勝つには勝ったけれど・・・・

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

勝つには勝ったけれど・・・・

Game Score

ゲーム・ハイライト


1Q
序盤、メンフィスのゲイに続けて決められ、リードを許しますが、その後よく守ると、半ば前には、コービーがファウルを取って、フリースローを決め同点に追いつくと、今日のレイカーズ初の3ポイントを、バーンズが打って決め、逆転します。その後、半ば過ぎには、一時1点差に追い上げられますが、今日のレイカーズの2本目の3ポイントを、コービーが打って決め、その後、コービーのジャンプシュートを挟んで、マーフィーが3連続で決め、リードを8点に広げます。マーフィーのバスケットは、全部コービーがアシストでした。今日も、終盤コービーに代わって、カポノではなく、ガウドロックが登場しました。終了間際には、パオが、ジャンプシュートを決め、31-22の9点リードで、コーターを終了します。

2Q
序盤に、ブレイクが、3ポイントとジャンプシュートを続けて決めリードを広げ、メタが、スティールから、ダンクを決め、14点リードにします。その後、少し追い上げられますが、コービー、パオがジャンプシュートを決め、バーンズが、今日2本目の3ポイントを決めて、再度引き離しにかかります。終盤ターンオーバーもあり、追い上げられますが、点差を一桁にされることなく、56-46の10点リードで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、メンフィスは、ザック・ランドルフの怪我で、急遽契約した、スペイツがジャンプシュートを決めると、元セルティック、トニー・アレンもレイアップを決めます。それに対しレイカーズは、バーンズのムービング・スクリーンと、コービーがボールをスティールされるターンオーバーもあり、最初の2分半に、全く得点できません。序盤で、6点差にまで詰められますが、そこから、コービーのジャンプシュートと、フィッシャーからバイナムへのアリーウープで、再び二桁得点差とします。その後、終盤まで、何度か、得点差を一桁にされますが、その都度、二桁に戻します。得点は、コンスタントに出来ませんでしたが、ディフェンスが良く、メンフィスに、半ば前から、3分以上、得点を与えませんでした。終盤にも、点差を一桁に詰められますが、コービーからパオへのアリーウープ+ファウルで二桁に戻し、終了間際、8秒を残して、ゲイに決められ一桁に詰め寄られると、終了間際にブレイクが3ポイントを決め、78-68の10点リードで、コーターを終了します。

4Q
ベンチとバイナムでスタートしましたが、オフェンスが全く噛み合いません。例によって、ブレイクがドリブルして動き回って時間を使ってパスなのですが、コービーがベンチなので、メタにパス。3ポイントラインの辺りで、ボールを貰ったメタは、ボールを持ったまま、ドリブルするでもなく、呆然と立ち尽くして時間を使い、ショットクロックが残り5秒を切ってから、ブレイクにパス。ブレイクは、時間がないので、バレーボールのパスの様に、3ポイントを打ってエアボールにすると、プロとは思えない、情けないプレーもありました。その間、バイナムが3ターンオーバー、コービーが1ターンオーバー。PGがブレイクからフィッシャーに代わっても、ドリブルして動き回って時間を使って、ショットクロック時間切れ間際に、打ち難いシュートを打つの繰り返しで、レイカーズは、最初の4分半、無得点でした。序盤に、4点差に詰められますが、幸いディフェンスが良かったので、逆転されませんでした。半ば前に、バーンズがレイアップとジャンプシュートを決め、8点リードにしますが、フィッシャーが立て続けに、バッドパスでターンオーバーをし、半ば過ぎには、5点差に追い上げられます。そこから、コービーが2連続で決め、突き放し、残り2分ちょっとで、今日も又フリースローが酷かったバイナムが、2本きっちり決め、メンフィスのメイヨに決められると、パオがジャンプシュートをお返しし、止めを刺しました。

コービー:26得点(11-22、3PT=1-5)、9アシスト
3ポイントが悪いですが、この内2本は、ショットクロック違反間際に、やむを得なく打ったものです。

パオ:13得点(5-8)、15リバウンド
弟マークとの対決で、気合が入っていたのか、手抜きプレーが、全くありませんでした。去年から、パオを見ていると、イラついて、ストレスが溜まるのですが、今日は、全くイラつきませんでした。リバウンドを取りに行く際にも、しっかりジャンプしているし、取ったボールを、胸の前に持って、肘を広げて、前かがみになって、周りに気を配る場面がありました。やればできるのに、手を抜いていただけだと思うと、頭に来ます。

バイナム:15得点(5-14)、15リバウンド
シュートが決まりませんでした。マークにガードされると、シュートを放つだけで、やっとのことも、何度もありました。リバウンドは、3Qを終わった時点で5でしたが、4Qに、両チーム共、外しまくったので、10リバウンドを稼いで、帳尻を合わせました。終盤には、ダンクできる距離なのに、レイアップに行って外す、パオの物真似の様なプレーもありました。今日は、パオとバイナムが、入れ替わった様でした。終盤は、マーク相手に決める自信がなかったのか、コービーからパスを貰うと、ドリブルもしないで、すぐ返す場面もありました。やっぱり、弱いものいじめです。まともなセンター相手だと、苦労します。

フィッシャー:無得点(0-3)、5アシスト
ターンオーバーが5あり、全部、不注意なパスです。テレビで見ていて、どこにパスか分かります。「あそこにパスしたら、スティールされるだろうな。」と思っている所にパスして、スティールされていました。又は、手を上げてガードしているプレヤーの手に当てて、スティールされるのもありました。

バーンズ:15得点(5-9、3PT=2-3)、10リバウンド、3ブロック
オフェンスでも、ディフェンスでも、よく走ります。ペイントにドライブしてのレイアップもありました。この調子でやってくれたら、コービーの負担が少しは軽くなります。

ブレイク:13得点(5-8、3PT=3-6)、2アシスト
シュートはこの数字を見ても良いですが、ショットクロック違反ギリギリで打って外したのが、2本はあったので、内容はもっといいです。但し、ショットクロック違反ギリギリで打たないといけないのは、自分自身が、オフェンスを組み立てられないからなので、自業自得ですが。フィッシャー同様、ターンオーバーが5あり、やはり、スティールされたというより、相手にパスした様な、不注意なパスからでした。

メタ:2得点(1-3、3PT=0-2)、1リバウンド
何も良い所がないです。今日は、ブレイクが良く、マーフィーも早くから得点していたので、比較的満遍なく得点が入っていて、アナウサーが、名前と得点を言いながら、「ワールドピースでさえ(Even World Peace)2点」と言っていました。言った本人は、無意識だと思いますが、ついでたのでしょう。

マーフィー:6得点(3-5、3PT=0-2)、6リバウンド
決めた3本は、全部1Q、コービーからのアシストです。アシストできる人がいたら、もっとオフェンスで活用できるのに、残念です。オフェンスでは、常にスクリーンをセットしたり、アウトサイドに待機していたかと思えば、リバウンドに走るし、ディフェンスでも、よく動いて、広いスペースをカバーします。マークのダンクを、ファウルにはなりましたが、止めました。数字は平凡ですが、やるべきことを全てやっている様で、見ていて気持ちが良いです。

ガウドロック:無得点(0-2)
トラベリングはあるし、何も良い所がありませんでしが、今の内にミスをさせて、経験を積ませた方が良いと思います。コービーのバックアップなので、当然、コービーとはプレーしないです。ブレイク、メタとビッグマンでは、オープンにもならないので、良くプレーのしようがないと思います。

オフェンス
スターターは、リズムが良くなって来ました。バーンズが、よく動くのも、良くなっている原因の一つです。

ベンチは、コービーとプレーしていれば、3ポイントもよく決まるし、リズムが良いのですが、コービーがベンチに行ってしまうと、事実上のPGがいなくなってしますので、苦労します。外でパスを周して、時間切れ間際に、体勢の悪いシュートを打って外すの繰り返しでした。ビッグマンに、パスを入れることすら、できませんでした。

3ポイントは、6-19でしたが、コービーとブレイクの、2本ずつは、時間切れ間際に、やむを得なく打ったので、実質は、かなり良いです。

ターンオーバーが、27もありました。いくらなんでも、多過ぎます。バイナム、フィッシャー、ブレイクが、各5、コービーとバーンズが、各4、マーフィーが2、パオとガウドロックが、各1です。特に、PG2人のターンオーバーは、殆どが、スティールされたのではなく、相手にパスした様な、バッドパスです。

ディフェンス
ローテーション、ヘルプが、比較的よく利いていました。ジャンプシュートをよく決められましたが、決めた方を褒めるしかないようなシュートもありました。

全般
パオが40分、コービーが38分と、ミニッツが多いのが気になります。とは言っても、ベンチがあまりにも酷いので、スターターを戻さない訳にも行かないです。マクロバーツが戻ったら、多少は良くなると思いますが、マクロバーツに、ドリブルしてゲームを組み立てろというのも、無理な相談です。PGは、何とかならないでしょうか?

尚、ゲームのハイライト・ビデオを探していたら、今日のトップ10ビデオを見つけたので、貼ります。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/01/09 18:05  Lakers | コメント(19)
akrさん&Juniperさん、こんにちは。
>>Juniperさん

I see. I’m glad I didn’t take it easy on clicking. You would have figured it out.


>>akrさん

リドナーは、NBA TVが無料視聴の時に、ちらっと見た程度なので、よく分からないですが、ペイントにドライブはしていました。3だったか、長距離のジャンプシュートも決めていました。スターターには、物足りないですが、フィッッシャーやブレイクよりは、良いと思います。
[ 2012/01/12 06:42 ] [ 編集 ]
Hi
May-san

As you know, clicking mate is limited...even a close friend can't do it regularly.
That's why...I thought you ARE the one. See? ;-)

(突然ですが名前を引用していただいたので…)
Thank you カンエイさん.
May-sanに教えて頂くこといろいろあって楽しいです。
Let's join us!
[ 2012/01/11 12:49 ] [ 編集 ]
PG候補
ミネソタは、ルビオがやっていけそうなんで、リドナーをトレードしてくれませんかね?
まだドライブインも出来る脚力はあると思うのですが、最近の映像を見てないから未知数ですが。。。Mayさんから見て、どんなですか?
[ 2012/01/11 08:17 ] [ 編集 ]
カンエイさん、こんにちは。
トレードの前には、怪我をさせないように、DNPがありますからね。でも、レイカーズにそういう人がいないです。メタを処分できたら、最高ですが。

英語を話すのがカッコいいという観念を捨てないと、上手くならないです。そう思っていると、英語が上手くないと、カッコ悪いになってしまいますよね。カッコ悪いから、恥ずかしい、恥ずかしいから、話さない、使わない、だから上達しないになります。日本人だから、英語はできなくて当たり前です。間違って何が悪いくらいの図々しさがないと。それから、英語は習うより慣れろです。スポーツだって、本を何年も読んだって、上手くならないですよね。英会話の本を読んでも、やらないよりはマシ程度です。英会話学校に行くのも、フリースローの練習程度です。フリースローの練習しか、したことがなかったら、フリースローはやたら上手くなっても、実戦では、何もできないですよね。
[ 2012/01/11 06:47 ] [ 編集 ]
返信ありがとうございます
スタッキー位のPGが、DNPなんて、なんかありそうですよね。
ひょっとしたらレイカーズとの間で秘密裏に…なんて妄想がたえません。
ピストンズはもともとディフェンスのチームなんで、メタを絡めた複数トレードなんて…

スタッキーは個人的にお気に入りなんで、どうせプレイしないならレイカーズ入りしてほしい…

juniperさんとの英文コメント、なんかカッコいいですね。
英文でのやりとりを見ていると、なんかうらやましいです。
自分もニューヨークに滞在したことがありますが、ホームステイしたさきは日本人宅で、基本的に日本語(というか英語がにがて)で過ごしたので、英語が喋れたり、やりとりできる人が羨ましいです。
[ 2012/01/10 16:43 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>Juniperさん

How did you know I was clicking your banner while you were gone?

Anyway welcome back!


>>ロンロン大好きさん

そうなんですよ。コービーがいたら、マーフィーは、バスケットにカットするは、がら空きになるからジャンパーは決めるは。ブレイクも、放っておかれるから、よく決めるし。それが、コービーがベンチに行くと、みんな右往左往しだします。バーンズが、よく動いて、コービーの負担を軽くしているので、まだ良いですが。


>>ポポさん

仰る通り、昨シーズンから、ずっと手を抜いて来たことが分かって、腹立たしいです。

バーンズに限らず、やるべきことを全力でやっているプレーヤーは、見ていて気持ちがいいです。

PGは、もうちょっと時間がかかると思います。相手があることなので、早くても、オールスター前後までは、トレードは無理では?


>>カンエイさん

結局PGなんです。マーフィーなんか、コービーとプレーしていた時は、続けて決めまくって、オールスターに見えましたよ。

スタッキーがプレーしていないのは、知りませんでした。そう言われてみて、今日のボックススコアーを見たら、ビラヌエバもDNPでした。スタッキーがDNPなんて、贅沢なチームもあったものですね。結構高いサラリーで、再契約したんですよね。スタッキーがもらえたら、十分です。


>>SHAWさん

フィッシャーは、ダブルチームされている訳でも、コーナーに追い詰められている訳でもないのに、単純なパスが出せないので、困ります。

ワールドピースは、やる気があっても、実力が伴わないのでは?それに、コンディショニングをサボっていたので、このハードスケジュールで、疲れが脚に来て、ふらふらなのだと思います。

ブラウンよりミッチですね。このメンバーでやれと言われたら、誰がHCでも厳しいです。


>>masaさん

こういう時こそ、スターターで一番若いバイナムには、頑張ってもらいたいですが、4Qに最初に息切れするのはバイナムです。

仰る通り、この2ゲームは、バーンズ無しでは勝てませんでした。

記事も、コメント欄も、毎回PGの件で、本当に嫌になります。私は、モリスがスターターで、コービーに手伝ってもらって、ガウドロックは、セカンドユニットでフィッシュとプレーが良いと思います。ルーキー2人同時は厳しいです。まして、メタとビッグマンでは、ボールハンドルの負担が重過ぎます。一層のこと、SFもイーバンクスでやってもらいたいです。

マクロバーツは、day to dayになっているので、当日になってみないと分からないです。でも、昨日復帰するのではと言われていたので、もうすぐだと思います。


>>しんげんさん

バーンズもディフェンスもよくやってくれるので、貴重な存在です。セカンドユニットは、ローテーションが、しっかり決まって、噛み合うと良いです。

PGは、ブレイクよりは、フィッシュの方が、多少はアシストがあるので、フィッシュがセカンドユニットで、ブレイクがスターターでもいいと思います。

東は、インディアナが急上昇ですよ。ニューヨークも、もう少ししたら、上がって来るのでは。ハワードとアマレのトレードを持ちかけているという話ですが。


>>akrさん

トニー・アレンは、出ている時も、存在感がなかったです。ミニッツが短くて、リズムに乗れなかったのかもしれないです。

ガウドロックは、SGなんですよ。背が低いので、PGみたいに見えるのですが。ホームでは、よく勝ちますね。内弁慶です。


>>古参者さん

最後まで、点差は変わらずです。フィッシュは、まだ多少アシストがあるから良いですが、それもなくなってきたら、本当に、どうしようもないです。私も、PGは、欲を言ったらキリがないですが、アーロン・ブルックス程度で十分なんです。

確かに、パオは、セカンドユニットに行ったら、もう少し積極的にシュートを打つようになるかも知れませんね。


>>tskさん

いなかったプレーヤーが、もしいたらというのは、やってみないと分からないですけれどね。特に、ランドルフの怪我で契約した、スペイツが良かったので。それにしても、内容が悪すぎます。


>>かばさん

ベンチが頼りないです。オフェンスで使える人はいるのに、それを使えるPGがいないです。結局、問題点を挙げると、みんなPGに落ち着きます。


>>かずさん

ありがとうございます。

TOは、この半分でも多いくらいです。子供のゲームみたいです。PG2人には、できないことをやれと言っても無理なので、仕方が無いです。

得点が分散していても、アシストをしているのはコービーなので、結局コービー頼みなんですよね。

今週さえ頑張ったら、来週から、オールスターまで、楽なので、何とか踏ん張って欲しいです。私も、来週から、もうちょっとよく寝られます(笑)


>>アレさん

マークは、抑えたというより、外してくれたことが多かったですが。内容が悪くても勝ったのは、収穫と言えば収穫なのですが。PGは、期限前に何とかして欲しいです。レイカーズは、給料が安い人の方が、頑張っています。
[ 2012/01/10 15:42 ] [ 編集 ]
Thanks a lot!!
Hi May-san
I just came back!!
Thanks for your support while I was in Malaysia.
I really appreciate it.^^
[ 2012/01/10 13:44 ] [ 編集 ]
やはりコビーがプレーしてないセカンドユニットは得点力ゼロだね。自分から点を取れる選手がおらず、周りから生かされる選手ばかりにも関わらず、それを生かすはずのPGまで無能ときたもんだから困ったもんです。何らかの改善がトレード期限間近に行われると信じるしかないでしょう。こんな状態ではコビーがプレイオフでギアチェンジ出来るだけの余裕が精神的にも肉体的にも残っておらずガス欠するのはわかりきってる。ただでさえ年齢的に苦しくなってきてるのに今年はケガを抱えてなので、尚更心配です。
[ 2012/01/10 07:19 ] [ 編集 ]
今日のパオは全く手を抜かず、いつも競り負けるリバウンドも頑張ってました。それだけにいつもは手を抜いているのかと腹が立ちます。常に全力でプレイできない人をプロと呼べるのでしょうか?今日は兄弟対決で気合が入って頑張ったんでしょうか?がっかりしました。
4Qのスタートのオフェンスは酷かったですね。点が入る気がしませんでした。皆さんが言うとおりPGの補強が急務ですね。
バーンズはほんとによく走りますね。こういう選手は見ていて気持ちがいいです。怪我をせずシーズン通して活躍してもらいたいです。
コービーは左手でパスをするのが目立ちます。やはり手首痛いんでしょうね。PGが普通でいいのでゲームメイクができれば大分負担が減ると思うのですが…ほんとになんとかしてもらいたいです。
[ 2012/01/10 00:31 ] [ 編集 ]
ターンオーバーが酷いですね。
オフェンスオプションが少ないのもありますが、そこはPGの腕の見せ所では?って思いますね。せめて不用意なパスは勘弁です。

ターンオーバーの数が課題ですね。PGがもっとゲームメイクできれば、効率よく3ポイントも決まりそうですし。

ピストンズのスタッキーが、ルーキーのナイト器用で最近不出場らしいので、なんとかトレードできないですかね。
身長もあるし、ドライブもできます。SGもできるので、使い勝手は良さそうですが。
1対1では厳しいなら複数チームを絡めないものか…。
[ 2012/01/09 23:07 ] [ 編集 ]
フィッシャーにはベテランらしい堅実なプレーをして欲しいですね。

バイナム、ガソル、ワールドピースは気分で仕事をし過ぎですし。

このままだとプレイオフでまた去年のような負け方をする気がします。


ミッチやブラウンにはそんな状況を変えて欲しいと願います(^_^;)
[ 2012/01/09 21:49 ] [ 編集 ]
まさに勝つには勝ったけどですね。

レイカーズは今、他のチームと比べても過密日程で大変な試合の連続ですが、バイナムにはこういう苦しい時こそ頑張ってほしいです。
この苦しい時期に活躍できればプレーオフの疲労がたまったときでも、チームの勝利に貢献できると思います。

パオにいつもこれぐらいのプレーができれば、文句ないし、数字以上にチームに貢献できているので、これはこれで自分としては、セカンドユニットとして引っ張ってほしい気もします。ただ、それでモチベーションを落とさないかが一番心配です。

最近の勝利の立役者は完全にバーンズですね。コービーは言うまでもないので伏せていますが。攻守にわたって良く走って、良く守って、最近は得点も挙げて活躍していますね。

PG(特にフィッシュ)はなんなのでしょう。ろくにゲームメイクはできないは、フィッシュに至ってはシュートも入らないは、挙句の果てには何もしていないのにターンオーバーだけしてベンチに下がって行くというのは。

これなら、今の状態を現状維持してもしょうがないので、PGにモリスSGにガウドロックをセカンドユニットに置いて、若手の活躍をより期待したくなりました。
ガウドロックは今日はシュートが入りませんでしたが、前みたいに次のゲームはもう使わないなんてことはなしにしてほしいです。カポノが出たってどれくらいかは知れてますから。
それよりも未知数だからこそ、そこに期待して、モリスやガウドロックを使わないと。二人とも確実にあの二人より速くて動けると思うので。あの二人の唯一の良いところと言えば、「経験」だと思っていましたが、今日のゲームを見ていたらそれもあまり活かせれてないようですし。

メタがあんなもんなら、イーバンクスよ出した方が良いのでは?

ところでマクロバーツはいつぐらいの復帰かめどはたっていますか?

なんにしてもそろそろレイカーズも世代交代の時期に差し掛かってきたのではないのでしょうか?コービーだけに頼るのもそろそろ止めないと、プレーオフの頃にコービーがパンクしそうで見ていられないです。いくらコービーが超人とはいえもう33歳ですから、これからのとこも考えてほしいです。


長文失礼しました。
[ 2012/01/09 21:36 ] [ 編集 ]
5人のユニットのなかで、バーンズのようなロールプレーヤーが1人いると、やはりいいですね。今年はバーンズ、マクロバーツ、マーフィーがそれをできるので、コービー、パオ、バイナムのような目立つ選手と彼ら1人が噛み合えば、いいオフェンスができると思います。それにきっちりゲームメイクしてジャンパーを決められるPGがいれば完璧です。序盤はマクロバーツがやってましたが、パオ、バイナムがどちらか一方では消極的か、弱い者しか圧倒できないのでロールプレーヤーはSFに欲しいです。だからバーンズ復帰でスターターのオフェンスが好い感じなのだと思います。
あとはみなさん仰るとおり、PGですね。PGをどうにかしないと優勝はキツイです。

そろそろ10試合近くなったので、ふと順位表をみたのですが、西と東で8以内に入り得るチームの数が違い過ぎて笑えました。東は、何が戦力の均等化だよ!と突っ込みたくなります。
[ 2012/01/09 20:20 ] [ 編集 ]
コービーは、トニーアレン相手にどうかな?とおもいましたが、アレンがファウルトラブルで13分しかプレイしてないんですね。

バーンズ、10リバウンド素晴らしい。

PGは、ガウドロックの成長を見守ってあげたいですね。勿論、補強ポイントの第一候補は変わりませんが。

ホーム6連勝かな?よしよし。
[ 2012/01/09 20:04 ] [ 編集 ]
1Q終了時点では久々に大差ついてコービー休ませられるんじゃないかと楽観視してましたが、後半はイライラが止まりませんでした。くだらないミスが多すぎですね。

フィッシャーは最早存在意義が分からないです。ドライブ出来ないし、ゲームメイクもシュートもディフェンスも、プレーに何1つ良い所が無い。

普通の事を普通に出来るPGが欲しいです。フィッシャーの代名詞とも言われるクラッチシュートですら、コービーとプレーしてれば大概ノーマークになるので、最近はフィッシャーで無くても普通に決められたんじゃないかって気がして来ましたよ。そもそもフィッシャーは言うほどシュート上手くないですし。フリーでも普段は全然決めませんもん。

ベンチで周りを鼓舞してくれるだけで十分です。

それとやっぱりマクロバーツ戻って来たら、パオには主にセカンドユニットとプレーして欲しいです。

今日はたまたまブレイクのシュートタッチは良かったですが、普段コービー居ない時間帯はPGに得点もゲームメイクも求められないですし、6thマンとして期待されたメタはやっぱり駄目みたいだし、オドム抜けた事でセカンドユニットの得点力の無さは去年以上にヒドイです。

スターターはコービーとバイナムを軸に運動量が豊富なバーンズとマクロバーツが居ればオフェンスもディフェンスもリバウンドも十分な気がしますし、パオにはセカンドユニットのリーダーとしてポストプレー中心にオフェンス引っ張って貰った方が良いです。

そうすればブレイクやカポノ達の3Pも活かせる気がしますし。
[ 2012/01/09 19:55 ] [ 編集 ]
ランドルフいないメンフィスならもっと楽に勝っていいと思うんですが…
あまりにもターンオーバーが多いですね。
ランドルフいたら負けてたのでは?
去年のこの時期のメンフィス戦は観たのですが同じようにターンオーバーが多くて、それで負けてた気がするので…。
やはりPGが問題ですね。
でも、まぁとりあえず、勝ったので良かったです。
[ 2012/01/09 18:47 ] [ 編集 ]
勝つには勝ったけど…。きっと、皆さん同じ心境ですよね。全くディフェンスが良くても、オフェンスの引き出しが少ないですよね。

実際ここニ試合、主力の離脱したチームに辛勝してるだけですから、全く落ち着いてられません。

PGが欲しいのは山々ですが、やっぱりコマがないですよね。どう考えてもいえPGが手に入るとは思えません。だからこそ、モリスを使うべきですよ。今日の試合もPG二人で10ターンオーバーですよ?モリスを使う気になれないんですかね…。そろそろ心配になってきました。
[ 2012/01/09 18:36 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です!
よくこのターンオーバー数で勝てたなと逆に関心してしまいます。
PGの役割もしているコービーはまだしも完全にシューターと化している2人が多いのは納得いきません。

ディフェンスがすごく良いですね。これでオフェンスも良くなれば、鬼に金棒なのですが...。まずはコービーだよりを脱却して欲しいです。
バイナムは今日こそ力の見せ所だったので、残念です。(まさに弱いものいじめ)
パオの気合いを入れれば、良いプレイをするといのはムカつきますね。プロとしてどうなんだと思ってしまいます。

今週は日程が厳しいので、コービーを休ませたいですが、無理そうですね。

[ 2012/01/09 18:34 ] [ 編集 ]
トライアングルやめましたから、ポイントガードのツケが一気に吹き出しましたね
ディフェンスはガソル弟を完璧に抑えたのがよかったです
ゲイよりザックがいないグリズリーズのが断然弱いですし、ホームで勝つのは当然ですが、なんか内容がよくないですね。
インサイドはマクロバーツが帰ってきたら完璧ですが、その他はポイントガードがあまりに酷くコービーに負担かけすぎですよ
今のNBAではポイントガードが宝庫なのにあまりのレイカーズのポイントガードの脆弱性に呆れるばかりです
バーンズのコストパフォーマンスは素晴らしいです。
開幕してからの彼の境遇は、なんと酷いことかと思いますよ。
[ 2012/01/09 18:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。