合ぶりの勝利です・・・。
プレシーズン合わせたら9試合ぶり・・・。

パオとメタは良かったんですけど、今後も調子の良し悪しのムラは構わないですが、ヤル気の有り無しのムラだけは辞めてほしいです。様子見ですね・・・。

コービーも去年はボロボロ過ぎたんで動きが鈍くキッド相手ですらドライブで抜けず、やれ終わっただ何だと言われてましたが、この3連戦見た限り脚の状態さえ悪くなければ何も問題無さそうです。手首の負傷抱えながらも今年は今のところFTも安定してますし、あとは3Pとハンドリングが以前くらいのレベルに戻れば安心なんですが・・・。

マクロバーツは好感持てますね。正直レイカーズ来るまで全く認識して無かった選手なんですが、バーンズ同様個人的に好きなタイプです。

ところでバーンズは何故出ないんですかね?流石に勿体無いです。
[ 2011/12/28 23:05 ] [ 編集 ]
3日連続の更新お疲れ様です。
今シーズン初勝利!とりあえず一安心です。

スタッツを見る限り、あまりシュートが入っていませんが、ディフェンスで勝ったというところでしょうか?
これでまだバイナムがいない状態だと、考えると希望が持てますね。

コービーの3Pが入りましたね。変な言い方ですが、手が慣れてきたのでしょう。
パオはやはり気合いの問題ですね。やればできるじゃんって感じです。今後も期待したいと思います。
メタが2日続けて活躍しました。トレードしろといったことをあやまらないといけませんね。オドムの代わりにいいシックスマンになるんじゃないかと思い始めてきました。

今シーズンは試合間隔が短く、Mayさんの更新も大変だと思いますが、毎回非常に楽しみにしておりますので、今後も貴重な情報をよろしくお願いします。
(たまには休憩も!)
[ 2011/12/28 19:27 ] [ 編集 ]
パオ、メタが良かったですね。コービーが良いのは前提として、この二人が良ければそうそう負けないとおもいます。強豪相手にはバイナムが必要になりますが。メタのドライブからのダンクはすごかったですね、まさかのメタだったので、\\\"えぇ!?\\\"という声が出てしまいました。横にいた友達に負けそうなのかと聞かれました(笑)メタ、バーンズ、カポノ、エバンクスの時間配分でブラウンは悩んでるんでしょうかね?減らす一番候補だったはずのメタが良いですし…ブレイク、バーンズ、メタ、マクロバーツ、マーフィーあたりで1ユニット組んで回せたらいいのですが…さすがに難しいか?
[ 2011/12/28 18:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。