勝てたのが不思議!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

勝てたのが不思議!

Game Score



レイカーズは、バーンズの代わりにメタがスタートし、ミネソタは、ミリチッチが欠場しました。

1Q
出足から、レイカーズのシュートが決まり、ディフェンスも良かったので、先行します。半ばには既に、8点リードにまでなっていました。半ば前から、ミネソタが外しているのに、毎回オフェンシブ・リバウンドを取られ、得点を許します。レイカーズは、メタが、オープンのジャンプシュートは外すし、ファウルを取ってもフリースローは1本しか決められないで、半ば過ぎから、得点が止まります。徐々に追い上げられ、半ば過ぎには、3点差にまで追い上げられ、その後は両チーム共、得点に苦労し、22-19の3点リードで、コーターを終了します。

2Q
ガウドロック、カポノ、バーンズ、マーフィー、バイナムでスタートしました。開始直後、ミネソタがシュートを外しているのに、又も、ラブにオフェンシブ・リバウンドからのティップショットを決められ、1点差にされます。その後、1Qには2本シュートを放って外していた、ガウドロックが、得意のランニング・フローターと3ポイントを決め、再び離し始めます。その後はバスケットの交換になりますが、半ばに、マーフィーが、2連続で3ポイントを決め、7点リードにします。ここから一気に離したい所でしたが、又もや、ミネソタが外しているのに、ペコビッチにオフェンシブ・リバウンドを取られ、得点を許します。ここまで、バイナムは、リバウンド無しでした。半ばにコービーとパオが戻ると、コービーが続けて決めます。コービーは、ガウドロックが外した3ポイントの、オフェンシブ・リバウンドも取っていました。前半、レイカーズでオフェンシブ・リバウンドを取ったのは、コービーだけです。その後も、ディフェンスでは、オフェンシブ・リバウンドを与え続けますが、ディフェンスが良かったので、得点を許しません。終盤には、13点リードにまでしますが、又も、オフェンシブ・リバウンドからのティップショットもあり追い上げられ、53-45の8点リードで、ハーフへ。

前半を終わって、ミネソタは11オフェンシブ・リバウンドもありました。その内6が、ペコビッチです。対するレイカーズのビッグマンは、パオの4リバウンドはまだしも、バイナムは0リバウンドでした。

3Q
開始直後に、又又又又もやオフェンシブ・リバウンドをペコビッチに取られますが、その後、ルビオが3ポイントを外してくれて助かりました。オフェンスでは、フィッシャーが、最初からファウルされるのを期待して、ドライブしてボールを投げ上げるだけの得意のプレーをして、ブロックされますが、コービーの連続3ポイントがあり、点差を広げます。ディフェンスでは、序盤に、バイナムのこのゲームで最初のリバウンドがありましたが、相変わらず、オフェンシブ・リバウンドからの得点を与えます。半ば前からは、メタは、相変わらず、3ポイントは外すし、フリスローは、1本決めたら1本外すと、期待通り脚を引っ張りますが、当たっているパオがジャンプシュートを決め、今シーズンはフリースローが決まっていないバイナムが、きちんと決め、点差を広げます。半ばには、今日は3ポイントが絶好調のコビーが決め、パオもレイアップを決めると、リードを18点に広げます。半ば過ぎに、ビーズリーに3ポイントを決められますが、直後にコービーが3ポイントのお返しをし、このままリードを保つかと思われましたが、又、オフェンシブ・リバウンドを許します。それも、1回では気が済まないで、オフェンシブ・リバウンドからのシュートを、再度外しているのに、それでも、又リバウンドを与えます。しかも、それを2回続けてやります。7フッターが2人揃って、手も足も出ません。その後、ミネソタが、ゾーン・ディフェンスに切り替えると、今日は、大当たりのマーフィーとコービーが、続けて3ポイントを打って外します。その間にも、ディフェンスでは、オフェンシブ・リバウンドからのティップショットを許します。これで追い上げられると、終盤には、ウェブスターの3ポイントで、点差を一桁9点に、縮められます。その後も得点を許し、79-74の5点リードで、コーターを終了します。

4Q
序盤から、ミネソタが連続して決め、徐々に追い上げられ、ラブのオフェンシブ・リバウンドからのティップショットで、1点差に詰められます。そこからバスケットの交換になり、僅差でのリードを保ちますが、遂に半ばにルビオのジャンプシュートで同点に追いつかれると、又も、ミネソタに、1回のオフェンスで続けて2回オフェンシブ・リブアンドを与え、チップショットからの得点で、逆転を許します。その後、パオのシュートで同点に追いつくと、ディフェンスでは、コービーが、情けないビッグマンに代わり、2連続でリバウンドを取ります。終盤、1点差にまで追い上げられますが、そこから、当たっているパオのジャンプシュートを挟み、パオからバイナムへのハイ/ローのパスで、レイアップを外したり、ブロックされていたバイナムが、ダンクを2本決めます。その間、ディフェンスでは、又、オフェンシブ・リバウンドからのティップショットを決められていましたが、2分を切った所で、3点リードとしていました。この後、コービーのシュートで5点リードとすると、次のディフェンスで、又、オフェンシブ・リバウンドを取られますが、そこから外したリバウンドを、コービーが取ります。この直後のオフェンスで、コービーが、ガウドロックの物真似の様なランニング・フローターを決め、7点リードとし、ゲームを決めました。


コービー:35得点(14-29、3PT=5-9)、2アシスト、14リバウンド、2ブロック3ポイントが決まりだしました。1Qに7リバウンド取った後、リバウンドはビッグマンに任せていた様ですが、一向に取り出す気配がないので、4Qは、又、走り回って、5リバウンドも取りました。

パオ:28得点(11-15)、6リバウンド
よく当たっていました。1Qから積極的に打っていました。但し、決めたシュートの殆どはジャンプシュートなので、決まらなくなったら、又元に戻ります。リバウンド争いでは、全く相手になりません。両手を上げて、ヨロヨロしているだけです。コービー同様、後半は休み無しで、42分近くのプレーです。

バイナム:21得点(8-14)、7リバウンド
1Qから、リバウンドをジャンプもしないで、ミネソタのプレーヤーにティップしたり、4Qにはボールに触っているのに、取れなくてアウトオブバウンズしたりと、やる気もなければ、集中力もないです。ミリチッチのバックアップペコビッチにも勝てません。オフェンスでも、ペイントでパスを受けて、ファンブルしてバランスを崩してトラベルしたり、単にファンブルしてボールを失ったりと、クワミを見ている様でした。ファンブルしないでボールを持っても、バスケットのすぐ前から、ダンクしないで手を抜いてレイアップに行って、ブロックされたり、ジャンプしないジャンプシュートをブロックされたりしていました。流石に、自分より小さいプレーヤーに続けてブロックされて気が付いたのが、ゲーム終盤は、ダンクに行っていました。

フィッシャー:5得点(1-4、3PT=0-2)、7アシスト
決めた1本は、又、つま先が3ポイントラインにかかったシュートでした。アシストが多いし、無駄打ちをしていないし、実力から考えたら、こんなものと諦めるしかないです。

メタ:2得点(0-4、3PT=0-2)、4リバウンド、3アシスト、2ブロック
スタートして、33分のプレーでした。シュートは全く決まらないし、フリースローも2-4です。ディフェンスでは、ブロックはビッグマンより多いし、リバウンドも、数は少ないですが、ボックスアウトをしたり、バイナムが、ボサッと突っ立ている前を走り抜けて、オフェンシブ・リバウンドを取る場面もありました。

バーンズ:2得点(1-3、3PT=0-1)、2リバウンド
決めた1本は、自分の外したレイアップのティップショットです。外した3ポイントは、がら空きでエアーボールにしました。アウトサイドもレイアップも、何も決まらないです。

ガウドロック:7得点(3-7、3PT=1-2)
約15分のプレーでした。どうしてもう少し長くプレーさせないのか不思議です。

マクロバーツ:無得点(0-0)、1リバウンド
バスケットのすぐ側で、コービーからパスを貰って、ダンクに行かないで、左手でレイアップに行って、右手でディフェンダーを押して、オフェンシブファウルを取られました。解説者が、「ダンクしないと」と言っていました。ダンクするべきなのにしないビッグマンばかりです。手抜きは伝染するのでしょうか?

マーフィー:6得点(2-3、3PT=2-3)、4リバウンド、1ブロック
13分のプレーなので、割合から言ったら、パオやバイナムより、リバウンドを取ります。ディフェンスをしないはずが、ブロックもありました。3ポイントが当たり出したので、楽しみです。

カポノ:無得点(0-0)
8分近くプレーしましたが、シュート以外も、ボックスシートを見たら、全部0が並んでいます。全く存在感が無いです。ファウルもターンオーバーも無いから良いと、諦めるしかないです。ミニマムサラリーなので、文句は言えないです。


オフェンス
久しぶりに100点以上取りましたが、得点しているのは、バイナム、パオ、コービーの3人で、他は、マーフィーとガウドロックが多少頑張った以外は、寂しい限りです。この3人が、全員揃って当たっていないと勝てないのでは厳しいです。相変わらず、ゾーンディフェンスをされると、何も出来ません。

ディフェンス
リバウンド以外は良かったです。ミネソタのシュートを、38.5%に押さえています。ミネソタで、50%以上打ったのは、オフェンシブ・リバウンドからのティップが多かった、ペコビッチとラブの2人だけで、やはりオフェンシブ・リバウンドが3あったビーズリーが、50%を僅かに切りますが、それ以外は、50%を遥かに下回っています。スターターのペコビッチとラブ2人が、各7オフェンシブ・リバウンド、合わせて14もあります。バイナムとパオは、合わせて全リバウンドで13しかありません。フロントラインが圧倒されました。ラブは兎も角、ペコビッチは、三流センターの代名詞ミリチッチが欠場だったためにスタートした、三流センターのバックアップです。そのセンターに、7フッターが2人揃って、7オフェンシブ・リバウンドも取られました。リバウンドは、52-41のマイナス11、ミネソタのオフェンシブ・リバウンドは24でした。ミネソタは、104本も、シュートを打っています。1チームが100本以上シュートを打ったゲームは、記憶にありません。レイカーズの79本より25本も多いです。よく勝ったものです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/01/30 16:31  Lakers | コメント(40)
ゆ~すけさん、こんにちは。
レイカーズは、決めたアリーウープも多いけれど、失敗も多い様な気がします。パオもバイナムも、ジャンプできない(しない?)ですよね。

そう言われてみれば、ゆ~すけさんのブログ名がそうですね。私も、レイアップが好きというより、それに至る動きや、フットワークが好きです。言いたかないですが、ロンドなんか見事なものです。ロンドは、シュート力は無いですが、バスケットの近くの動きでは、CP3やデロンに勝るものがあると思います。

グリフィンについては、「いまいち好きになれない」理由を、ベテランファンとして、分析してくれるのかと思ったら、一本取られました。
[ 2012/02/03 11:17 ] [ 編集 ]
アリウープそういや多い気がしますね。
平面的な高さ+普通に打たして外されるよりはダンクしとけよみたいなとこですかねw


あたしもダンクとかもう興味無い派かなぁ。
ヴィンスカーターとかあのあたりくらいでお腹いっぱいですわ。
個人的にはレイアップあたりズバッと決めてくれた方が好きなんでブログの名前それにしちゃいましたわw



グリフィン>
早くてパワーがあるのは凄いなぁと思うんですが顔がいまいち好きになれない…面食いなもんでwwwww
[ 2012/02/02 22:02 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>akrさん

上から投げこんでいるから、ダンクではないと、議論になっていました。ダンクだろうが、そうでなかろうか、得点が変わる訳ではないので、私は、どうでもいいですが。あれだけ、でかくて、スピードがある人は、まずいないですよね。レブロンも速いけれど、グリフィンの方がでかいです。


>>まめさん

アドバイス、ありがとうございます。


>>阿吽さん

よく、「ダンクでも、レイアップでも、2点。スタイルポイントは無い。」と言いますよね。

私も、ダンクは、とっくに卒業しました。オールスターのダンクコンテストも、全然興味なくて、7-8年くらい見ていなかったですが、ブログを始めたので、この2年は、仕方なく見ています。

そう言われてみれば、計算が合わないですね。

ところで、アリーウープは、クリッパーズが多そうですが、昨日の時点で、レイカーズの方が、8本も多いそうです。ダンクに飽きた阿吽さんこそ、アリーウープが多い、レイカーズのファンを止めて、クリッパーズのファンになられては?


>>airさん

ついでに、ブログも他のに切り替えては?ハイライトにダンクが少ない私のブログは、退屈ですよ。クリッパーズの応援ブログはないですかね?クリッパーズは、にわかファンが多いので、そろそろ誰かが始めるのでは。
[ 2012/02/02 14:27 ] [ 編集 ]
観戦歴16年で15周年周期で切り替えるんならジョーダンからコービーに変わったの去年なんですねw
そりゃあ派手さは無くなって仕方ないですね


今ならarkさんと同じローズかなぁまだ未完成なところがいいですね彼も。
一人でチームを変えられるのはあとはデュラントくらい?
マイアミの2人はなぁ…
[ 2012/02/02 13:23 ] [ 編集 ]
このグリフィンのダンクは衝撃的でしたね。
止められても上から投げ込む感じで。
去年も同じようなダンクがあり驚愕しました。
私はNHK BS で放送が始まった時から見てますが、グリフィンは異質です。
シャックの新人の頃を思わせるスピードとパワーを感じます。
コービーはジョーダン同様、あの歳になればジャンパー頼りになるのは仕方ないですよね。
コービーの次は、今ならローズですかねー。
ゲームの支配力という点では、まだまだですが。
うちのクラブチームでもローズのバッシュ買おうかって若い奴等は検討してるくらいです。
ナイキからの乗り換えも辞さずってくらい。
個人的には、ドミニク ウィルキンス対ジョーダンの試合をYoutubeで見るのが好きですね。
[ 2012/02/02 09:15 ] [ 編集 ]
>airさん

ジョーダン→コービーと来て、レブロンに行ったら、ちょっと趣向が違いますからね。シャック→レブロンて流れはけっこういたのかもしれないが。ウェイドももう歳だしなぁ。

オススメはケビン・デュラント。コービーとは違った芸術的なジャンプシュート。無駄を一切省いてます。意外とダンクもクイックで豪快ですよ。華やかさや派手さならグリファンですが。

いっそPGとかに乗り換えてみては?
[ 2012/02/02 01:23 ] [ 編集 ]
15年周期で注目選手を切り替える法則
ジョーダンからコービー、
コービーから???

グリフィンのプレイにも芸術的な美しさがあればなあ
[ 2012/02/02 00:38 ] [ 編集 ]
ダンクもジャンプシュートも同じ2点だぴょん


まぁ派手なのばかり見たいならレイカーズなんか見ないでそれこそクリッパーズとか見るでしょ今なら。
16年もの観戦歴があるならそれくらいは普通ですよねぇ~


ちなみに俺も15年くらいNBA見てますがダンクとかで今更興奮しなくなりましたわw
[ 2012/02/01 20:00 ] [ 編集 ]
コービーの落ち着いたプレーには少し飽きてきた。基本的にジャンプシュートばっかりだから。レギュラーシーズンはグリフィンに注目しよう。http://eye-on-basketball.blogs.cbssports.com/mcc/blogs/entry/22748484/34636482
わたしが16年間NBAを見てきた中で最高に衝撃的なのダンク(試合中)。
[ 2012/02/01 16:34 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>LAXさん

そういえば、ブルックスは、制限付きのFAですよね。言われるまで、気が付きませんでした。ありがとうございます。


>>アレさん

バイナムも、ホームでなら真面目にプレーする様なので、今日は、まともにやるでしょう。

私も、PGは、3PTのある人が良いです。


>>akrさん

オーガスティンは、獲れたら良いと思っているので、今年は、ちょくちょく気にしているのですが、怪我が多いですよね。フィッシャーは、ウォーカーにもやられると思いますよ。
[ 2012/02/01 11:21 ] [ 編集 ]
アレさん>
AaronBrooksは、中国リーグが完全に終わるまで他チームと契約できず
(RFAなのでSUNSはその額にマッチする権利を持ちます)
プレイオフが終わるのが、NBAのデッドライン以降なので
事実上今シーズンは移籍不可だそうです。

どこかにW.ChandlerやK.Martinなどの状況もまとめて掲載されてないか
探したのですが見つからず。ブルックスの件はラジオで聞きました。

[ 2012/02/01 08:29 ] [ 編集 ]
とりあえず相手に10ORBあげなきゃいいです。
こちらはガソルとバイナムにORBをいっぱい取ってもらいたいです。

セッションズの噂ありますね。
アウトサイドシュートがあるアーロン・ブルックス獲得できるまで待つ方がいいと思います。
メッタかバーンズの三点が計算できれば、セッセンズでもいいですが
[ 2012/02/01 00:00 ] [ 編集 ]
明日のボブキャッツは、何人か怪我人が復帰するみたいですね。
オーガスティンは無理しないそうです。
ケンバ ウォーカーにまでやられるようじゃフィッシャーさん、マジ引退でっせ!
明日のバイナムには、とりあえずリバウンド10本ノルマでお願いしたいです。
明日はBOXSCOREの経過が仕事に差し支えない事を祈ります☆
[ 2012/01/31 23:29 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>masaさん

まだ中学生だったんですか。

バイナムの動きが固いのは、コンディショニングの問題だと思います。フリースローが、今年は決まらないですよね。解説者が、去年までは決まっていたし、打ち方も悪くないから、決まるはずなのに、決まらないのは、コンディションイングができていないからと言っていました。土台がしっかりしていないから、動きがぎこちないだけでなくて、すぐバランスを崩して、トラベルにしますよね。

Gロックは、最近、色々なサイトのコメント欄で、名前が出てきます。人気急上昇です。英語なので、当然Gロックとは書かないで、Glockになっていますよね?最初は、グロックで何だと思いました。(笑)


>>シジさん

私が言っているというより、いつもフィルが、バイナムが得点を増やしたいと言うたびに、バイナムから必要なのは、得点ではなくて、ディフェンスとリバウンドと言っていました。最初は、身長もあるし、シュートタッチも悪くないのに、そんな事を言って、勿体無いと思っていました。でも、流れでバイナムにボールを渡すのは良いですが、でかいだけでパワーはないし、大してジャンプも出来ないから、ブロックされるし、パスの技術もないので、無理にボールを渡すのは、無駄だと思います。


>>ロンロン大好きさん

リバウンドが、背が低いのが高いのに負けるなら、仕方がないし、マーフィーやマクロバーツが、ハワードだのチャンドラーだのに負けるなら、当然なので、文句はないです。二人共、背は高くて、パオは兎も角、バイナムは若いのみ、全く歯が立たないです。おっしゃる通り、意識の問題です。


>>Venzaさん

セッションズなら、将来は、スターターには物足りないですが、ベンチは任せられそうですよね。でも、セッションズが欲しいのは、レイカーズだけでな無い様なので、厳しいのでは?クリーブランドは、ドラフトピックが欲しい様なので、下位のチームとトレードした方が、上位ピックをもらえて良いですよね。


>>cocoさん

ハワードは、スティーブン・ジャクソンと仲が良くて、同じチームでプレーしたいという情報もあります。そこで、ニュージャージーは、ジャクソン獲得に動いているらしいです。

私は、前からマークの方が、バイナムより良いと思っていました。休まないだけでも良いです。


>>LAXさん

どちらにするか、迷っているという話です。本当かどうか分かりませんが。クリーブランドは、ドラフトピックが欲しいみたいです。ラマーは、今年、良くないので、イクセプションに代えておいて、良かったかもしれませんよ。ドワイトとアリーナスは、仲が良かったという話しを聞いたことがあります。これも、本当かどうかは、分かりませんが。


>>ちょこさん

残念ながら、これが実力だと思います。ルビオは人気があるから、出さないと思います。実力も、思った以上にありそうだし。
[ 2012/01/31 18:04 ] [ 編集 ]
この2日間、私立高校の入試に行っていました。

バイナムのバックス戦後のコメント腹立ちますね。こんな奴がレイカーズのスタメンでましてやオールスターセンターなんて考えられません。
マジックも4連敗中なので、このまま負けてもらって、オールスター後にはトレードしてもらいたいです。
バイナムのプレー見てて毎回思っているのですが、バイナムのプレーってなんか硬いっていうかぎこちないですよね。あんなので押し込めるわけがないのに。やっぱりケガにビビっているんですかね?

ここ3試合のGロックいいですね。平均11ポイント以上なので、レイカーズでは第4のスコアラーですよね。まあ、2順目のルーキーが第4のスコアラーとは・・・W。ガウドロックがすごいのも多少はあると思いますが、それ以上に他がダサすぎますよね。
ところで、Gロックに対するLAの声どんな感じですか?また、Mayさんはどう思いますか?

コービーが今、オープンの人がいたら、「こいつなら決めてくれる。」と、安心してパスできるプレーヤ―はいるのでしょうか?
[ 2012/01/31 15:42 ] [ 編集 ]
以前からMayさんはガソルにポストで攻めさせてバイナムにDFをさせるのが一番いいとおっしゃっていますし私もそう思っているのですが、もうバイナムはその役割にモチベーションを見出だせていないようですね。
なので自分はバイナムをトレードで動かしてゴール下でガソルをサポートするロールプレーヤーを取った方がいいと思っています。

そちらでジムがガソルをトレードするかでミッチともめていてミッチが辞任寸前だって話も上がっていますが、私はガソルにまだ掛けた方がいいのではないかと。何かと文句っ垂れてばかりですが(笑)
[ 2012/01/31 15:24 ] [ 編集 ]
Mayさんの怒りごもっともです。オフェンスリバウンドはみていて最もガッカリします。どれだけいいディフェンスをして、タフショットを打たせても、リバウンドしっかりとれなきゃそれまでのディフェンスは全て水の泡ですからね。チームとして得点力不足に悩んでるのに、相手にイージーにセカンドチャンス与えまくってるんじゃ、いくらオフェンスで頑張っても、たかがしれてますよ。しかも競り合って相手の執念でリバウンド取られたならまだしも、全く取る気がないのか知らないけど、ジャンプもしない、スクリーンもしっかりかけないで楽に取られるケースが目立ちすぎじゃないですか?最近ではオフェンスリバウンド取られた所をなんどもリプレイで見てそこらへんばかりチェックしては、失望させられます。意識がないのなら意識のあるビッグマンに変えてほしいですね。
[ 2012/01/31 13:41 ] [ 編集 ]
トレードの噂ですが

http://sports.yahoo.com/nba/news?slug=aw-wojnarowski_ramon_sessions_cavs_lakers_nba_013012

スリーに自信が無いのか、殆ど打ちませんので、スリーについてはあまりいいFG%ではありません。

今期はドラフト1位にプレータイムを持っていかれているので、数字は落ちています。

まだ25歳ですので、もう少し伸びしろはあるかもしれませんね。昨季のキャブスで26分の出場でキャリアハイの13.3得点、5.2アシスト、FG%は46.7%ですから数字は悪くないですね。

彼は$4.3Mですから昨季くらい働いてくれるといいですね。LALには給料泥棒が多いので。
[ 2012/01/31 09:52 ] [ 編集 ]
マジックにネッツともに成績が低迷してきていますね
こちらとしては嬉しいニュースですが、
ハワードがネッツに行くのは何としても避けてほしいですね~デロンの可能性がなくなりますし

それにしてもバイナムはあいかわらずのようで、ラブにあるていどヤられるのは分かるにしても控えの選手にもリバウンドあれだけリバウンド取られるというのはなんとも···
これだったらガソル弟のほうが使えるんじゃないかと思ってしまいます
[ 2012/01/31 09:51 ] [ 編集 ]
いまアリーナス獲得とは別で、
CLEのRamonSessionsをエクセプションを
使って獲得する噂もあるみたいですね。
ドワイトが他チームに移籍するまでは
全ての駒は持っておいてほしいです...
(もしOdomと直接トレードしてたらもう少し良いPGと
 トレードできた気もしますしね)

あと思うのが、アリーナスを獲得することは
ドワイト獲得に逆効果の気もします。
アムネスティで放出したくらいですからね。

でもそれくらいいまのLakersはDesparateということですね...
[ 2012/01/31 09:50 ] [ 編集 ]
勝ったのはよいのですが、コービー、パオ、バイナムがここまで活躍したにも関わらず辛勝でした。認めたくはないのですが、これが現状のレイカーズの実力ということなのでしょうか?
ところで、今回の試合では不発でしたが、ルビオ君は相当善戦していますね。はっきり言って彼はNBAでは全く通用しないだろうと思っていたのですが、完全に予想を裏切ってくれました。レイカーズに欲しい人材ですね。
[ 2012/01/31 09:39 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントを下さった皆様、こんにちは。


>>haruさん

OFFリバウンド程、腹が立つものはないです。この半分でも、多いですよね。それも、毎回毎回やられて。ハワード所か、クワミが欲しくなります。


>>まめさん

全く同感です。皆さん、理想が高いのは分かりますが、完璧なんてありえないので、現状より良くなったら、それで十分です。


>>飛車さん

高いとまでは行かなくても、平均よりは上でした。5段階評価なら、4か悪くても3.5という感じです。それが、レイカーズに来てからは、贔屓目に見ても2、今年は、0.5という感じです。3ポイントも悪くなかったですが、むしろ、身体の幅を利用して、ペイントにごり押しして行くタイプでした。相手は分かっていても、パワーはあるし、幅はあるから、ファウルするのが精一杯でした。「いじめ」なんて言われていました。ところが今では、ペイントに入っても、ジャンプできないから、レイアップが決められない、ファウルをされても、フリースローが決められないです。


>>う~ん・・・さん

仰る通り、バイナムとパオは、できないのではなくて、やらないのが問題です。パオは、昨シーズンからそうだし、バイナムは、この数年ずっとそうです。今更、それが変るとは思えません。メタは、もう実力がなくて、やらないのではなくて、できないのだと思います。メタは、レイカーズに来たことで、満足してしまって、成績が悪くても、チヤホヤされるから、モチベーションがないと思います。スポーツ番組は、良くないと声がかからないですが、トークショーなんかは、成績に関係なく呼んでくれます。メタみたいに、突飛なことを言ったり、やったりする人は、レイカーズのファンでなかったら、面白いですよね?レイカーズのファンは、まともにプレーもしないのに、テレビにちょくちょく出てきて、はしゃいでいるのを見ると腹が立ちますが。マジックからは、名指しで、「気が散っているのは要らない」と言われています。


>>かずさん

私も、むしろ負けた方が良かったと思います。去年も、開幕から、ディフェンスが悪かったのに、相手が下位チームで、しかもホームが多かったので、なんとか勝っていて、調整をしなかったです。そのツケが後半に回ってきました。パオとバイナムは、勝ったから、叩かれるというより、呆れられていますが、負けていたら、メチャメチャ叩かれているはずなので、少しは反省してくれたと思います。

SGがリバウンドリーダーというだけなら、そういうことも、たまにはありますが、ビッグマン2人合わせても、勝てないなんて、情けないです。


>>古参者さん

100本ところか、90本も、まず見ないですよね。いかに酷かったかが、分かります。

レイカーズの強みは、ディフェンスとコービーだけです。

最近ミッチにプレッシャーがかかり出しています。昨日は、辞任するのではという噂が流れて、本人が否定しましたが、止めないでくれという論調は、一切なかったです。PGを補強したら、ベンチ得点は、自然と上がると思います。


>>badさん

全く同感です。誰も、アリーナスが是非とも欲しいなんて思っていないです。良いもの同士を比べてどちらが良いかではなくて、悪いもの同士を比べて、どちらが少しは悪くないかという、低次元な選択です。私だって、アリーナスでさえ欲しいなんて言うのは、気分悪いですが、それなら他に、どういう選択肢があるのでしょうか?


>>shinさん

POでは真面目にプレーしていますよ。できるのにしていないだけです。又は、コンディショニングをサボっているから、体力が無くて、できないかです。でも、1Qからいい加減にプレーしているので、体力の問題だけではなくて、気持ちがあると思います。


>>akrさん

シャックと比べて、見劣りがしないセンターっていますか?(笑)

ラブは現時点では、理想的ですね。他のビッグマンは、あちらを立てればこちらが立たずという人ばかりです。オルドリッジも良いですが。但し、ラブは身長がないので、若い内は良いですが、30近くなってきたら、今程動けなくなるので、厳しいと思います。ケイマンも良いですが、怪我が多いですよね。


>>harvさん

バイナム、ハワード、シャックの比較については、全て仰る通りだと思います。シャックと、他のセンターを比べることに、無理があるとは思いますが。あの人は化け物ですから。(笑)

バイナムが足腰が弱い、コンディショニングが悪いというのは、以前からずっとそうです。チーム練習以外は、自分で練習しようなんて気は、さらさらないから、シーズンが始まって、プレーしながら、コンディショニングをしています。体重を増やさなかっただけ、まだマシだと、諦めるしかないです。25歳、キャリア7年の人が、今更、急に変って、練習熱心になるとは思えません。足腰を鍛える練習、つまりウェイトトレイニングや、走りこむのは、ボクシングに比べたら、楽しくないですよね?楽しくないことを、バイナムが、自主的にやると思いますか?そんなことをしていたら、今頃、シャック以上とは言いませんが、シュートのタッチと、フリースローが良い分、シャック並みの数字は出せる様になっていたはずです。

ハワードは、バイナムと比べたら、シュートは断然下手です。但し、下手は下手なりに、毎年上達していますよね?去年から、ペイントのすぐ外辺りからの、ジャンプシュートが決まりだしています。しかも、バンクショットなんかもやります。バイナムは、毎年同じで、「今年は、去年できなかった~~ができる様になった。」というのがないです。カリームがACをしていて、バイナム専属で教えていた時は、チーム練習中に嫌でもやらないといけなかったから、毎年、多少は上達しましたが、今は、それもないです。

確かに、ハワードが来たら、即優勝という程、NBAは甘くないですが、人間として腐っているバイナムよりは、ハワードの方が、ずっと良いです。才能だけで行かれる所には、限界があります。その限界を押していくのが努力で、ハワードは努力をしますが、バイナムはしないです。それに、少なくても、ハワードなら、ハーフタイムにリバウンド無しなんてことはないし、コービーが14もリバウンドを取るなんてこともなくなります。

アリーナスが「腐ったみかん」というのは、分かりますが、デロンは悪くないと思います。それに、どうせレイカーズには、「腐ったみかん」が幾つもいるので、1つ余計になった所で、大差ないです。給料が安いだけ、まだ良いです。毒食らわば皿までです。もう、ヤケクソです。


>>badさん

マジックは、去年からそうです。3ポイントは、決まればディフェンスなんか適当でも楽勝ですが、決まらなかった惨めなものです。それを全く改善していないのに、違う結果が望めると思ったのでしょうか?

レイカーズは、以前は、バイナムは出さないと言っていたのですが、ハワードとのトレードの場合のみ出すと変ったそうです。


>>アレさん

コービーと、パオ+バイナムのリバウンド数を上げてるコメントとか、当然、「早くトレードしろ」とか、バイナムが前半リバウンド無しだったこととかがあります。まだ勝ったから、それ程でもないですが、負けていたら、大騒ぎだったと思います。

フィッシャーは、高齢だし小さいし、押し負けるのは仕方が無いですが、メタはでかいだけで、最近はパワーもないですね。


>>akrさん

オーランドは、これ以上3ポイントシューターを集めても意味ないので、Gロックとマーフィーはいらないと思います。マクロバーツも、パオを貰ったら要らないでしょう。モリスも、貰った所で使い道がないし。但し、サラリー額合わせで、入る可能性はありますが。でも、レイカーズは、T.イクセプションがあるので、それも無いかもしれません。ターコルーを引き取るのも、パオのサラリーが空けば、悪い話ではないです。レイカーズのSFを見てください。頼み込んでも、貰いたい位です。


>>tskさん

それだけディフェンスが良かったということで、収穫と言えば収穫ですが。

オーランドとしては、バイナムみたいな小物でも、他のビッグマンと比べたら、ハワードの次ですよね。特に、ニュージャージーは、ロペスが足の疲労骨折をしているので、先行き心配です。下手をしたら、ヤオ・ミンみたいになりかねないですから。


>>ツオさん

得点は、コービーが奮闘しても良いのですが、リバウンドは、ビッグマンにやってもらわないと。その為に給料を貰っているのに。

バイナムみたいなチンピラに高い給料を払わないといけないのは、ビッグマンの人手不足が原因です。どう考えても、現在のNBAのビッグマンは、貰い過ぎの人が殆どですよね。適当にやっていても、高給を貰えるのが分かっているから、やらないのだと思います。頭悪いクセに、そういうことだけ分かるんです。


>>LAXさん

「オフェンシブ・リバウンド」と書くと長いので、途中からコピーして貼ろうと思ったんです。その時に、ふと思いつきました。(笑)

アイデンティティというより、単にオフェンスが弱いだけだと思います。ハワードはどこに行くとしても、オールスターまでは勿論、デッドラインギリギリまで無いと思います。ハワードがいなくなったら、チケットの売り上げに影響しますよね。球団としては、ギリギリまで儲けないと。


>>badさん

このコメント欄でもよく、「バイナムは弱い者いじめ」と言いますよね?それが、弱いものいじめすらできなくて、逆にに弱い者からいじめられています。

コービーのことは、素人はあうだこうだと批判しますが、プレーヤーや解説者の殆どは、褒めちぎります。自分がやられているからでしょうね。プレーヤーは、負け惜しみでトラッシュトークをするのはいますが、トラッシュトークもされないようなのは、大した事無いプレーヤーですよね。解説者では、バークリーが悪く言いますが、バークリーが悪く言わないプレーヤーを探す方が大変です。


>>せーのさん

バイナムがやる気がないのは、ゲーム中だけでなくて、普段からで、コンディショニングをサボっていると思います。だから、体力が無くて、先週からは楽なスケージュールなのに、バックトゥーバックになると、一番若いのに、一番疲れて見えますよね。4Qなんか、トランジションで走っていると、腰が落ちています。
[ 2012/01/31 09:24 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。Mayさんの憤りが非常に伝わってくる記事でした(笑)。オフェンスリバウンド24なんてギャグかと思いきや、現実なんですよね。リーグ屈指のツインタワーが聞いて呆れます。

コービー以外があまりにも頼りなく、チームとして穴が多すぎるので補強するにしてもマイナーチェンジじゃ限界がありますよね。
ハワード来ないかなぁ…。
[ 2012/01/31 03:23 ] [ 編集 ]
ハック・ア・ハワードなんて最高じゃないですか!!だってパオなんてフリースローを1本も貰えない試合もあるくらいですよ(笑)ハワードのキャリアFT%は60%だから、毎オフェンスファールしてもらえたら、今のレイカーズの貧弱オフェンスからしたら願ったりかなったりです。非常に効率良いです。特に、控えの時間帯は4、5分間無得点なんてレイカーズはザラですから、どんどんハックアハワードしてくださいって感じです。

それに、ハックアハワードしてたら、すぐに5ファールになるので、コービーもFT得やすくなりますし。もう相手DFはコービーに触れられなくなりますよ。シューティングファールでないのにコービーがFTうてるなんて最高。フィジカルなDFもしにくくなるし。
やはりハワードには来てもらわないと。
[ 2012/01/31 02:31 ] [ 編集 ]
前回のコメントでは返信ありがとうございます。
私はNBA暦が短いので、色々教えてくださって嬉しいです。

ワールドピースは3Pの確率が高かったのですね。レイカーズにきてから注目するようになったので、雑なオフェンスをする選手だな、ぐらいにしか思っていませんでした。

ブレイクは、結果的にですがフィッシャーとともにディフェンスの穴になってしまいました。
私は今でもブレイクの代わりにアール・ワトソンを取っていればなあ、と思ってしまいます。

今回の記事とはまったく関係なくてすみません。
[ 2012/01/31 01:43 ] [ 編集 ]
極論としては極論なんですがね、シャキールを引き合いにドワイトやバイナムを語るのは無理がありますよやはり。
シャキールより下なのではなくシャキールが上過ぎます。
アレと較べられては…

それにバイナムがいたから二連覇出来たのもまず間違いない事実ではあります。
まだセルツにボロカスにヤられた時のこと忘れてません…
あの時にはバイナムがいれば…バイナムこそがラストピースだったのは間違いないのですよ。

今のレイカーズに求められるのは珠玉のスーパースターよりも当たり前のことをしっかりやれる選手。
バイナムがガソルが自分がやることをやりきればまだまだいけます。
いけるはずなのにしないから問題なんですがね(苦笑)
メタだってレイカーズ来る前はディフェンスもオフェンスも一流の良い選手であるはずなんですよ。
いかに今のメンツにやる気を出させるか、それが一番大事


まぁポイントガードはテコ入れなきゃ厳しいでしょうがw
[ 2012/01/31 01:06 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です~!奇跡的にロードで勝ちました。

前々から思っていましたが、レイカーズはオフェンスリバウンドを取られ過ぎです(フィルの時からその傾向はありましたが)。
応援していて一番イラつくのがオフェンスリバウンドを取られるところなんですよね。レイカーズのインサイドって一番の基本ができていないです。
今日の試合は、下手な勝ち方をしないで、逆に負けてトレードに向けて動いて欲しいとさえ思ってしまいました。

よくコービーに負担をかけないようにして欲しいと書きますが、リバウンドまでやらせるとはさすがに予想外です。SGの選手がリバウンドリーダでFとCの選手は何も思わないのでしょうか...。
あまりにもコービーが不憫です。
[ 2012/01/31 00:18 ] [ 編集 ]
ホント良く勝てましたね。

2000年代以降って1チーム1試合あたりのシュート数は確か平均80数本くらいのはずなのに104本も打たれるとは…。

レイカーズの強みって何なんでしょうか…。ディフェンスの固さが何の意味も成してないです。

例えPGの役不足でオフェンスが機能して無くても、ディフェンスリバウンドさえしっかり取ってれば勝ててた試合や楽勝だった試合かなりありますよね。

ミッチはどう動くんでしょうか。

PG優先するのか、ハワード優先するのか、はたまたベンチの得点源か。
[ 2012/01/30 23:42 ] [ 編集 ]
バイナムもハワードも優勝のラストピースではない
デロンやアリナスはbad news

じゃあレイカーズはどうしろと(笑)?

えらいネガティブすぎてちょっと面白かったです。
[ 2012/01/30 23:07 ] [ 編集 ]
バイナムはプレーオフでは本気出すみたいなことしてくれるんでしょうか 毎年強いセンターがいるところがプレーオフは勝ち上がるのですが今のレイカーズは強いセンターといえませんねトレードでハワードがきてくれたらベストなんですけど
[ 2012/01/30 22:52 ] [ 編集 ]
harvさんのコメントには、妙に納得してしまいました、おっさんとしては。
比較してみると、確かにハワードはシャックに比べたら見劣りしてしまいますね。
しかし、レイカーズの補強ポイントとして、

 リバウンダー
 PG
 第二のスコアラー

だと思うので、PG以外を補えるのは、現状で可能性があるのはハワードになるのかと。
ハック ア ハワードはシャックも同じだったわけですから。
そうか考えると、ラブが現在のビッグマンでは理想なのかなー。
あ、ケイマンが近々交渉可能になるんですかね?


[ 2012/01/30 22:37 ] [ 編集 ]
先日、バイナム、ハワード、シャックの試合を見ましたので、自分なりの印象を書きたいと思います。
まずバイナムですが、何より足腰が弱い。膝の怪我の影響もあると思いますが、上半身に比べ下半身が弱いため、容易に押し負けたり、飛ばされたりしています。押し込めないから、結果的に外からのシュートに頼り、FGAが低くなっています。ボクシングジムに行くんじゃなく、もっと脚力を鍛えた方がいいんじゃないでしょうか?またゴール下で力を入れてボールを保持しないため、簡単にはたかれる。スクリーンアウトも出来ていない(これは怠慢でしょう)。
一方ハワードはバイナムよりスピードがあり、ボールハンドリングもいいため、ドリブルシュート出来る一方、シュートパターンが絶望的に少なく、またバイナム以上にシュートが下手です(シャックはFTは下手だが、何故かターンアラウンドはとても上手い)。このままだと、悪夢再び、接戦でハックアハワードされる可能性があります。
たまたま94年のプレイオフ、マジック対ブルズをみたのですが、今とのレベルの違いにがく然とし、また改めてシャックの偉大さを感じました。はっきり言って、ハワードもバイナムも足下にも及びません(ついでに言うとジョーダンとコービーも同様です)。シャックはスピードは2人より遥かにあり、パワーも抜群。パスアウトも上手い。シャックは3連覇をもたらしましたが、バイナムもハワードも、残念ながら優勝をもたらすラストピースではないと思います。
ついでに言うと、もうメッタのような連中を取るのはやめてほしいです。頭のおかしなやつは結局長期的にはチームに害を与えるだけ、腐ったみかんは他のみかんを腐らせる前にeliminateするしかないのです。同じ理由でデロンとかアリナスのようなただの「bad news」も取るべきではないと思います。
[ 2012/01/30 22:07 ] [ 編集 ]
ちなみにハワードの件ですが、他のサイト様のブログによると

プレイする気がない奴は帰れ!ホーネッツは気合で俺らに勝ったんだ!

みたいな感じで、かなりご立腹みたいです。私はセルティックス戦みましたが、確かにしょーもないミスが目立ってましたし、もしかしたらマジックは戦術自体を変えなきゃいけない過渡期を迎えてるのかもしれませんね。あのチームはハワード以外、アウトサイドシュート一辺倒ですからねー。

なんかレイカーズはハワード獲得に乗り気じゃない(?)という記事を見ましたがどうなんでしょうね?
私はハワードよりもデロンが欲しいですが。


[ 2012/01/30 21:00 ] [ 編集 ]
現地ではLALのRBに対しての批判とかありませんか?
昨シーズンもかなり取られてる印象がありましたが、今シーズンはさらに酷いことになってるような気がします。
ビッグマンもかなり怠慢ですが、よく見るとフィッシャーとメッタもスクリーンアウトができないどころか、後ろから力ずくで取られるケースもありますね。
[ 2012/01/30 20:50 ] [ 編集 ]
BOXSCORE追っかけながら仕事しつつ考えていたコメントは、Mayさんがキッチリ記事にしてくれてました。

 オフェンスリバウンド
 被シュートアテンプト 100

100なんて見たことないですね!

バイナムは夜遊びし過ぎなのか、コンディショニングがボロボロなんですね、きっと。

それはさておき、知らない間にオーランドは雰囲気が悪くなってるんですね。
朗報だー!
うまく話を纏めてくれないかな。
コービー以外はトレード要員で構わないから、この際。
サラリーの関係で、残って欲しいマクロバーツ、Gロック、モリスは除外されるだろうし。

あ、3pointerのマーフィーも置いててくれれば。

[ 2012/01/30 19:31 ] [ 編集 ]
まさか勝ってるとは思いませんでした!
しかし、コービー一人でデカいの二人のリバウンド数より多いとは…
しかもオフェンスリバウンドが7対24ですか
確かに勝ったのが不思議ですね

ハワード来て欲しいですね
確かに最近のマジックひどいですし
ハワードもフラストレーション溜まってるみたいだし
それに、ハワードが希望してる球団みる限りはレイカーズが一番有利だと思うんですが違うんですかね?
[ 2012/01/30 19:00 ] [ 編集 ]
とりあえず勝てたから良かったです。ついにリバウンドすらコービー頼みになってきました。このままでは絶対無理です。

私はバイナムの昨日の発言が許せません。パオはともかくバイナムはいりません。彼がコービーなきレイカーズを引っ張れるとは到底考えられません。バイナムみたいな選手がオールスターのスターターにおそらくなるとは信じたくないです。ただ肩書きだけは良いのでトレード的には良いかもしれませんが…

ハワードが自分のチームの事をボロクソに言っていたのでトレードがあるかもしれないですね。もちろん大歓迎です。あとはハワードが自分がエースではないチームで満足できるかが問題だと思います。
[ 2012/01/30 18:58 ] [ 編集 ]
とうとうOff.R献上が赤文字にw

なんだかもはやLakersのアイデンティティは、
Perimeter DefenseとKobeの孤軍奮闘ですね。
ディフェンスがいいのは、もちろんいいことですが
Paintをもっと引き締めて欲しいものです。

いまの僕の妄想では、
「ハワードの移籍は水面下で決まっていて、今年ORLで開催される
 オールスターの出場を最後にデッドライン前に決行」ですね。
[ 2012/01/30 18:51 ] [ 編集 ]
バイナムに対して、相当ストレスが溜まってらっしゃるのがよく分かりました(笑)

ルビオとラブのコメントです
「コービーがベストな選手かはわからないけれど、試合を決める能力では彼に勝る選手はいない。レブロン・ジェイムスやデリック・ローズのように得点で貢献出来る選手はいるけれど、試合を決める選手としてはコービーが最強」

「手を伸ばしてガードしても彼のショットは何度も入ってしまう。ベストプレイヤーと呼ばれる所以だよ」

いやー久しぶりに嬉しいコメントですね。コービーファンとしては、他のプレイヤーにどう思われてるのか常に気になるところです。
[ 2012/01/30 17:54 ] [ 編集 ]
バイナムやる気ないですね。
ORLもだんだん化けの皮剥がれて来てハワードがチーム批判しまくってるみたいなんで何とかトレードにならんかなー。
なんで近くにコービーみたいなハッスルする選手がいてあんなにサボるのを覚えたのでしょうか。
どちらか一人だけでも改善されればそれなりに勝てると思うんですけどね。
[ 2012/01/30 16:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。