コービー完全復活でレイカーズ楽勝

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

コービー完全復活でレイカーズ楽勝

Game Score

ゲーム・ハイライト


レイカーズ・ハイライト


マクロバーツが、依然として欠場の上、マーフィーが胃腸の具合が悪くて欠場。その上、カポノは、双子の女子が生まれて欠場でした。赤ちゃんの名前は、アイラとキャンベルだそうです。

オフにフィニックスと契約した、シャノンの“凱旋”ゲームでもありました。コービーは、ゲーム前には、「シャノンは、弟。対戦したくない。」と言っていました。

1Q
出足に、この2ゲーム好調な、バーンズが3ポイントを2本と、ジャンプシュートを続けて外します。ディフェンスでは、ナッシュに続けて決められますが、コービー、フィッシャーが、ジャンプシュートを決めると、パオがトランジションでよく走って、ダンクを決め、半ばまでは、僅差で進みます。ところが、半ばから、フライに、ジャンプシュートを挟んで、3ポイント2本を決められ、オフェンスでは、パオが続けて外し、一気に19-10と、9点ビハインドにされます。このコーターは、コービー以外は、殆どシュートが決まりませんでした。ここから、コービーが立て続けに決め、ディフェンスではよく守って、レイカーズの15-0と圧倒し、25-19の6点リードで、コーターを終了します。 

2Q
前半、ベンチがよく頑張りました。出足に、ブレイクが3ポイントを決めると、バイナムも、続けて決めます。1Q終盤からプレーしていたメタが、今日は、脚がよく動いて、リバウンドをよく取ります。マクロバーツとマーフィの欠場で、フロントラインが手薄なため出場していたルークも、ジャンプシュートを決め、序盤で、リードを12点に広げます。ところが、そこから、シュートが決まらなくなり、バイナムとブレイクのターンオーバーもあり、半ば前には、8点差に追い上げられます。それでも、序盤にベンチが踏ん張ったため、コービーとパオを、残り6分半まで、休ませられました。スターターが戻った後も、フィッシャーがシュートを外すと、次には、オフェンシブ・ファウルでターンオーバー。バイナムもシュートを外し、その間、フィニックスには、得点を許し、半ば過ぎには、1点差にまで、詰め寄られます。ここからディフェンスが、少し締まり、オフェンスでは、1Qから絶好調のコービーと、1Qにはさっぱりだったパオが続けて決め、46-42の4点リードで、ハーフへ。レイカーズの46得点の内、半分の23点が、コービーでした。

3Q
序盤は、バスケットを交換しますが、徐々に追い上げられ、半ば前には、逆転されます。そこから、フィッシャーの3ポイントで、レイカーズが再逆転すると、フィニックスのゴタットがジャンプシュートを決め同点。バーンズがトランジションで走ってレイアップを決め、リードを奪うと、又もやゴタットに決められて同点と、半ばは、一進一退で進みます。その後、レイカーズのディフェンスが締まり、フィニックスに2分ちょっと得点を許さず、オフェンスでは、多少苦労しましたが、着実に得点し、点差を広げ、73-68の5点リードで、コーターを終了します。

4Q
3Qまでは、1-5と不調だった、フィニックスのシャノンがジャンプシュートを2本続けて決めスタートします。これで、始まった途端、1点差に詰められました。その後、メタが決めますが、シャノンが、ジャンプシュートをバイナムにブロックされますが、そのリバウンドを自分で取ってジャンプシュートを決め、再び1点差に迫られます。ここから、ベンチが、よく踏ん張りました。まず、ルークが、オフェンシブ・リバウンドから、レイアップを決めると、しっかり守って、3Q終了時の5点リードを守ります。半ば前に、スターター戻ると、今日は、シュートはまあまあだったバーンスが、ジャンプシュートを決め、パオも決めますが、ディフェンスでは、フライにジャンプシュートを決められた後、シャノンとフライに、連続3ポイントを決められ、又も、1点差に詰められます。そこから、コービーが、凄かったです。ジャンプシュートや、ダンク、バーンズからのアリーウープを、次々と決めます。コービーも凄かったですが、バーンズとブレイクが、続けて、コービーに、良いパスを出しました。その間、ルークのオフェンシブ・リバウンドもありました。ディフェンスでもよく守り、ナッシュが、散々ピック&ロールを試みているのに、ローテーションを利かせて、フリーにしませんでした。残り2分で、10点リード、残り1分では、14点リードでしたが、観客から、コービーの50得点を期待する「フィフティー(50)」の連呼が起こり、コービーは、最後までプレーしました。

コービー:48得点(18-31、3PT=0-3)、3アシスト、5リバウンド、3スティール
1Qに、バーンズが0-3、パオが1-6、バイナムは、ボールを持っていなくてもダブルチームされ、パスを入れることもできない状態の中で、8-11の17得点と、オフェンスで、チームを引っ張りました。今日も、ドリブルをしていて、ボールが手から、飛んで行く場面がありましたが、フリースローは12-13でした。

久しぶりに、コービーらしいゲームでした。お金を払って見に行った観客は、価値があった所か、お釣りが来る程だったと思います。レイカーズが、100点に近づいて来ると、いつもは、「Give us taco」 の連呼(記事:タコをくれ!)ですが、今日は、タコはどうでも良くて、皆、コービーの50得点が、見たかった様です。終了間際に、ルークがシュートを打った時には、がっかりのざわめきが、起こりました。解説者が、「今日来ている人は、後になって、自分はあのゲームを見に行ったと言えるゲームだった。」と言っていました。ゲーム後の番組の後ろでも、観客が、「MVP」の連呼でした。

昨シーズンは、膝の影響で、コービーらしいゲームが、一つも無く、すっかり忘れていましたが、それまでは、年間、何回か、こういうゲームがありました。その翌日には、オフィスに向かう、エレベーターの中や、昼食時のフードコートで、隣のテーブルに座っている、見ず知らずの他人同士が、「昨日のコービーを見た?」と、話をしたものです。明日は、ロサンゼルス中の、あちこちのオフィスビルのエレベーターや、フードコートで、コービーが話題になることでしょう。

ところで、今日、マイアミが、オーバータイムで、ゴールデンステートに負けています。4Qに1得点しかなかったレブロンが、「どこのチームも、うちとやる時は、普段以上に、気合を入れてくる。他チームのゲームを見ると、うちと対戦している時と違う」と、泣き言を言っていました。そんなことを言ったら、レイカーズだって、この10年ちょっとは、ずっとそうです。レイカーズを相手に、自己最高を記録するプレーヤーも、多いですが、コービーが、そんなことを言っているのを、聞いたことがありません。今日、コービーは、4Qに16得点でした。レブロンが、4Qに2得点したら、マイアミは勝っていました。

パオ:16得点(7-13)、12リバウンド
1Qに、1-6で、打てば外す状態でしたが、その後、持ち直しました。リバウンドも、よくジャンプして、攻撃的に取りに行っていました。

バイナム:12得点(4-8)、8リバウンド
フィニックスが、ボールを持っていなくても、ダブルチームをして、エントリー・パスを防いでいたので、オフェンスに、なかなか絡めませんでした。マクロバーツとマーフィーがいなくて、フロントラインが人手不足なのに、30分しかプレーしていません。何も、理由がないのに、こんなことは、考えられません。怪我か、トレードの話が進んでいるか、どちらかのはずです。怪我をしているという情報も、様子もないですが。

フィッシャー:5得点(2-5)、2アシスト
得点が少なくても、アシストは、ある程度稼いでいたのですが、それも少ないです。ミニッツも、ブレイクに、少しずつ取られて、今日は、19分半でした。ディフェンスで、同じ高齢者のナッシュについていかれません。

バーンズ:4得点(2-5、3PT=0-2)、7リバウンド、7アシスト
1Qの始めに、続けて3本外しましたが、その後は、無理に打つこともありませんでした。得点は、まあまあでしたが、リバウンドと、アシストで、大きく貢献しました。アシストの殆どが、コービーにです。コメント欄でも、コービーにアシストする人がいないと、話題になったことがありますが、今日は、コービーに良いパスを出していました。ヒルに対するディフェンスも良く、1-12の4得点に抑えたのも、勝因の一つです。ヒルは、コービーに対するディフェンスで、憔悴していたのもあると思いますが、バーンズのディフェンスが良かったです。

ブレイク:3得点(1-3、3PT=1-3)、8アシスト
得点は寂しいですが、28分半のプレーで、これだけアシストがあったら十分です。ナッシュは、34分プレーして、同じ8アシストでした。ナッシュい対するディフェンスも、良かったです。

メタ:5得点(2-6、3PT=0-2)、8リバウンド、3アシスト
解説者も言っていましたが、足取りが軽かったです。相変わらず、シュートは決まりませんが、珍しく、リバウンド多かったです。20分のプレーで、これだけあったら、十分貢献しています。

ルーク:6得点(3-7、3PT=0-3)、8リバウンド、3アシスト
ガーベッジ・タイムにしかプレーしていないのに、いきなり出てきて、良くやってくれました。オフェンシブ・リバウンドが、5もありました。

ガウドロック:無得点(0-1、3PT=0-1)
打つのを躊躇している様に見えます。付いて行くのが、やっとという感じです。少しずつでも使って、慣れさせるか、Dリーグに送って、プレー経験を積ませるかしないと、ベンチで見ているだけでは、成長しないと思います。

イーバンクス:無得点(0-1)
2Qと4Qの終了間際に、出てきただけで、合計で1分ちょっとしかプレーしていません。外したシュートも、2Q終了間際に、センターライン辺りから打ったシュートです。

オフェンス
今日は、コービーの一言に尽きます。NBAではよく「Riding a hot hand.」(ホットな手に乗る)と言います。「当たっている人に、打たせろ」ということです。ましてそれがコービーなら、乗らない手はないです。勿論、1オン1やアイソレーションも多かったですが、ブレイクとバーンズが、よく、コービーに良いパスを出していました。その中で、コービー任せにしないで、要所要所で、パオが、バスケットを決めてくれたのも、助かりました。

ディフェンス
3ポイントラインのディフェンスが悪く、がら空きで打たれることが多かったです。特に、フライにやられました。中距離のジャンプシュートも、殆どオープンで、打たれましたが、ナッシュ相手なら、ある程度は、仕方が無いと思います。但し、勝負所の4Q後半の、ディフェンスが良く、ナッシュが、何度もピック&ロールを繰り返しても、ローテーションが利いて、オープンにしませんでした。4Qのフィニックスの得点が15点にも、それが表れていますが、残り6分ちょっとに、フライに3ポイントを決められて以降、終了までの得点は、ヒルのフリースローによる1点のみでした。最後の6分間を1点に抑えたなんて、記憶にないです。

全般
一見、コービーが一人で勝った様に見えますが、脇役が、自分の役割を果たしました。ゲームの後の記者会見で、ブラウンが、パオの得点とリバウンド、バーンズのリバウンドとアシスト、ブレイクのアシスト、メタのリバウンド、ルークのリバウンドを挙げていました。チームスポーツなので、全員が、何もかも、万篇無くやる必要な無いのです。フォワードとセンターはリバウンド、ガードとSFは、アシストをきちんとやってくれたら、得点は、自然に付いて来ます。

シャノン:11得点(5-13、3PT=1-4)
前半1-5でしたが、後半持ち直しました。登場した時は、拍手でした。コービーに、ファウルに近い様な、しつこいディフェンスをしていました。コービーも、ヒルにされたら、審判に文句を言うのに、シャノンにされると、何も言いませんでした。ゲーム後、コービーが歩み寄って、しっかりハグをしながら、耳元で何か言うと、しきりにうなずいていました。新天地で、頑張って欲しいです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/01/11 18:18  Lakers | コメント(26)
トラジさん、こんにちは。
そう言われてみると、ジョーダンのハイライトは、ダンクとか、リバース・レイアップの様なのが多いですが、コービーは、フェイダウェイが多いですよね。私は、シカゴのゲームな、年間数ゲームしか見れなかったので、コービー程ジョーダンを見ていないですが、コービーは、時間切れギリギリに、ボールを渡されることが多いです。だから、当然、シュートの確率も下がります。でも、相手が良いディフェンスをしたと思った途端に、ベースラインの方向に横にジャンプして、斜めになって、フェイダウェイを決めたりしますよね。あれは、相手に対する精神的なダメージが大きいと思います。上手くいったと思ったら、決められるので。
[ 2012/01/13 17:30 ] [ 編集 ]
久し振りにコービーらしい爆発が見れま
した!
とても33歳で怪我をしているようには見えないです!
鉄人ですね、彼は。

下の方でコービーとジョーダンの比較がありましたが、自分が思うコービーの特徴は難しいシュートを簡単に沈めること。
なんでそんなのが入るんだってのが頻繁にあります。
一方ジョーダンは、より安定したシュートセレクションで確実に決めるといった感じ。
ジョーダンの方がFG%は大分高いですが、明らかにコービーの方が難しいシュートのアテンプトが多い。

で、やっぱり自分が好きなのはコービーです。
ジョーダンも好きですけどね。
チームを勝たせるという点で言えば安定しているジョーダンの方が上かもしれませんが、爆発したコービーは爆発したジョーダン以上だと思います。
そして、あの難しいシュートを華麗に決める姿はカッコいいし、真似したいと思う。
コービー最高です。
[ 2012/01/12 18:10 ] [ 編集 ]
akrさん、こんにちは。
本当に、そう思っているかどうかは分からないですが。自分がコーチしたプレーヤーだから、感情を害したくないのもあると思います。
[ 2012/01/12 16:45 ] [ 編集 ]
コービーこそ史上最高
フィルは、そんな事言ってるんですか?!
勿論、ジョーダンという教科書があったからこそですが、コービーは20代前半にしてジョーダンがフィルムに残した全てが出来てたと思ってます。それに加えて、クロスオーバーやフローターなど、ジョーダンがやってなかった事を加えています。最多得点記録も、81 vs 69 だし。ドクターJに憧れたジョーダンのように、ジョーダンに憧れたコービーが。先代を越えるのは世の常です。
ジョーダンのNBAへの功績は否定しませんし、リスペクトもしてますが、冷静にプレーヤーとして評価させてもらうなら個人的にはコービーが上だと思ってます。
二度目ですが、先代を越える選手が出てくるのは世の常ですから。サッカーのメッシのように。
熱くなって長文、失礼しました。
[ 2012/01/12 15:30 ] [ 編集 ]
バスケットマンさん、こんにちは。
そういわれてみれば、ベンチはしずかですね。ロンロンもすっかり平和でおとなしくなったし。マクロバーツ辺りが、暴れてくれたらいいですが。
[ 2012/01/12 10:50 ] [ 編集 ]
コービーはやっぱり超人ですね。

そういえばレイカーズのベンチって静かすぎませんかね?
[ 2012/01/12 09:27 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ツオさん

本人は、個人賞には興味ないそうですが、ファンとしては、もう一度、MVPを獲ってもらいだいですよね。

手首を捻挫したら、日常生活にも困ります。よくやっていますよね。


>>学生のレイカーズファンさん

確かに、情報は、媒介を通している物が多いですが、レブロンが批判される原因になることは、ビデオで撮影されている発言だったり、自分でツイター投稿をしたことです。むしろ、細かいことは、日本では一々報道されていないことが多いです。

メディアも商売なので、読者が欲しい物を提供する部分は、あると思います。レブロンがあれだけ嫌われていているのに、レブロンの良い話なんか報道しても、誰も読みたくないですから。でも、批判が落ち着いてきたと思うたびに、ツイターや、インタビューで、つまらない事を言って、又、批判に火をつけるんですよ。


>>ロンロン大好きさん

それに、勝利に対する執念ですね。決まらないのに打ち過ぎたり、ドリブルし過ぎたりすることもありまが、みんな勝ちたくて、全力でやってるからこそ、そうなるんです。


>>国士さん

3ポイントは無かったですが、フリスローが多かったし、シュートもよく決めたので、効率が良かったです。50点行って欲しかったですよね。

ルークは、リバウンドは、よく取ります。ポジションも悪くないし、ボックスアウトをしっかりします。子供の頃から、基本をきちんとやって来た人だからでしょう。

ブレイクは、事実上スターターみたいなものです。ミニッツも、殆ど同じか、多いし、記事に書くのを忘れているのですが、スタートするのは、フィッシュですが、最後はブレイクです。フィッシュは、先にプレーするベンチプレーヤーという感じです。


>>もみじさん

私のブログが、一方的でなくて、コメント下さる方同士が、気持ちを共有できると感じて下さるのは、嬉しいです。

ウォレスは、翌日1点だったのでは?どちらにしても、レイカーズ戦で、力を使い果たした感じです。レイカーズにだって、みんなそうやって、必死になってかかって来るんです。それも、昨シーズンに始まったことではないです。

コービーがフリースローが多いのは、それだけ脚が動いているからでしょうね。動きが遅かったら、ファウルにもならないです。


>>akrさん

フィルによると、スキルはジョーダンが上だけと、勝負強さはコービーが上だそうです。

オフに、ESPNがNBAプレーヤーのランキングというのはやって、コービーは7位でした。今日のESPNでは、昨日のゲームのハイライトをやる前に、「誰かのリストでは、7番目だそうですが、私がリストを作ったのではありません。」と断ってから、やっていました。コービーも、自分が7番目なのは知っていて、「7番目のプレーヤーにしては、悪くないね。」と、ゲーム後に言ったそうです。


>>シジさん

それは、私も分かってはいるのですが、昨日、ハワードのエージェントが、再度、ニュージャージー、ダラス、レイカーズと、接触するのを、オーランドが許可したというニュースを聞いたばかりなので、ちょっと期待したんです。


>>k-1さん

私も、昨夜は、興奮して、寝付けませんでした。

ルークは十分やってくれました。打ち過ぎないで、リバウンドとアシストに専念してくれたら、ちょっとは使ってもいいのですが。なにせ、がら空きでも決められないのが、厳しいです。


>>かぼちゃケーキさん

数字を見ると凄いですが、ゲームを見ていたら、コービーが一人で頑張ったという印象は無かったです。

バーンズは、全力でプレーして、手も気も抜かないです。相手からみたら、隙あらばという感じで、嫌でしょうね。

3ポイントは、メタが10%以下、フィッシュが14-15%と酷いものです。コービーも3ポイントは決まらないし。マーフィーもカポノもスポットアップ・シューターなのに、なかなかフリーにならなくて、打ってもドリブルしてフリーにして打つとか、本来の打ち方ではないです。おっしゃる通り、PG不在が大きいです。


>>masaさん

バイナムは、ゴタットとフライにダブルチームされると、手も足も出ないという感じでした。それが、シャックとは違う所ですね。シャックは、ダブル所か、トリプルチームされても、ダンクを決めて、ファウルした方が、ひっくり返っていました。

膝に関わらず、脚が痛かったら、常に痛いですよね。動きにも影響するし。特に、ジャンプ。手は、常にというこはないです。特に、膝は、日非常生活でも、辛いです。

私も、もうちょっとイーバンクスを使って欲しかったですが、ルークは、リバウンドだけは、いつも、ある程度取るんです。

勝たないといけないので、ルーキーを育てながらというのは、難しいでしょうね。でも、少しずつでも使って、慣れされるか、そうでなかったら、昼間Dリーグでプレーさせたら良いと思います。ジョーダンは、ルーキーの時、昼間はDリーグ、夜はレイカーズでした。本人の希望だそうです。

レブロンは、悪い人ではないと思います。人目が気になるのでしょうね。だから、言い訳も多い。


>>かずさん

ありがとうございます。

コービーは、フィニックスには、以前よくやられたから、気に入らないのだそうです。久しぶりに、ゲーム後の番組の後ろに集まったファンのテンションが高かったです。

去年、バーンズを獲っておいて良かったです。

リーグパスで、十分楽しんで下さい!


>>ゆ~すけさん

ドワイトがいなくなったら、観客動員に響くので、バスケットボールの観点からなら、早くトレードした方が良いですが、ビジネスの観点からなら、ギリギリまでトレードしない方が良いです。

ゆ~すけさんと同じ様なジレンマがあるファンは、多いと思いますよ。レイカーズが勝っても、コービーがそこそこだと、消化不良ですよね。特に、お金を払って見に行った人達にとっては。

コービーは、謝ってもらいたいとも思っていないでしょう。打ち過ぎと思うなら、それも個人の意見なので、構わないですが、コービーが打ち過ぎ、ボールを持ちすぎなら、ジョーダンも同じです。ジョーダンが、今のコービーと同じ歳だった96-97シーズンの数字が、よく引き合いに出されますが、ジョーダンは、そのシーズン、1ゲーム平均、23本ちょっとシュートを打っています。コービーは、昨日が31本とかなり多かったですが、それでも、23.8本程度。その前のゲームまでなら、丁度23本でした。それから、ESPNで、ボールを持っている時間というのを、3-4日前にやっていましたが、ジョーダンが、38%ちょっとで、コービーは、それより0.1%だけ多いだけでした。0.1%といったら、3秒弱です。ジョーダンの方が、リバウンドが、0.2本多いですが、アシストはコービーが、1.5多いです。最初の11ゲームだけなら、コービーがリバウンドでは2近く、アシストでは2以上多いです。シュートの確率、特に3PTの確率が、コービーは悪いですが、手首の靭帯が切れているので、それは仕方が無いでしょう。

コービーがボールを持ち過ぎ、シュートを打ち過ぎと批判したければ、それはその人の意見だし、少なくても、民主主義社会では、誰でも、自分の意見を持って、それを表現する権利があるので、いくらでも批判すれば良いですが、それなら、同時にジョーダンも批判するべきです。批判する所か、ジョーダンはそうでは無かったというのは、単に、事実に反します。ジョーダンに比べて、アシストし過ぎだと批判するなら、それは事実なので、構いませんが。


>>古参者さん

3は、手首の怪我があると、難しいと思います。本当は、3でなくても、難しいはずですよね。

私も、プレータイムは、40分を超える様なら別ですが、35分前後なら、それ程心配ないと思います。但し、バックトゥーバックの時は、できれば、35分以内に抑えて欲しいですね。

バーンズに限らず、全力でプレーしているのを見ると、気持ち良いです。


>>かばさん

殆どのプレーヤーが、目立たないことを、着実にやりました。

ハワードは、トレード希望が変わらなくて、ネッツ、ダラス、レイカーズと、交渉する許可を、エージェントがもらったと、昨日のニュースで言っていました。


>>annさん

ちょっとお久しぶりですね。

コービーは、得点が多い時でも、リバウンドは、バイナム、パオに次いで多いは、アシストはトップだはですよね。それが、昨日は、リバウンドやアシストは、チームメイトがやっていました。みんな、自分ができることを着実にやって、できないことをカバーし合ったら強いです。


>>カンエイさん

About MVP, somebody on the Sports Center on ESPN said same thing.

Everybody has different talent and skill level, so you can’t ask everybody to play at the same level. However, everybody, especially if you are pro, should always give their best effort. Kobe does that every time he steps on the court, even when he is having a bad game.

When Kobe plays against Trevor, Sasha or Shannon, he wants to beat them, but he doesn’t really wants to “beat” them. You know what I mean?

Barnes does little things, that won’t show up on the stats sheet.

I think the only former Laker the Laker fans hate is Kwami. Jordan won’t get claps and cheers, but he won’t get boo, either.

During the game, the analyst was saying that Pau should be more aggressive like Kobe. I completely agree with him, but I don’t think he is capable of that. It’s just not in him.

When you are playing against the Lakers and Luke makes a shot, you’ve got to cut the loss. You would rather have Luke take a shot wide open than double teamed Kobe take a fade away.

LeBron has many of his friends on his payroll. So he actually cares about his friends. Or he just likes to surround himself with whole bunch of people who wouldn’t say “No” to him. He also had the Cavaliers have some of his friends on their payroll. He knew the Cavaliers couldn’t say no to him. He just took advantage of them.


>>オカさん

昨日は、コービーが得点に専念できる様に、他のことを、全員でやったという感じでした。

フィッシャーは、ディフェンスでも穴になるので、厳しいです。


>>しんげんさん

コービーの得点は多くても、一人でやっていたのではなく、コービーに対する、アシストも多かったので、それ程きつくなかったと思います。コービーがアシストが多いのは構わないですが、せめてリバウンドは、コービーが10も取らなくて良いようにしてもらいたいです。

レブロンを獲らないで、キャップスペースを空けておいて、チャンドラーを獲った方が良かったでしょうね。


>>ちょこさん

フィルも、コービーの凄いゲームがあった後に、「今更、コービーが何をやっても驚かないけれど・・・」と言いながら、歓心していました。やっぱり、膝に関わらず、脚に怪我があると、動きが制限されるので、一番きついと思います。
[ 2012/01/12 09:15 ] [ 編集 ]
今日のコービーはすごかった。久しぶりにオフェンスマシーンコービーが見れましたね。まだまだNo.1選手は彼ですね。今年はMVPや得点王などのシーズンでの個人賞が久しぶりに狙えそうですね。本人は優勝以外あまり興味なさそうですが笑

ただやはり怪我の影響は確実に出てますね。スリーやハンドリングやパスなどで。私はバスケ経験者で同箇所の靱帯を伸ばしただけでも完治するまで1ヵ月弱かかりましたしドリブルやシュートやパスするたびに痛かったです。それを完全に切れている中であれだけのプレーが可能だとは信じられません。どんな状況でも弱音を決して吐かない彼を尊敬します。
周りのメンバーも頑張ればレイカーズは優勝できる力が十分にあるとおもうのでバーンズ以外ももっと気持ちをいれて試合に臨んで彼を少しでも助けて欲しいです。
[ 2012/01/12 02:35 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!!

いや~コービー凄いですね、さすがです わかりきってたことなんですけど笑

かなり話はずれますがレブロンの映画とても感動的なストーリーですよ。僕はレブロンが好きなわけではないですが彼はとてもチームメイトを大事にする側の人間だと思います。 カンエイさんはキャブスの面々に唾を吐くようなレブロンよりコービーのほうが・・・ というような言い方をしていますが、かつてコービーだってチームメイトを公に批判したり、トレード候補に挙がっているチームメイトが不愉快に感じるような発言をしたりしています。
そもそも33歳と27歳ですから、チームメイトへの接し方というのも年上のほうが上手だと思います、当然例外もありますが、そういう点も加味して冷静に見てほしいのです。

たしかにレブロンは自分の移籍をテレビで報道するなどという過ちを犯しました、そしてそれ以降はマスコミも彼を真のヒールのような報じ方をしています。 そのせいかレブロンのいいニュースというのはあまり聞かないです、当然あるんでしょうけどあまりそっちの面ではさわがれませんし。 
 逆にコービーに関しては悪いニュースがあまり騒がれません。 僕の周りのNBAファンのほとんどがコービーが最低でも105人の女性と浮気をしたというニュースを知りません(僕は信じていませんが)

そもそも僕らが手にしている情報はネットやテレビなど、媒介を通して得られるものです。 インタビューで答えてることだって活字にされて報道されるときは選手の意図とは違う形になることだってよくあると思います。 僕たちはもっと物事を冷静に見る必要があるとおもいます。

中国人のほとんどの人は日本人に対していまだに戦争のイメージを持っているそうです。
 また戦時中の韓国では日本の兵士が性処理のために韓国人の女性を強姦するのが日常茶飯事だったそうです。 これは韓国人なら誰でも教育されて知っていることだそうです。 日本の兵士がやったことなのになぜ日本人はほとんど知らないんでしょうか? もちろんマスコミが情報をコントロールできるからです。  

イメージというのは怖いもので物事を冷静に見れなくなります。 かなり話はずれましたが僕が言いたいのはそういうことです。

長文失礼しました  
[ 2012/01/12 01:32 ] [ 編集 ]
コビーのバスケットボールに対する愛情と情熱に敬意を表し、ここに最大限のリスペクトの気持ちをみんなに伝えたいです。膝、足首、指、手首、こんなに満身創痍な選手が他にいるでしょうか?今後の選手生命を考えたら普通ならケガを直す事に専念するのではないでしょうか?ましてやサラリーは保証されてる訳で。そんな状態でも、ゲームに出て、チームの勝敗の責任を一身に背負い、僕らに感動や興奮を与えてくれるコビーが僕は本当に誇らしく、そんなチームを愛してる自分が嬉しいです。
[ 2012/01/12 01:29 ] [ 編集 ]
ラスト、1ポセッションでも多く攻撃を見たかったです。コラッ、負けてるサンズ、3Pの早打ちしろ!と思ってました。終盤に打ったFTなんかは、いつの間にか例年のように淡々と決めてましたし。

3Pとファーストブレイクなしで48点は凄いですね。20回程コービーの50点オーバーを見てますが、大抵3Pが4~6本に、ファーストブレイクイージーダンクが2本、FTが15~18本とかだったので、ロング2P主体の高得点ゲームはあまり記憶にないです。

ルークのリバウンドのポジション獲りって、(やはり)偶然ですか?不思議といいところにばかりいてくれて助かりました。期待値は低いですが、得点面以外の潤滑油の働きがもしできるなら、多少見直せます。

後50歩100歩なのを承知で、ブレイク先発はないですかね?ブレイクとコービーは互いにパスが出せますが、フィッシャーだとコービーからのパスだけ(しかもオープンの割に確率が悪い)でコービーにパスを通せないことが多く感じます。PGの補強が進むまではブレイクとコービーの時間をもう少し見てみたいです。
[ 2012/01/12 00:57 ] [ 編集 ]
久々にコメントします。いやーやりましたね!
今日は一日ニヤニヤしています。

他の方もおっしゃってますが全員が自分の役割をこなしたのも良いですね!

そしてこんな思いを皆さんと共有できるのは本当に良いですね。
Mayさんに感謝です。

レブロンの話で思い出したんですが、少し前のレイカーズ対ブレイザーズ戦でウォレスに大爆発されましたがレイカーズ戦で気合い入れすぎで、次の試合ではわずか2点だったみたいです。そんなんなるなら気合い入れないでくれ~と思う反面、尊敬されているとも感じるし難しいとこですw

あと今年のコービーはFTが昔のように多いですね。去年はこのサイトでもドライブしてもFTがもらえないという声を聞きましたが、今年は膝が良いから大丈夫なんでしょうかね。ダンクも去年はあまりありませんでしたが最近はちょこちょこ見せてくれて嬉しいかぎりです。

逆に手首の影響?でスリーがさっぱりですが苦笑。
[ 2012/01/12 00:37 ] [ 編集 ]
確かに去年には無かったパフォーマンスですね。
ブルズ72勝したときも、ジョーダンは33歳でした。
あのときのジョーダンプレイぶり思い出してしまいました。
散々議論されつくされた話題で申し訳ないですが、個人的には Kobe のスキルはジョーダンより上です。勝負強さは、引き分け。負けているのは、ジャンプ力と滞空時間ですかね。
バスケの練習前は、Youtubeで、kobe bryant 2000 で検索して気分を盛り上げてます。
あれから10年以上、ナンバーワンですよ?
本当は、史上最高なんですよ。
[ 2012/01/12 00:01 ] [ 編集 ]
バイナムは怪我でもトレードでもなく、単にマッチアップの問題でしょうね。
フライのアウトサイドに苦しめられていましたし。

普段でも試合終盤にコービーで押すならバイナムとガソルを同時に使う必要はないと思います。
フィルがしていたように4Qの最初はバイナムで押して終盤はガソル+マクロバーツというのが一番いいと思います。
[ 2012/01/11 23:47 ] [ 編集 ]
僕が好きだったコービーが復活しました!! 嬉しすぎてやばいです… 今日はコービーのことで胸がいっぱいなので他には特に書きません。
コービー最高です!!

あ…一言だけ…ルーク。。よくやってくれました…今までお荷物扱いしてごめん。
[ 2012/01/11 23:28 ] [ 編集 ]
毎度詳細な記事をありがとうございます。久しぶりにゲームを見られなかったので、改めて有難みに気付かれます。そのため、ハイライトのルークのオフェンシブ・リバウンドとコービーの48点の数字に2回程驚いてしまいました 笑

しかしバーンズは何というか、かゆい所に手が届く選手ですね~。パオが頼りなかった時はリバウンド、メタがスターターだった頃にはほとんどなかったファーストブレイク、最近では得点、そしてコービーへのアシストが少ないことが話題になったたら、今度はそれをやってしまうんですからね。

一つ気になるのは、リーグで下から2番目の3ポイントですかね(0.230)。まぁこれも結局はパスを散らせるPGがいないからってことになっちゃうんでしょうか。

[ 2012/01/11 23:19 ] [ 編集 ]
私も今日からのレイカーズのゲームは全ゲームは見れなくなるので、学校から帰ってボックススコアだけ見たときは「ああ、レイカーズ勝ってるな」と思ったのですが、個人成績を見ていくと、
「バイナム今日もあまり良くないな~。バーンズは相変わらずオールラウンドの活躍でチームに貢献してるな~。パオは成績だけ見るとまあまあだけど、あまり参考にならないからな~。」
期待しているガウドロックは、
「何もできなかったみたいだな~。でも、ルーキーなので出ているだけでいろいろ経験は出来るだろうからいいんじゃないのかな。」
なんて思ってたのですが、コービーを見てみると、
「48点!!!!」
と思ったのですが、
「コービーにそんなに頼ってて大丈夫なのか?本当にこのままじゃあプレーオフの前にパンクしてしまう。」
と思って心配していましたが、この記事を見て安心しました。全員が自分の役割をこなしての勝利なら、見方も変わってきました。
バイナムには20点13リバウンドはしてほしいのですが、最近はハードにディフェンスされたり、ダブルチームされたりと今までとは少し違って、まだアジャストできてないんでしょうね。
私もかばさんと同じでハワードもいいですがバイナムも見ていたいです。今のNBAは生え抜きスタープレーヤーがだいぶ減りましたから、バイナムには頑張ってほしいです。

ちょこさんがおっしゃるようにこーびーにとっては手よりも膝の方が深刻だったのでしょうね。私も膝をケガしている状態でプレーをすることは結構ありますが、やはり膝の痛みはとんでもなかったです。
すみません。誰も私の話なんてどうでもよかったですよね。

今日は良かったですが、ルークに26分も使うくらいなら、イーバンクスも出してほしいですけどね~。

やっぱりPGの薄さは目につきます。
他はそこそこどこも良いのですが、PGだけは気になります。プレーオフの事を考えると、PGはだいじになってきますので、オールスターあたりでLAにくるのを期待しているばかりです。バックアップのことまで考えると、モリスを使ってほしい気は山々なのですが、なかなかそいもいきませんね。
コービーも39分は少し負担になりすぎると思うので、コービーの4分分をガウドロックに使ってほしいです。もちろん今のレイカーズはコービーがいない時間帯に得点できない傾向にあるのは重々承知の上ですが、でもそうしないとなかなか今の状況を切り抜けれないと思います。

レブロンはやっぱり真のスーパースターにはなれないですね。彼にはコービーほどの器の大きさもハートの強さのありませんからね。コービーファンの私から言わせると、
「おまえなんかコービーの足元にも及ばないんだよ」
と鼻で笑ってやりたいです。それも私の周りにはコービーファンはなかなかおらず、NBAをそこまで知らないくせにレブロン、レブロンといっている奴がいるので。

おっと、すみません。また個人的な話をしてしまいました。

明日は今シーズン鬼門となっているロードですね。コービーもそうですが、他がどれだけやってくれるかに注目したいです。

長文失礼しました。
[ 2012/01/11 22:27 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です!

いや~コービーすごいですね!!!前半から飛ばすなとは思いましたが、4Qにまたギアを入れ替えて、一気にいきました。
レイカーズファンはお祭り騒ぎですね。コービーはもう終わった等のコメントをするアンチコービーに今日の試合を見せたいです。(偶然にもレブロンが勝負弱さを見せつけた日ですしね)

後、バーンズがいいですね。シュートはあまり入りませんでしたけど、今のレイカーズにたりないハッスルプレイは非常に魅力です。

明日はジャズ戦ですね、この調子でロード初勝利!を願います。

私事ですが、ついにリーグパスに加入しましたので、これからは全試合を見れるようになりました。
その初日にコービーが大爆発して、うれしい限りです。(今までは、BSとWOWOWで見ていましたが、一か月に2試合ぐらいしかみれないので...)
[ 2012/01/11 22:15 ] [ 編集 ]
某所ではドワイトは少なくともオーランドでのオールスターまではマジック所属だろうと。
確かにオールスター考えればドワイトいなくなるのは痛いですよね。



しかし師匠にはもう…ね…
優勝出来なくても彼のプレイを見れてるだけで満足してしまう自分は志が低いんでしょうかね?w

とりあえずいつまでも一人で打ちすぎだとかしか言わない奴らは土下座して謝れ!!
[ 2012/01/11 22:12 ] [ 編集 ]
仕事終わって、ようやく見れましたが、今日はドキドキしながらライブで見たかったです…泣

いやぁ…コービーとんでもないですね。

何で利き手にあれだけの大怪我抱えて、こんな事が出来るのか…。

それにしても今日に限らずですが、スリーは相変わらずサッパリ入らず、しっかり怪我の影響感じさせてるのに、他のシュートはやたら入りますよね…。何なんでしょう。やっぱり去年は膝や足首が酷すぎただけなんでしょうかね?

明日のジャズ戦は他の選手達がオフェンスでも奮起してコービーを休ませて欲しいとも思うんですが、去年も書いた気がするんですけど、コービーのプレータイムあまり減らさない方が良いような気もするんですよ…。

去年みたいに30分前後のプレータイムの試合に慣れすぎると、負担は減るだろうけど、逆にプレーオフみたいに長くコートに立つ必要性が生じた時に身体が動かない気がするんですよね。人間て慣れの動物ですので。

何かスパーズもそれで失敗して来た気がするんですよ。絶対エースたるもの少なくとも平均で36分くらいの出場時間は維持してた方が良いような…。プレーオフでは絶対40分近く求められますもん。


それと今年は愚痴ばかり書き込んでしまって触れるのを忘れてましたが、やっぱりバーンズ最高ですね。見てて本当に気持ち良いプレイヤーです。大好きだったアリーザを思い出します。
[ 2012/01/11 21:45 ] [ 編集 ]
毎度更新お疲れ様です!

全員が平等に活躍できた試合でしたね。ルークも頑張りました。

しかし、コービーという男はすごいですね…。
バイナムについてですが…、その情報は定かでしょうか?ハワードとの1対1のトレードならいいですが、もう少しバイナムを見ていたい気はします。

カポーノはこの機に奮起して欲しいですね!
[ 2012/01/11 20:28 ] [ 編集 ]

お久し振りです!!

得点に関しては、コービー1人ですが
それを支えるチームメイトの個々の力!!
チームメイトがエースを支えるという形は最高です!!

ベンチメンバーが少なかっただけに
いるだけの人数のチームワークで勝った
今日の試合は大きいと思います!!

今日のような試合が続いたら面白くなりますね。
[ 2012/01/11 20:22 ] [ 編集 ]
今のところMVP最有力候補は、コービーじゃないでしょうか?自分のプライベートな感情もあるでしょうが、試合になれば100パーセントの力で試合に挑む姿が彼の強さの秘訣だと思います。プロの中のプロですね。シャノンがレイカーズを離れたのは寂しく思いますが、偉大な兄貴分のコービーと、プロの舞台で対戦できるのは、彼のキャリアにはプラスとなるでしょうね。コービーも、シャノンが激しくディフェンスしてくる姿勢が嬉しかったんじゃないでしょうか。

去年までは、連覇のため個人成績よりもチームを活かす為のリーダーシップが第一でしたが、今年はいろんな意味でチャレンジの年なので、コービーのプレイで引っ張って、存分にリーダーシップを発揮しているように見えます。

バーンズは得点できなくても、何らかの形で貢献してくれますね。パオやバイナムとは役割は違いますが、頼もしさや貢献度は大きいですね。MIP候補にはならないでしょうけど、今のレイカーズには欠かせない人物になりましたね。

そして、おかえりシャノン。ユニフォームが変わっても、シャノンはレイカーファンに愛されてますね。

パオもこのままやってくれれば、チーム内で重要性が出てきそうですね。ごり押しタイプは得意ではなさそうなんで、いつまで続くかわかりませんが。

ルークは警戒されてなかったんでしょうね。コービーがこれだけ当たっていたら、ルークに気を配ることはないでしょうし。今日ぐらい数字が残らなくても、要所で活躍できれば使い勝手も有りそうですが、期待はできなそうですね。

いよいよハワード?ですかね。
そこそこのPGとハワードが来れば、優勝も見えてきそうですが。

レブロンは自分が可愛くてしょうがないのでしょう。自分のプレイより、他人に責任をなすりつけるあたりが彼らしいですね。
なんか高校時代の自伝的映画を公開して(もちろん見てないし、見る気もないですが)、自分は仲間が大事らしい事をアピールしてたみたいですが、キャブスの面々に唾を吐くようなレブロンより、コービーのようにシャノンやアリーザとハグする方が、本当に仲間を大事にしていると思います。

レブロンが何点とって、どんだけ記録を作ろうが、敵として賞賛する気になれません。
[ 2012/01/11 19:31 ] [ 編集 ]
最初コービーの得点を見て今日もコービー以外は空気なのかと一瞬思いましたがリバウンドとアシストでみんな頑張っているので安心しました。この調子を維持していけたらいいなと思います。
フィッシャーが少しさびしいですね。同じ年齢のナッシュを見てベテランとしての意地を次の試合で見せてほしいです。

レブロンはヒートでビッグ3を形成したときからこうなることはわかってたはずだと思ってたのですが…。少し残念です。
[ 2012/01/11 19:13 ] [ 編集 ]
前半終わってスタッツをみたとき、コービーがノッていて嬉しい半分、ここ最近のコービー頼みか??と心配半分でしたが、コービーがアンストッパブルな日だったんですね。コービー以外がダメだから、コービーが運んで打ちまくって入るか入らないか…ではなく、今日のような展開なら、いいですね。
リバウンドもパオ、バイナムがこれまでも二桁はとってましたが、他がコービー、バーンズ7-8に他が良くて5とかでしたが、今日はメタ、ウォルトンがSFらしくとってくれました。助かります。
バイナム…どうなりますかね。

レブロンはOTでも2点くらいですね。マイアミはレブロン取る金でもっといい補強ができたと思います。そしたら怖かったです。
[ 2012/01/11 18:56 ] [ 編集 ]
この男は本当に人間なのでしょうか 笑
かれこれ10年以上NBAと付き合ってますが、靭帯が切れた状態でここまでできる選手なんぞ見たことがありません。どうやらコービーにとっては手よりも膝の故障のほうが苦しかったようですね。
[ 2012/01/11 18:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。