3ポイント炸裂で勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

3ポイント炸裂で勝利

Game Score

ゲーム・ハイライト


レイカーズ・ハイライト


1Q
開始直後にコービーが外しますが、パオがオフェンシブ・リバウンドを取ります。その後のレイアップは外しましたが、気分が良かったです。7フッターがオフェンシブ・リバウンドを1つ取ったくらいで、気分が良いとは、基準が下がったものです。出足は、コービーのフリースローによる得点はあったものの、それ以外は、ビッグマンが交代で外し、バスケットがありません。その後、コービーが2連続で3ポイントを決めると、バイナムもレイアップを決め、5点リードします。その直後に、オフェンシブ・リバウンドからのティップショットを決められますが、パオが、バイナムが外したシュートを、オフェンシブ・リバウンドからのティップショットを決めます。半ば前から、シュートが決まらなくなり、1点差に追い上げられますが、コービーとフィッシャーが決め、点差を広げます。半ばからは、レイカーズのディフェンスが良く、得点を殆ど与えません。オフェンシブ・リバウンドを2回続けて取られる場面もありましたが、ディフェンスが良かったので、得点を与えませんでした。オフェンスでは、コービーが当たりまくっていて、次々とシュートを決め、リードを広げます。終盤登場したGロックも、シュートを決めたり、自分が外したシュートのオフェンシブ・リバウンドを自分で取って、ファウルを誘い、フリースローで得点して、貢献します。30-18の12点リードで、コーターを終了します。

2Q
Gロック、カポノ、バーンズ、マーフィー、バイナムでスタートします。開始早々、シャーロットにオフェンシブ・リバウンドを2連続で許し、その直後のディフェンスでも、又、オフェンシブ・リバウンドを取られますが、その後のディフェンスが良く、得点を許しませんでした。序盤から、バイナムが、レイアップやダンクと、バスケットの近くで決め、Gロックとマーフィーも3ポイントを決め、リードを広げます。ディフェンスでは、半ばに、又、オフェンシブ・リバウンドを2連続で取られ、ティップショットを決められますが、オフェンスでは、バイナムが、フットワークを利かせたリバースレイアップやフックショットを決め、リードを保ちます。前半は、バイナムが、オフェンスで、セカンドユニットを引っ張りました。ベンチがリードを広げたので、半ばまでベンチで休んでいたコービーが半ばに戻ると、引き続き決めます。終盤には、バイナムの活躍に触発されたのか、パオが、4連続で打って、その内3本を決めます。後半は、オフェンシブ・リバウンドを与えることも無く、終了間際には、コービーからバイナムへのアリーウープもあり、60-36の24点リードで、ハーフヘ。

3Q
序盤は、24秒クロック時間切れになってシュートを打つことが多く、バスケットが決まりません。それでも、前半は、ディフェンスで踏みとどまって、点差をそれ程詰められませんでしたが、半ばに、シャーロットのファーストブレイクで、メタがヘンダーソンに触るだけのファウルをして、バスケットを許します。メタは、1Qにも、PGのウォーカーを、トランジションで、掴もうとして出来なくて、バスケット+1を与えています。それだけなら、まだ良いですが、ヘンダーソンがフリースローを外しているのに、又、オフェンシブ・リバウンドを許し、得点されます。その後も、続けて得点を緩し、ハーフには24点あった点差を、15点に詰められます。終盤、更に追い上げられて、12点差にまで詰められますが、今シーズンは、メタと3ポイントの低確率を競っているバーンズが、3ポイントを決め、終了間際に、Gロックが、ファンにもお馴染みになったフローターを決め、73-58の15点リードで、コーターを終了します。

4Q
Gロック、カポノ、バーンズ、マーフィー、バイナムでスタートします。出足に、バーンズとGロックが続けて外し、バイナムもトラベリングでターンオーバーをします。ディフェンスでは、ホワイトに2本決められ、点差が11点になります。そこから、カポノが3ポイントを外し、一桁得点差が、ちらついてきましたが、バーンズがオフェンシブ・リバウンドを取り、レイアップを決め、点差を広げます。その後、ディフェンスが良かった上、奇跡的にオフェンシブ・リバウンドも許さなかったので、シャーロットに2分以上、得点を与えませんでした。オフェンスでは、半ば前から、マーフィー、Gロック、カポノが、3連続で3ポイントを決め、点差を広げます。半ばに、バイナムに代わって戻ったパオが外しますが、その後、又、マーフィーが3ポイントを決めると、Gロックのミスを挟んで、カポノ、バーンズが連続で3ポイントを決めます。その後、カポノが、流石に外しますが、バーンズが、オフェンシブ・リバウンドを取り、マーフィーが、今日4本目になる3ポイントを決め、約3分半を残して、28点リードとし、ゲームを決めました。序盤に、バイナム、中盤にパオがプレーしましたが、コービーは、このコーターは、全くプレーしないで、休むことが出来ました。

コービー:24得点(9-21、3PT=2-11)、1アシスト、3リバウンド
3ポイントは、最初の2本を決めましたが、その後、全く決まりませんでした。コーター終了間際や、クロック時間切れギリギリのシュートもあるので、実際は、数字程悪くないですが、それでも、悪いです。1Qは、ビッグマンが、合わせて、2-8と、全く決まらない中、7-12の18得点と、シャーロット全員と同じ得点で、チームを引っ張ってくれました。今日は、4Qにプレーしなかったので、28分のプレーです。グラミー・トリップ前に、休めて、助かりました。


パオ:10得点(5-12)、9リバウンド
シュートはまあまあでしたが、積極的に打っていました。リバウンドも、一見少ないですが、ミニッツが約29分半なので、こんなものです。よく動いて、ジャンンプもしていました。但し、フリスローが、又、1本もないです。

バイナム:20得点(8-11)、11リバウンド、2ブロック
ベンチとプレーしていた2Q、4Qに、積極的に打って、引っ張りました。シュートだけではなく、良いパスも出しました。オールスターの投票期間が終了して、正式な発表は、木曜日ですが、ウェストのセンターは、バイナムだそうです。元々、「ホームでは、観客がエネルギーをくれるし、恥をかきたくないから、全力でプレーする。」と言っていたので、それもあるのでしょうが、オールスター出場決定が、励みになったのだと思います。但し、1オン1で決めたシュートの殆どは、シャーロットがベンチの時です。スターターが相手だと、アリーウープや、良いパスを貰って、オープンでないと、厳しいです。リバウンドでは、引き続き、オフェンシブ・リバウンドを、よく取られます。ビッグマンだけの責任ではないものもあるのですが、バスケットの側で、競い合うと、敵いません。PGのウォーカーとリバウンドを競っても、ボールが取れなくて、ティップするのが精一杯でした。ティップしたボールも、ウォーカーは走って取りに行っているのに、一歩も動かないで、簡単に諦めていました。せめて、自分より30センチも背が低い、相手のPGには、勝って欲しいです。

フィッシャー:2得点(1-2)、4アシスト
こんなものでしょう。

メタ:2得点(1-2、3PT=0-1)、2リバウンド、2アシスト
前半は、シャーロットのファーストブレイクで、PGのウォーカーを追いかけて、バスケットを防ぐために、掴んで故意のファウルをしたのに、ウォーカーが、それを振り払って、バスケットを決め、&1にしました。走れない、ジャンンプできない、シュートは決められないでも、パワーだけは、自負がある様ですが、PGも掴めません。後半にも、同じ様な場面で、触るだけのファウルで、バスケットを許しています。ボーンヘッドは、生まれつきなので、治らないですが、同じゲームで、同じつまらないミスを、2回もして欲しくないです。

Gロック:12得点(4-9、3PT=2-4)、3アシスト、3リバウンド
自分で打つだけではなくて、パスも良くなって来ました。楽して、3ポイントを打つのではなくて、打ちそうだと思っても、ドライブしたり、相手も、カバーし難いと思います。走りながらのフローターを、ファンも憶えてきて、3ポイントを決めるより、歓声が大きいです。Gロックのニックネームは、気に入っているそうです。よく、名前の発音を、「グードロック」と間違えられる様で、「グードロックより良い。」と言っていました。但し、コービーからは、別のニックネームで呼ばれているそうです。コービーが付けたのは、「ミニ・マンバ」。コービー曰く、「シュートを打つことを恐れないから。」だそうです。Gロックは、「マンバ本人から言われて嬉しい。」と言っていました。

バーンズ:10得点(4-5、3PT=2-2)、5リバウンド、3アシスト、3ブロック
暫く元気が無かったですが、シュートが決まっただけでなく、よく動いて、リバウンドも取ってくれました。

マーフィー:12得点(4-5、3PT=4-4)、6リバウンド、4アシスト
3ポイントも絶好調ですが、兎に角良く動きます。オフェンスでは、Gロックがボールを持つと、毎回の様に、ウィークサイドから走ってきてでも、スクリーンをセットします。アウトサイドにスポットアップするだけでなく、オフェンシブ・ファウルにはしましたが、ペイントにドライブしたり、やはりドライブして、バイナムにパスして、アシストを稼いだり、幅広い動きをしています。大分、馴染んできて、自然にプレーしている様です。

カポノ:6得点(2-5、3PT=2-4)、3リバウンド、3アシスト
シュートも決まりますが、パスも良いです。

マクロバーツ:2得点(1-1)、2リバウンド
モリス:2得点(1-1)、1アシスト
イーバンクス:4得点(2-2)、1スティール
ガーベッジタイムのプレーです。


オフェンス
レイカーズは、このゲームの前まで、コービーが35点以上得点すると6勝1敗、34点以下だと6勝7敗、コービーが29本以上シュートを打つと4勝1敗、28本以下だと8勝8敗でした。つまり、コービーが、35点以上獲るか、シュートを29本以上打つか、どちらかなら、ほぼ負けないけれど、それ未満だと、勝率が50%に満たないということです。ゲームを見た印象だけでなく、数字の上でも、コービーにおんぶに抱っこでした。今日は、コービーは、24得点、打ったシュートは、21本でしたが、楽勝でした。これは、ベンチが大きいです。特に、リーグ最低だった、3ポイントが、大きいです。全体でも12-26と、かなり良いですが、2-11と脚を引っ張っているコービーと、0-1のメタを除いて、ベンチだけだと、10-13と、とんでもない数字になります。こんなことは、毎回続かないですが、ある程度の確率で決められれば、かなり楽になります。今までは、スターターが作ったリードを、ベンチが失っていましたが、今日は、スターターが失いかけたリードを、ベンチが取り戻してくれました。ベンチ得点は48点、半分に近いです。3年前に戻った様でした。1つ気になるのが、フリースローを打っているのが、コービー、バイナム、Gロックだけです。ベンチは、ビッグマンでもシューターが多いので、仕方が無いですが、もう少し、何とか、ならないでしょうか?

ディフェンス
良く守りました。ウォーカーは、初めて見るので、実力が分かりませんが、よく、カバーしていました。カバーしていたのではなくて、単に、実力が、その程度なのかもしれませんが。オフェンシブ・リバウンドは、引き続きよく取られ、前半だけで10もあり、「又か」と思いましたが、後半は、2で済みました。それでも、12は、多すぎます。逆に、レイカーズのオフェンシブ・リブアンドは、7しかなく、その内ビッグマンが取ったのは、パオの3だけで、バイナムは0です。


ところで、アリーナスについては、問い合わせをしただけで、獲得に近い訳では無いようです。又、アリーナス以外にも、獲得可能なプレーヤーを、物色しているそうなので、アリーナスについては、噂が先行した様です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1


2012/02/01 18:40  Lakers | コメント(34)
家鴨さん、こんにちは。
私のブログは、記事よりも、コメント欄の方が長いこともあります。「常連さん」が多いし、NBAファン歴は、私より長い方も沢山いらっしゃるので、面白いです。

カタカナ表記は、Gロックが活躍して、記事に名前だ出るようになったら、変な表記になるはずです。ラマーン・セッションズの名前も、「レイモン」になっていたことがありました。ラモンならまだしも、レイモンは止めて欲しいです。

実際に、レイカーズが得点するたびに、悲鳴を上げていた人もいますよね。(笑)ピペンにそういう精神的な影響があったとは、考えてもみませんでした。コービーは、相手チームのファンが見たら、憎らしくて仕方が無いでしょうね。
[ 2012/04/08 07:57 ] [ 編集 ]
たびたび古い記事にコメント失礼します。
記事と同じくらい皆さんのコメントも読みごたえがあって楽しませていただいてます。

名前のカタカナ表記の件は興味深いです。
日本のメディアは綴りだけでカタカナ表記にしている記者もいるようなので珍しい名前の新人なんかはしばらくとんでもない発音になってたりしますね。
スプリーも最初はスプリューウェルとかだったかと。
普段、国内のメディアにしか触れていないのでこうした発音の違いなんかも色々記事にして下さると嬉しいです。

ロングリーのルーイングはユナイテッドセンターの名物でしたね。
懐かしいです。

>レイカーズが得点するたびに、悲鳴が聞こえることに

あの年はポートランドの応援だったのでレイカーズが得点するたびに悲鳴を上げてました。
フィルのマインドゲームとフォックスのガッツに負けたと思います。
フィルがピッペンを持ち上げるコメントをしたことで本来バランサーでありサポーターのピッペンが空回りさせられた気がします。
コービーにブロックされたシュートもピッペンではなくウォレスに打たせるべきだったと思いますし。
でもシカゴを出てヒューストンで腐りかけてたピッペンが、あそこまで闘争心を剥き出しにしてプレイする姿をもう一度見られたのはある意味ではフィルのお陰ですね。
しかし、あの時は熱が出るほどコービーが憎らしかったのになんで今はこんなに大好きなんでしょうか。
不思議です。
[ 2012/04/08 00:45 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>akrさん

そういうチーム造りをしたというより、トレードで、そうならざるを得なかったのだと思います。カメロとニックスの半分をトレードしたようなものなので。

昨シーズン中のトレードの後に、誰だか憶えていないですが、解説者が、「デンバーは、他チームに行ったら、#1、#2のプレーヤーは、1人もいないけれど、ベンチの隅まで、他チームなら、#3-#7だ。」と言っていました。だから、ベンチになっても、レベルが下がらないです。でも、そういう全体のレベルは高いけれど、いざとなった時に頼れるスタープレーヤーがいないチームは、レギュラーシーズンには強いけれど、プレーオフになったら、きびしいそうです。実際に、POで負けたゲームを見ていましたが、やはり解説者が、「誰も打ちなくて、どうしていいか分からないようにプレーしている。」と言っていました。ここという時に、こいつにボールを持たせておけば良いというプレーヤーがいないチームでは、優勝できません。


>>ゆ~すけさん

日本でも、ずっと昔の人は、分からないなりに、一生懸命聞いて表記したと思います。「ミシン」は、今の人だったら「マシン」、野球の「ヒット“エ”ンドラン」は、「ヒット“ア”ンドラン」と表記していたと思います。昔の人の方が、謙虚で、向上心があったのでしょうね。今の人は、インターネットやYouTubeがあって、調べようと思ったら、簡単に調べられるのに、知識も無いのに傲慢だから、知っていると思い込んでいて、調べようともしないです。人類は、進歩していくものなのに、退化しています。

スポーツの人だけでなく、映画も酷いです。俳優の名前とか、映画名とか。大分前の話ですが、「マトリックス見た?」と聞かれて、何のことだか分かりませんでした。「Matrix」のことでした。これは、「メイトリックス」と発音します。メル・ギブソンの映画「The Patriot」も、「パトリオット」になっていて、びっくりしました。これも、「ペイトリオット」です。でも、NFLのニューイングランド・ペイトリオッツのことは、パトリオッツと表記しないですよね。洋画の配給会社の人より、NFLの記事を書いている人の方が、程度が高いです。

ルーは、そう言われてみれば、ディフェンス要員で起用したのに、結構オフェンスでも、活躍しましたよね。アイバソンが、あまりディフェンスをしなかったからでしょうか?

あの同時は、ウェスタンを勝ち抜く方が、ファイナルよりきつかったです。インディアナは別ですが。でも、インディアナより、ポートランドやキングスがきつかったですね。コービーは、インディアナとのファイナルの時、足首を捻挫していましたよね。あの当時、コービーは、よく足首の捻挫をして、今のステファン・カーリーみたいな状態でした。私の友人の間では、「キャリアは長くないのでは?」と言っていました。その後、怪我をしないコンディショニングを心がけたみたいです。


>>魚さん

Eddie JonesもGlen Riceも、ベテランだったので、あの辺りが、見切りをつける時期だったのだと思います。ジョージは、ディビジョン2の大学出身でしたよね?運動能力はあったけれど、シュートがなかった記憶があります。

狂うのは、2ゲーム続かないですよね。アレックス・スミスは、エリートではないですが、実力はあるので、大丈夫だと思います。
[ 2012/02/04 08:48 ] [ 編集 ]
デンバー手強し
NHK BS のスポーツコラムに、北舘さんがデンバーのGMの記事を書いています。

http://www.nhk.or.jp/sports2/clm/clm_basket_nba.html

なるほど、確かにスター不在でもスターターと控えをキッチリ揃えてチームワークで勝ってますね。
コーチもジョージ カールですし。
レイカーズはスーパースターありきの編成が余儀なくされますが、参考にしてほしいです。
というか、若返りの時期なので仕方ないのかなー、今は。
いかに、フィッシャー、メタ、ガソルのかわりを揃えていくかですもんね。
しかーし、この2連戦は勝たせてもらいます。
[ 2012/02/03 19:08 ] [ 編集 ]
日本は昔からローマ字読みなんですよね。
ティルーなんかもそうですが現地実況の発音聞いたらすぐわかんべと思うんですが…
そういやまだコービー師匠が若い頃神戸と呼んでる人いましたもんwww


NBAだけじゃなくて他のもそうで、日本以外ではわからないよって多いですよね。
サッカーとかだとインテルのスナイデルがスナイダーとか。
プロレスなんかはもう酷すぎてわけわかめですからね。
ダスティ・ローズがダスティンローデスとかクリスベノアがクリスベンワとかサイコーシスをシコシスとか。
まぁ漢字の音読み訓読みも独自にやっちゃう国ですからねww
金正日がきむじょんいるできんにっせいとかニュースで呼んでたりしましたからねw

とりあえず日本でNBA放送される時は解説の人が言う固有名詞になりますねw




ルー>
レイカーズ時代でもほんと対フィリー用・対アイバーソンオンリーな選手でしたねw
あの頃はアイバーソン相手にスピードでディフェンスがんばっただけでなく3決めてベンチに帰ってきて指三本上げてオーリーだかメドベデンコだかデバンジョージやらにくしゃくしゃにされてた記憶が…


オーランドがファイナルに行ったときは怪我明けのネルソンじゃなくてティルーをベンチに入れておいた方がいいと某マジックサイトで持論立ててました。
あんまり聞く耳もたれなかったんですがw早いガードに対応出来ないフィッシャーにちょうど良いし、レイカーズ出身でコービーやフィッシャーも知ってましたしなにより優勝という経験がありましたからね。
まぁ結果はティルーと変わったネルソンがやらかしてレイカーズ優勝でしたから有り難かったわけですがw

なんか身長小さかったけどドリブルが高かった印象があるけどあれも小さいからそう思えたのかしら…


そういえばあの頃はカンファレンス勝ち抜くのほんとに一苦労でしたよね。
ポートランドとキングスの最盛期で、どちらも打倒レイカーズでほんとに毎年毎年負ける勝てるわけないなんて思いながら見てましたね。
よくあんな激戦死闘ばっかりくぐり抜けてコービーも無事だよな…
あっ無事じゃないのかww
[ 2012/02/03 15:00 ] [ 編集 ]
Mayさん、Venzaさん、皆さん
 
 ティロンルーの話でここまで盛り上がるのも、いい意味でこのブログくらいかと思います。
 非常に勉強になりました。その頃は今よりも圧倒的に情報少ない中で見てたのでカンファレンスファイナルなぞは新聞で確認するだけで、LAKERSはファイナルをBSで見るだけでしたが当たり前のように勝ってくれるので、後2-3年は勝ち続けるのかと勘違いしてました。
Eddie JonesやGlen Riceが好きでしたが、翌年には居なくなってしまうので非常にびっくりした記憶があります。デバンジョージのリバウンドのときのハッスルもよかったです。今の2BIGにもあれ位の気合で行ってもらいたいですねーー

 最後にMAYさん、NFLの話ですが、たまには狂い咲きすることも人間ありますよ。(笑)
BOSのときのロンなんかそうじゃないですか?アレックススミスがRONのようにならないよう切望していますが・・・
[ 2012/02/03 12:45 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ロンロン大好きさん

コーチではなくて、球団職員だと思います。タイトルを前に聞いたのですが、憶えていません。Vice PresidentだったかDirector of 何たらだったと思います。


>>LAXさん

そう言われてみれば、Jadenとちょっと似ていますね。

やっぱり、ブーと勘違いされる人が、面白いから、そういう声援をされるんですね。


>>魚さん

そういえば、当時、フィルがどうして、ルーを使ったかについて、インタビューで、よく訊かれて答えていましたが、何と言っていたかは、憶えていません。

ルーは、ジャーニーマンでしたが、最後の年は、オーランドでプレしました。レイカーズがオーランドに勝って優勝した年でした。ファイナルにはプレーしなかったと思いますが、確信はないです。プレーしたとしても、全ゲームには出場しなかったし、ミニッツは少なかったと思います。今は、ボストンで、フロントの一員だと思います。ゲームの時、ベンチの後ろに座っていることもあります。


>>天使の街の湖軍団さん

賢いという程でもないですが・・・・どういたしまして。


>>Venzaさん

日本の中継しか聞いたことがなかったら、当然そうだと思いますよね。逆に、私は、アメリカの中継しか聞いたことがないので、日本で何て呼ばれているかが、分からないです。

ティロンに負けないくらい変なのが、ダニー・“グランガー”です。一瞬誰かと思いましたが、インディアナの記事だったので、すぐ分かりました。これは、Yahooスポーツでした。

後は、ボストンのランド。どう頑張って聞いても、ランドにしか聞こえないですよね?でも、日本では、ロンドです。気をつけて、ブログに書く時は、ロンドと書くようにしているのですが、普段、そんな音を聞かないので、つい忘れて、ランドと書いてしまいます。今日も、ゆ~すけさんへの、別の記事でのコメント返信で、ランドと書いてしまって、今思い出しました。

それから、アイゼア・トーマスのIsaiahが、変な表記です。Isaiahは古いヘブライ語の名前ですよね?ヘブライ語の発音に近いカタカナ表記をしていて、アイザイアになっています。聖書の翻訳をしている人が、NBAの記事を書いているのかと思います。それなら、ポール・ピアースは、パウロ・ピアースになっても良いですが。

クリッパーズのエリック・ブレッツォーも変です。これは、ブレッ”ツ”ォーとブレッ”ゾ”ォーの間くらいなので、元々カタカナ表記するのは、大変なんですが、それでも、どちらかですよね?それが、確か、”ブレッドソー”になっています。最初、頂いたコメントで見たのですが、キーボードの打ち間違いだと思いました。音から、bread(パン)とsaw(のこぎり)の文字が浮かんで、パンを切る、ギザギザのナイフを思い出しました。

私は、頂いたコメントで気が付くのですが、いつも最初は、キーボードの打ち間違いだと思って、気に留めないので、何回か同じ表記を見て、初めて気が付きます。それで、日本風に直すのですが、パオはどうしても、気持ち悪くて、パウとは書けないです。でも、アメリカでも、ロサンゼルスの記者でない人の中には、パウと発音する人も、たまにいますが。ランドは、ロンドでもかまわないですが、アイザイアとブレッドソーは、いくらなんでも、気持ち悪いです。

フィラデルフィア相手のファイナルは、ホームでのゲーム1に負けて、ロサンゼルス中が、浮き足立っていましたが、その後、4連勝して優勝したんでしたよね。翌年は、全部スイープだったと思います。この3ピートは、最初の年が、一番きつかったです。インディアナ相手のファイナルもきつかったですが、ポートランド相手のPOもきつかったです。私は、もう負けると思いましたが、シーズン最後のゲームになるので、見ていました。暑い日で、窓を全部開けていました。レイカーズが、追い上げ始めた時に、近所から単発的に、女性の悲鳴が聞こえて、一体なんだろうと思ったのですが、レイカーズが得点するたびに、悲鳴が聞こえることに気が付きました。悲鳴ではなくて、歓喜の声でした。


>>しんげんさん

私も、ブリーズは好きです。ナイナーズファンの魚さんには申し訳ないですが、なまじアレックス・スミスが狂ってナイナーズが勝っちゃったものだから、Gメンが行くことになっちゃいましたよね。セインツがナイナーズに勝っていたら、Gメンにも勝っていたと思います。ブリーズは、屋内だと、メチャクチャ強いですよね。セインツ対パッツだったら、センインツに分があったので、アンチパッツの私としては、残念です。パッツのグロンクは、欠場かもしれませんよ。出場しても、万全には程遠いです。Gメンのニックスは、出場しそうです。

コービーが、そういうニックネームを付けるのは、単に結果が良いからではないくて、しんげんさんが仰る様に、ハートがあるからだと思います。練習態度とか、私達には見えないことも、コービーには見えますよね。そういうのも含めて、言っているのだと思います。練習熱心ではないのを、どんなに結果が良くても、ミニ・マンバなんて呼ばないと思いませんか?今でも、十分良くやってくれているけれど、これから伸びると思います。
[ 2012/02/03 11:23 ] [ 編集 ]
僕もティロン・ルーで育ちました。確かルーは今ボストンのコーチですよ。ルーはいくつになっても、ベビーフェイスですよね。
[ 2012/02/03 10:10 ] [ 編集 ]
私はタイロン・ルーで認識してたので
BSの放送でティロンと聞いて違和感があったのを覚えてます。

数年前にWillSmithの息子でベストキッド(KarateKid)の
Jaden Smithを見たときに「あれ?Tyronn Lue?」と思いました。
(よくよく見るとあまり似てませんが..)

「ルゥーーーック!」は、かつてブルズでジョーダンとプレイしたセンター、
Luc Longleyも同じような声援を受けてましたね。懐かしいです。
[ 2012/02/03 09:41 ] [ 編集 ]
魚さんこんにちは

シャック時代の2連覇がかかるファイナルでした。シーズンMVPのアイバーソンのスピードに付いていけて、しつこいディフェンスのルーがフィルの期待通りに要所で働いていました。

ロン ハーパーからフィッシャーにPGが世代交代した年で、ルーは3番手だったわけですが、しつこいディフェンスをする選手で少し有名になったと思います。

この年のプレーオフはウエストの強豪相手に全勝で勝ちあがり、ファイナルもOTによる1敗のみという恐ろしいチームでした。

[ 2012/02/03 08:29 ] [ 編集 ]
Venza様

私もティロンルーで育ちました。
本当かどうか分かりませんが、アイバーソンは自分より小さいプレヤーとのマッチアップに慣れていないので、ルーをマッチアップさせたフィルの戦略と盛んにBSで言われてました。
レイカーズを離れた後も結構活躍した気がします。今は何処かのアシスタントでしたっけ?
[ 2012/02/03 06:06 ] [ 編集 ]
なるほど…。
これでまたひとつ賢くなりました。

Venzaさん、MAYさんありがとうございます。
[ 2012/02/03 04:23 ] [ 編集 ]
恥ずかしながら何の違和感も無くティロン ルーと記憶しています。ルーがLALやワシントンでプレーしていた頃は私もNHKのBS放送で試合を見ていましたので、ティロン ルーという名前は当時のNHKから教わったようなものです。

ルーを知る年代にNBAを見ている方は、NHKからティロンと頭に刷り込まれている方が数多くいらっしゃる事と思います。

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Brush/7304/ip-5-tyronn.htm

ルーはあまりにもおかしな例ですが、他にも色々な例があったと思います。最近はWowwowでも日本語放送されているようですが、どうなのでしょうかね。
[ 2012/02/03 00:24 ] [ 編集 ]
スーパーボウルが近づいて来て、セインツかスティーラーズを好きで他をあまり見る機会のない僕は、ジャイアンツとペイトリオッツのスカウティングに必死でNBAを見られてないです…笑(ブリーズにまたスーパーボウルに出て欲しかった…)
この試合もやっと今日の昼間みました(笑)
ミニマンバ…コービーをして言わせるとは、いいですねぇ。トライアングルの性質上の理由もありますが、レイカーズにこのタイプのガードがいるのは珍しくてみてて楽しいです。ずっと、レイカーズが苦手なタイプが味方になった気分で、頼もしいです。そして何より、コービーが言うようにハートがあるのがいいです。コービーファンは、ただ絵面的な、派手なプレイが好きなだけでなく、コービーのハート、ストイックさが好きですよね。派手なのが好きなら、若くて飛び跳ねるレブロンやウェイドの方がかっこいいですよね。そしてコービー自身も、ハートのある選手が好きですよね。カズンズにハグしたのもしかり。Gロックもそんな選手に見えます。コービーの元でぐんぐん伸びて欲しいです。弱気だったり内弁慶な選手はもう十分いるので。
[ 2012/02/02 23:23 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>アレさん

私も、Gロックは、これから長くやっていくためには、PGにコンバートした方が良いと思います。ウェストブルックと同じ身長ですよね。ウェストブルックも、大学時代は、SGでした。

ベンチ+バイナムも良かったですが、シャーロットのバックアップセンターは、解説者によると、「オフェンスは良いけれど、ディフェンスが弱点」だそうなので、その程度のビッグマン相手でないと、バイナムは、あそこまで、できないと思います。


>>古参者さん

大差がつくと、分かってはいるけれど、人間だから、どうしても、無意識に、気が緩みますよね。NBAのゲームで、ハーフに大差がついていて、後半も差が広がるって、あまりないですね。

私も、これで、3ポイントの早打ちが少し心配ですが、昨日も、Gロック、カポノ、バーンズは、大差がついた後でも、楽してジャンプシュートを打たないで、ドライブしてパスをしていたので、その点は、期待が持てます。


>>魚さん

シャーロットのディフェンスも、悪かったと思いますよ。

ブレイクが戻ってきたら、コービーが3にスライドして、SFの代わりに、Gロックが入ってきて、2でプレもあるのでは?レイカーズは、3が弱いですよね。フィッシュと、メタのミニッツを、少なくして欲しいです。フィッシュのスターターは、動かないと思います。フィッシュは、コービーと一緒にプレーしていないと、バックコートが弱すぎます。でも、スターターにもシューターが欲しいですよね。私は、弱い者いじめが得意のバイナムは、早めにベンチに下げて、マーフィーを出して、バイナムは、相手がベンチの時に、セカンドユニットとプレーが良いと思うのですが。PGは、古参のままでも、ブレイクのミニッツが多かったら、良いと思います。

マクロバーツは、ガーベッジタイムに出てきたので、怪我ではないと思います。マクロバーツは、この所、出てきても、インパクトがないですよね?それが原因では?


>>akrさん

3PTは、相乗効果もあったのだと思います。Gロックが決まるから、注意を引いて、マーフィーも決めるから、そこもオープンにできない。そうしたら、今年は、まあまあだったカポノまで決めだして。

ロードは最初の2ゲームを、勝って欲しいです。特に、最初のデンバー戦。これに負けると、翌日バックトゥーバックで、又高地のユタは、きついです。


>>tskさん

去年のメロもそうでしたが、プレーヤーが、公に言うことは、全然当てにならないです。でも、希望チームが、増えていくのは、余程、残留したくないのだと思います。


>>Venzaさん

御説明ありがとうございます。

大分前に、どなたかのコメントで、知ったのですが、日本では、“ティロン”なんですよね。実は、“タイロン”(Tyronn)だと、御存知でしょうか?確か、コメントには、「ティロンルー」となっていたので、誰か分からなくて、聞き返した記憶があります。「ティロン・ルー」だったら、分かったかもしれませんが。まさか、Tyronnをティロンなんて表記するとは、思いませんでした。昔、Tyrone Powerという俳優がいましたよね。その人は、日本でも、タイロン・パワーと表記していました。時々、コメント欄でも話題になりますが、それ程、日本のスポーツメディアのレベルが低いということですね。

たぶん、やるファンも、ブーと間違えられるのが、面白いからやるのでは?ブルース・スブリングスティーンのファンも、「ブルーーーーーーース」ってやりますよね。これも、「ブーにか聞こえないです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

Venzaさんが、説明して下さっている通りです。でも、どさくさ紛れで、「ブー」と言っている人もいると思います。


>>国士さん

情報ありがとうございます。私は、残留は無いと思います。行きたいチームがどんどん増えていくのは、残留する気が、さらさら無いからですよね。どこへ行きたいかは、本人も、「優勝の可能性が高いチーム」と「自分がスターになれるチーム」の間で、葛藤があるのでは?「自分がスターになれるチーム」というのが、微妙ですよね?ボストンやシカゴなら、自分が#1でも、地元ではスターですが、全国的には、そうでもないです。レイカーズやニックスだったら、チームで#2、#3でも、テレビや映画から、声がかかります。


>>まめさん

仰る通り、Gロックとマーフィーは、これから先は、お釣りが来る感じです。Gロックは、SGでも、ドライブができるだけ、フィッシュやブレイクより、余程PGとして機能します。

バスケットボールに関わらず、同じポジションに良いプレーヤーがいると、若手は育つと言いますよね。練習でやり合うのも勿論ですが、見ているだけでも、違うと思います。


>>k-1さん

Gロックは、物静からしいですよ。バトラーもそうですよね。

ブルズは、ノアは間違いなくて、+は誰ですかね?クリッパーズなら、オーランドは、当然グリフィンを要求すると思います。ジョーダンなら、CP3が付かないと、無理では?それより、ドナルド・スターリングが、サラリーが高いプレーヤーを、これ以上取らないと思います。ダラスは、私も、無理だと思います。ノビツキーを出すといっても、オーランドは、ベテランは欲しくないです。


>>ちょこさん

コービーは、30分以内所か、35分以内も、数える程しかないと思います。レイカーズで、一番ミニッツが多いのが、コービーです。パオが僅差で、二番目です。

リバウンドは、シャーロットのプレーヤーや、レイカーズのビッグマンの間で、1人だけジャンプしていたり、シャーロットは、分が悪くても、取りに来るのに、レイカーズのビッグマンは、最初から諦めて、動こうともしないです。そこへ行くと、バーンズなんか、「何であれが取れたんだ?」というようなリバウンドを取りますよ。

ハワードは、トレードは間違いないですが、オールスターまではないのも間違い無い様なので、まだまだです。


>>かずさん

こんな楽勝は、今年初めてです。やることをやっていないのに、相手が相手なので、勝っただけです。

カポノとマーフィーは、キャリア3PTの確率が、40%を越えるので、毎回ここまでは無理ですが、そこそこにやってくれるはずです。

リバウンドは、基本をやっていない上に、ジャンプもしないので、取れるはずがないです。

ミニ・マンバのミニッツは、私も、もうちょっとあった方が良いと思いますが、カレッジとNBAでは、レベルが違い過ぎるので、少しずつ増やした方が良いと思います。


>>shinさん

昨日は、3Pは、出来すぎですが、ある程度、コンスタントに打ってくれたら、助かります。

ビッグマンが、もう少し、ファウルを取ってくれたら、コーターの後半に、つまらないファウルでも、フリースローになるので、2本フリースローを取るだけでなくて、それ以上の効果がありますよね。

ロードは、6戦で良かったです。7戦ある歳もありますよね。最初の、高地での2ゲームが、きついです。ボストンも、ランドがいない方が勝率が良いようなので、ランドに復帰していてもらいたいです。


>>せーのさん

リーグ最低の成績の上、マゲティーも、オーガスティンもいなかったので、当然と言えば当然ですが、今年のレイカーズでは、贅沢言っていられないです。コービーの3ポイントは、打ち過ぎですが、それだけ、シャーロットのディフェンスが悪くて、オープンにされたということだと思います。


>>シジさん

Gロックは、SGなのに、フィッシュやブレイクより、ドライブができるので、今のレイカーズなら、PGポジションで使えます。二巡目としては、大当たりですね。


>>ゆ~すけさん

又々、ゆ~すけさんらしいコメントですね。(笑)

アムネスティーは、シーズン開始前にしないといけないです。来シーズン前になったら又、出来ますが、シーズン中はできません。


>>tskさん

3Pは、30%代後半くらいで、コンスタントに打ってくれたら良いです。リバウンドは、気持ちが大きいので、取る気がない限り、同じ様に、やれれ続けると思います。ハワードは、先週シカゴを追加して、2-3週間前には、クリッパーズも追加しています。毎週、希望チームが増えていく感じです。去年のメロドラマより酷いと言われています。

そう言われてみれば、Gロックは、顔も、何となくバトラーに似ていますね。


>>LAXさん

ミニマンバのスカウトは、これからだと思います。でも、アウトサイド一本やりではないので、期待できます。

実は、私も、見ながら、「ロサンゼルス・マジック」と言っていました。
[ 2012/02/02 14:21 ] [ 編集 ]
GロックはSGとしてはアンダーサイズなので、PGとして大成してもらいたいです。
フィッシャーには残念ですが、自分は先発PGをオドムのTPEで獲得して、Gロックを控えPGとして使ってもらいたいです。
あとは後半の中盤以降にORLみたいに4人が外で中にバイナムかガソルって布陣も悪くなかったですね。
[ 2012/02/02 13:50 ] [ 編集 ]
もう1~2Qで勝負は決まってましたからね。

コービーも集中力切れて楽したんでしょう・・・笑

試合に関して特に言う事はありませんが、次からのロード地獄は不安です。

昨日の反動でベンチが元通りになる気がして・・・。

オドムという優秀な6thマンの存在って当然ですが大きかったですよね。

[ 2012/02/02 13:39 ] [ 編集 ]
3が次のゲームにとっておけばというくらいに決まってましたね。
後1-2週間でブレイクが帰ってきたら、ブレイク-GロックでPGを回して
コービーの休みの時間はGロックをSGにシフトして使うという感じになるのでしょうか?フローターも上手なので、今までの古参PG二人とはタイプが違うのもいいですね!?
ちょっと難しいのがフィッシュの扱いですが、ブラウンの腕の見せ所だと思います。
私の印象だと、フィッシュって使ってないと最後のクラッチもダメな気がしますが、セカンドユニットにするにはインパクトがなく、ファーストユニットでもミスが目立つのでちょっと使いずらいかな? という気がします。
 最悪パターンとしては、Gロックーコービーの控え、PGは古参二人のまま こうならないことを望みます。
 今までほぼイーブンで使っていたマーフィーとマクロバーツはこの試合からミニッツが大きく離れた気がするのですが、何か方針でも変わったのでしょうか?
[ 2012/02/02 12:28 ] [ 編集 ]
3ポイントは練習の成果が出ましたね。
これまでが酷すぎたから。
コービーもあれだけアテンプトがあるのは、意識して打ってる証拠ですしね。
展開も余裕があったし。
内弁慶のバイナム、オールスターなんだからロードでも奮起してほしいです。
相手がロッタリー狙いの格下なんで、このゲームで言うことはありません。
二日間、スカウティングをもとにしっかり練習して、ロードも連勝して欲しいです。
Gロックというライジング スター候補も出てきた事ですし。
彼にはチャンスを掴んで欲しいです。
それが出来れば、チームも引きずられて上昇気流に乗っていけますし。
オールスター明けにスターターにとなれば、レイカーズにとっても上位に食い込めるチャンスが出てきたと後半戦が楽しみになってきます。
[ 2012/02/02 09:40 ] [ 編集 ]
(Mayさん何度もすいません。)
国士さん、どうも有難うございます。
やっぱり、否定しなかっただけなんですね
ハワードは八方美人的なとこがあるんですね
ならば、ハワードの言動にはいちいちビビってきましたが、今後はドンと構えていきます笑
[ 2012/02/02 07:30 ] [ 編集 ]
天使の街の湖軍団好きさん

こんにちは。試合を見ていないのですが、ファンはウォルトンにはルーークと叫ぶので、ブーイングによく間違えられます。お聞きになったのはこれだと思います。

シャックがいた頃にティロンルーというPGがいましたが、彼にも観客がルーーと叫びます。これもよくブーイングと間違えられました。

しかし、近年の彼の存在を思えばブーイングも混ざっているかもしれませんね。

Mayさん、なぜルーとかルークにのみこういったコールがおこるのでしょう?
[ 2012/02/02 05:45 ] [ 編集 ]
ウォルトンのブーイングすごい…
3Pバカ辺りでしたね。

ガベージタイムにウォルトンが出てきて、ボールを持った時のブーイングの多さにびっくりしたのですが、
そんなに嫌われてるんですか?
少なくともメタよりはウォルトンの方が、ましな動きができるかな~くらいには認めている選手なのですが。

やっぱりサラリー高すぎるからですかね。
[ 2012/02/02 05:07 ] [ 編集 ]
バトラーに似てる面影のGロックいいじゃないですか。シグネイチャームーブもありますし、意外にアシストもできて期待値上昇です。遠慮なくフィッシャーのミニット奪っちゃてもらいたいです。

ハワード関連のコメントがあったので参加させてもらいますね。

tskさんへ まさにブルズ行きの可能性を否定しなかった、というのが正確だと思います。抜粋のうえ意訳ですが、ローズは大好きで兄弟みたいなもんだ。ローズとプレーしたくない、なんてことはない。神様が一緒にプレーすることを望んでいるのなら、そうなるだろう。という感じです。

k-1さんへ クリッパーズはジョーダンを出せないと思われます。ジョーダンが期限付きトレード拒否権をもっているのと、非常に仲の良いグリフィンの再契約に支障が出ると思われるからです。

ハワードについては、噂先行で何とも言えないですが、レイカーズ視点でいい情報と悪い情報を軽くまとめてみます。

悪い情報
ボストン地元紙にボストンの可能性も軽く示唆
シカゴ行きに反対の立場だったアデダスの態度の変化(ハワードのスポンサー契約でロサンゼルスとニューヨークだけの上乗せ契約がシガゴも追加か)

いい情報
L.A.timesインタビューに、移籍関連インタビューに終始不機嫌なハワードが、あんたのインタビューを待っていた。今はオーランドだけど時がくれば橋を渡る。だから待ってて。今はオーランドだけど。と答えている。
ホーネッツ戦のチームメイト批判以降、オーランド地元紙ですら、チームから出ていく予定のあんたがそんなこと言うなよという論調でハワードに批判がいきつつある。

ハワード関連のコメント、情報を集めて2ヶ月になりますが、ハワードはよい言い方をすればその場の空気を読む人で、ぶっちゃっけ八方美人だと思います。コメントの変遷ぶりはもう5、6回はあります。やっぱりデットラインまではマジックの負けと、バイナムが怪我しないことを期待するしかないんですよね。
[ 2012/02/01 23:44 ] [ 編集 ]
気のせいじゃなくて良かったす笑
確かにK-1さんの言う通り、よく考えれば、レイカーズ有利は変わらないですよね
勝手にビビってました笑
[ 2012/02/01 23:00 ] [ 編集 ]
Gロックとマーフィーはもう給料全額分の活躍してくれましたね(笑)後はもう只働きですよ(笑)Gロックは、ドライブしてペイントまで行ってもフローターがあるのがいいですね。ブレイクとフィッシャーはペイントまで行ったら即死亡ですから(笑)

てかレイカーズの2番の控えって、必ず成長してきますよね?サーシャ、シャノン、Gロックと。さすがにオールスターレベルとかにはならないけど、Dリーグレベルから控えの起爆剤くらいまでは育ってくれる。練習でコービーとやり合うポジションだからなのか?あとは、3人とも躊躇なくシュートを打つタイプというのが共通点です。
[ 2012/02/01 22:30 ] [ 編集 ]
勝ってよかった~!
tskさんも言っていますがGロックは第一印象からバトラーに似てると思ってましたw 

そして活躍し始めたし色々と期待してしまいます!

ブルズがハワードを取るにはデン+ノアとかですよね?
クリッパーズがハワードをとるにもおそらくジョーダン+ブレッドソー?+@とかですよね?
ブルズはこの2選手勿体ないしクリッパーズもジョーダンは若いし勿体ないと思います。
ダラスの可能性は最初からないと思ってたし、ネッツもロペスがいないので駒不足ですよね。
それにブルズはハワードきて機能すんのか?と疑問です。

バイナム+ガソルとは言わなくても何となくハワード獲得はレイカーズ有利なんじゃないかな~と思います。
[ 2012/02/01 22:27 ] [ 編集 ]
快勝と呼べる試合は本当に久々のような気がします。コービーの出場時間が30分以内に抑えることができたのはもしかしてこの試合が今季初めてではないでしょうか。そう感じるほどに今シーズンに入ってからはコービーがフル稼働しているイメージが強いですよね。常に今日のようにあってほしいものですが、現実はそう甘くないですね~。相変わらずオフェンスリバウンドへの意識の低さに憤りをかんじておられるのがひしひしと伝わってきます 笑。
そういえば、マジックは悲惨な状態ですね。このままの状態が続けば再建モードに入り、ハワードを獲得できる可能性もでてきそうです。メタ、バイナム、ドラフト指名権と交換できないものでしょうか。確かラマーと交換でドラフト1位指名権を持ってませんでしたっけ?再建をめざすチームにとってはかなり魅力的なトレードだと思います。という風な妄想を日々ふくらませております。笑
[ 2012/02/01 21:57 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!久しぶりに楽勝でした~。Mayさんのコメントはまだまだ辛口ですね。

あんなに3Pが入ってびっくりしました。フリーでいつもあれぐらい入れてくれるとツインタワーが生きてくると思います。バイナムはオールスター選ばれたんですね。ダブルチームされても果敢に攻めていたので、気合い入っているなと思いましたが、納得です。

後は、オフェンスリバウンドをどうにかして欲しいです。相手がシュートを打った際にスクリーンアウトをしないで、ボールを眺めているのをちょいちょい見ます。パオは特に手を抜くので、もっと追い込まないとダメですね。

最後にミニ・マンバが予想を超えた働きをして驚いています。もっとミニッツを増やして欲しいです。今のレイカーズには恐れないでシュートを打つ選手が必要です。
ガーベッジタイムしか出ていませんが、モリスも良い動きをしていました。フィッシャーのミニッツをもっと減らせばモリスをもっと出せると思います。
[ 2012/02/01 21:32 ] [ 編集 ]
今日は勝ってくれてよかったです。
これほどじゃなくてもいいので毎試合コンスタントに3Pをきめてほしいと思いました。

たしかにフリースローが少ないのが非常に困りますフリースローで点を稼ぐのは非常にゆうこうですからね

次からロード6連戦が続きますこれをどう乗り越えるのかが試練ですね今年あまりにもロードに弱いレイカーズがどれだけ奮戦してくれるのかきになります。あと個人的にはメッタがすきなのでもっと活躍してほしいですメッタもやるときはやる男なのでレイカーズから消えてほしくないです。
[ 2012/02/01 21:20 ] [ 編集 ]
今日は安心してみてられましたねー
まーボブキャッツならこんなもんすかね
ただコービー乱発しすぎじゃないかと、最初二本3P決めた後入らないのは結果論としてもにしても打ち過ぎですよ9本は
[ 2012/02/01 20:52 ] [ 編集 ]
Gルックはいいですね。ドラフトの時にアンダーサイズなのでPGとしてやっていけるかがNBA成功のカギだと言われてましたが、モリスより重心がしっかりしていてNBA向きのように見えます。シューターですが、ブレイクやフィッシャーよりも相手を抜けるので楽しみですね。
久しぶりに楽しみな若手が出てきました。
[ 2012/02/01 20:07 ] [ 編集 ]
先生、オフェンスリバウンドはテストに出るのですか?ってくらい目立ちますねw
とりあえずいい感じに練習の成果は出て欲しいです。

しかしなんでいつまでもメタ使うんだろ…
アムネスティ使ってクビにして他に誰か取ればいいのに
[ 2012/02/01 19:55 ] [ 編集 ]
圧勝ですね
やはり3Pが決まるといいです。
今日ほどとはいかなくても毎試合ある程度は3P決めて欲しいですね

しかし、リバウンド数は圧倒してるものの、OFRは5本多くとられてますね
コービーが言ってるように、ロードで勝つためにはOFRをとることだ
と思うので修正して欲しいです
ところで、ハワードはブルズに行く可能性も否定しなかっただのなんだ
のというのを見たのですが、どうな
んでしょうか。曖昧な書き方だったのでよく分からなかったのですが。
ブルズがハワード獲得に乗り出したら、手強い対抗馬になりそうですね。
最も個人的には、ハワードがレイカーズに来て欲しいのはもちろんですが、ローズには、一人でヒートを破って欲しいです。

余談ですが、最近Gロックって雰囲気カロン・バトラーに似てねぇか?って思うんですが気のせいでしょうかw


[ 2012/02/01 19:51 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます。

コーチブラウンもインタビューで言ってましたが、
連日の練習が成果に結び付いてきましたね。

ミニマンバもスカウトされたらと心配してましたが、
色々とオフェンスで工夫していて期待できそうです。

しかし今日は3が本当によく決まりましたが
セカンドユニットの布陣はまるでORLですね。



[ 2012/02/01 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。