今日は接戦、最後に抜け出す

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

今日は接戦、最後に抜け出す

Game Score





今日は、マクロバーツが、ベンチに入りませんでした。サクラメント戦で痛めた左足親指の捻挫が、悪化したそうです。私の記事でも、コメント欄で、マクロバーツのミニッツが少ないことが話題になりましたが、怪我があったので、ミニッツを少なくしていたのだと思います。「もしプレーオフならプレーする程度」と本人が言っているので、それ程酷くない様です。

1Q
開始から、半ばまで、両チーム共、シュートがよく決まり、バスケットを交換します。半ばから、レイカーズが、徐々に離し始め、最大5点リードしますが、ヒューストンによくオフェンシブ・リバウンドを獲られ、終盤には、1点差にまで追い上げられます。終盤も、離すと思うと詰められるの繰り返しでしたが、終了間際に、メタがドリブルして時間を使い、ペイントにドライブして、アウトサイドのブレイクにキックアウト。ブレイクが3ポイントを決め、31-25の6点リードで、コーターを終了します。

2Q
序盤は、お互いシュートを外し続けます。最初の2分間は、両チーム共、無得点でした。その後、両チーム共得点し始め、半ば前には、レイカーズが8点リードとします。ところがそこから、ヒューストンに、3ポイントを含むジャンプシュートをよく決められ、じりじり追い上げられると、半ば過ぎには逆転されます。半ば過ぎにメタがベンチに下がると、バーンズではなくて、カポノが登場しました。終盤、3点リードにまでされますが、その後、よく守って得点を与えず、オフェンスではパオ、バイナム、コービーが決め、逆転し、50-46の4点リードで、ハーフへ。

3Q
出足から、お互いシュートがよく決まりますが、ヒューストンのバディンガーに、3ポイントをよくきめられ、追いつかれ、半ば過ぎには、逆転されます。その後、お互い、殆どシュートを外すことなく、僅差で同点、逆転を繰り返し、76-75の1点リードで、コーターを終了します。

4Q
引き続き、打ち合いで始まります。マーティンに3ポイントを決められると、マーフィーがお返し、ドラギッチに決められると、ブレイクがお返しと、序盤は、3ポイント合戦でした。その後、ヒューストンの連続ターンオーバーにも助けられ、リードを広げ始めます。前半は、1本もシュートを打たなかったマーフィーが、3ポイントに続き、中距離のジャンプシュートを決め、半ば前には、リードを6点に広げました。半ばに、パオとコービーが戻ると、パオがドライビング・レイアップ、コービーがフェイダウェイを決め、リードを10点に広げます。ところが、そこから、ロウリーに3ポイントを決められ、メタが、オフェンスでは、3ポイントを外すと、ディフェンスでは、ダレンベアーのダンクを防ごうとして、故意にダレンベアを捕まえてファウルしているのに、ダンクを決められ、+1を与え、一気に5点差にまで詰められ、嫌なムードになります。そこから、コービーが、難しいシュートを続けて決め、ディフェンスでは、ヒューストンに、ほぼ2分間、得点を許しませんでした。残り約2分、コービーのシュートで、11点にリードを広げると、その後は、得点差を、最小でも7点までで、最後だけは、楽に勝ちました。

コービー:37得点(14-29、3PT=2-7)、6アシスト、8リバウンド
シュートは、前半が、5-14と低調でしたが、後半は、9-15でした。手首のテーピングがきつ過ぎて、手首が思うように動かないので、それを調整したのと、肘のスリーブが動きを制限しているので、外したそうです。

パオ:14得点(7-11)、8リバウンド
中距離のジャンプシュートが、よく決まりました。リバウンドが、手に当たっているのに、取れないことが目立ちます。又、フィッシャーからの速いパスも落として、フィッシャーのターンオーバーになっていますが、解説者は、「今のはパオが取らないと。」と言っていました。ボールが手に付かないとう感じがします。

バイナム:21得点(8-15)、22リバウンド、3ブロック
前半、ヒューストンが、よくシュートを外したので、前半だけで、17リブウンドもありました。20/20はキャリア初、リバウンドのキャリアハイ23に後一つでした。今日は、ミニッツでも、38分ちょっとで、チームトップでした。30代のチームメイトの方が、ミニッツが多いのでは困ります。この程度は、プレーし続けて欲しいです。

フィッシャー:6得点(2-4)、7アシスト
7アシストもしてくれて、半分決めたら、得点はこんなもので、十分です。ブレイクが好調なので、フィッシャーのミニッツが減っています。今日は、21分ちょっとでした。

バーンズ:8得点(1-1)、5リバウンド
前半は1本もシュートを打ちませんでした。後半も1本だけですが、無理に打たないのが良いです。フリースロー6本を全部決めました。今日は、2Qに全くプレーしていなくて、20分ちょっとのプレーです。本人は否定しているのですが、脚の付け根の間接に、炎症があるという情報もあったので、ミニッツを制限しているのでしょうか?

ブレイク:11得点(4-8、3PT=2-3)、3アシスト
引き続き好調です。4Qは、フィッシャーが登場しないで、最後までプレーしました。昨シーズン後半は、自信を失っていたのか、オープンなのに躊躇して打たなかったことが目立ちましたが、迷わず打っていました。アシストはPGとしては、少ないですが、これだけ決めてくれたら、アシストは目を瞑ります。

メタ:4得点(2-6、3PT=0-3)、5アシスト
ドライブしてキックアウトが増えてきました。これが、効果的です。3ポイントは、相変わらず決まりません。マーフィー、カポノと一緒にプレーしていた時にも、3ポイントを打って、外していました。3ポイントは、メタより、マーフィーかカポノに打ってもらいたいです。5アシストもしてくれたら、得点はこの程度でも仕方がないです。但し、リバウンドが1つしかなく、全く獲れません。楽に取れそうなのも、届くのがやっとなので、取れないで、ヒューストンに取られていました。


マーフィー:5得点(2-2、3PT=1-1)、4リバウンド
前半は、シュートを打ちませんでしたが、4Qの一進一退の所で、2本決めてくれました。

カポノ:2得点(1-2)
シュートは、こんなものでも良いですが、不注意なパスによる、ターンオーバーが2つありました。

オフェンス
シュートが、よく決まりました。パスは、外側で周すだけでなく、ビッグマンにパスから、外へのパスのインサイドアウトで、ヒューストンのディフェンスが、インサイドに動いて、アウトサイドが、オープンになり易くなりました。3ポイントが、全体で5-14と、比較的よく決まった上、打った本数も少なかったです。

ディフェンス
前半は、まずまずでしたが、3Qに、オープンでジャンプシュートを打たれることが目立ちました。勝負所の4Qでは、締まって、ターンオーバーを誘ったり、シュートをオープンで打たせることが少なかったです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/01/04 17:57  Lakers | コメント(24)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>かいかいさん

最初は、「何でアンタがましなの????」と思ったのですが、ジョークだと気が付きました。ああいうボケコメントも楽しいですよ。


>>BLACK MAMBAさん

コービーは、ウォリアーズには、いませんでしたよ。コービーは、シャーロットがドラフトして、直後にレイカーズにトレードになりました。ウォリアーズにいたのは、フィッシュです。

レイカーズは、毎年上位なので、ドラフトでコービーの後継者になれる様な人は、獲れないと思います。コービー引退した後で、どん底に落ちてからなら、可能ですが。そうなったら、コービー後を考えていなかったと、ミッチがクビになると思います。その前に何とかしないと。やっぱりドワイトが欲しいです。Dウィルも良いけれど、フランチャイズ・プレーヤーには、ちょっと物足りないというか、華が無いです。

PGは、喉から手が出るほど、欲しいです。オーガスティンでも良いのですが。


>>しんげんさん

スケジュールがハードなので、脇役が交代でステップアップしてくれないと、厳しいです。それは、若いチームでも同じだと思います。いくら若くても、7日間で5ゲームなんてなったら、バテて来ます。

仰る通り、特にポストシーズンになったら、ディフェンスなんですよね。Offence wins games. Defense wins championships.(ゲームはオフェンスで勝つ。優勝はディフェンスで勝つ。)という言葉があります。

トレードは、オーナーがいるチーム相手なら、あんなことにはならないと思います。


>>シジさん

メンツは殆ど変わっていない上、新しい人の殆どは、ディフェンスしないのが売り物?の人ばかりです。それなのに、良くなっているのは、おっしゃる通り、コーチの手腕だと思います。

In My Own Wordsは、見たというより、他のことをしながら、聞いていました。沖縄で生まれたのは、弟では?テレビの前に座って、ちゃんと見ていなかったので、確信はないですが。どちらにしても、日本にいたんですよね。
[ 2012/01/07 09:49 ] [ 編集 ]
あんなコメントに返信してくれるとは。ありがとうございます。
[ 2012/01/06 14:52 ] [ 編集 ]
コービーがウォリアーズで何年いたかってのは定かではないですが、後継者にはやはり生涯レイカーズっていう選手が欲しいです。ピアースやロースといったような。

あと、補強に関しては個人的にはPGが必要かと。フィッシャー、ブレイクはおっさんですし、ディフェンスがダメな感じがします。前回のボブキャッツ戦でもオーガスティンにドライブされまくってた気がします。
[ 2012/01/06 11:37 ] [ 編集 ]
コメント欄の議論が活発ですね。罵り合いは好きじゃないですが、アツく意見をぶつけ合うのは大好きです。MayさんもOKしてるわけだし。

今のレイカーズの状況ですが、案外楽観視している自分がいます。一つは、レイカーファンは優勝やそれに近いところにいくことに慣れ過ぎていて、求めるものが大き過ぎるところがあるからです。コービーにしてもそうで、2500万ドルという下手したらMAX2人分の給料分働いてもらわなきゃ。というのはありますが、人間で、ましてやシューティングハンドの指の靭帯が切れて、バックトゥーバックで、30オーバーともなれば、毎試合30点とるのは流石に無理です。打ち過ぎてはいましたが。
二つ目は、昨年と比べても、絶対的に見ても、ディフェンスがいいことです。僕がNBAを身始めたきっかけと、僕がやってきたバスケは、どちらもビラ、ベンが優勝したときのラリー・ブラウンのチームバスケットで、思い切りディフェンス偏重でした。マイク・ブラウンが同じとは言いませんし、ラリーはチームオフェンスが上手かったですが、バスケットはディフェンスがしっかりしてれば崩れないし、強い、点取れなきゃそれ以下に抑えりゃいい。と思ってるので…
バイナム、PGの補強はもちろんしたいですが、焦って破談になったポール獲得の話のような支離滅裂になるよりいいです。
[ 2012/01/06 10:19 ] [ 編集 ]
私もブラウンはよくやっていると思います。
DF面の向上は特に目を見張るものがありますから。
メンツはほとんど変わっていないのに数値が良くなっているというのはコーチ陣がいい仕事をしているからですよね。


ところで昨日Mayさんも御覧になったかもしれませんが、マイク・ブラウンのIn My Own wordsがやっていましたが彼は沖縄生まれだそうですね。
なんだかすごく応援したくなりましたよ。
[ 2012/01/06 07:30 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
返信が遅れて、済みません。仕事は暇なのですが、私用で、バタバタしていて、スポーツ関係のサイトを見て、記事をネタを探す時間が無い上、コメント返信も追いつきませんでした。

>>国士さん

そういうレイカーファンは、結構いると思いますよ。最初に怪我した後に、トレードするべきだったという人もいるくらいですから。

オフェンスは、バイナムの方が良いと思います。シュートのタッチが良いです。唯一の問題は、怪我なんですよ。何回も言っていますが、怪我してプレーしなかったら、その間は、0ですから。

ESPNのアンケートは、知りませんでした。ちょっと忙しいので、この1週間くらい、スポーツのサイトも、あまり見ていないです。結果は分かる気がします。


>>天使の街の湖軍団好きさん

私も同じです。「バイナムが良い、今の内に・・・」と、つい考えます。コービーの後継者に、バイナムでは心もとないです。怪我もそうですが、コート以外でも、又、スピード違反で捕まったりしているし。


>>古参者さん

お気遣い頂き、ありがとうございます。古参者さんは、古参者と言い切れなくて、後ろに?をつけないといけないと、心地悪いくらいなので、気配りが利く方なんですね。コメント最後に、「私もでじゃばりましたが・・・」とある辺りにも、、人柄が表れています。でも、コメントされる方同士での会話、議論も歓迎です。意見も何も言わないで、罵り合いは御遠慮頂きたいですが。それに、私が袖にされたのではなく、昨日サボって、コメント返信をしなかっただけなので。


>>かいかいさん

気の利いたコメントしますね。(笑)


>>Venzaさん

私も、シーズン始まって、1週間ちょっとで、判断を下すのは、早過ぎると思います。まして今年は、トレイニングキャンプ期間が短かった上、開幕した途端、過密スケジュールで、まともに練習もできていないですから。

ディフェンスは大事ですよね。去年は、続けて得点しているのに、得点されるので、差が縮まらないというのがよくありました。


>>badさん

3年連続優勝しなかったら、ウェイドアウトというのは、変だと思いますよ。NBAの連続優勝は、50-60年代のボストンを除いたら、3ピートは、ジョーダンがいたシカゴが2回、レイカーズが1回、リピートは80年代のレイカーズと、90年代のヒューストンが、それぞれ1回だけです。2000年代に3回優勝しているサンアントニオは、1年おきで、間の年には、ファイナルにも行っていないです。プロスポーツは、そんなに甘いものではないです。連続優勝なんて、3年連続は勿論、2年連続だって、難しいです。日本のプロ野球みたいに、事実上ドラフトなんて、無いに等しいスポーツでも、3年連続優勝なんて、殆どないですよね。

確かに、ブラウンには不安材料もありますが、同じことをフィルがしたり、しなかったら、疑問に思わないのに、ブラウンがすると、批判したくなる部分はあると思います。前のHCが偉大過ぎるから、悪いことばかり目に付きますが、ディフェンスは、フィルの時代より良くなっているし。

パニック状態は、ちょと大げさかもしれませんが、自分のチームのスタープレーヤーが、キャリア最悪のプレーだったら、人それぞれ、反応の仕方が違います。冷静な人(oniさん)から見れば、情熱的な人(badさん)はパニックに見えるし、情熱的な人から見れば、冷静な人はシニカルに見えるかもしれないです。

納得がいかないコメントを見た際にも、すぐ反論する人(badさん)もいれば、今に見てろと思って黙っているいる人(oniさん)もいるし。人それぞれですよ。でも、意見の違いはあって当然なので、こういう議論は、大いに歓迎です。


>>学生のレイカーズファンさん

ありがとうございます。お久しぶりです。

コービーが、調子悪くても30点獲っていた時代は、他に誰も得点する人がいませんでした。チームでコービーの次に得点が高いのが、ラマーで、次がスムッシュだったと思います。今は、その必要がないです。

アイソレーションや1on1は、若いのが有利でしょう。


>>kb1124さん

初めまして。これからは、ちょくちょくコメントして下さい。

誰が最高かは、かってに思って良いと思います。違う時代に違うチームで違うチームメイトとプレーして、違うチームと対戦したプレーヤーを比べて、客観的にどちらが最高かなんて、言えないです。



>>airさん

でも、コービーは、ディフェンシブ・1stチームにも、何回も選ばれていますよ。それに、シャックがいた時代、シャックに対し一番アシストが多かったのは、コービーでした。チーム事情が違えば、個人に求められることも違います。スムッシュやクリス・ミムがスターターだった時、コービーは打ちまくって批判されましたが、フィルからは、「このメンバーを見たら、お前が得点するしかない。どんどん打て。」言われていました。フィルがそう言っていました。


>>カンエイさん

バイナムは、毎年こういう時がありますよね。それが突然5リバウンドとかになったり。怪我も、今年はしなくても、いつか必ずすると思います。今年だけのことではなくて、将来のことも考えたら、トレード価値がある内に、ハワードに代えられたら、代えた方が良いです。今度怪我をしたら、トレード価値が、ガタッと下がる所か、トレードできなくなります。

コービーは、2-3年前だったか、前半フリースローをよく外したのに、後半、パーフェクトかそれに近いことがありました。ハーフにビデオを見て調節したそうです。ゲーム中でも、調節できます。解説者が、「何年もかかっても調節できないのもいるし、キャリアが終わるまで調節できないのもいるのに。」と言って、大笑いした記憶があります。

パオは、何かぎこちないですよね。ボールは手に付かない。足元はフラフラ。リバウンドが手に付かなくて、ファンブルすると、クワミを思い出します。


>>ぽんさん

初めまして。

バイナムは、存在感ありますよ。あれだけリバウンドを獲れば、存在感あります。ブロックもあるし。今の所、ハワードだったらと思う部分はないです。今までは、リバウンドが、15-16取ったと思ったら、次のゲーム5とか、コンスタントに取れなかったので、今年はそれがどうなるかです。特に、今までは、シュートが決まらないと、リバウンドも取らなくなることが、ありました。明らかに、精神面の弱さがあったので、それがどうなるかです。又、コメントしてください。


>>アレさん

私は、コービーは、心配していませんでした。

怪我をしないのも、素質の内なので、それが問題です。シュートのタッチは、バイナムjの方が良いと思います。フリースローも決めるし。


>>古参者さん

バイナムは、さぼるのは兎も角、怪我は、今年はなくても、いつか必ずあると思います。ジェリー・ウェストが、そう言っていたので。毎年怪我していた人が、突然怪我をしなくなったなんて、聞いたことがないですよね。

私も、コービーの3は心配です。去年からですよね。

100点は、私も気が付いていたのですが、記事に書くのを忘れました。


>>oniさん

私も全然パニックではなかったです。コービーだけでなくて、誰でも、毎年、とんでもなく悪いゲームが幾つかありますね。そのたびに大騒ぎしていたら、キリがないです。

日本のことはよく分からないですが、現地のフォーラムで、そう言っている人は、レイカーファンではないと思います。クリッパーズに、CP3が行った時も、「ポールとグリフィンと、どちらが先に、膝をつぶすか」という様な、コメントがありました。ファンがそんなこと書くわけないですよね。よそのチームの記事に行って、悪態つくのがいるんですよ。コービーがあんなに悪いことは、それ程ないので、あった時に、悪態をついておかないと、次は、何時チャンスが訪れるか分からないですから。


>>masaさん

私も、バイナムは、怪我がなければ、ハワードより良いと思います。背も高いし、歳も若いし。「怪我が無ければ」という但し書きがあるのが問題です。プレーしている時に、どんなに良くでも、怪我して休んだら、0ですから。0なら、まだミリチッチやクワミの方がましです。

PGは、私は、オーガスティンが良いです。コンリーは、出さないでしょう。バレアはサイズがないです。でも、ミネソタは、PGが余っていますよね。バレアは、サラリーが高いのに、殆どプレーしていないです。

パオは、ボールの取り損ねもそうですが、両チームのビッグマン数人が、リバウンド争いで、ゴール下でぶつかり合うと、一人で床にひっくり返っていますよね。

私も、ルーキーは兎も角、イーバンクスを、どうして全然使わないのかは、全く分かりません。でも、SFもSGも2人ずついるので、そこに割り込ませるのは、難しいですよね。


>>akrさん

コービーは、自分のビデオを見て、調節するのが上手いです。

バイナムは、システムも合っているのと、今までは、フィルから「リバウンド」と言われて、仕方なくやっていたのに、今はリバウンドを取ることに、誇りを持ってやっているような感じがします。

サクラメントに、丁度100点獲られていますが、最後は故意のファウルからの得点が、あったはずです。

私も、ルーキー2人と、イーバンクスは、数分でもプレーしてもらいたいですが、接戦が多いので、そうもいかないのでしょうね。


>>annさん

そうなんですよ。ステイプルズセンターのタコも、初めてです。記事にしようと思っていて、忘れました。PGも欲しいですが、ハワードも欲しいです。

私も、マクロバーツは、慌てる必要ないと思います。しっかり直す方が先決です。

バーンズは、決まったシュートの時でも、ジャンプしていることがよくあります。数字に表れない部分での、貢献度も高いです。


>>かずさん

ありがとうございます。

昨シーズンから、リードをひっくり返されると、ズルズル行ったので、心配でしたが、よく粘りました。コービーは、毎年、シュートが決まらないゲームが、いくつか続く次期があるので、心配はしていませんでしたが、こんなに早く元に戻るとは思いませんでした。バイナムは、問題は怪我なんです。後は、多少波はあっても、ある程度の結果は出せます。ハワードより2インチ以上高いし、若いし、怪我さえなければ、トレードの必要なんて、全然ないです。でも、その「怪我が無ければ」という前提条件が問題です。
[ 2012/01/06 04:54 ] [ 編集 ]
バイナムの最近の活躍を、私も天使の街の湖軍団好きさんと同じ観点から喜んでいます(笑)。去年のナゲッツのメロトレード時と同様に、地上げ屋マジックの不当?な要求に対抗するため、バイナムがんばってくれ!&ハワードが嫌になるようにマジック大敗してしまえ、と変な方向で観戦しています。

昨日の試合を夫婦で見ながら、「バイナムもう14リバウンド?点も取れるしハワードを越えられるんじゃない?」「このまま怪我しなかったら越えるよ」「だったらずっとハワードが1番?」みたいな話をしていました。オフェンスのセンスはバイナムの方がいいと思うのですが…

やや関連して、ESPNのアンケートでガソルとバイナムのどっちがいい選手?というので2つの州を除き、ガソルの勝ちでした。最大瞬間風速はバイナムが上だと思うのですが、継続性の差でしょうか。

試合に勝っても負けてもD12という単語をよく目にする、現地コメントと同じようなことをコメントしてすいませんでした。
[ 2012/01/06 00:53 ] [ 編集 ]
バイナムの成績上昇ということは
バイナム頑張ってますね。
フリースローも確実に決めてる印象なのがさらに良いと思います。

ただ、私としてはバイナムが頑張れば、ハワードの対価としてより交渉が有利になるな…という考えがどうしても出てしまいます。
コービー引退後のレイカーズを考えると若いフランチャイズプレーヤーが必要です。それもタフな選手が。
[ 2012/01/05 23:00 ] [ 編集 ]
誰が最高かマシかなんて、この際どうでも良いです。

ブログ主であるMayさんを袖にしての討論をお望みなら、ヨソでどうぞ。

ここは公共の掲示板では無く、個人のブログです。

とまぁ、私もでしゃばりましたが…。
[ 2012/01/05 17:42 ] [ 編集 ]
私の方がましだと思います(キリッ
[ 2012/01/05 16:43 ] [ 編集 ]
まあ、パニック好きという表現はどうかと思いますが。

しかし、ブラウンコーチがどうかというのはまだ判断しかねます。キャンプではディフェンスの練習に65%を割いたそうでオフェンスはまだまだですね。バイナムも復帰したし、新メンバーのプレイも分かってきただろうし、これからでしょう。

まだ試合数が少ないのでデータとはいえないかもしれませんが、現在相手のFG%を40.3%に抑えています。これはリーグで最小です。

毎年リーグ最小は43%前後ですが、優勝したシーズンのボストンは41.9%です。この数字を更新するほどディフェンスが強固であれば大崩れしないのではないでしょうか。

レイカーズが高得点を取るよりも相手を低得点に抑えるほうが私は好きです。ブラウンコーチにはそこを期待しています。

[ 2012/01/05 15:32 ] [ 編集 ]
oniさん

私の中では優勝できそうにない時点でフェードアウト決定ですけどね。少なくとも、今の状態のブラウン体制で優勝できるとは思っていません。彼の采配が、キャブス時代からどれだけ無策なのか何度も見てきたので。

パニック状態ですか?何の意見も出さずに、後になって結果だけ見て手柄をとったようなコメントを残すあなたよりは、私はよっぽどマシだと思います。
[ 2012/01/05 14:46 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。 
コメントするのは久しぶりですがこのブログは毎日チェックしてます!!

ヒューストン戦はバイナムがものすごく良かったですね。このところのバイナムには目を見張るものがあります。

コービーも復調しましたが、やはり全盛期ほどの支配力はないのでバイナム等若いプレイヤーに頑張ってほしいです。 

しかしコービーはかつては調子悪くても30点、良ければ50点とるような選手でしたよね。 そう考えるとなんだか少し寂しい気もします。 まぁ全盛期のときからあまりFG%は良くなくシュート乱発型のスコアラーだったんで今のように落ち着いてむしろよかったとおもいます、 正直今のコービーのアイソレーションや1on1には絶対的な信頼は置けないです。  そういう点ではレブロンらにかなり差をつけられてるとすら思います。 もうこれからはコービーにあまり頼らず若い力に頼って戦っていってほしいです。

もちろんラストショットはコービーですけどw
[ 2012/01/05 14:32 ] [ 編集 ]
airさんはジョーダン信者の方なんでしょうね。史上最高になれないと勝手に断言してるし
まあ僕もコービーが史上最高だとかってに思ってますけど

ちなみにmayさん、初コメですよろしくお願いします。いつもここ見てるんでこれからはちょくちょく書かせていただきます!
[ 2012/01/05 13:42 ] [ 編集 ]
かつてロバートオーリーが予言したように、コービーは史上最高のオフェンシブマシーンになれば良いと思います。残念ながら史上最高の選手にはなれませんから。これからも彼らしく打って打って打ちまくれば良いと思います。
[ 2012/01/05 12:23 ] [ 編集 ]
うーん。今年のレイカーズは見ごたえがありますね。
フィルの時も良かったですが、去年は3ピートがかかっていたし、ずっと煮え切らない感じでしたからね。
ずっと期待にそぐわなかったバイナムが、本格化し始めましたね。
ハワードは欲しいですが、このままバイナムを見ていたい気もします。
・・・また期待を裏切らなければですが。
コービーはなにかあると必ず爆発してくれますね。ただ乱調でなかなかスランプを抜け出せないプレイヤーと違い、必ず結果を残してくれる。
だからトップチームのエースであり続けられるんでしょうね。
今やメタやブレイクよりも、パオの方が目につくようになってきました。
[ 2012/01/05 06:46 ] [ 編集 ]
初コメです。
オドム、フィル・ジャクソンが好きでレイカーズばかりみていた者です。
最近は、時間の都合上などでレイカーズVSブルズ戦しか見ていません。
ところで、バイナムの数字での存在感がなかなかだと思うのですが、ゲーム中での存在感はいかがなものなのでしょうか。
やはり、ハワードだったら…と思う場面が多いのでしょうか。
初心者発言で申し訳ないです。
ただコメントしてみたいという好奇心でコメントさせていただきました。これからも更新楽しみにしています。
[ 2012/01/05 04:49 ] [ 編集 ]
コービーがナゲッツ戦でああだったので辛かったです
復調してよかったです。
バイナム凄いですね。ハワード超える素質を感じます。シュートとパワーは越えてますね(^O^)
[ 2012/01/04 23:57 ] [ 編集 ]
バイナムは信じて良いんですかね?ずっと見続けてる分、今年こそ!…って流れを毎年のように裏切られ続けて今年まで来たので、素直に信用出来ないんです。

どうせ怪我するだろう。どうせサボり出すだろう。なんて…。

コービーはまぁ、少し休めばアレくらいはやりますよね。スリーが全然上がって来ない事は心配ですが。

そう言えば今季初の100点OVERでしたね。今までディフェンスが良かったので、あまり気にしてませんでした。
[ 2012/01/04 23:42 ] [ 編集 ]
面白いです。

前のゲームの後のlakersのコメントを集めてみると、パウはkobeが調子をあげる事を断言し、big dealではないとコメントし、コーチブラウンは絶不調のkobeに対し、シュートを打ち続けて欲しいと。そしてkobeと二人で隣に座りゲーム分析。
彼らは全くパニックになっていませんし、kobeへの信頼は相変わらずです。あのような試合の後にも関わらず。

そして、日本のlakersに対する見解が読めるこちらのブログのコメント欄では「フェードアウト確定」「trade or fire」と。
もちろん日本だけでなく現地フォーラムも似た様なコメントはありましたが。

結果kobeはシュートタッチを戻し得点を重ねました。
長くkobe&lakersを応援していれば何度か見た事のある展開です。09年のPO、vs Jazz戦などでもありました。

パニック好きの方の反応も、その次の試合のkobeのパフォーマンスも、本当に予想通りすぎて面白いです。
[ 2012/01/04 22:08 ] [ 編集 ]
まあ正直、こうなるのをは大体分かってましたけどね。
コービーがあれだけの批判をあびて、ただでいるわけないですよ。

バイナムのプレーからは気魄を感じますね。
今のところのアベレージは22ポイント17リバウドです。まあ、リバウンドは良くても13ぐらいには落ちると思いますが、ケガさえしなければ、これでも十分リーグナンバー1クラスのセンターなので頑張ってほしいです。
そうなれば、ハワードよりもPGの方が完全に必要性が出てくるので、PGだけに絞れていいですよね。
私の勝手な希望はマイク・コンリー、J.J.バレア、D.J.オーガスティンあたりです。三人ともまだ若いですし、オーガスティンは違いますが、コンリーとバレアはプレイタイムも20分前後なのでレイカーズに来たら30分以上は確実ですよね?ファンからも好かれそうですし。

パオは見てて情けないです。
優勝した頃はポストプレーで体を張って、フィニッシュではやわらかく。見ていて安心感がありましたが、今ではろくにキャッチもできなくなっていて不安です。


マクロバーツの件は安心しました。
でも気になるのはガウドロックやモリスはまだしもイーバンクスは使ってほしいです。
ニックス戦の前までは、安定した力を出していて良かったのにニックス戦で0点だったので使わないというのはおかしいと思います。何試合も良くないのなら分かりますが、1試合だけでの判断は納得いきません。ガウドロックもキングス戦で0点でその後の試合はほとんど出してもらえなくなりました。
若手も使ってほしいという考えの私そういう風に思ってしまいます。
特に今シーズンは過密日程なので若手も入り交えながらいかないとかなりきついと思います。
[ 2012/01/04 21:35 ] [ 編集 ]
コービー あんなゲームのあとは、休養も含め準備をして爆発してくれる。Like a Mike.

バイナム 今シーズンは、アグレッシブさが際立ちますね。今のオフェンスシステムが合ってるみたい。

チームデフェンス 引き続き好調ですね。ブラウンはデフェンスのACだったので、このまま期待できますね。
         まだ相手に100点超えは無いのかな?

マクロバーツ 理由が分かって安心しました。ベテランには過酷なシーズンですから、20代のサポーティングキャストの力は必ず必要です。特にディフェンスに力を入れるチームカラーなのであれば、フレッシュレッグは沢山必要です。

新人ガードは、第3PGの位置付けのようですが、少しずつ慣らして欲しいです。

[ 2012/01/04 18:43 ] [ 編集 ]

今シーズン初100点以上取りましたね!!

復帰して3試合バイナム調子良いですね。
先はまだ長いですけど、この調子を維持してほしいですね!!
この状態だったらハワードよりPGですね。

マグロバーツは心配ですけど、完全に治って復帰してほしいです。


ハイライトの動画を見ていると
オフェンスリバウンドの時、高い確率でバーンズがいますね。
自分がとってもとらなくても絡みにいく姿勢、SFは点を取りにいくイメージがありますけど
バーンズを見ていると点よりボールをとるってイメージですね!!
見ていると楽しいです(笑)
[ 2012/01/04 18:37 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!
かなりの接戦だったので、ドキドキしながら最後まで応援しました。

コービーはさすがですね、前回の乱調を取り戻すかのようにキッチリ決めてくれました。
今日のバイナムがすごかったですね!気合いが入っており、インサイドを制圧していました。毎試合この調子で頑張ってくれれば、トレードの話などでないのに...。後は怪我が心配です。

今日もドライブが少なかったですね、パオが意図的にゴール下から離れているように見えましたが、誰もドライブしないならあまり意味感じがしました。
全体的にみんなシュートを打たないのも気になりました。(無駄打ちはこまるけど)
[ 2012/01/04 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。