腐っても鯛、歳取ってもフィッシュ

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

腐っても鯛、歳取ってもフィッシュ

Game Score

ゲーム・ハイライト


レイカーズ・ハイライト


今日は、ラマーがダラスにトレードされてから、初めて、ステイプルズセンターに帰って来ました。1Q途中で登場した時は、スタンディング・オーベージョンでした。ジャック・ニコルソンも、立っていました。

1Q
出足に、お互い外し合いますが、最初に得点したのは、ダラスでした。レイカーズは、バーンズのフリスローによる得点は、あったものの、最初の6本を外します。レイカーズの最初のバスケットは、パオの珍しい、ドライブからのダンクでした。その後、リードされ、レイカーズは、得点に苦労しますが、ダラスも決まらないので、点差を広げられません。終盤には、アナウサーが、「中継に苦労する」と言う程、まるで小学校低学年のゲームの様に、両チーム共、外し続けます。このコーターは、ノビツキーは0-5、コービーは、0-4でした。半ば過ぎに逆転すると、暫くリードを保ちますが、終盤、カーターとラマーに3ポイントを決められ、逆転され、18-15の3点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
モリス、カポノ、メタ、マクロバーツ、バイナムでスタートします。序盤に、レイカーズのベンチが踏ん張ります。メタが、ペイントにドライブして、レイアップを決めると、バイナムがボールハンドルを誤って、苦し紛れにカポノにパスしますが、カポノがそれを決めてくれました。パスがよく周って、マクロバーツが、バイナムを見つけ、アリーウープもありました。これで逆転しますが、直後に再逆転されます。ここで、コービー、フィッシャー、パオが戻りました。その後、一時点差を離されますが、半ば過ぎから、1Qにはシュートが全く決まっていなかったコービーが、決め始め、追い上げます。コービーは、終盤には、このゲームで、既に3つ目のスティールをし、そこからダンクを決め、逆転します。その後、一進一退で進みますが、終了間際はよく守り、39-35の4点リードで、ハーフへ。

3Q
出足は、バスケットを交換しますが、その後、レイカーズのシュートが決まらなくなり、あっさり逆転されます。レイカーズは、半ば前まで、3分以上、得点がありませんでした。ダラスも、逆転こそしたものの、付き合って、シュート外し、点差を広げられません。このコーター後半の、レイカーズの得点は、バイナムのフリスローによる1点のみ。ダラスの得点は、ラマーの3ポイントと、マヒミのフリスローによる1点、合わせて4点でした。51-46の5点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
出足に、マクロバーツが、よく動いて、メタからのアリーウープ・ダンクを決めます。その後、モリス、マクロバーツが、ファウルを取りますが、2人共、1本ずつ外して、なかなか追い上げられません。それでも、ディフェンスが良かったので、点差を広げられることもありませんでした。その後、バイナムが、カポノからのアリーウープ・ダンクを決め、コービーがジャンプシュートを決め、序盤で1点差に迫ります。その後、一進一退でしたが、半ばに、バーンズがよくバスケットを責めて、ファウルを取り、フリースロー2本を決めて、1点リードながら、逆転します。その直後、フィッシャーがファウルを取ると、フリースロー2本を決め、その後のディフェンスで、フィッシャーが、スティールから、レイアップを決めます。その後、しっかり守ると、又もや、フィッシャーが、フリスローライン辺りからの、ジャンプシュートを決め、あっという間に、7点リードにします。その後は、得点が思うように行きませんが、ディフェンスが良かったので、ダラスの得点を、ノビツキーのフリスロー2回、合わせて4本からの4点に押さえられました。ところが、終盤ダラスが折角外しているのに、又、7フッターが2人揃って、ディフェンシブ・リバウンドが取れず、マヒミにティップインされます。パオは、位置が悪かったので、仕方が無いですが、バイナムは、スローを見ると、身長で1インチ(約2.5センチ)以上低い、マヒミと競ってジャンプして、指先が、マヒミの指の付け根くらいまでしか行っていませんでした。解説のレジー・ミラーが、「リバウンドは、レイカーズの強みなのに」という様なことを言っていましたが、「これが弱みなんだよ。」と思いました。この後、レイカーズは、バーンズ、パオ、コービーが続けて外し、残り9秒ちょっとで、同点に追いつかれます。タイムアウト後、インバウンドからコービーが、ドリブルをすると、テリーが、ダブルチームに来ます。これで、がら空きになったフィッシャーに、コービーがパス。フィッシャーが、このゲーム、レイカーズの最初で唯一の3ポイントを決め、3秒ちょっとを残して、3点リードとします。この後のダラスのオフェンスで、カーターが3ポイントを外し、勝利となりました。

コービー:14得点(7-22、3PT=0-3)、7アシスト、3スティール
シュートが決まらないので、そう感じたのかもしれませんが、何か、元気が無い様な、感じがしました。これまで、ローテーションでは、コービーは、1Qと3Qは、最後までプレーしていましたが、今日は、両方共、残り約2分で、ベンチに下がりました。ボールを貰った途端、バイナムやパオにパスする場面も、多かったです。ペイントにドライブして、左手で、シュートもありました。かと言って、右手首が痛そうな素振りは、見られなかったです。フリースローは、1本しかないです。笛がもらえなかったのではなく、ファウルらしいプレーが、全くありませんでした。

パオ:8得点(3-11)、6リバウンド
シュートが決まらないのは、仕方が無いですが、ゴール下で、ボールを貰っているのに、ろくにジャンプもしないで、レイアップに行って、ブロックされたプレーがありました。そのリプレイが流れたら、解説のレジー・ミラーが、「コービー・ブライアントが、シュートを打ち過ぎだと言う人がいるが、それは、これが理由だ。あんなプレーをするからだ。身長が7フットもあって、マヒミ相手に、あんなプレーも決められない。あれが、コービーだったら、決めていた。今頃、コービーは、イライラしているだろう。」と言っていました。ボールを持っても、シュートを何とかして決めようというより、誰にパスをしようかと、周りを見回す場面もありました。2Q終盤に、ノビツキー相手に1オン1になり、どうするか決めかねた挙句に、やっとジャンプシュートを打ったら、レジーが「ありがとう」と吐き捨てた様に言った後、「でも、もっと早く打ってくれ。どうして、ダブルチームが来るのを待つ必要があるんだ。」と言っていましいた。レジーも、パオを見て、イライラしている様でした。私が、ずっと思っていたことを、言ってくれて、スッキリしました。パオに、レジーの言葉を聞かせたいです。フリスローは、又2本のみです。

リバウンドが少ないのは、ノビツキーのガードで、バスケットから離れることが多いので、仕方が無いです。ノビツキーへのディフェンスは、良かったです。ノビツキーは、8-17の21点と、まずまずでしたが、3ポイントは、1本打って外しただけ、フリースローも6本しかありませんでした。特に、勝負所の4Qのディフェンスが、良かったです。打ち難そうにしていたし、打てないでパスも、何回もありました。

バイナム:17得点(8-13)、15リバウンド
数字はそれ程悪くないのですが、ヘイウッドは勿論、サラリーが90万ドルちょっとのマヒミ相手にも、押し切れず、ペイントに入れなくて、その外からの、ジャンプシュートや、フックショットが目立ちました。マヒミを押せずに、ベースラインから、左手で、フックショットを打って、エアボールにするのもありました。ビッグマンらしくないプレーが目立ちます。フリースローは、2本しかありません。それも、又、1本しか決めていません。今シーズンは、1本外して1本決めるが、定着しています。

今日は、TNTで全国中継で、ハーフとゲーム後の番組には、チャールズ・バークリーとシャックが出演しています。少し前から、バークリーとシャックの間で、誰が、最高のビグマンかで、議論をしている様です。シャックは、バイナムと言っていて、バークリーは、ハワードです。バークリーによると、「バイナムは、真のビッグマンではない」そうです。その意見が正しいかどうかは別として、「バイナムが最高のビッグマン」と言う人はいても、「ハワードは真のビッグマンではない」という人は、いないと思います。

リバウンドは、数は多いですが、肝心な所で取れません。

フィッシャー:13得点(5-9、3PT=0-1)、2アシスト、3スティール
アシストが少ないのは、フィッシャーが悪いというより、パスをしても、誰も決められないからです。13得点の内、9得点が、4Q、それも後半です。

レイカーズのビッグマンが、リバウンドを楽に取っても、相手のプレーヤーが、走りよって来ることが、よくあります。ちょっとファンブルでもしようものなら、横取りされることも、たまにあります。逆に、相手のビッグマンが楽にリバウンドを取れる状態だと、バイナムやパオは、微動だにしないです。あわよくば、横取りしてやろうなんて態度は、かけらも見られません。

前半、ダラスが3ポイントを外して、長いリバウンドになって、間違いなくダラスのオフェンシブ・リバウンドになると思ったら、フィッシャーが、物凄い勢いで、飛んで行って、慌てたダラスのターンオーバーを誘っていました。バイナムやパオなら、「どうせ取れないから」と何もしない状況でも、フィッシャーは、手を抜かないです。

決勝の3ポイントについては、「ボールが来たら、決める自信があった」そうです。

バーンズ:9得点(1-5、3PT=0-2)、5リバウンド
シュートは悪いですが、フリースローが、チーム最多の8本ありました。バイナムとパオを合わせても4本しかないのに、よくペイントを責めていました。ノビツキーをブロックする場面もありました。相変わらず、よく動きます。

モリス:1得点(0-1)、0アシスト
プレーしにくそうでした。アシストが無いのは、モリスだけの責任ではなく、シュートを決められないチームメイトにもあります。出てきた時の、拍手が凄かったです。

メタ:2得点(1-7、3PT=0-1)、3リバウンド
3ポイントの確率は、7%です。自信がないので、オープンでパスが来ても、躊躇し、動きが止まります。リバウンド争いで、キッドにボックスアウトされて、身動きできなかったのが、情けないです。スピードな無くても、力ではまだ勝てると思ったのに、38歳のPG相手に、ジタバタするのが精一杯でした。

マクロバーツ:7得点(3-5)、5リバウンド
ノビツキーにハードファウルをしていました。軽く触る程度のファウルしかできない誰かとは、大違いです。レイカーズで、現役時代に、全力でプレーすることと、ハードファウルで知られた、レイカーズの元AC、ミネソタの前HC、カート・ランビスにちなんで、マクランビスと呼ばれ始めています。ベンチに下がった時には、拍手でした。

カポノ:2得点(1-3、3PT=0-2)

ラマー:10得点(4-12、3PT=2-5)、4リバウンド、2アシスト
調子が悪いようです。フィルが、見かねて、連絡を入れて、アドバイスをしている様です。3ポイントも、悪い様ですが、今日は、3ポイントだけは、何とか決まりました。

オフェンス
酷いとしか言い様がないです。

ディフェンス
逆に、こちらは、素晴らしかったです。75点以内で勝ったのは、ミネアポリス・レイカーズ当時、1950年代以来だそうです。但し、キッドが、がら空きの3ポイントを、外してくれたのにも助けられましたが。

4Qのノビツキーは、シュートが1-2、フリースローが4-4の6点のみでした。パオのディフェンスも良かったですが、バーンズが所々、ダブルチームに行きました。ダブルチームに行ったからといって、自分のプレーヤーがおろそかになる訳ではなく、すぐに戻ったり、他のヘルプに行ったり、広いエリアをカバーします。

こんなにオフェンスが悪くても、ディフェンスが良ければ勝てるので、今後もディフェンスに励んでもらいたいです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/01/17 17:51  Lakers | コメント(43)
魚さん、こんにちは。
本当に、大きな勘違いですね。(笑)

コルツとジャイアンツが対戦する時も、「マニング・ボウル」と言います。イーライは、今日は元気みたいです。

自己申告されている通り、本当にミーハーですね。
[ 2012/01/21 05:16 ] [ 編集 ]
Mayさん

 いつも貴重な情報をありがとうございます。大きな勘違いに気づきました。「あ!?ボルチモアって湾岸地域なのね。確かサンフランシスコも湾あったよなーー?」って?
 今の今までハー"バー"対決だと思ってました。恥ずかしいです。ハーボー兄弟ですね。
 でももし月曜日に勝てたら、ミーハーなので相手はブレイディーがいいです。
[ 2012/01/20 12:09 ] [ 編集 ]
badさん、こんにちは。
感覚や価値観は、人それぞれ違って当たり前ですよね。誰もが、みんな同じだったら、気持ち悪いです。暴力は良くないということなら、善悪がはっきりしていますが、善悪ではなくて、好き嫌いで、どちらが正しいとか間違っているとか、言えないことがいっぱいあります。好きだという人に、嫌いになれと言っても無理だし、嫌いだという人に、好きになれと言っても無理です。お互い、相手の価値観を認めないと。

でも、好きや同意するなら兎も角、嫌いや反対なら、何故なのか、理由を言えないと、いけないです。「なんとなく」とか、「嫌いなものは嫌いだ」では、知的レベルが知れます。badさんは、何故、バイナムを認めるべきかの理由を挙げているので、それは、それで良いと思います。

badさんが、「ケチョンケチョン」という言葉を使ったので、私もそのまま使いましたが、「ケチョンケチョン」に言い返したという認識はないです。badさんも、理由を上げて、意見を述べられているので、私も「説明」するべきだと感じたからです。

多少感情的だったかもしれますが、何度も言っている様に、スポーツのブログなので、感情的になるものだと思います。それに、ご自身でbadと言われるくらいなので、どんなコメントが来るかくらい、大体見当がついきますよね。(笑)
[ 2012/01/20 09:14 ] [ 編集 ]
それにしても、Mayさんがこれほど寛大で、人間の大きな人だとは思いませんでした。人と違う意見を述べようとしても、それが感情を逆撫でするようなコメントになってしまってはいけないですしね。その辺のバランスが難しいです。

バイナムの事は、しばらくコメントしないでいようと思います(笑)そりゃあバイナムがハワードの代わりにはなれないし、ハワードが来てくれた方が私も嬉しいです。
ハワードとデロンがセットで来てくれると嬉しいですよね。
[ 2012/01/19 22:24 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ゆ~すけさん

リーグ最低です。メタが脚を引っ張っているのもありますが。チームが25%、メタは7.4%です。


>>魚さん

アリーザの件は、ミッチのインタビューもローカルテレビだし、アリーザのインタビューも、初めてステイプルズセンターに戻ってきた時の、ゲーム前のインタビューで、やはりローカルテレビです。だから、アメリカでも、TNTやESPNの中継中には、「レイカーズは、アリーザよりアーテストを選んだ。」と言っていることがあります。全国中継の解説者や、アナウサーが、プレーヤー、コーチの言っていることと違うことを言っていることも、たまにありますよ。

ロンは、レブロンを後ろから追っかけるのが精一杯だったのでは?バーンズが、鬱陶しく付きまとうと思いますが。ロースコアーで、リバウンドで勝ったら、何とかなりそうですが、厳しいと思います。

どころで、イーライは、今日、恐らく、吐き気だと思いますが、胃の調子がおかしくて、練習の途中で、帰ったそうです。1日だけか、数日続くかは、まだ分かりませんが。ブレイディーは、左肩の怪我で、今日の練習を休んだそうです。ハーボー兄弟対決が、実現するかもしれません。


>>badさん

私は、ケチョンケチョンに言い返す価値の無い人には、しないです。バカ相手に、ケチョンケチョンに言っても、時間の無駄なので。

失礼だとは思いませんよ。前にも言いましたが、スポーツのブログなので、多少感情的になるのは、当たり前だと思います。冷静なコメントばかりだったら、気持ち悪いです。日本人は、当たらず触らず、波風立てず、穏便にというタイプが多くて、「何が言いたいの?」と、張り倒したくなります。私は、意見ははっきり言う人は、その意見に賛成でも、反対でも、尊重します。


>>古参者さん

私は流さないので、たまにこういうことがあります。前に、「スルーする」という言葉を教わったのですが、そんなことをするなら、ブログしません。コメントされる方同士の議論や会話も歓迎と言っているし。記事より、コメント欄の方が長くなっています。

サラリーに見合ったというのもそうですが、才能を全部使って欲しいです。


>>harvさん

謝って頂く必要ないですよ。否定しているわけでないのも、分かっています。各プレーヤーに対して、どう感じるかは、正しいとか間違っているとかではなくて、人それぞれの感じ方の違いです。

確かに、良いスタッツは出していますが、仰る通り、potentialには、程遠いと思います。
[ 2012/01/19 16:51 ] [ 編集 ]
そいや3P%もだいぶやばいですよね?今何%かわかりませんがリーグでもかなり下なのでは?
[ 2012/01/19 14:24 ] [ 編集 ]
4Qどころか、試合後に遅刻して駆けつけたようなタイミングでのコメントご容赦ください。
 これではブロン以下です。
ところで、アリーザの件は初耳でした。本人はP&G着たいのに、ミッチがディフェンスのためにRONに乗り換えたとばっかり思ってましたが違ったのですね。まあそれならしょうがないですね。今のところ優勝できそうな感じではないですが、しっかりと自分の位置は確保していて嬉しい限りです。
 しばらくはNFLもないので、レイカーズに集中できます。
 次はMIAとですねー マイアミも実はDが強かったと思うので、Dが機能してマイアミ相手にロースコアに持ち込めれば私としては十分なのですが、ブロンのDはバーンズがマッチアップするんですね、確かRONはほとんど抑えられなかったような印象があります。金曜日は早めに帰って楽しみたいと思います。  
[ 2012/01/19 12:47 ] [ 編集 ]
Mayさん、素晴らしい回答ありがとうございます。私のコメントで頭にくる事もあるでしょうが、今後も自信と確信をもってコメントしますのでよろしくお願いします。ケチョンケチョンに言い返してくださるとスッキリします。

ただ、失礼なコメントは控えます。すみませんでした。
[ 2012/01/19 12:20 ] [ 編集 ]
また随分な事になってますね。

バイナムは物足りない。

これはずっと彼を見続けてる熱狂的なレイカーズファンの総意に近い感情でしょう。

何もスタッツだけの事を言ってるんじゃ無いですが、1本のリバウンドにしろ取って当たり前のイージーな物もあれば、競ったすえに掴む物もあります。スタッツシート上では同じ1本ですが、中身が全く異なります。得点もそう。

第一、対戦相手のシュート成功率をこれだけ低く抑えられてる状況なら、ほぼ常にペイント付近に陣取り高さと幅のあるバイナムならリバウンドは勝手に増えますし。

求める事もプレイヤー毎に異なります。

能力の高いプレイヤーには相応のプレーを求めるものですし、サラリーの高いプレイヤーも同様です。

権利を求めるバイナムには、求めるに相応しいプレーをして欲しいと思うのも自然な流れだと思います。
[ 2012/01/19 11:20 ] [ 編集 ]
すいません、少し言葉が強かったですね‥勿論mayさんを否定しているわけではありません。いつも充実した記事を届けて下さり、感謝しています。またLALファン同士、語り合うのが楽しく、投稿させて頂きました。
確かにバイナムには色々な悪評が付きまといます。自分は以前パーティ?で札束を無造作に投げている動画を見て幻滅した事がありますし、去年の最終戦、バレアをまるで弱いものイジメのように潰し、ユニフォームを脱ぎ捨てて退場になったシーンも怒りを覚えました(メッタと2人、極悪兄弟のように見えました)。あとろくに試合も出ず有名歌手といちゃついたり、また言うまでもなく怪我がちなのも大きな不安要因です。
思うに今シーズン彼はある意味テストされてるんだと思います。プレイは勿論、素行、ちゃんと怪我なく乗り切れるのか‥シーズン終了までmagicは待ってくれないでしょうから、all star明けてしばらくしたら、首脳陣から決断が下されるのではないでしょうか?
potentialがあるのに、彼ほど悩ましい選手はいませんね‥
[ 2012/01/19 08:38 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>Venzaさん

コメント返信しようと思って、確認すると、新しいコメントがあって、なかなか返信できないでいます。今度こそ無いだろうと思ったら、Venzaさんがありました。ありがたいことです。嬉しい悲鳴とは、このことです。(笑)

御説明頂いて、ありがとうございます。言いたいことが多過ぎて、自分では言い切れないので、助かります。

欠場している間に、外出して、楽しいことをしても良いのですが、2年連続で、欠場中にスピード違反で捕まっていますよね。今年は、その前日にも、ライトが切れているか何かで捕まって、2日連続で捕まっています。記事にしようかとも思ったのですが、障害者スペースに駐車したことを記事にしたので、ゲームに関係ない、ネガティブなことばかり記事にしても、読む方も楽しくないだろうと思って止めました。

バイナムに関しては、聞こえてくることが、全て負のことで、嫌になるんですよね。去年、ケンドリック・パーキンスが、いかに熱心にリハビリに取り組んだかとか、シャノンが、真夏のクソ暑いシカゴの、冷房もない高校の体育館で、毎日練習したとか、デュラントは、シーズン中は、夜外出しないとか、コービーが、ゲーム後にシュート練習したとか、ボストンとのゲーム7で、「レイカーズ史上最も重要なフリースローを決めた」サーシャが、その前日だか2日前に、夜遅くまでフリスローの練習をしていたとか、トッププレーヤーについては勿論、そうでない人でも、どれだけ努力しているか、どれだけゲームの為に、犠牲を払っているかという話が聞こえてくるのに、バイナムに関して、そんな話は、全く聞かないです。それ所か、内情を知っているジェイムス・ワージーが、怖い顔して、「もっと練習熱心になれ」なんて言っているのを聞くと、がっかりしますよ。


>>エムさん

お気遣いありがとうございます。

お心遣いは嬉しいですが、私を「否定する」とは、認識していません。私は、言論の自由を信じます。国民が一人残らず、独裁者の死を悼むなんて国には、住みたくありません。感情的なだけの、誹謗中傷はお断りしますが、“たかが”スポーツのブログなので、多少感情的でも、理論が伴った議論は、大歓迎です。

誹謗中傷でも、コメントされる方に対しての物は、削除したことがありますが、私に対するものは、削除しません。私が、気に入らないことをコメントしたら、削除されると、思っていただきたくないからです。

以前にも、ちょっとこういう話になったことがあるのですが、日本人は、喧嘩にならないで、議論をするのが苦手です。そこへ行くと、この記事のコメント欄での、badさんとmaさんのやり取りは、感情はあっても、罵り合いをすることなく、御自信を意見を理論的に説明されていて、見事なものだと思います。コメント返信をしていないのは、しようと思うと、次から次へと、新しいコメントがあって、できなかったのもあったのですが、badさんとmaさんのやり取りに、割って入りたくなかったからです。

だからといって、おせっかいではないですよ。顔も名前も出して、自分の言いたいことが言える権利は勿論、匿名のインターネットでも意見が言える国は、世界で少数派です。権利を認識して、大いに行使しましょう。

レブロンについてもそうですが、レイカーファンの応援ブログにコメントするには、ずれているコメントもありますよね。以前に、「偏っている」と言われて、大笑いしたこともあります。偏っていなかったら、ファンブログではないですよね。


>>harvさん

ドワイトと交換したい理由は、人によって色々あると思いますが、一番大きい理由は、バイナムの怪我です。次は、人気です。実力やスタッツを比べて、トレードの必要があるかどうかを議論するのは、無意味です。

スポーツは、感情で見るものだと思います。でも、感情を排除して、数字だけ見て楽しむ方がいらっしゃれば、それが悪いとか間違っているとか言うつもりは毛頭ありませんが。

解説者がよく、「エネルギーがある」「全力でプレーする」「よく動く」等、プレー態度を褒めることがありますよね。バイナムがそう言われるのを聞いたことがありません。「今日は、・・・」というのはありますが。バイナムのプレー態度を見て、気分がスッキリすると感じるなら、それで良いと思います。それがおかしいなんて言いませんよ。でも、私は、気分が悪いです。パソコンを壊しそうになるくらい、気分の悪い人もいる様です。気分良くして応援しろと言われても、気分が悪いものは悪いです。


>>airさん

確かにマリオンとのマッチアップは、身長がある上に、スピードもあるので、厳しいですね。カーターを意識したのかどうかは、分かりませんが。空回りというより、回っていなかった気がします。


>>bobさん

レブロンをヘタレというのは、肝心な終盤に活躍できないからでは?それは、私のブログにいらっしゃる方だけでなくて、アメリカの解説者やジャーナリストも言っていますよ。

去年のNHLのチャンピオンシップで、負けたチームのゴーリー、ロンゴは、前回のオリンピックで金メダルを取ったカナダチームのゴーリーで、現時点では、世界最高と言われている人です。それが、ホームでは、無得点に抑えているのに、ロードに弱くて、ゲーム6では、ベンチに下げられました。肝心な時に弱いので、ゲーム7で負けた後は、「レブロンゴ」と呼ばれていました。


>>りゅうさん

情報ありがとうございます。

私は、どちらも偉大なので、どっちが上とか、越えたとかと、比べる必要はないという立場です。

ESPNで、これについて議論していましたが、「狂気と紙一重なくらいの勝利に対する執着心では、MJに並ぶのは、コービーだけだ。」と言っている人がいました。そこなんですよね。勝利に対する異常なまでの執着心と意思に、ファンは引かれるんです。その価値が分からない人は、気の毒だと思います。


>>oniさん

ブラウンが、そんなことを言ったのは、知りませんでした。良いですね。私も、最初はブラウンになって、ガッカリしましたが、だんだん親近感が沸いてきました。フィッシュも決める自信があったと言っていますが、コービーもフィッシュが決めると信じていたと思います。

オープンにしてしまっても、最後のチェックをする所が、去年とは違いますよね。たとえオープンでも、全速で走ってくる人がいたら、気になります。

最近、パオやバイナムが、不甲斐無いプレーをすると、「oniさんがパソコンを壊さないといいな」と思って見ています。(笑)

ラマーに関しては、すぐ下のミッチさんへの返信中が、私の意見です。レイカーズにいた間、してくれたことと、優勝に貢献してくれたことに対する、感謝の気持ちは変らないですが。一連の言動は、あまりにも大人気ないです。

試合間隔が狭いと、試合を中心に、プレイベーとなスケジュールを組んでいる私には、きついです。ファンも疲れますよね。ゲームが楽しみというより、又今日もある。いい加減にしてくれという感じです。(笑)それも、スカッとしたゲームを見せてくれれば、そうでもないですが、勝ってもイライラが残るゲームが多いので、なお更です。お気遣いありがとうございます。


>>ミッチさん

オドムの件も、ニューオリンズにオーナーがいて、トレードが成立していたら、何も問題なかったです。私は、どちらかというと、ミッチ(レイカーズのGMのミッチですよ)には、批判的な方ですが、オドムの件に関しては、ミッチを批判できないです。

プロのチームスポーツでは、いつトレードされるか分からないのは、当たり前と言いますが、一般の会社でもそうですよね。よく「紙切れ一枚で飛ばされる」と言いますが、私が日本で働いていた会社では、移動のFAX(当時はメールがありませんでした)が、数十枚送られてきて、一枚の紙に、20名くらいの名前がありました。「紙切れ一枚」所か、「2センチ幅の紙切れ」で飛ばされます。支店で売り上げトップの人でも、成績が良いからと言って、事前に連絡なんかないです。それが気に入らないから、翌日、会社に遅刻してくるなんて、許されないですよね。

私は、一般人の数百倍、数千倍以上も給料を貰っている、プロアスリートや芸能人が、一般人がやったら許されないことをすると、頭に来ます。


>>たろうさん

おっしゃる通り安定感と、自分の与えられた才能を、全部使い切っていないからです。つまり、できる能力があるのに、努力をしなかったり、全力でプレーしなくて、やらないからです。DJベンガが、フックショットやジャンプシュートを打っても、非難しないです。


>>シジさん

バイナムは、オフェンスを評価されてドラフトしたのではないです。私も、去年テレビを見ていて初めて知ったのですが、高校時代は、チームの得点リーダーでもなかったそうです。リバウンドとディフェンスを買われて入ったので、オフェンスは、カリームが全部教えた様なものです。

確かに、ロンロンの様に、今までチームの得点源だった人が、ロールプレーヤーになるのは、難しいと思います。あまり頭の良くないロンロンは、トライアングルにも苦労しました。でも、それだけが原因ではないです。ダンクが出来なかったり、ドリブルを脚に当てたり、レイアップをリングの手前に当てたり、ドリブルしていてバランスを崩すたりは、全部コンディショニングをサボっているからです。

アリーザは、レイカーズが契約したくなかったのではなく、アリーザが契約したくなかったんです。ミッチはFA解禁の9:01分に、本人に電話をして、戻る気がないのが分かったと言っていて、アリーザも、それを否定していないです。中心プレーヤーで、、自由にシュートを打てるチームに行きたかったと言っています。エージェントが、金額提示が低くて侮辱を感じたとう様なことを、メディアに言いふらしていたのは、他チームからの提示金額を上げるための戦略です。

ラマーは、ダラスへは、本人がトレード希望で、レイカーズに戻りたくなかったし、その前のCP3とのトレードの件は、チームが、他に必要なプレーヤーがいると思ったら、今までの実績に関わりなく、トレードされるのは、プロなら当たり前です。他にも、そういうプレーヤーが一杯いますよね。パオもそうですが、ヒューストンのスコラ、マーティン、ドラギッチ。O.J.メイヨなんか、昨シーズンからトレードが2回も失敗しているし。リチャード・ジェファーソンなんか、カラン・バトラーがサンアントニオと契約する気があるなら、アムネスティーにすると言われて、バトラーがクリッパーズに行ったから、そのまま残っていますよね。それでも、誰も、文句も言わないで、プレーしています。ラマーがプロ意識に欠けるんです。それに、今シーズンは、凄く悪いですよね。トレイニングキャンプには、9キロオーバーで来たみたいです。ダラスファンが文句を言っているのを、どこかのサイトで読みました。レイカーズに残っていても、使い物になっていなかったかもしれません。

バイナム、ガソルを並べるのは、確かに、シジさんのおっしゃる通りかもしれないですね。でも、どちらかをスターターから外すのは可能でも、マクロバーツと3人の中で、マクロバーツが一番ミニッツが多くなる訳にはいかないので、どこかで、2人が同時にプレーすることになると思います。


>>Venzaさん

マリオンは、身長もある上、腕が長いですよね。SFだけれど、タイプとしては、むしろSGで、動きにも付いていかれます。昨日は、5人別のディフェンダーを、コービーにつけたそうです。「同じ人がガードすると、すぐ慣れるから」だそうです。


>>maさん

バイナムは、ある意味で、シャックと似た所があります。シャックが引退発表をした時の、最初の反応は、「良くやった」とか「素晴らしいキャリアだった」ではなくて、「才能を無駄にした」でした。バイナムを見ていると、「こんなもんじゃないのに」と思います。素質は、ハワード以上だと思います。特にシュートのタッチでは。やる気がないのか、欲がないのか。だから、前半17リバウンド、後半5リバウンドなんてことになるんです。


>>akrさん

フィッシュは、これが精一杯です。これを機会になんて、期待できないです。ディフェンスに力を入れると、自然とオフェンスに影響がでます。打ちまくるチームで、ディフェンスが良いチームなんて、無いですよね。

忘れていましたが、昨日は、一時トライアングルがありました。色々、混ぜて使ったら良いと思います。


>>タリフさん

疲れているだけならいいのですが、どこか痛いと心配です。やっぱり、コービーの動きが悪かったのは、私の気のせいではないですね。


>>MLKさん

私も、最初のダンクは、びっくりしましたが、後が続かなかったです。バーンズに残り3秒くらいでパスした時は、「又か」と思いました。ずっとこんな感じです。ボールを貰っても、優柔不断で。たまにしか見ない、レジーがイライラするくらいなので、毎回見ている方は、たまったものではないです。


>>k-1さん

ジャズは、ジェファーソンは、給料も高いので、出したいみたいです。でも、ジャズがジェファーソンが要らなくても、ジャズが欲くてレイカーズが出してもいい人が、レイカーズにいないです。サラリーダンプなら、メタと代えてくれるかもしれませんが、レイカーズは、トレードイクセプションを使わないといけないです。

身長がないのに、リバウンドを取る人は、結局気持ちですよね。ラブは、「今日は、15リバウンド取ったから、これでいいや」なんていうのがないです。


>>badさん

スポーツファンは、情報を収集して、冷静な分析をするものなのでしょうか?どうやって見ようと本人の自由なので、badさんがそうなら、それをとやかく言う気はないですが、普通は、感情的に見るものだと思いますよ。ファンは勿論、スポーツジャーナリストでもそうです。

私は、スタッツがどうであろうと、全力でプレーしていない人を見たら、気分が悪いです。逆に、バーンズやマクロバーツのスタッツが悪くても、全力でプレーしているのが分かるので、気分が悪いということは、ないです。勿論、プロなので、全力でプレーしさえすれば、結果は出さなくても良いということではないですが。10ゲーム、プレーしたかしないかのマクロバーツが、ファンからマクランビスと言われるのは、ファンが、気迫溢れるプレーに飢えているからだと思います。

2シーズン前までレイカーズにいた、DJベンガとジョッス・パウェルは、練習熱心なことで知られていました。ゲーム当日、ステイプルズセンターに、一番早く来るのは、ジョッシュだったそうです。二人共、誰よりも努力して、自分が与えられた才能を使い切っているのに、その与えられた才能が、限られているから、NBAでは成功しないです。そういう人達が、NBAプレーヤーの数百倍、数千人、あるいは、もっといるはずです。このブログを読んで下さっている方の中にも、そういう方がいらっしゃると思います。それなのに、才能に恵まれた人が、才能を全部使わなくても、十分にやっていかれるから、努力は怠たるし、毎回全力でプレーもしないのは、腹が立ちます。レイカーズの関係者が、バイナムが誰よりも努力するとか、練習熱心だとか言うのを、聞いたことがありません。それ所か、マジックやワージーが、逆のことを言います。私は、かなり前の記事で、「バイナムの才能を取り上げて、DJに上げたい」と書いたことがあります。

でも、才能に恵まれていない人が、誰より努力して、常に全力でプレーして、100%才能を出し切っても、スタッツが大したことなかったら、見ていても気持ち良くなくて、才能が有り余っている人が、自分の才能の70-80%しか使わなくても、スタッツが良いから、見ていて気持ちが良いなら、それで良いと思いますよ。そう思うことを、他人に対して、正当化する必要性を感じなくても良いと思います。バイナムのプレーを見て、十分気持ち良いと思って下さい。

「効果的でない」と言うのは、記事にも書いていますが、肝心な所で、ミニマムサラリーのマヒミに負けて、オフェンシブリバウンドを取られていることです。スポーツでは、「プレーヤーの真の価値は、肝心な時にどうプレーするかで計られる」と言います。ここという時に良いプレーをしなかったら、それ以外の時に、どんなに良くても、評価されないです。レブロンが叩かれるのも、それが原因ですよね。スタッツだけ見たら、トップですが、4Q、それも終盤に活躍できないからです。

野球でもそうですよね。8回まで4打数4安打のAと、4打数無安打のBがいて、9回の裏に、Aが三振して、Bがサヨナラヒットを打ったら、Bがヒーローです。8回までにどうプレーしたかは、問題ではないです。でも、Bのヒットがサヨナラになったのは、Aが8回までに得点してきたからだし、Bが8回までに、1本でもヒットを打っていたら、9回の裏は無くて、楽に勝っていたかもしれないです。そんなことは、野球ファンなら、誰でも分かりますが、誰も気にしないです。このゲームは、Aがバイナムで、Bがフィッシャーです。

シーズン終わって、Aが3割3分、ホームラン35本、サヨナラ打無し、Bが2割8分、15本、サヨナラ打4本だったら、Aはファンから、「打率も良いしホームランも多いくせに、ここという所で頼りにならない。」「プレッシャーに弱い」「どうでもいい時だけ打つ」とか非難されて、Bは、「いざという時に頼れる。」「勝負強い」と言われて、Bのジャージーの方がAより売れます。Aが、「俺の方がチームに貢献しているのに、ファンから認められない。」と不満を言った所で、無意味です。それが嫌なら、不動産業にでも転職すれば良いです。年間で多く売った者勝ちで、年度末に売ったか売らないかは、問題ではないですから。


>>かずさん

オフェンスはムラがあって、誰も決まらない日もありますが、ディフェンスは、一定レベルでプレーできるはずなので、ディフェンスを更にアップしたら、何とかPOまでたどり着けると思います。でも、優勝は、補強が無いと、今のままでは難しいです。

バーンズ、マクロバーツは、ファンの拍手も多いですよね。パオやバイナムは、出入りしても、拍手もないです。モリスの方があるくらいです。

コービーは、ボールハンドルもそうですが、棒立ちみたいなのが、ありました。

パオは、気持ちの問題もあるけれど、それが全てではなくて、衰えがあると思います。


>>ちょこさん

フィッシュがちょっと活躍しても、PGが必要なことには、変わりは無いです。ワールドピースを出して、PGが獲れたら良いですが、そんな上手い話はないと思います。大人数が動くトレードなら、サラリー合わせで、無きにしもあらずですが。


>>たろうさん

ラマーが事故を起こしたのではないですよ。車をチャーターしていて、ラマーは後ろに乗っていただけです。しかも、悪いのは、亡くなったオートバイの方です。それでも、ショックはショックだと思いますが。


>>古参者さん

私も、フィッシュが毎ゲームこうなるとは思いません。フィッシュは、才能も無いし、身長も無いし、歳は取っているし、でも、努力を怠らないで、常に全力でプレーしたら、たまには、こういうこともあるという見本です。

パオは、ロサンゼルスでは、化けの皮が剥げてきていましたが、レジーにも見破られているとは。早い所何とかしないと、不良債権になります。

そう言われてみれば、去年は、マイアミの老人センターに、負けていましたよね。今年は、どこが相手でも、勝てる気がしないというのではないですが、楽勝とは思えないです。


>>masaさん

ベンチは相変わらずですが、マクロバーツが徐々に上がってきているので、期待です。モリスは、拍手が大きくて、気合が入り過ぎたのかも?カポノは、コービーとプレーしたら、活きると思うのですが。メタの17分は多いし、ミニッツの割りに、決まりもしないシュートをよく打ちますよね。ミニッツとの割合なら、コービーよりよく打っていることになります。6thマンは、マクロバーツです。7thマンも、モリスになりつつあります。


>>tskさん

私も、フィッシュが決めると、嬉しいです。コービーのミニッツは、35分程度に抑えて欲しいですよね。ビッグマン2人は、給料が安かったら、文句は無いのですが。


>>ロンロン大好きさん

早いPG対策は、人材を代えない限り、チームディフェンスでは、限界があります。

怪我が怖くて、全力でできないなら、それはそれで、仕方が無いです。但し、フィルの時代に、フィルが、「怪我をし易いから、それなりに制限して使うことを考えないといけない」と言ったら、「そんな必要はない」と言ったり、「ミニッツが少ない」とか、「ゲーム終盤にもプレーしたい」とか、不満を、フィルに直接言うならまだしも、リポーター相手に言うし。それなら、ミニッツを増やして、終盤にプレーさせたら、言っていることに見合ったプレーをするかと言ったら、肝心な所で、ミニマムサラリーの人に、リバウンドで負けるし。できないなら、できないで、仕方ないです。誰でも、限界があるので。でも、できるようなことを言うから、腹が立つんです。「言うならやれ。できないなら言うな。」と言いたいです。

フィッシュは、パンツを上げていたんですね。私も、何か変だとは思ったのですが。コービーは、ダブルチームが来たらフィッシュのパスと決めていたのでは?ジャンプしてパスしたのも、効果的でした。みんな、コービーが打つと思って、フィッシュのカバーが遅れました。コービーは、ラマーに、「作戦を教えるな」と言ったとか言わないとかありますが、事実は分からないです。


>>annさん

フックショットを1本も打つなという気はないですが、サラリー額が二桁も違うプレーヤーを相手に、押し切れなくて、逃げのフックショットを打つから、腹が立つんです。7フットもあるスターティングセンターが、ファウルを1回しかされていないのは、何が原因か、分かりますよね。

マクロバーツは、楽しいし、見ていて気持ち良いです。


>>YMLさん

「よくもまぁ勝てたな」なんですが、相手も悪かったので、そういう時には、勝っておきたいです。

よく、シュートは決まらない日もあるけれど、ハッスルや気迫は、常に一定レベルでできるはずと言うのですが、それができない人もいるんですよね。それも、才能の内だと思います。
[ 2012/01/19 08:03 ] [ 編集 ]
ダラス戦のバイナム、今期のバイナム、去年に比べ確かに良くやっていると思います。

しかしMayさんの記事は個人的感情ではなくて世間の評価です。それはNBAのコメンテーターやマスコミ、地元ファンの評価です。それだけ彼は期待を裏切り続けているという事です。今期は昨季に比べ殆どの数字が上がっていますが開幕してまだ一ヶ月も経っていませんので、蓄積された負の評価を覆すにはまだまだでしょう。

ポテンシャルは認めますが、この4年で60%の試合数しか出場していないのですから最も失望したのは我々ファンでしょう。出場した60%も怪我で時間を制限されている試合が入っていますので、実働は更に下。昨季の故障で4シーズン連続となるとさすがに諦めたファンも多かったと思います。
Mayさんも言っているように、欠場したらゼロで戦力にならないのですから。

又、開幕戦から出場停止になった理由、その時のプレスルームでの発言、オフでの警察沙汰などなど、怪我以外にも負の評価は数多いですね。高級車を買いあさる等とどうでもいい事も警察沙汰で負の印象になってしまうのです。

実際2年前にアトランタへ試合見に行った先のステーキハウスでも、前日にバイナムが店に来てはしゃいでバケーション
のようだったとか(その時も怪我で休場中)米人同士で話しているのを聞くと、アトランタでも言われてるよと思いました。
ましてや地元LAに住んでおられる方々は、私たちの知らないような彼の負の出来事がいくつも入ってくると思いますよ。

そういう事を毎年見聞きしていれば、もう好意的には見れないでしょう。日本で見聞きしているのとは違う環境にいるMayさんに、あるときは地元の情報をありがとうなどと言っておいて、今回のように地元の世間の評価を知らない我々が「個人的感情の記事」とコメントするのは間違っています。

少なくともバイナムは名誉挽回までは時間がかかります。
[ 2012/01/19 07:23 ] [ 編集 ]
19歳です
mayさんはじめまして。

コメントは初めてですが毎回楽しく読ませていただいてます(更新されていないか二時間に一回チェックしてます笑)



ですがmayさん、少しブログを休まれてはどうですか?
色々な人が便乗してmayさんを否定するような書き込みが増えてきたようなので...。


このブログが更新されるのは毎回すごく楽しみですが、それ以上にこのブログ自体が好きなので今の現状は悲しいです



おせっかいかもしれませんね
申し訳ないです



ですが僕はmayさんのブログが大好きなんです


あと、ここはレイカーズファンの集まるところですよね
レブロンのことなんてどうでもいいです
[ 2012/01/19 06:28 ] [ 編集 ]
Bynumの事を前も書きましたが、シャックの言うようにハワードはランニングフックとピックアンドロールからのダンクの2種類しかムーブがないのに対し、バイナムは左右のフック、左45度からのバンクもあります。自分もドワイトは好きですが(刺青野郎が多い昨今で、好感が持てます)、現時点でわざわざDwightと交換するだけの理由はないのではないでしょうか?
あとよく思うのですが、ただの個人的感情でbynumを全否定するのは間違ってると思います。彼一人だけのハワードと、kobe、pauに挟まれて、特にボールを独占しがちなkobeのいるbynumのスタッツを比べる事も無意味です。(マイケルの全盛期を目にした者としては、kobeと比較するなど、神に失礼でしょう‥まぁシュートはkobeの方がうまいかもしれませんが‥)気迫が全面に出る人もいればそうじゃない人もいるし、nbaに来る位だから相応の努力もしてるはずです。kobe命なら何も言いませんがLakers fanならもっと認めてあげてもいいんじゃないでしょうか。
[ 2012/01/19 02:59 ] [ 編集 ]
これまでのマッチアップを見ていると
・コービーはマリオンのディフェンスが苦手
・カーターがいると意識しちゃって空回りする
この2点は昔から変わらない
[ 2012/01/19 01:04 ] [ 編集 ]
>badさん
badさんこんばんわ。

ダラスのディフェンスがよかったにせよ、あきらめたかのように突っ立ってていいわけがありませんよね。

すばらしいディフェンスをされたらそれを打破する気迫をみせてほしかったです。

プレイオフになれば、どのチームだってコービーに対しては、集中してディフェンスをしてくるでしょうから。。。

>あと、効果的な~はmaさんに言ったワケではありません

左様でしたか。勘違いしてしまいすいませんでした。
[ 2012/01/19 00:28 ] [ 編集 ]
いずれ全部レブロンに抜かれるよ。ここにはレブロンをヘタレよばわりしてる人がいるけどね。どんだけ上から見てんだろ?
[ 2012/01/18 23:19 ] [ 編集 ]
MJが自分と比較することを認める唯一の選手
1月 17, 2012
NBAのレジェンド: マイケル・ジョーダンは、自分の引退後のプレイヤーのなかで、自分と比較されるにふさわしい選手はコービー・ブライアント(LAレイカーズ)だけだと考えているらしい。

NBC Sportsより
[ 2012/01/18 17:59 ] [ 編集 ]
maさん、こんにちは。

おっしゃる通り、コービーは不調だったのかもしれませんね。でもそれ以上に、マブスのコービーへの対応は素晴らしかったと思ってます。コービーは45度からのシュート、ペネトレイト、ポストプレイ、いつもと変わらずいろんなやり方で攻めようとしてましたが、マブスディフェンスがそれ以上に素晴らしかったんじゃないかと思ってます。

あと、効果的な~はmaさんに言ったワケではありません。
[ 2012/01/18 15:26 ] [ 編集 ]
ラストショットの前にマイクブラウンがkobeに向かって、「君がチームのベストだ、勝ちを僕たちにくれ」と言って送り出したそうです。キャンプからわずか1ヶ月あまりでものすごい信頼ですし、そこまで言われてもダブルチームがきてオープンになったフィッシュにためらう事なくパスするkobeのフィッシュへの信頼。
どちらも素敵でした。

この試合は全員のディフェンシブエフォートが優秀でしたね。例えキッドがオープンになっても最後のチェックだけはしっかりしていました。あれが大事です。
オフェンス面はジャンプシュート多過ぎます。1Qでバイナムがゴールから離れた所でシュート打つ場面が3回ありました。パソコン壊れそうでした。4Qのマヒンミにティップされた場面でも皆さんと同じ感情です。なぜああなってしまうのか。今日はかなりポストでもらう場面があったのだからこれくらいはやってもらわにゃ困ります。パウを超えてこのチームの安定したセカンドオプションになるという意識でいてもらいたいものです。まだまだ先はかなり長そうですが。
kobeは今日はジャンプシュートばかりでしたね。デロンテ相手にポストアップしてターンからドライブインを決めようとしたところでファンブルしてTOになった事がありましたが、そういう日だったんでしょうね。ダラスはkobeがボールを持つとダブルが早かったのでダブル引きつけてから周りを活かすプレーが効いてました。
パウのオフェンスは最初のダンク以外論外です。
mayさんの仰る通りオフェンスが悪くてもディフェンスがよければ勝てます。
マクランビスはファンfavoriteになりそうですね。

ラマーの凱旋ですが私は性格が曲がっているのでその場にいてもスタンディングオベーションする気には全くならなかったですね。身内に不幸が重なった事は同情しますが、奥さんのいいなりとなってトレード要求した選手です。私ならブーイングです。7年間応援してきた大好きなプレイヤーですけれど。

試合感覚が狭くて記事作成、コメント対応含め大変だとは思いますがいつも記事楽しみにしています。
頑張って下さい。
[ 2012/01/18 14:10 ] [ 編集 ]
シジさん、確かに今回のオドムに対するフロントの対応は悪かったがアリザの場合は本人の意思で出ていったわけでフロント批判は違うと思います。
[ 2012/01/18 13:40 ] [ 編集 ]
>badさん
シュートに関しての事だけではないですし、シュートの種類にもよりますよね。

普段より、ペイント内に切り込む事もありませんでしたし、オフェンスに絡もうとする意識がいつもと異なってました。何度もいいますがLAL戦を見続けている人であれば、コービーの動きがどこかおかしいと思ったはずです。

それがDALのディフェンスによるものであれば、DALを褒めるべきとも言ってますが、いくらディフェンスがよくても、突っ立てる事しかできないはずもないとおもいます。

コービに関してはあくまで、いつもの超アグレッシブと比べてですよ?

また、私はDAL戦のバイナムになんくせつけておりません。

よって、もちろん

「効果的なリバウンドはなかった」

とはいっておりません。
[ 2012/01/18 12:53 ] [ 編集 ]
シュートこそ22本打ってますが、シュートの本数=アグレッシブにはならないでしょう。

おっしゃる通りですよ。私もマブスのディフェンスが素晴らしかったと書いています。ただシュートにいく姿勢があったからこそあれだけシュート確率が低かったワケで、コービーが消極的なプレイをしていたとは言えませんね。

バイナムに関しては、怠慢プレイで15リバウンドもできませんし、例えば「効果的なリバウンドはなかった」とおっしゃるんなら、どの場面の事なのかなど詳しく書いて欲しいですよね。
[ 2012/01/18 12:27 ] [ 編集 ]
>badさん
一生懸命やっての結果ならここまでの批判はないでしょう。
サボリのプレイが多々見えるので批判されているのだと思います。

繰り返しますが、DAL戦のバイナムはまだがんばっていた方です。
これが続けばいいのですが、数試合に1回では困ります。

苦言の件、チームメイトであるコービーやHCは滅多な事では、公には批判しないでしょう。

DAL戦のコービーは、明らかにゴールにアタックする回数も少なかったし、
ボールをもらってもすぐにパスしたり、オフェンス時に突っ立てる場面が多々見受けられましたよ。
LAL戦を見続けてる人であれば違和感を感じたはずです。

シュートこそ22本打ってますが、シュートの本数=アグレッシブにはならないでしょう。

あえて、インサイドにボールを集めたのか、
そうさせたDALのディフェンスを褒めるべきなのかもしれませんが。

[ 2012/01/18 11:46 ] [ 編集 ]
バイナムが批判されるのはやはり安定度の問題でしょ。昨日は頑張ってたが5リバウンドしかない時もよくあるし。仮にも1500万ドルもらってんだから毎試合あのくらいやってもらわんと。
[ 2012/01/18 10:53 ] [ 編集 ]
ガソル、バイナムはリバウンドをサボる癖があります。これは脚を動かさないからですね。(以前バイナムは脚でディフェンスしないこともジャバーに注意されていました)
しかしながらビッグマン、特にバイナムとガソルのようにオフェンスを評価されてリーグに入った選手たちはポストでボールを十分にもらえないとリバウンドに行かなくなるということがあります。
それをどのように考えるかは個人の価値観の違いだと思いますが、レイカーズの問題点はオフェンス力がそこそこある選手(ロンロンやバイナム)にロールプレーヤーをやらせようとしているし、やらせてきた点ですね。そうしてアリーザやオドムのような貴重なロールプレーヤーを無下に扱ってきました。

私は今の戦い方で行くならバイナム、ガソルを並べるのは先ほど述べた理由で効率的ではないと以前から考えています。この問題は早く解決しないとチームがバラバラになってしまうのではないかと危惧しています。今はそこそこ勝てているので大丈夫ですが。
[ 2012/01/18 10:41 ] [ 編集 ]
以前ダラスといえばコービーのお得意様という印象がありましたが先近苦戦しているので、コービーのダラス戦での過去5シーズンの数字を見てみました。

5年前から2年前まではどの年も良く、この3年間の平均では31点でした。しかし2年前(2シーズン前)から急激に悪くなっています。この2シーズンの平均は19点。FG%は500から403に落ちました。

原因は色々あると思いますが、2シーズン前といえばマリオンがダラスに移籍してきたシーズンで、要所でマリオンにマッチアップされている事が大きいのかもと思いました。カーライルやキッドは3シーズン前から居るので、戦術や他の選手が影響しているとは思いにくいです。

ですので昨日の試合前は連続40点継続できるかと思ったりもしましたが、調子が良くても40点オーバーは無理だったかなと改めて感じました。
[ 2012/01/18 08:29 ] [ 編集 ]
↓「気持ちのいいプレイ」って、じゃあバイナムがハッスルプレイしてれば批判は起きないんですか?試合よく見てますし、今日なんか十分ハッスルしてましたけど。それに今のところコービーやブラウンからバイナムについてそのような苦言はないし、むしろコービーはバイナムをよく褒めてますよ。
「大事なリバウンドがとれない」ってありましたが、今日なんかコービーがまき散らしたボールをバイナムが拾いまくらなければ、まず負けてたでしょう。インサイドプレイヤーが15リバウンドして何が不満なのかもわからない。

今日のコービーのどこが消極的なんですか?ちゃんと試合見てます?
[ 2012/01/18 05:17 ] [ 編集 ]
>badさん
バイナムはいつもある程度の数字は残すんです。

しかし、バーンズやマクロバーツのような“気持ち”のいいプレイが圧倒的に少ないんですよね。

薄給の選手ならここまで批判されないと思うのですが、高給取りですからね。。

仮にコービーが今日のような消極的なプレイを続けたら、今のバイナム以上に批判されるでしょう。

「高いお金を貰っているという自覚を持ってほしい。」
「素質はハワードに近いものがあるのに勿体無い。」

などなどMayさんは期待を込めて批判しているのではないでしょうか?

レイカーズの試合はここ数年全試合見てますが、私のバイナムに対して思っている感情は、Mayさんとさほど変わりません。

今日はまだがんばっていた方ですが、他の試合を見ればわかると思いますよ。
[ 2012/01/18 01:17 ] [ 編集 ]
Mayさんがつけたタイトル通りのゲームだったようですね。
だからと言って、フィッシャーでは物足りないのは変わりないのは事実です。
コービーは体調不良だったのかな?
フリースローが少ないので、ドライブインが少なかったんですね。
ブルズもディフェンシブなチームですが、得点が少ない日が多いですよね。
古くはバッドボーイズまで遡りますが、得点が少ないのはディフェンシブチームの傾向ではありますよね。
しかしそれにしても、少なすぎですね。
トライアングルをやめた過渡期とはいえ、UCLAカットとかやりようはあると思うのですが。
1in4outでやってるだけなんですかね?
そんなことないか。
ともかく、1on1で何とか出来るのはコービーだけなので、トライアングルやUCLAなど、システムの上でシュートを作ってあげる必要があるように思います。
[ 2012/01/18 00:19 ] [ 編集 ]
今日は久し振りにフィッシャーが輝いてましたね。
一方コービーはかなり疲れてるように見えました。
ディフェンスでもオフェンスでも突っ立ってることが多く、いつものコービーしゃなかった。
次の試合までに疲れを取ってほしいです。
[ 2012/01/17 23:10 ] [ 編集 ]
今年はレイカーズ戦あんま見れないのですが、ガソルのプレーぶりにかなり不満を覚えました。特にオフェンス。最初にターンからのダンク決めたときはMayさんに叩かれてる割には案外やるじゃんと思ったんですが、徐々にボロが出だし、ボールをもらっても、周りを探して、それを諦め自分で行ったかと思ったらクロック残り三秒でフリーでもないバーンズにパスとはバーンズいい迷惑だよ。さらにさらにバスケットに正対した状態ではインサイドにドライブする気のまるで感じられないジャズステップから、やっぱりとしか思えない何の工夫もないジャンプシュートを繰り返してたのが印象的です。今シーズンあまり見てないから何とも言えないが、ずっとこんな感じのプレーぶりなのかなぁ?
[ 2012/01/17 22:54 ] [ 編集 ]
不調のダラスに勝ちましたね!としか思いません。ディフェンスはよかったですがそれ以上に不安材料が多過ぎです…
いやホント、今日はフィッシャー様々ですね。

マジックは今シーズンなぜか勝ち越していますね…
ですがヒートに勝てるのか…あとサンダーやブルズに勝てるのか…この3チームに勝てれば何も文句はないんですけど今のままじゃ厳し過ぎですね…

先日思ったのですが、ジャズってPF余ってますよね…?
フェイバーズ、ミルサップ、あと確か本来はアルジェファーソンもPFでしたよね?
ジャズが負けまくっていれば3位で指名したキャンターを使うために動いてくれそうだと期待してたんですが
現実はあまくないですね…
時間があった時にウルブズの試合を見たのですがラブはいい選手だと思いました!
オフェンスリバウンドでも何でも全部とってやるぜ!みたいな気合いが伝わってきたしなにげに3Pも凄い入ります。
レイカーズの今の戦い方的にはパオよりも何倍も機能するんじゃない?と思ってしまいます。。。
[ 2012/01/17 22:24 ] [ 編集 ]
今日の試合はマブスのコービー対策が素晴らしかったです。ミドルエリアでコービーがボールをもらってからの、キッドとマリオンのカバーリングはしっかりしてたし、ペネトレイトに対してもヘルプが早かったのでコービーはかなり苦しんでましたが、ラストのフィッシュへのパスでわかるように、今日は多投せず周りをしっかり使っていた印象があります。バイナムも、コービーがタフショットを誘発されて苦しんでいるときに、スペースを空けようと奮起してました。
今日の試合に限っては、パオは確かに貢献できてなかったですが、バイナムはゴール下でタフショットも決めてたし、細かい効果的な動きをよくしてたと思います。15リバウンドも取ってて、効果的な働きをしてないなんて私は言えませんね。そもそも、バイナムの怠惰な動き(今日に限っては、私はほとんど感じませんでしたが)が敗戦に繋がった試合は今シーズンは一度もありません。情報を収集できても、感情的になって冷静な分析が出来ないと言うのは、ウォッチャーとしていかがなものかと思います。私からすれば、バイナム批判は「愚痴」を書いてるにすぎませんね。
[ 2012/01/17 22:24 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!なんとか勝ちました。見終わってどっと疲れました...。

コービーの調子が悪い時に、どうやって勝つかの答えが今日見えたと思います。とにかく守るしかないですね。ディフェンスが強ければ、大負けはしないと思います。
後は、いいPGが来るのを待つしかありませんね。

バーンズとマクロバーツがいいですね!ハッスルしていて見てると熱くなります。
コービー元気なかったです...。ボールハンドリングが非常に悪く、手首が心配です。2日空くのでゆっくり休んで欲しいです。

ここ最近の試合を見て思うのですが、パオに限界を感じています。あれが今の実力なのではないでしょうか???
受け入れ先があるうちに、良いPG+まあまあなPFとトレードできないですかね?
(ついでにメタもお願いします)

次の試合まで2日間あるので、Mayさんも少し休憩できますね!
[ 2012/01/17 22:09 ] [ 編集 ]
フィッシュはやはりこのチームに必要ですね。しかしもうスターターを務める水準にはないと思います。晩年のロバートオーリーのように勝負所でピンポイント起用してはどうかと思います。そのためにはどうしてでも新しいPGが必要です。完全にレイカーズの不良債権と化してしまっているワールドピースを出し、元気のあるPGを獲得する一石二鳥のトレードをできないものでしょうか?
[ 2012/01/17 21:26 ] [ 編集 ]
オドムおかえりなさい。スタンディングオベーションで迎えられた姿にうるっときました。今オフはいとこが殺人事件の被害者になり、自身も交通事故を起こし確か死人も出しましたよね…。あんま関係ないだろうがハンフリーも離婚したし。引退まで考えてたようでよく帰ってきたなと
[ 2012/01/17 21:19 ] [ 編集 ]
フィッシュ…笑

14試合かけて負のストックためて、今日1試合で全放出した感じですかね…笑
何か長期間ガンガンに批判されまくってしばらくすると、いきなり単発で来ますよね。フィッシュの日が。
でも自分は騙されません。プラスの日を1としたらマイナスの日が10あるのがフィッシュです。新しいPGは絶対必要です。

それにしてもコービーやっと止まりましたね。ようやく人間に戻った感じです。

まあ2日間ゆっくり休んで、マイアミ・オーランドの2連戦に備えてくれれば良いです。

パオはボストンとのファイナルを制し、ノビと同等以上、現役最高のPFと言われてたのがもう遠い昔の事のように思えますよ。私は当時から「さすがにそれは言い過ぎだ」と思ってましたが…。

何か色々言ってたら、去年のマイアミ戦でパオとバイナムが後ろからリバウンド奪われまくってた記憶が甦って来ました・・・。

しかも今年のレイカーズは不安定だった去年のレイカーズより明らかに弱い。

インサイドの優位性なんて、去年も開幕前はレイカーズが大幅に有利と言われてましたが、実際に戦ってみたら明らかにマイアミの方が気合でインサイドの主導権を握ってましたから今年もそうでしょうし、ベンチの差も更に広がってますし、フィッシュ>チャルマーズも完全に逆転してます。

コービーとウェイドのマッチアップは2人とも負傷中という条件下なんで単純に考えればコービー有利なんでしょうが、どうせレブロンがダブルチームに来るんで流石に爆発は期待出来ないでしょうしね。

恐いです。勝てる気が全くしません。
[ 2012/01/17 20:57 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

私はWOWOWに契約しているのでこれからの強豪連戦はほとんど見ることができます。今日のゲームも見ることができました。

まずは、いぶし銀の活躍のフィッシュに拍手です。

ベンチ得点少なすぎやしませんかね?
マクロバーツは数字、インパクトともに良かったです。
モリスは何かやらないとと思いすぎて少し硬かったですね。でも、こういう経験も必要ですね。
カポノはシューターなのでこういう日もありますね。ガウドロックを使ってほしい私ですが、やはりレイカーズファンなのでしょう、出場している時は頑張ってほしいと思います。
やっぱりメタに17分も使うのは勿体無いと思いますね。なぜイーバンクスを使わないのでしょうか?6th-manとしては情けなさすぎます。6th-manというのはもう形だけですね。

まあ、コービーが14点でも勝てただけでも価値ある1勝になりましたが・・・。

形はどうであれ、連敗阻止できたことが何よりです。
[ 2012/01/17 20:27 ] [ 編集 ]
祝リベンジ達成!
フィッシュが試合決めてくれると気分いいですね!
コービーは疲れてて当然だと思います
次の試合はどっかのヘタレんとこと
ですよね?
今日の分も含めて爆発して、勝って欲しいです。
ただ、7フッター二人にはもっと頑張って欲しいです。給料に見合っ
てないです。二人がバーンズやマクロバーツのようなハッスルをしたら、と思います。



[ 2012/01/17 20:23 ] [ 編集 ]
いやぁ~ブラウンなかなかいい仕事してますね。さすがディフェンス専門のコーチだけあるね。今日はたまたまはまった感もあるが…クイックネスのあるPGとマッチアップした時にどう対処していくかだね。あとはMayさんがさんざんおっしゃっているインサイドの二人がオフェンスの波はあってもいいがディフェンスとリバウンドは毎試合高い水準を維持してほしいですね。バイナムに関しては、ケガが怖いので全力で飛んだり、ゴリゴリペイント内でパワー勝負できなくなってるのもあるんじゃないかな?もしバイナムがそういうメンタルなら強要はできないですよね。チームを去ってもらうしかないですね…ともかく今日はしびれました。フィッシュはいつもよりパンツを上げて気合いが入ってました。テレビの前でフィッシュユニ着てあのポーズを何度もやってました笑。コビーのフィッシュに対する信頼はコビーが何の迷いもなくダブルチーム来た瞬間にパス出した事からも伺えましたね。あとコビーはラマーになんていってたのかな?
[ 2012/01/17 19:55 ] [ 編集 ]

今日の試合は誰がシュートをしても入るって感じがしませんでしたね。

バイナムのフックシュートは良いと思いますけど
パワーがあるのだから押し込めばフックがもっと良くなると思います。
身長もあるから裏をとる動きが出来ればアリウープも増えると思います。

マグロバーツは見ていて楽しいですね!!

「腐っても鯛、歳を取ってもフィッシュ」←面白いです!!

[ 2012/01/17 19:52 ] [ 編集 ]
FISH
最後はドラマチックにフィッシュが決めましたが、
「よくもまぁ勝てたな」という内容でしたね。

安定感の無い今のLakersにとって、唯一の安定材料、
バーンズやマクロバーツの「ハッスル」は必要不可欠ですね。

フィッシュも、最後のクラッチは言うまでもなく最高ですが、
その前のリバウンドやスティールでもスキル以上の「気迫」を感じました。

もう少し、これが7フッター二人に伝播してほしいものです。
[ 2012/01/17 18:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。